キリスト教/ブルガリア総主教ネオフィット聖下が退院、入院してから一ヶ月ほど(2018年5月)

 キリスト教/東方正教会/ブルガリア正教会の首座/ブルガリア総主教ネオフィット聖下(His Holiness Patriarch Neophyte【Neofit】 of Bulgaria)が、退院したようです。

 

 (英語)Patriarch Neofit of Bulgaria discharged from hospital after month-long stay / OrthoChristian.Com
 (英語)Patriarch Neophyte Discharged From Hospital – EU Scoop

 

 聖下の入院中、ブルガリア正教会では、マケドニア正教会-オフリド大主教庁【MOC-OA】との関係を巡っていくつかの動きがありました。
 公式サイトの文章が読みにくいので、よくわからないのですが、ブルガリア正教会聖シノドは、 MOC-OA を“承認”することに及び腰になっているのではないかとも思えます。

 (ブルガリア語:ブルガリア正教会公式サイト)СЪОБЩЕНИЕ до медиите относно Синодалната архиерейска комисия за преговори с МПЦ
 (ブルガリア語:ブルガリア正教会公式サイト)ИЗЯВЛЕНИЕ НА НЕГОВО ВИСОКОПРЕОСВЕЩЕНСТВО РУСЕНСКИЯ МИТРОПОЛИТ НАУМ

 

関連:
 キリスト教/ブルガリア総主教ネオフィット聖下が緊急入院(2018年4月)ちなみに入院先は徳洲会系として設立された病院のようです

 

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、新任の七ヶ国(タンザニア、レソト、パキスタン、モンゴル、デンマーク、エチオピア、フィンランド)のローマ教皇聖座駐箚特命全権大使を接受(2018年5月)

 キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)は、新任の七ヶ国(タンザニア連合共和国、レソト王国、パキスタン・イスラム共和国、モンゴル国、デンマーク王国、エチオピア連邦民主共和国、フィンランド共和国)のローマ教皇聖座駐箚特命全権大使を接受、信任状の捧呈を受けました。

 

 (英語)Pope to ambassadors: welcome, protect and integrate those fleeing war or persecution | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Pope to ambassadors: welcome, protect and integrate those fleeing war or persecution – YouTube

 

 教皇、駐バチカンの新大使らに挨拶 – バチカン放送局

 (英語:ローマ教皇聖座公式サイト)The Credential Letters of the Ambassadors of Tanzania, Lesotho, Pakistan, Mongolia, Denmark, Ethiopia and Finland to the Holy See, 17.05.2018

 

訃報(2018年5月17日? 5月18日?):キリスト教/ローマ教皇庁教理省エクレジア・デイ委員会名誉委員長ダリオ・カストリヨン・オヨス枢機卿座下、帰天(1929~2018)

 2018年5月17日のことか5月18日かはっきりしませんが(深夜帯?)、ローマ教皇庁教理省エクレジア・デイ委員会名誉委員長ダリオ・カストリヨン・オヨス枢機卿座下(His Eminence Darío Cardinal Castrillón Hoyos, President Emeritus of the Pontifical Commission “Ecclesia Dei”)が帰天しました。
 1929年7月4日生まれの88歳。

 コロンビア出身で、現役中の最も後期には、教理省のエクレジア・デイ委員会委員長を務めました(エクレジア・デイ委員会は、簡単にいえば、聖ピオ十世会などとの対話をおこなう部署)。

 帰天に伴い、枢機卿の人数は213人に減少しました。

 

 (英語)Cardinal Darío Castrillón Hoyos passes away in Rome | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Cardinal Darío Castrillón Hoyos passes away in Rome – YouTube

 

 (英語:ローマ教皇聖座公式サイト)Telegram of condolences of the Holy Father for the death of His Eminence Cardinal Darío Castrillón Hoyos, 18.05.2018

 (スペイン語)Muere Darío Castrillón Hoyos – Religión – Vida – ELTIEMPO.COM

 

キリスト教/エチオピア総主教“アブネ”・マティアス1世聖下が、ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下と会談(2018年5月)

 ロシア連邦を訪問中の、キリスト教/オリエント正教会/エチオピア正教会の首座/エチオピア総主教・カトリコス“アブネ”・マティアス1世聖下(His Holiness Abune Mathias I, Patriarch and Catholicos of Ethiopia)は、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)と会談しました。

 ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))らが同席。

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
Состоялась встреча Патриарха Кирилла с Главой Эфиопской Церкви – YouTube

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)His Holiness Patriarch Kirill meets with the head of the Ethiopian Orthodox Tewahedo Church | The Russian Orthodox Church
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Communiqué adopted at the results of the meeting between His Holiness Patriarch Kirill of Moscow and All Russia and His Holiness Patriarch and Catholicos Abune Mathias I of Ethiopia | The Russian Orthodox Church

 (英語)Patriarch Abune Mathias of Ethiopia Received by Patriarch Kirill of Russia – News | Orthodoxy Cognate PAGE

 

マルタ騎士団総長殿下が、新任のマルタ騎士団駐箚ポルトガル大使、エジプト大使を接受(2018年5月)

※この記事は世界の王室ニュースと重複します。

 

 2018年5月16日、第80代マルタ騎士団総長“フラー”・ジャコモ・ダッラ・トッレ・デル・テンピオ・ディ・サングイネット殿下(His Most Eminent Highness the Prince and Grand Master, Fra’ Giacomo Dalla Torre del Tempio di Sanguinetto)は、新任の、
 マルタ騎士団駐箚ポルトガル共和国特命全権大使アントニオ・ジョゼ・エマウズ・ドゥ・アルメイダ・リマ閣下(His Excellency António José Emauz de Almeida Lima)、
 マルタ騎士団駐箚エジプト・アラブ共和国マフムード・アハマド・サミール・サミー閣下(His Excellency Mahmoud Ahmed Samir Samy)、
 を接受、信任状の捧呈を受けました(いずれもローマ教皇聖座と兼轄)。

 

 (英語:マルタ騎士団公式サイト)Credentials presented by Portugal and Egypt – Order of Malta

 

Order of Malta – The Grand Master, Fra’ Giacomo Dalla… | Facebook