キリスト教/数年前のチェコ・スロバキア正教会の“騒動”時にプラハ大主教からひきずりおろされた同教会のベロウン大主教ヤヒム座下が、ウクライナ府主教オヌフリー座下を支持する(超短い)メッセージ(2018年9月)

2018年~ ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立関連の記事一覧

 

 キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁が、ウクライナの独立正教会設置に向けてキエフにおける総主教代理を二名任命し、ロシア正教会系のウクライナ正教会は激しく反発した件について、チェコ・スロバキア正教会のプラハ大主教に着座しながらも、主に全地総主教庁やチェコ共和国の役所などによってその地位を覆され、現在はベロウン大主教となっているヤヒム座下(His Grace Archbishop Jachým of Beroun)が、ウクライナ正教会の首座/キエフ・全ウクライナ府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan Onufriy of Kiev and All Ukraine)を支持する超短いメッセージを Facebook に投稿しています。

 

Укрепи, Боже, во всех испытаниях… – Arcibiskup Jáchym | Facebook

 

 なお、ベロウン大主教というのは教区を持たない名義だけのもので、(彼の後任というか正統に選出された)プラハ大主教の手伝いをやるという扱いです(実際にやっているのかはわかりません)。

 数年前のチェコ・スロバキア正教会の騒動については、結局こちらではよくわからないことも多いので、詳細な説明はできませんが……。
 簡単にいいますと、まずチェコ・スロバキア正教会首座のクリシュトフ座下に女性関係のスキャンダルが複数発生し辞任(本人は疑惑は否定し、教会の団結を守るための辞任と主張。今も存命)。
 ブルノ・オロモウツ主教シメオン大主教座下(Archbishop Simeon of Brno and Olomouc : 少なくともこの時点では大主教は個人称号)が首座代行になります。
 ロシア正教会のバックアップを受けた一派が、シメオン首座代行を解任し、ヤヒム座下のプラハ大主教への選出と、教会全体の首座にチェコ・スロバキア府主教ラスティスラフ座下(プレショフ大主教 : His Beatitude Metropolitan Rastislav, Archbishop of Prešov, Primate of the Orthodox Church of the Czech Lands and Slovakia)を選出します。
 一方、シメオン座下は自身の解任を無効と宣言、コンスタンティノープルの全地総主教庁がこれをバックアップし、コンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会によるお決まりの対決パターンに入ります。
 また、シメオン座下は、相手陣営の聖職者による教会財産の横領疑惑を主張し泥沼化。
 このあたりで、ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))が、ラスティスラフ座下の選出は有効とし、「そもそもほかに人がいない」、という論陣をはっていました。
 他の独立正教会では、アンティオキア総主教庁がラスティスラフ座下を支持(状況がよくわからないままロシア正教会からの要請に従ったものとみられています)、ポーランド正教会も支持、ルーマニア正教会が事実上支持、他の教会はお茶を濁しますが、ヤヒム座下やラスティスラフ座下を避けるような動きはありました。
 そして結局、ラスティスラフ座下は全地総主教庁に地位を認められ(なんでかはわかりません)、ローマ教皇フランシスコ聖下と会見したりと今となれば順風満帆
 全地総主教庁に首座代行と認められ、ヤヒム座下やラスティスラフ座下と対立していたシメオン大主教座下は、ラスティスラフ座下が承認されたことに対して失意の日々ではあるでしょうが、今もまだ教区の長ではある、と思います(最新の情報をどこで確認すればいいのかわからないのがチェコ・スロバキア正教会の恐ろしいところ)。

 要するにヤヒム座下だけひきずりおろされた、そういうことなのですが、今もまだ親ロシア派のようです。
 年齢的なことからすれば、待っていればやがては地位がまた来るかもしれませんが……。

 

キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁がウクライナへの独立正教会設置のために総主教代理を任命したことについて、ロシア正教会聖シノドは「(バルソロメオス総主教は)事実上は一度も持ったことのない指揮権があると勝手な解釈をしている」「このような『反・教会法的行為』の全責任は彼個人とその支持者たちにある」と宣言(2018年9月)

2018年~ ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立関連の記事一覧

 

 キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁が、ウクライナの独立正教会設置に向けてキエフにおける総主教代理を二名任命。ロシア正教会系のウクライナ正教会は激しく反発(2018年9月)という状況でしたが、2018年9月8日、ロシア正教会の聖シノドは緊急ともいえる早さでメッセージを出しています。

※聖シノドが全員出席したのかどうかわかりませんが、自治的権限を持つウクライナ、モルドバ、それより弱い権限を持つベラルーシ、そして中央アジアの府主教らをメンバーに含みます(あとで下のほうに追記しておきます)。

 

