キリスト教/セルビア正教会が、1999年のユーゴ空爆への参加を拒否したギリシャ軍人に対して、聖コンスタンティノス帝勲章を授与(2018年1月)

 2018年1月23日、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会は、1999年のユーゴスラビア空爆に参加することを拒否したギリシャのマリノス・リツディス海軍少尉(Marinos Ritsoudis)に聖コンスタンティノス帝勲章を授与したそうです。

 

Телевизија Храм:
Висока црквена признања пријатељима српског народа – YouTube

 

 (セルビア正教会公式サイト)Висока црквена признања пријатељима српског народа | Serbian Orthodox Church [Official web site]

 (英語)Serbian Church awards Greek naval officer for refusing to participate in bombing of Yugoslavia / OrthoChristian.Com

 

キリスト教/フィンランド正教会の首座が、年の切り替わりに、クオピオからヘルシンキに移る模様(2017年11月)

 キリスト教/東方正教会/全地総主教庁/フィンランド正教会の首座はフィンランド共和国のクオピオに置かれ、現在の首座主教はカレリア・全フィンランド大主教レオ座下(His Eminence Archbishop Leo of Karelia and All Finland)です。
 しかし、人口の多いヘルシンキに首座を移す模様です。

 ヘルシンキ府主教アンブロシウス座下(His Eminence Metropolitan Ambrosius of Helsinki)が12月31日をもって退任し、レオ座下はヘルシンキ・全フィンランド大主教(Archbishop of Helsinki and All Finland)の称号を帯びることになるようです。

 

キリスト教/ジョージア総主教【グルジア総主教】イリア2世聖下が、シオ府主教座下を首座代行(総主教代行)に任命、理由は不明。シオ府主教座下は大統領と近い人物との報道も(2017年11月)

 キリスト教/東方正教会/ジョージア正教会【グルジア正教会】の首座/全ジョージアのカトリコス=総主教イリア2世聖下(His Holiness Catholicos-Patriarch Ilia II of All Georgia)は、セナキ・チホロツク府主教シオ座下(His Eminence Metropolitan Shio of Senaki and Chkhorotsqu)を首座代行(Locum Tenens)に指名したようです。

 理由は不明ですが、生前での首座代行指名は異例(通常は総主教永眠から次の総主教選出まで務める)であり、事実上の総主教後継者としての認定との見方もあります。

 報道では、シオ府主教座下は、ジョージア大統領ギオルギ・マルグヴェラシヴィリ閣下(His Excellency Mr Giorgi Margvelashvili)に近い人物(子供時代の友人?)のようです。

 

キリスト教/コプト正教会の英国代表主教アンゲロス座下が、同教会のロンドン教区の長に(2017年11月)

 キリスト教/オリエント正教会/コプト正教会の英国代表主教アンゲロス主教座下(His Grace Bishop Angaelos, General Bishop in the United Kingdom)が、同教会のロンドン教区の長に叙任されたようです。

※ロンドン主教なのかロンドン大主教なのか現時点でははっきりしません。

 

Bishop Angaelos نさんのツイート: "Impossible to express my appreciation for love and support felt from every individual attending this momentous time of prayer for the birth… https://t.co/7kMMRwlxZu"

 

キリスト教/“マケドニア正教会-オフリド大主教庁【MOC-OA】”が、ブルガリア正教会を“母なる教会”として認めたいと要請した模様(2017年11月)

 キリスト教の東方正教会では、マケドニア共和国【マケドニア旧ユーゴスラビア共和国】において最有力の教会である“マケドニア正教会-オフリド大主教庁【MOC-OA】”は、セルビア正教会の管轄権を無視して設立された教会法上合法でない集団です(が、それらの教会のなかでは東方正教会の他の教会との交流が一番多いとみられています)。

 

 そのマケドニア正教会-オフリド大主教庁(とマケドニア政府)は、教会法(つまりセルビア正教会)に従う正教オフリド大主教庁のオフリド大主教ヨヴァン6世座下(His Beatitude Archbishop Jovan VI of Ohrid)に対する弾圧・人権侵害を続け、欧州連合【EU】からも非難を受けていました。

 

 もともとマケドニア人とブルガリア人は人種的・文化的に近いと考えられているため、マケドニア正教会-オフリド大主教庁とブルガリア正教会も仲良くやっていました。
 そのマケドニア正教会-オフリド大主教庁がブルガリア正教会を“母なる教会”として認め、ブルガリア正教会がマケドニア正教会-オフリド大主教庁の自治を認めるというような事態になると、マケドニア正教会-オフリド大主教庁が教会法上合法な教会(の一部)となります。
 これは、ブルガリア正教会と他の東方正教会に属する教会との関係に影響を及ぼします。とりわけ、セルビア正教会及びロシア正教会との。

 

 そのようなわけで、キリスト教/東方正教会/ブルガリア正教会の首座/ブルガリア総主教ネオフィット聖下(His Holiness Patriarch Neophyte【Neofit】 of Bulgaria)はそのようなことを承認するのに否定的とみられていたのですが、どうも今回、承認する形で話が進められているという報道がされています(最後までどうなるかわかりませんけど)。

 

 もしそうなると、セルビア正教会とブルガリア正教会のフル・コミュニオンの解除(相互破門のような見出しがニュースに出たり)もあるかもしれません。