キリスト教/コンスタンティノープル系のウクライナ正教会【OCU】に合流していたはずの“ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”の“フィラレート総主教”が、コンスタンティノープルからの(独立正教会として承認する)トモスを拒否すると表明したと報道(2019年6月)

 2019年6月11日、報道によりますと、キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルが独立正教会として認めた“ウクライナ正教会【OCU】”に合流し“名誉総主教”と(ウクライナ国内では)称されていた“ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”の“フィラレート総主教”が、独立正教会として認めるトモスの内容を事前に承知していなかったとしてこれを拒否すると表明したようです。
 表明したのは、フィラレート総主教が主催(?)したフォーラムかなにかで、下記記事の写真を見る限りでは、盛況とも思えませんが(開催前か開催後なのかもしれません)、 OCU に合流した二組織の一つのトップだった人物が拒否を表明するというのは、なんともバカバカしいというか、どうせ面倒なことが起こることはわかっていたというか、論評のしようがないほどアホらしい事態ではあります。
 フィラレート総主教の建前は、モスクワ及びコンスタンティノープルからの独立です。しかし、コンスタンティノープルからトップに認められていればこんなことは言い出してなかったことは明らかで、真面目に受け取る必要はまったくありません。はたしてどのような影響があるのか、あるいはないのか。
  OCU 首座の“エピファニー府主教”が、キリスト教/東方正教会首席/コンスタンティノープル=新ローマ大主教・全地総主教バルソロメオス聖下(バーソロミュー1世世界総主教バルトロマイ1世ヴァルソロメオス1世 : His All-Holiness Bartholomew, Archbishop of Constantinople-New Rome and Ecumenical Patriarch)の聖名日を祝うためにトルコ共和国イスタンブールを訪問しているときにこんな意見を表明したということで、 OCU が分裂するか、あるいはフィラレート総主教が幽囚されるか、どちらかになるのではないかと思います。

 

 (ウクライナ語)Філарет: Томос ми не приймаємо, бо ми не знали його змісту | Громадське телебачення

 

追記:
 フィラレート総主教は、2019年6月20日に、昨年【2018年】12月15日の統合を決めた会合(”Unification Council”)の否定と、今年授与されたトモスの拒否を決定する、新たな会合を招集するとしています。
 また、“エピファニー府主教”らは、“ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”を離れコンスタンティノープルに依存する教会を作っただけであり、 UOC-KP は解散しておらずこれからも存在し続けると主張。
 そして、“エピファニー府主教”がギリシャ正教会の司祭を主教に叙したのは、主教を通じてコンスタンティノープルの指示を受けるためであり、そんな教会は独立正教会ではないとも宣言したようです。

 (ウクライナ語)Філарет скликає собор для збереження Київського патріархату: на коли і які будуть наслідки – BBC News Україна

 (英語)Filaret summons a Synod to cancel decisions of the United Synod on December 15 – Romfea News
 (ギリシャ語)Ο Φιλάρετος συγκαλεί Τοπική Σύνοδο για να ακυρώσει αποφάσεις της Ενωτικής Συνόδου

 (ロシア語)Интерфакс-Религия: Филарет не признает решение о самоликвидации УПЦ-КП и планирует его отменить

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です