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Заявление Священного Синода Русской Православной Церкви от 8 сентября 2018 года / Официальные документы / Патриархия.ru
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Russian Orthodox Church Holy Synod Statement as of September 8, 2018 | The Russian Orthodox Church

 

 すでに今までに出ている内容なのですが、簡単に並べていくと、

  • 他の教会の管轄権への侵害は教会法違反
  • キエフ府主教オヌフリー座下をウクライナの第一の聖職者(全地総主教庁側とロシア正教会側で言葉が違いますが)と認めていたのはなんだったのか
  • 事実上は一度も持ったことのない指揮権があると勝手な解釈をしている
  • コンスタンティープルとロシアの関係の“行きどまり”は東方正教会全体の結束に大いなる脅威となる
  • ロシア正教会聖シノドは、このような『反・教会法的行為』の全責任はバルソロメオス総主教個人と、コンスタンティノープルの教会内のその支持者たちにある

 なお、モスクワ総主教庁のメッセージもこれとは別に準備されているようです。

 

 率直にいって、予想通りの展開ですが……。

 モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が両・総主教会談後のインタビューで「教会としての正式決定はそれぞれの聖シノドで決めること」などと答えていることを考えると、こうなることはすでに会談時にお互い了承済みだったのではないかとすら思えます(キリル総主教聖下は会談後笑顔でインタビューに答えていましたけど)。

 

 なお、ロシア正教会聖シノドのメンバーは、

  • ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)

 のほか、

  • ウクライナ正教会の首座/キエフ・全ウクライナ府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan Onufriy of Kiev and All Ukraine)
  • クルチツィ・コロムナ府主教ユヴェナリー座下(His Eminence Metropolitan Juvenaly of Krutitsy and Kolomna)
  • モルドバ正教会の首座/キシナウ・全モルドバ府主教ヴラジミール座下(His Eminence Metropolitan Vladimir of Chişinău and All Moldova)
  • アスタナ・カザフスタン府主教アレクサンドル座下(His Eminence Metropolitan Alexander of Astana and Kazakhstan)
  • タシケント・ウズベキスタン府主教ヴィケンティー座下(His Eminence Metropolitan Vikentiy of Tashkent and Uzbekistan)
  • サンクトペテルブルク・ラドガ府主教ヴァルソノフィー座下(His Eminence Metropolitan Varsonofy of St. Petersburg and Ladoga)
  • ベラルーシにおける総主教代理【ベラルーシ正教会首座】/ミンスク・ザスラーヴリ府主教パーヴェル座下(His Eminence Metropolitan PaulPavel】of Minsk and Zaslavl, The Patriarchal Exarch of All Belarus)
  • モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))

※さらに五名、半年ごとに交代するメンバーが新しく九月から入ることになっていますが……。

 

キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁が、ウクライナの独立正教会設置に向けてキエフにおける総主教代理を二名任命。ロシア正教会系のウクライナ正教会は激しく反発(2018年9月)

2018年~ ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立関連の記事一覧

 

 2018年9月7日、キリスト教/東方正教会/全地総主教庁は、ウクライナに独立正教会を設置する準備として、キエフにおける総主教代理(Exarchs in Kiev)として二名を叙任したと発表しました。

 

 (英語:全地総主教庁公式サイト)Ecumenical Patriarchate | Announcement of the Ecumenical Patriarchate (7th Sep. 2018)
 (英語:コンスタンティノープル全地総主教庁 世界教会協議会代表部 公式サイト)Ecumenical Patriarchate sends Legates to Ukraine – Ecumenical Patriarchate Permanent Delegation to the World Council of Churches

 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Заява ВЗЦЗ УПЦ у зв’язку з призначенням Константинопольським Патріархатом екзархів у Київ – Українська Православна Церква
 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Призначення екзархів поки що не означає створення в Україні нової церковної структури — коментар прот. Миколая Данилевича – Українська Православна Церква

 

Announcement Within the framework of… – Ecumenical Patriarchate | Facebook

 

 キエフにおける総主教代理に叙任されたのは、いずれも全地総主教庁下の、
 アメリカ合衆国ウクライナ正教会(Ukrainian Orthodox Church of the USA)のパンフィロン大主教ダニエル座下(His Eminence Archbishop Daniel, Archbishop of Pamphilon)、
 カナダ・ウクライナ正教会(Ukrainian Orthodox Church of Canada)のエドモントン・西部教区主教イラリオン座下(His Grace, the Right Reverend Bishop Ilarion, Bishop of Edmonton and the Western Eparchy)、
 です。

 これに対し、ロシア正教会モスクワ総主教庁下で自治的な権限を持つウクライナ正教会は激しく反発しています。

 

