キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下が、スウェーデン訪問を開始(2018年9月)スウェーデン国教会によると、スウェーデンのシリア正教会信徒は5万人

 2018年9月28日、キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)のスウェーデン王国訪問が始まりました。
 スウェーデン国教会(ルター派)から、同教会の総シノド開会式のゲストとして招待されたことによるものです。
 スウェーデン国教会首座/ウプサラ大監督アンチェ・ヤケレン座下(The Most Reverend Antje Jackelén, Archbishop of Uppsala, Primate of Sweden)との会談が予定されています。

 シリア正教会の、
 ドイツにおける総主教代理“モル”・フィロクセノス・マティアス・ナイイス座下(His Eminence Mor Philoxenus Mattias Nayis, Patriarchal Vicar in Germany)、
 総主教管轄ダマスカス大主教区総主教代理“モル”・ティモセオス・マッタ・アル・クーリー座下(His Eminence Mor Timotheos Matta Al-Khoury, Patriarchal Vicar of the Patriarchal Archdiocese of Damascus)、
 らが同行しています。

 ストックホルム・アーランダ空港では、同地のシリア正教会の、
 スウェーデン・スカンジナビア府主教“モル”・ユリウス・アブデラハド・シャボ座下(His Eminence Mor Julius Abdelahad Shabo, Metropolitan of Sweden and Scandinavia)、
 スウェーデンにおける総主教代理“モル”・ディオスコロス・ベンジャミン・アタス座下(His Eminence Mor Dioscorus Benjamin Atas, Patriarchal Vicar in Sweden)、
 に加えて、
 スウェーデン国教会のヴェステロース監督ミカエル・モーグレン座下(The Right Reverend Mikael Mogren, Bishop of Västerås)らが出迎えた模様。

 

 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Arrival to Stockholm Arlanda Airport – Sweden | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

قداسة سيدنا البطريرك يصل إلى مطار أرلندا… – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook

 

 (スウェーデン語:スウェーデン国教会公式サイト)Syrisk-ortodoxa kyrkans överhuvud till Sverige – Svenska kyrkan

 スウェーデン国教会公式サイトによりますと、スウェーデン王国のシリア正教会信徒は5万人、シリア正教会的伝統を維持している人々は10万人以上ということです。

Svenska kyrkanさんのツイート: "I helgen kommer ledaren för världens syrisk-ortodoxa kristna, Patriark Ignatius Aphrem II till Sverige. Några programpunkter är öppna för allmänheten, bland annat ett samtal med @BiskopAntje i Uppsala domkyrka. https://t.co/lTsG05D3Li… https://t.co/kM97qFNZe3"

 

関連:
 キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下のスウェーデン訪問2日目(2018年9月)スウェーデン国教会首座/ウプサラ大監督アンチェ・ヤケレン座下と会談、など

 

シスマ2018:キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア総主教セオドロス2世聖下によるウクライナ正教会オデッサ教区訪問2日目(2018年9月)ロシア正教会系のウクライナ正教会及びモルドバ正教会の主教らと共同礼拝

【シスマ2018~】 ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事の記事一覧

 

訪問初日:
 シスマ2018:キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア総主教セオドロス2世聖下が、ロシア正教会系のウクライナ正教会のオデッサ教区を訪問、教会法上合法である同教会とその首座のキエフ府主教オヌフリー座下への支持をあらためて表明(2018年9月)

 

 2018年9月28日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の管轄下で自治的な権限を行使するウクライナ正教会のオデッサ教区を訪問中のキリスト教/東方正教会/アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下(His Beatitude Theodoros II, Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa)は、オデッサの至聖三者大聖堂にて、ウクライナ正教会の主教ら、及びウクライナ正教会と同じくロシア正教会下で自治的な権限を保有するモルドバ正教会の首座/キシナウ・全モルドバ府主教ヴラジミール座下(His Eminence Metropolitan Vladimir of Chişinău and All Moldova)らと共同で礼拝をおこなったようです。

 また、同地の大学から名誉博士号を受けたようです。

 

Одесская епархия(ウクライナ正教会オデッサ教区公式チャンネル):
Патриаршее богослужение в Свято-Троицком греческом соборе – YouTube

 

Одесская епархия(ウクライナ正教会オデッサ教区公式チャンネル):
Посещение Патриарха Александрийского НУ "Одесская юридическая академия" – YouTube

 

