シスマ2018:キリスト教/モルドバ大統領ドドン閣下が自国でのウクライナ問題解決のための汎・東方正教会会合の開催に意欲を示しているという報道(2018年10月)閣下はほぼ完全な親ロシア派では……(困惑)

2018年~ ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立関連の記事一覧

 

 ロシアのタス通信によりますと、モルドバ共和国大統領イーゴル・ドドン閣下(His Excellency Mr Igor Dodon)が、自国でのウクライナ問題解決のための汎・東方正教会会合の開催に意欲を示しているということです。

 

 (英語)TASS: Society & Culture – Moldova’s president says his country is ready to host Pan-Orthodox Council

 

 コメントの中にすでにルーマニア正教会が参加しなくなるような発言もありますが、それはともかく、もしや自分が親ロシア派だと思われていることを知らないのでしょうか(困惑)。

 

シスマ2018:キリスト教/ギリシャ正教会のキティラ府主教セラフィム座下がウクライナ問題について同教会聖シノドの臨時会合を求めていた模様(2018年10月)今のところ続報なし

2018年~ ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立関連の記事一覧

 

 2018年10月15日のロシア正教会の聖シノド会合より前の時間のようですが、キリスト教/東方正教会/ギリシャ正教会のキティラ府主教セラフィム座下(His Eminence Metropolitan SeraphimSerapheim】 of Kythira【Kythera】)がウクライナ問題について同教会聖シノドの臨時会合を求めていた模様です。
 セラフィム座下は現在(2018年~2019年)、同教会の聖シノドのメンバー。

 

 (英語)Greek metropolitan calls for extraordinary session of Holy Synod to address Ukrainian crisis / OrthoChristian.Com

 (ギリシャ語)Σύγκληση Ιεραρχίας για το Ουκρανικό ζητά ο Κυθήρων Σεραφείμ

Praktoreio Ekklisiastikon… – Praktoreio Ekklisiastikon Eidiseon | Facebook

 

 すでに時間が経過しているのに続報がないようなので、廃案とあいなったのかもしれません。

 

インタビュー動画(イタリア語):キリスト教/マロン東方典礼カトリック教会アンティオキア総大司教ベカラ・ブートロス・ライ枢機卿座下へのインタビュー映像(2018年10月)

 「世界代表司教会議(シノドス)第15回通常総会(テーマ:若者、信仰そして召命の識別)」のためにバチカンを訪問した、キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/マロン東方典礼カトリック教会のアンティオキア・全レバント総大司教ベカラ・ブートロス・ライ枢機卿座下(His Beatitude and Eminence Moran Mor Béchara Boutros Cardinal Raï, O.M.M. , Patriarch of Antioch【Antiochia】 and the Whole Levant (Maronite))のインタビュー動画です。

 

Vatican News – Italiano:
Sinodo giovani 2018, intervista al cardinale Bechara Raï, Libano, su migrazioni e cultura – YouTube

 

シスマ2018:キリスト教/ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下「東方正教会はもはや調和のための中心が存在しない」(2018年10月)

2018年~ ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立関連の記事一覧

 

 2018年10月15日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、テレビのインタビューにて、「東方正教会はもはや調和のための中心が存在しない」「コンスタンティノープルの全地総主教庁はみずからの行動により、その資格を消した」と語ったようです。

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Metropolitan Hilarion: the Patriarchate of Constantinople has lost the right to be called the coordinating center for the Orthodox Church | The Russian Orthodox Church

 (英語)TASS: Society & Culture – Constantinople Patriarchate no longer Orthodox Church’s coordinating center — Hilarion

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Митрополит Волоколамский Иларион: Константинопольский Патриархат утратил право именоваться координирующим центром для Православной Церкви / Новости / Патриархия.ru

 

関連:
 シスマ2018:キリスト教/ロシア正教会がベラルーシでの聖シノド会合で、コンスタンティノープルの全地総主教庁との「ユーカリスティック・コミュニオンの継続は不可能」と判断(2018年10月)

 

シスマ2018:キリスト教/ロシア正教会広報:「ロシア正教会の信徒はもはやアトス山では機密を受けられない」(2018年10月)コンスタンティノープルの全地総主教庁管轄下のため

2018年~ ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立関連の記事一覧

 

 2018年10月16日の、ロシア正教会聖シノドによるコンスタンティノープルの全地総主教庁とのユーカリスティック・コミュニオンの解除に伴い、全地総主教庁の管轄権下にある聖地アトス山(ギリシャ共和国内自治領域)では、ロシア正教会の信徒は機密を受けられないという主旨の記事(?)のようです。

 

 (英語)TASS: Society & Culture – Russian Orthodox Church believers not to be allowed to worship on Mount Athos

 

 一般の信徒がアトス山がコンスタンティノープルの管轄下であることを知らないだろうということで出されたのか、なんなのかはよくわかりませんが、ギリシャへの旅行はお勧めしないということなんでしょうか?

※なお、アトス山は男しか入れません(動物の雌でもダメなケースがあるはずです)。

 ともあれ、ここでロシア正教会というのは、もちろんロシア正教会モスクワ総主教庁管轄下で自治的権限を保有する教会などを含みますので、
 ウクライナ正教会、
 ベラルーシ正教会(全ベラルーシ総主教代理区)、
 モルドバ正教会、
 エストニア正教会モスクワ総主教庁系、
 ラトビア正教会、
 日本正教会【日本ハリストス正教会】、
 在外ロシア正教会、
 の信徒らも同じ扱いになるでしょう(教会がモスクワ総主教庁とのコミュニオンを離脱して全地総主教庁とのコミュニオンに入れば別ですが)。