 ロシア正教会モスクワ総主教庁からの正式な(聖シノドや総主教による)発表はありませんが、すでに批判的なコメントが掲載されています。
 少し前のロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下と全地総主教バルソロメオス聖下の主にウクライナの問題についての会談はいったいなんだったのかと思ってしまいますが、「話したけどダメでした」という、言い訳づくりのようなものだったのでしょうか。

 

 ここからの展開ですが、まず確認しておかなければならないのは、仮に全地総主教庁によるウクライナへの独立正教会設置がおこなわれたとして、それがほかの分野にどんな影響があるのかということがあります。
 ドンバスの「親ロシア派」が降伏したりはしないでしょうし、ロシアがクリミアを「返還」することもないでしょう。
 そして、モスクワ総主教庁系のウクライナ正教会は、すでにウクライナ国内でロシアの手先として“攻撃”を受けている状況です。
 ポロシェンコ大統領の人気が回復するということも、(彼自身がどう信じているかはともかく)望み薄です。
 状況として、何かが変わるのかというと、何も変わらないのかもしれません。

 その上で一つずつ。

 まず、独立正教会として設置されるのは何か、ということが挙げられます。
 「独立」が念頭に置かれているのは、一般的に「キエフ総主教庁」と「ウクライナ独立正教会」(どちらも全地総主教庁から教会法上合法な教会と認められていない)ですが、そもそもこの二つが合同できるのかという問題があります。
 また、モスクワ総主教庁系のウクライナ正教会も合流しなければ意味がないとする考えがあります。
 とはいうものの、この三団体の合流は不可能であり、中には「三つの独立正教会を設置すればいい。問題は各教会をどのような序列にするかだが……」といった現実性のかけらも見られない考えを表明する方もいます。とはいえ前向きな方でも、単一の独立正教会設置は不可能と思っているともいえます。
追記:
 ギリシャ系の正教会メディア(および一般報道)は、「モスクワ総主教庁系のウクライナ正教会が全地総主教庁に独立の承認を要請したので全地総主教庁が応じた」という“フェイクニュース”を出しています(当のウクライナ正教会は、今回の全地総主教庁の行動について「この先どのような悪いことが起こってもそれはすべてコンスタンティノープル全地総主教庁の責任だ」としています)。ギリシャ系メディアは、もしやウクライナ国内の正教会の状況を根本的に理解していなかったのでは……。この数ヶ月、彼らはいったい何を騒いでいたのか……。

 次に今回叙任された二人、といいますか、それぞれが属する全地総主教庁下の「アメリカ合衆国ウクライナ正教会」と「カナダ・ウクライナ正教会」ですが、「キエフ総主教庁」と過去に問題を抱えた教会もあります。
 またこの二教会は独立正教会がウクライナに設置された場合どうなるのか(新しい独立正教会が「うちの傘下によこせ」と言い出すかもしれない)という問題が浮上する可能性もあり、そもそも独立正教会設置へ向けてこの人選が良いものなのかもわかりません。

 そしてロシア正教会のほうですが、教会レベルでできることはあまりなく(批判をしたり正論を述べたりするくらい)、全地総主教庁が強行すれば止められないでしょう(他の各教会も)。
 しかし、それは教会レベルでの話であり、この問題はロシアのプーチン大統領とトルコのエルドアン大統領の間の政治的駆け引きに浮上してくる可能性があります。
 エルドアン大統領は、というかトルコ共和国は、全地総主教庁のことは名乗りすら認めていない(「全地」ではなく「イスタンブールの総主教」)はずですが、ロシア側からなにか譲歩を引き出すために、この問題を利用できるだけ利用してくるかもしれません。

 最後にクリミアの管轄権があります。
 現在のモスクワ総主教庁系のウクライナ正教会は、ロシア正教会の一部であるために、従来に引き続いてクリミアで活動をおこなうことに問題がありません。
 しかし、全地総主教庁によってウクライナに独立正教会が設置されたとして、彼らが(彼らは当然クリミアはウクライナの一部であり自身の管轄権の一部であると主張し)クリミアで活動しようとしても、ロシア連邦政府及び連邦構成主体クリミア共和国がその聖職者をクリミアへ入れるかどうか、また入れたとしても帰ってこれるかどうかは、わかりません。
 しかし間違いなく、新しい独立正教会はクリミアへ聖職者を派遣するでしょう。
 “国境”で追い返されれば問題になりませんが、中で捕縛されれば新たな国際的な問題へ飛び火していく可能性もあります。

 

続報:
 キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁がウクライナへの独立正教会設置のために総主教代理を任命したことについて、ロシア正教会聖シノドは「(バルソロメオス総主教は)事実上は一度も持ったことのない指揮権があると勝手な解釈をしている」「このような『反・教会法的行為』の全責任は彼個人とその支持者たちにある」と宣言(2018年9月)

