ハプスブルク家のエドゥアルト大公殿下(ローマ教皇聖座駐箚ハンガリー大使)が、キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下のルーマニア訪問への喜びを語る(2019年5月)ハンガリー系コミュニティなどの訪問予定が組まれている模様

※この記事は世界の王室ニュースと重複します。

 

 ローマ教皇聖座駐箚ハンガリー特命全権大使の、オーストリア大公エドゥアルト殿下(オーストリア皇子 : ハンガリー王子 : ベーメン王子 : His Imperial and Royal Highness Archduke Eduard of Austria, Prince Imperial of Austria, Prince Royal of Hungary and Bohemia : エドゥアルト・フォン・ハプスブルクEduard von Habsburgエドゥアルト・ハプスブルク=ロートリンゲンEduard Habsburg-Lothringen)が、2019年5月末~6月頭に予定されているキリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)のルーマニア訪問への喜びを語っています。
 ハンガリー系コミュニティなどへの訪問予定があるようです。

 エドゥアルト殿下は、いわゆるハンガリー副王系の人物です。

 

 (英語)Hungarian Ambassador to Vatican on pope's trip to Romania: “for us it has a special meaning” | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Hungarian Ambassador to Vatican on pope's trip to Romania: “for us it has a special meaning” – YouTube

 

追記:
 聖ヨハネ・パウロ2世のルーマニア訪問時に、これらのハンガリー系コミュニティや教会関係の場への訪問がおこなわれなかったことを考えると(おそらくルーマニア正教会への遠慮でしょうから)、カトリックは、ルーマニア正教会を、そして東方正教会を“格下げ”したのでしょう(融和への努力が実ったと表現しても同じですが)。
 ウクライナをめぐる一連のいざこざというか醜態で東方正教会の敗北は決まりましたが、後は、これからどれくらいカトリック側が東方正教会のメンツを立ててさしあげるのかというところでしょう。
 今回も、おそらく教皇からは、ルーマニア側へのお世辞の数々が出るとは思いますが、もう勝ったと思えば、安いものです。

 

キリスト教/ルーマニア正教会/ベッサラビア府主教ペトル座下(モルドバ管轄)が、モルドバ駐箚ルーマニア大使と会見(2019年4月)

 2019年4月4日、キリスト教/東方正教会/ルーマニア正教会/ベッサラビア府主教庁のベッサラビア府主教/キシナウ大主教ペトル座下(His Eminence Petru, the Archbishop of Chisinau, the Metropolitan of Basarabia and the Exarch of the Plains)は、モルドバ共和国駐箚ルーマニア特命全権大使ダニエル・ヨニツァ閣下(His Excellency Daniel Ioniță)と会見しました。

 

 (ルーマニア語:ベッサラビア府主教庁公式サイト)Excelența Sa d-l Daniel Ioniță – Ambasadorul României în R. Moldova, în vizită la Mitropolia Basarabiei | Mitropolia

 

 ペトル座下は、現在ルーマニア正教会のベッサラビア府主教庁(モルドバ共和国)を管轄していますが、かつてはロシア正教会の主教で、ロシアを離脱するなどモルドバにおける両教会の対立に関わっていました。
 その後、ペトル座下はモスクワ総主教庁に対し赦免を要請し許され、近年はモルドバではそこまで緊迫感がある出来事はありませんでしたが、昨年のシスマにともないロシア正教会側がモルドバ府主教庁とルーマニア正教会に向ける視線は警戒的です。

 

キリスト教/ルーマニア正教会/セヴェリン・ストレハイア主教ニコディム座下が、ルーマニア駐箚のベラルーシ大使と会見(2019年3月)

 2019年3月27日、キリスト教/東方正教会/ルーマニア正教会/セヴェリン・ストレハイア主教ニコディム座下(His Grace Bishop Nicodim of Severin and Strehaia)は、同地を訪問したルーマニア駐箚ベラルーシ共和国特命全権大使アンドレイ・グリンケヴィチ閣下(His Excellency Andrei Grinkevich)と会見しました。

