シスマ2018:ロシア大統領報道官ペスコフ氏「クレムリンはロシア正教会の懸念を共有」(2018年10月)

【シスマ2018】東方正教会大分裂: ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧

 

 キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルの全地総主教庁が、ロシア正教会による“キエフ総主教フィラレート聖下”及び“ウクライナ独立正教会首座マカリー座下”への Anathema(簡単にいうと破門の重いほう)撤回を正式発表したことに関して質問を受けて、ロシア大統領報道官ドミトリー・ペスコフ氏(Dmitry Peskov)が回答しています。

 

 (英語)TASS: Society & Culture – Kremlin shares Russian Church’s concern over Constantinople’s decision on Ukraine

 

 ペスコフ氏は、プーチン政権が、ロシア正教会によるウクライナ正教会情勢についての懸念を共有していることを述べ、ロシア政府は宗教への介入はしないが、ウクライナ政府が“過激派”から東方正教会信者を守れないときなどは、純粋に政治的・外交的手段で東方正教会信者を守る用意がある、と述べたようです。

 

追記:
 ロシア大統領府【クレムリン】公式サイトの記事へリンクしておきます。
 ロシア大統領プーチン閣下と国家安全保障会議の固定メンバーとの会合。

 (英語:ロシア大統領府【クレムリン】公式サイト)Meeting with permanent members of the Security Council • President of Russia

The meeting participants also exchanged views on the position of the Russian Orthodox Church in Ukraine after the Constantinople Patriarchate’s Synod had decided to launch the process of granting autocephaly to the Ukrainian Church, revoking the Synodal Letter of the year 1686, which granted the right through oikonomia to the Patriarch of Moscow to ordain the Metropolitan of Kiev, and the statement on re-establishing the Stavropegion of the Ecumenical Patriarch in Kiev.

 (英語)TASS: Russian Politics & Diplomacy – Russian Orthodox Church in Ukraine in focus of Putin’s meeting with Security Council

追記2:
 ロシア連邦外務大臣ラヴロフ閣下によるコメントなど。

 (英語)TASS: Russian Politics & Diplomacy – Lavrov: US backs Patriarch Bartholomew’s provocation against Orthodox Church in Ukraine

 

コメントを残す