 

キリスト教/ロシア正教会に属するエストニアの女子修道院を、エストニア大統領ケルスティ・カリユライド閣下が訪問。フィラレータ女子修道院長やエストニア府主教エフゲニー座下と会談(2018年9月)

 2018年9月5日、エストニア共和国大統領ケルスティ・カリユライド閣下(Her Excellency Ms Kersti Kaljulaid)は、同国にあるキリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁直轄ピュフティツキー女子修道院を訪問しました。
 フィラレータ女子修道院長(Abbess Filareta【Philareta】)や、モスクワ総主教庁下で自治的な権限を保有するエストニア正教会(モスクワ総主教庁系)の首座/タリン・全エストニア府主教エフゲニー座下(His Eminence Yevgeniy, Metropolitan of Tallinn and All Estonia, Primate of the Estonian Orthodox Church of Moscow Patriarchate)と会談したようです。

 フィラレータ女子修道院長は、1968年3月20日生まれの50歳で、もともと生物学関係を学んでいたようですが、修道院に関わって惚れ込んで、修道女になったようです。2011年より女子修道院長。
 エフゲニー座下は、2018年4月19日のコルニリー座下の永眠後に選出・承認されています。

 

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Президент Эстонии посетила Пюхтицкий ставропигиальный монастырь / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:エストニア正教会(モスクワ総主教庁系)公式サイト)Президент Керсти Кальюлайд посетила Пюхтицкий Успенский женский монастырь. – Эстонская Православная Церковь Московского Патриархата
 (ロシア語:ピュフティツキー女子修道院公式サイト)Визит Президента Эстонской Республики госпожи Керсти Кальюлайд в Пюхтицкий Успенский ставропигиальный женский монастырь

 

 (ロシア語:フォトギャラリー・動画あり)Президент Керсти Кальюлайд завершила визит в Ида-Вирумаа посещением Пюхтицкого монастыря | Ида-Вирумаа | ERR

 

 (写真一覧)5 сентября 2018 года. Визит президента Эстонии Керсти Кальюлайд в Пюхтицу – Google フォト

 

キリスト教/セルビア正教会のブエノスアイレス・中南米主教にキリロ座下が着座(2018年9月)

 2018年9月2日(?)、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会のブエノスアイレス・南米主教にキリロ座下(His Grace Bishop Kirilo of Buenos Aires and South-Central America)が着座したようです。
 同教会重鎮のモンテネグロ・プリモルスカ府主教アンフィロヒイェ座下(His Eminence Metropolitan Amfilohije of Montenegro and the Littoral)が臨席し、礼拝などがおこなわれました。
 同教会および東方正教会の各教会から主教らが臨席。

 

Телевизија Храм:
Устоличен Епископ буеносајрески и јужно-централноамерички Г.Кирило – YouTube

 

Острог Тв Студио:
Устоличење Епископа Кирила Бојовића у Буенос Аиресу, 2 9 2018 љ Г – YouTube

 

 (英語:セルビア正教会総主教庁公式サイト)The First Serbian Bishop of Buenos Aires and South-Central America Kiril (Bojovic) enthroned | Serbian Orthodox Church [Official web site]
 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ府主教庁公式サイト)Устоличен Епископ буеносајрески и јужно-централноамерички Кирило (Бојовић) | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)
 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ府主教庁公式サイト)ПРИСТУПНА БЕСЕДА НОВОУСТОЛИЧЕНОГ ЕПИСКОПА СПЦ ЗА БУЕНОС АЈРЕС ЈУЖНУ И ЦЕНТРАЛНУ АМЕРИКУ Г. КИРИЛА | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Representative of the Russian Orthodox Church attends enthronement of Bishop Kirill of Buenos Aires and South and Central America | The Russian Orthodox Church

 

アンフィロヒイェ座下のほかの聖職者:
 セルビア正教会/ドゥクリャ主教メトディイェ座下(His Grace Vicar Bishop Metodije of Dioclea)、

 ロシア正教会/アルゼンチン・南米府主教イグナティー座下(His Eminence Metropolitan Ignaty【Ignatiy】 of Argentina and South America)、
 アメリカ正教会【OCA】/メキシコシティー・メキシコ大主教アレホ座下(The Most Reverend Alejo, Archbishop of Mexico City and Mexico)、
 在外ロシア正教会【ROCOR】/カラカス・南米主教イオアン座下(His Grace Bishop John【Ioann】 of Caracas and South America)、
 コンスタンティノープル全地総主教庁/パタラ主教イオシフ座下(Bishop Joseph【Iosíf】 of Patara)、