 下記記事によれば、会談内容に、ルーマニア正教会とベラルーシ正教会【ロシア正教会のベラルーシにおける総主教代理区】の相互の巡礼が議題に挙がっていたようです。
 東方正教会の各教会が存在する国々では、巡礼観光と呼んでいいのかなんと呼べばいいのかわかりませんが、教会と政治が協力して信徒を巡礼させることによって経済効果が生じているという状態になっています。
 これはまた、教会間の仲が悪くなると、信徒たちが相手の教会に属する歴史的な聖堂や修道院などを巡礼=観光しにくくなり、観光収入減少により経済が悪化するということでもあります。昨年のロシア正教会モスクワ総主教庁によるコンスタンティノープルとのフル・コミュニオン解除により、(コンスタンティノープルの管轄権下にある領域が存在する)ギリシャ共和国ではロシア人観光客が減少しました(ギリシャ側はノンキにも「365日ロシア人をもてなす」と述べていた直後に減少の報道がされました)。事実上の経済制裁みたいなものですが、ギリシャではツィプラス政権による教会予算減額のほうが大きな話題になっていったため、どれくらいマイナスなのかはよくわかりません。
 ルーマニアの主教とベラルーシ大使がそのような状況を認識していないとも考えにくいため、少なくとも二人の間では、ロシア正教会とルーマニア正教会のフル・コミュニオン解除(ルーマニア正教会が、コンスタンティノープルが設置した独立正教会の「ウクライナ正教会」(OCU)を承認すれば、モスクワはルーマニアとのフル・コミュニオンを解除するでしょう)の可能性はまったく考えられていないのでしょう。

 

 (ルーマニア語:ルーマニア正教会通信)Episcopul Severinului şi Strehaiei s-a întâlnit cu Ambasadorul Republicii Belarus în România – Basilica.ro

 

Basilica.roさんのツイート: "Întâlnirea a avut loc la Reşedinţa Episcopală din Drobeta Turnu Severin. https://t.co/tYt9UoGKUJ"

 

キリスト教/ルーマニア総主教ダニエル聖下が、アメリカのドナルド・トランプ陣営大統領選挙(2020年)選挙対策本部長ブラッド・パースケール氏と会見(2019年3月)

 2019年3月22日、キリスト教/東方正教会/ルーマニア正教会の首座/ルーマニア正教会総主教ダニエル聖下(ブカレスト大主教 : ムンテニア・ドブロジャ府主教 : カエサレア・カッパドキアエ座代行 : His Beatitude Daniel, Archbishop of Bucharest, Metropolitan of Muntenia and Dobrudgea, Locum tenens of the throne of Caesarea Cappadociae, Patriarch of the Romanian Orthodox Church)は、2020年アメリカ合衆国大統領選挙のドナルド・トランプ陣営選挙対策本部長【選対本部長】ブラッド・パースケール氏(Brad Parscale)らと会見しました。

 ダニエル総主教聖下は、トランプ大統領をキリスト教的価値の守護者と称えた模様。

 また、アメリカにルーマニア正教会の教区があることと、ルーマニアから移民する人が多くいることでルーマニア社会が疲弊してしまっているので、一部でいいから帰ってきてくれることを希望する旨を伝えたようです(この人にそれを話してなにがどうなるのかよくわかりませんが……)。
 東欧の西側諸国への人口流出は各国及び各教会で問題となっており、その裏返しとして、移民した人々のうちに信仰を維持する人がそれなりに存在することで西側諸国人口内での東方正教会信徒の割合が増加しているという現状があります。

 

 (英語:ルーマニア正教会通信)Patriarch of Romania meets with 2020 Donald Trump presidential campaign manager – Basilica.ro
 (ルーマニア語:ルーマニア正教会通信)Domnul Brad Parscale în vizită la Patriarhia Română – Basilica.ro

 

Basilica.roさんのツイート: "Domnul Brad Parscale, director digital media al domnului Donald J. Trump în timpul campaniei electorale prezidențiale din anul 2016, este şi directorul viitoarei campanii prezidenţiale a președintelui Trump din anul 2020. https://t.co/BHsGLE6ivF"

 

Domnul Brad Parscale, director digital… – Agenția de știri Basilica | Facebook

 

インタビュー記事(ロシア語):キリスト教/コンスタンティノープル管轄権下からの事実上の離脱を決めた西欧ロシア正教会大主教区のジャン【イオアン】大主教座下「理想的な教会は無い。ローマ・カトリック教会の現状を見るがいい」(2019年2月)

 2019年2月23日に臨時総会【EGA】がおこなわれ、事実上、キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルからの離脱を決定した西欧ロシア正教会大主教区。