Одесская епархия(ウクライナ正教会オデッサ教区公式チャンネル):
Вечернее богослужение накануне дня памяти прп. Кукши Одесского – YouTube

 

 (ロシア語:ウクライナ正教会オデッサ教区公式サイト)Православная Одесса | Блаженнейший Патриарх Александрийский и всея Африки Феодор II совершил Божественную литургию в Свято-Троицком соборе г. Одессы (Видео)
 (ロシア語:ウクライナ正教会オデッサ教区公式サイト)Православная Одесса | Блаженнейший Патриарх Феодор II был удостоен почетного звания доктора honoris causa Национального университета «Одесская юридическая академия» (Видео)
 (ロシア語:ウクライナ正教会オデッサ教区公式サイト)Православная Одесса | Накануне дня памяти преподобного Кукши Одесского Блаженнейший Патриарх Феодор II возглавил праздничное всенощное бдение в Свято-Успенском Одесском мужском монастыре (Видео)

 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Олександрійський Патріарх Феодор звершив Літургію в Одеському соборі, де служив протягом 10-ти років (+відео) – Українська Православна Церква
 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Олександрійський Патріарх повідомить усіх Предстоятелів Помісних Церков про реальну церковну ситуацію в Україні (+відео) – Українська Православна Церква

 (ルーマニア語:モルドバ正教会ウンゲニ・ニスポレニ教区公式サイト)Preasfințitul Episcop PETRU, a luat parte la Liturghia oficiată de Preafericitul TEODOR al II, Patriarhul Alexandriei și a întregii Africi (Foto/Vedeo)
 (ルーマニア語:モルドバ正教会ウンゲニ・ニスポレニ教区公式サイト)Preasfințitul Episcop PETRU, ia parte la festivitățile prilejuite de venirea Preafericitului Patriarh TEODOR la Odessa (Foto/Video)
 (ルーマニア語:モルドバ正教会ウンゲニ・ニスポレニ教区公式サイト)Slujba Privegherii în ajunul prăznuirii Cuviosului Cucșa al Odessei (Foto/Video)

 

 アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下、モルドバ府主教ヴラジミール座下のほかに、礼拝の参加者として名前が挙がっている主教:

※後で追記します。

 オデッサ・イズマイル府主教アガファンゲル座下(アハファンヘル府主教 : His Eminence Agafangel, Metropolitan of Odessa and Izmail)、

 ブルガリア正教会のヴァルナとヴェリキー・プレスラフ府主教ヨアン座下(His Eminence Ĭoan, Metropolitan of Varna and Veliki Preslav (Great Preslav))、
 アンティオキア総主教庁の駐モスクワ・メトヒオン【ポドヴォリエ】ニフォン府主教座下(His Eminence, the Most Reverend Niphon, Metropolitan of Philippople?【Chehba?】)、

 ルガンスク・アルチェフスク府主教ミトロファン座下(His Eminence Metropolitan MitrofanMytrofan】 of Lugansk and Alchevsk)、
 ボリスポリ・プロヴァリー府主教アントニー座下(His Eminence Metropolitan Antoniy of Boryspil and Brovary)、
 フメリニツキー・スタロコンスタンチノフ府主教アントニー座下(His Eminence Metropolitan Antoniy of Khmelnitsky and Starokostiantyniv)、
 ロシア正教会のニジニ・ノヴゴロドとアルザマス府主教ゲオルギー座下(His Eminence Metropolitan Georgiy of Nizhny Novgorod and Arzamas)、
 ヘルソン・タヴリダ府主教ヨアン座下(His Eminence Metropolitan Ioann of Kherson and Taurida)、
 イジュム・クピャンスク府主教エリセイ座下(His Eminence Metropolitan Yelisey of Izium and Kupiansk)、
 キロヴォグラード・ノヴォミルゴロド府主教ヨアサフ座下(His Eminence Metropolitan Ioasaf of Kirovograd and Novomirgorod)、
 スミ・アフティルスキー府主教イェヴロギー座下(His Eminence Metropolitan Yevlogiy of Sumy and Akhtyrsky)、
 ガリツィヤ・リヴォフ大主教大主教【ハリチュナ・リヴィウ大主教】フィラレート座下(His Eminence Archbishop Filaret of Lviv and Galicia)、
 バンチェニー大主教ロンギン座下(His Eminence Archbishop Longin of Bancheny)、
 ニジン・プリルキ大主教クリメント座下(His Eminence Archbishop KlimentClement】of Nezhin and Pryluky)、
 オヴィディオポリ主教アルカディー座下(His Grace Arkadiy, Bishop of Ovidiopol)、
 ユージュネ主教ディオドル座下(His Grace Diodor, Bishop of Yuzhne)、
 アルツィス主教ヴィクトル座下(His Grace Victor, Bishop of Artsyz)、
 マカロフ主教ゲデオン座下(His Grace Gedeon, Bishop of Makarov)、
 モルドバ正教会のウンゲニ・ニスポレニ主教ペトル座下(His Grace Petru, Bishop of Ungheni and Nisporeni)、
 元コノトプ・グルーホフ主教のイノケンティー主教座下(His Grace Bishop Innokentiy)、

