“モンテネグロ正教会”の ボリス府主教派 の首座“ボリス府主教”が、コンスタンティノープルと連絡を取っていると主張し、独立正教会への承認に自信を見せている模様(2024年5月)

 内紛が続き、もともとの首座である“ミハイロ府主教”(ツェティニェ大主教・モンテネグロ府主教ミハイロ座下 : His Beatitude Mihailo, Archbishop of Cetinje and Montenegrin Metropolitan)と“ボリス府主教”の二人の首座が争っているモンテネグロ正教会ですが、ウクライナのメディアが(なぜか)ボリス府主教のほうにインタビューをした模様。

※ミハイロ府主教の方はコンスタンティノープルから破門されているからでしょうか?

 ボリス府主教は、コンスタンティノープルと連絡を取っていると主張し、独立正教会への承認に自信を見せている模様です。

 

 (英語)Montenegrin schismatics also claim the Tomos from the Patriarch of Constantinople – Raskolam.net

Raskolam.net – Чорногорські схизматики також претендують… | Facebook

 

関連:
 キリスト教/キプロス大主教ゲオルギオス座下が、モンテネグロ大統領ヤコフ・ミラトヴィッチ閣下と会見(2024年6月)本音か、報道の誤りか、大主教への批判も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です