 この大主教区は、もともとロシア帝国崩壊後のソ連での弾圧から逃れた人々らにより結成され、その後ロシア正教会モスクワ総主教庁を完全に離れてコンスタンティノープルの管轄権下に入っていたものです(ものすごく簡単にいいましたが)。
 1999年には、コンスタンティノープルより総主教代理区として認めるトモスを与えられましたが、2018年11月27日にコンスタンティノープルより突如として一方的に廃止を宣告されました。また、これは大主教区自体の廃止を要求するものでした。
 一方、大主教区側は、これに対し、総主教代理区として認めるかどうかはコンスタンティノープルが決めるものだが、大主教区の将来を決めるのは大主教区自体の総会【GA : General Assembly】であるとし、2019年2月23日、臨時総会【EGA : Extraordinary General Assembly】を開催、コンスタンティノープルからの要求を拒否することを投票で決定しています。
関連:
 キリスト教/コンスタンティノープル管轄下で一方的に総主教代理区としては廃止された西欧ロシア正教会大主教区の臨時総会が開催、集団としての解体を認めないと決定(2019年2月)

 また、これから大主教区が、コンスタンティノープルではないどこの教会法上合法な教会に属するかですが、ロシア正教会モスクワ総主教庁、(ロシア正教会の管轄権下で自治的な権限を保有する)在外ロシア正教会、ルーマニア正教会、アメリカ正教会【OCA】の名前が挙がっていました。

  Orthodoxie.com によりますと、投票でコンスタンティノープルの要求の拒否が決まった後、同大主教区のジャン大主教座下(イオアン大主教 : ハリオポリス大主教)は、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会のウィーン・ブダペスト大主教アントニー座下(His Eminence Archbishop Anthony【Antoniy】 of Vienna and Budapest)からの書簡を読み上げ、すでにロシア正教会モスクワ総主教庁との間の対話が進んでいることをあきらかにしています。
関連:
 キリスト教/コンスタンティノープル管轄下で一方的に総主教代理区としては廃止され、事実上の離脱を決定した西欧ロシア正教会大主教区は、すでにロシア正教会モスクワ総主教庁との話を進めている模様(2019年2月)

 今回、さらに別のメディアがジャン座下へのインタビューをおこなっています。

 (ロシア語)Парижский архиепископ о перспективе перехода к РПЦ: «Идеальных церквей нет» – РОССИЯ – RFI

 今までの状況の確認ですが、興味深いものになっています。

 新しく属する教会として連絡を取った先として(ロシア正教会以外)、在外ロシア正教会とルーマニア正教会へも連絡を取ったことがあきらかにされていますが、在外ロシア正教会では大主教区側の要求が通りにくそうなこと、ルーマニア正教会ははっきりしないようです。アメリカ正教会【OCA】については言及がありません。
※なお、ルーマニア正教会が前向きに検討しているとする報道もありますが……。

 また、現在の政治情勢のもとで、ロシア正教会の管轄権下に入ることについては、「政治とは距離を置くこと」という状況によっては厳しいもののよくある聖職者的なコメントに加え、ロシアの聖堂や修道院が復興していることに心動かされている様子がうかがわれます。
 加えて、離脱者が出る可能性についても認めています。西欧は自由な国々なので立ち去るのも自由ということですが……これは東方正教会の聖職者として果たして良いのかとも思われます。
 しかし、次のようなコメントも面白いところです。
「スキャンダルなどの問題はすべて教会にある。ローマ・カトリック教会の現状を見よ(このインタビューより時間としては後ですが、本日、オーストラリアの枢機卿が複数の児童への性的虐待で有罪宣告)」
「私はいつも楽園はここにはないと言っている。修道院も楽園ではない。地上には天国はない」
「もし我々がもっとも理想的な教会を求めてもそんなものはない。無人島で一人で過ごすしかない」

 インタビューの中で質問されていながらはっきりと答えられていないように思うのは、大主教区が教会法上合法な教会の中にあるべきなのか(つまり「完全に独立した宗教組織になってはいけないの?」)ということと、現在の状況で東方正教会の教会法上合法な教会とはなにか(モスクワがコンスタンティノープルとのフル・コミュニオンを解除している現状で、コンスタンティノープルがモスクワとのフル・コミュニオンを解除する可能性はあるわけですが、そうなってもモスクワは教会法上合法な教会なのか)というあたりでしょうか。