 

シスマ2018:キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教バルソロメオス聖下が、セルビア総主教イリネイ聖下と会談(2018年9月)共同礼拝も予定の模様

【シスマ2018~】 ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事の記事一覧

 

 2018年9月29日、キリスト教/東方正教会首席/コンスタンティノープル=新ローマ大主教・全地総主教バルソロメオス聖下(バーソロミュー1世世界総主教バルトロマイ1世ヴァルソロメオス1世 : His All-Holiness Bartholomew, Archbishop of Constantinople-New Rome and Ecumenical Patriarch)は、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)と会談したようです。

 

 (英語:コンスタンティノープル全地総主教庁 世界教会協議会代表部 公式サイト)Meeting of the Ecumenical Patriarch with the Patriarch of Serbia – Ecumenical Patriarchate Permanent Delegation to the World Council of Churches

 

 上記サイトによりますと、バルソロメオス聖下は、第一次世界大戦終了100周年式典のため、ギリシャ共和国を訪問しているようです。よって、同地をイリネイ聖下も同目的で訪問しているのでしょう。
 会談では、東方正教会の問題が話されたようですが、詳細は不明。
 ネアポリス・スタウロポリス府主教バルナバス座下(His Eminence Metropolitan Barnabas of Neapolis and Stavroupolis)が同席したようです。

 翌9月30日には共同礼拝も予定されている模様。

 

 現在の東方正教会の問題(シスマ)がどこまで波及するか不明ですが……。

 マケドニア共和国(マケドニア旧ユーゴスラビア共和国 : FYROM)はセルビア共和国の管轄権内であり、正教オフリド大主教庁が設置されています。国家当局が支持するマケドニア正教会-オフリド大主教庁【MOC-OA】はそれと対立し、正教オフリド大主教庁へは国家による弾圧がおこなわれました。マケドニア正教会-オフリド大主教庁は、現在ブルガリア正教会の協力を得て、教会法上合法な地位を目指しています。
 一方、バルソロメオス聖下「マケドニアやその派生の名称を含む教会名は一切認めない」としています。
 9月30日には、マケドニア共和国で「マケドニア政府とギリシャ政府の合意に基づいて欧州連合【EU】・北大西洋条約機構【NATO】加盟を支持するか?」という内容の国名変更(北マケドニア共和国?)を問う国民投票が実施されます。
 この時期に、バルソロメオス聖下がマケドニア地方を訪問するというのは、教会政治的な意味合いが感じられます。
 仮に国名が変更され、欧州連合や北大西洋条約機構への加盟がかないそうな状況でも、聖下が「教会名にマケドニアを含むことは認められない」と発言すれば、ギリシャ(の政権側)、マケドニア、ブルガリアの政治家らの反発は避けられないかと思われます。西側諸国からも批判が出るでしょう。
 一方、独立正教会設置を認めれば、セルビア正教会はロシア正教会と同じ対応をとるでしょう。東方正教会の分裂が進むことは避けられません。
 しかも、ウクライナでの一連の経緯を受けて、この件は名称だけの問題となっており、仮にマケドニアで誰かがマケドニアという名称と関係がないが信徒や政治家たちが納得する名称を思いついてしまえば独立正教会設置を承認するしかないということになるでしょう。

 

 なお、今回同席したネアポリス・スタウロポリス府主教バルナバス座下ですが、同教区は全地総主教庁の管轄権にありながらギリシャ正教会に管理が預けられているいうややこしい扱いをされているもののひとつです(結構あります)。
 バルソロメオス聖下は、これらの教区の長たちを、キリスト教/東方正教会/ギリシャ正教会首座/アテネ・全ギリシャ大主教イエロニモス2世座下(His Beatitude Hieronymos II, Archbishop of Athens and All Greece and Primate of the Autocephalous Orthodox Church of Greece)へはなんの承認も得ずに招集したりしたことで、同座下より批判を受けたことがあり、全地総主教庁とギリシャ正教会で認識に差があることが指摘されています。
 ここもまたシスマが波及する可能性がある場所です。

