キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下が、元ヨルダン皇太子のハッサン王子殿下と会見(2019年4月)

※この記事は世界の王室ニュースと重複します。

 

 2019年4月10日、キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)は、元ヨルダン皇太子のエル・ハッサン・ビン・タラール王子殿下(His Royal Highness Prince El Hassan bin Talal)と会見しました。

 シリア正教会より、
 レバノン山脈・トリポリ大主教“モル”・セオフィルス・ゲオルゲス・サリバ座下(His Eminence Mor Theophilus Georges Saliba, Archbishop of Mount Lebanon and Tripoli)、
 スイス・オーストリアにおける総主教代理“モル”・ディオニシウス・イッサ・グルス座下(His Eminence Mor Dionysius Issa Gurbuz, Patriarchal Vicar in Switzerland and Austria) 
 ベイルート府主教“モル”・クレーミス・ダニエル・クーリエフ座下(His Eminence Mor Clemis Daniel Kourieh, Metropolitan of Beirut)、
 が同行。

 

 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Meeting with Prince El-Hassan Bin Talal | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

 

قداسة سيدنا البطريرك يلتقي سمو الأمير… – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook