キリスト教/コンスタンティノープルとコンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】の府主教らが、教会法上非合法な“モンテネグロ正教会【MOC】”の聖職者と共同礼拝をしていた【2019年5月】と報道(2019年6月)

 2019年5月26日に、キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルのフランス府主教エマニュエル座下(His Eminence Metropolitan Emmanuel of France)、コンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】の首座“エピファニー府主教”らが、教会法上非合法な“モンテネグロ正教会【MOC】”の聖職者と共同で礼拝をおこなっていたと正教会系メディアが報道しています。

 モンテネグロを管轄権下に置くセルビア正教会は(どの程度の強さかわかりませんが)事態に関して不快感を表明、コンスタンティノープル側は「(MOCの参加を)知らなかった」としているようではありますが……。

 

ギリシャ系メディア:
 (英語)Representative of the schismatic “Montenegrin Orthodox Church” in the Divine Liturgy in Kiev – Romfea News

Romfea.newsさんのツイート: "A representative of the so-called schismatic “Montenegrin Orthodox Church” concelebrated the Divine Liturgy on May 26, in Kiev #romfeanews https://t.co/QNXgbEuJpG"

 

 (ギリシャ語:英語版より現在のところ長文)Σχισματικός κληρικός του Μαυροβουνίου συλλειτούργησε στο Κίεβο

 

ロシア系メディア:
 (英語)Constantinople hierarchs concelebrate with cleric from schismatic Montenegrin church / OrthoChristian.Com
 (英語)OCU and Phanar hierarchs concelebrate in Kiev with Montenegrin schismatics – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

 

 付言しておけば、OCU のほうは、前身の一つである“ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”が MOC とコミュニオンの状態にありました。
 OCU の成立に伴い、 UOC-KP は解体されたことになっていましたが、 UOC-KP のコミュニオンがどうなったかについてはなにも言及はなく、現在の OCU もまた、MOC とコミュニオンの状態にあると OCU の聖職者ら自身が認識しているということなのかもしれません。
 ただ、エピファニー府主教と対立をはじめ反コンスタンティノープル色を鮮明にしている“フィラレート名誉総主教”が「UOC-KP は解体されていない・存続しているしし続ける」と言明している現在において、エピファニー府主教らが UOC-KP 時代のコミュニオンをコンスタンティノープルの意向に逆らって尊重するとも思えません。
 コンスタンティノープル側の意向を断言できる段階ではありませんが、 OCU の聖職者らは、コンスタンティノープルが MOC を独立正教会として認めると確信しているということなのでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です