 

追記:
 それにしても、今回9月末にやや唐突に(と思える)バルソロメオス聖下とイリネイ聖下の会談は、8月末のモスクワ総主教キリル聖下とバルソロメオス聖下の会談後、コンスタンティノープルとロシアの関係は断絶するしかない方向へ向かったことを思い出させます。

 

関連:
 キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教バルソロメオス聖下と、セルビア総主教イリネイ聖下が共同礼拝(2018年9月)

 

キリスト教/ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下がセルビア正教会を訪問(2018年9月)ベオグラード大学から名誉博士号を受ける

 キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、セルビア共和国を訪問しました。

 ベオグラード・ニコラ・テスラ空港では、セルビア正教会より、
 ザグレブ=リュブリャナ府主教ポルフィリエ座下(His Eminence Metropolitan Porfirije of Zagreb-Ljubljana)、
 バチュカ主教イリネイ座下(His Grace Bishop Irinej of Bačka)、
 らが出迎えたようです。

 セルビア総主教庁では、上記の二人に加え、
 セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)、
 をはじめ、
 シュマディヤ主教ヨヴァン座下(His Grace Bishop Jovan of Šumadija)、
 ヴァリェヴォ主教ミルティン座下(His Grace Bishop Milutin of Valjevo)、
 スレム主教ヴァシリイェ座下(His Grace Bishop Vasilije of Srem )、
 ヴラニェ主教パホミイェ座下(His Grace Bishop Pahomije of Vranje)、
 モラヴィツァ主教アントニイェ座下(His Grace vicar Bishop AnthonyAntonije】 of Moraviča)、
 モハチ主教イシヒイェ座下(His Grace Bishop Isihije of Mohač, vicar of the diocese of Bačka)、
 セルビア総主教補佐/レメジヤナ主教ステファン座下(His Grace Bishop Stefan of Remesiana, Vicar Bishop of the Serbian Patriarch)、
 らと会見しました。

 また、ベオグラード大学から、名誉博士号を受けたようです。

 

Телевизија Храм:
Митрополиту волоколамском Илариону уручен почасни докторат Универзитета у Београду – YouTube

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Metropolitan Hilarion awarded honorary doctorate by State University of Belgrade | The Russian Orthodox Church
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Metropolitan Hilarion meets with the Primate and members of the Holy Synod of the Serbian Orthodox Church | The Russian Orthodox Church

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Митрополит Волоколамский Иларион встретился с Предстоятелем и членами Священного Синода Сербской Православной Церкви | Русская Православная Церковь
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Митрополиту Волоколамскому Илариону присвоена степень почётного доктора Белградского государственного университета | Русская Православная Церковь

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Митрополит Волоколамский Иларион встретился с Предстоятелем и членами Священного Синода Сербской Православной Церкви / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Митрополиту Волоколамскому Илариону присвоена степень почетного доктора Белградского государственного университета / Новости / Патриархия.ru

 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ=プリモルスカ府主教庁公式サイト)Митрополит волоколамски др Иларион стигао у Београд | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)
 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ=プリモルスカ府主教庁公式サイト)Митрополит волоколамски Иларион у Београду: Ако нападну светиње у Украјини, бранићемо их! | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)
 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ=プリモルスカ府主教庁公式サイト)Митрополит др Иларион (Алфејев) почасни доктор Универзитета у Београду | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 

インタビュー映像(2018年8月19日/ロシア語):キリスト教/アメリカ正教会【OCA】首座ティーホン府主教座下へのインタビュー映像(2018年)

 キリスト教/東方正教会/アメリカ正教会【OCA】の首座/ワシントン大主教、全アメリカ・カナダ府主教ティーホン座下(His Beatitude Metropolitan Tikhon of All America and Canada, Archbishop of Washington)へのインタビューの映像がアップロードされています。
 座下の発言は英語ですが、ロシア語ナレーションが重ねられています。

 2018年8月19日、ティーホン座下のポーランド正教会訪問の間に収録されたもののようです。

 

православный портал sobor.by:
Архиепископ Вашингтонский Тихон в программе "Архипастырь" – YouTube

 

 なお、上記の動画の YouTube のチャンネルは、ベラルーシの正教会系メディアのものです。