キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下のベラルーシ訪問始まる(2018年10月)10月15日にミンスクでロシア正教会の聖シノド開催

 2018年10月13日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【全ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)のベラルーシ共和国訪問が始まりました。
 キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁下で自治的な権限を持つベラルーシ正教会【全ベラルーシ総主教代理区】首座/ミンスク・ザスラーヴリ府主教パーヴェル座下(His Eminence Metropolitan PaulPavel】of Minsk and Zaslavl, The Patriarchal Exarch of All Belarus)、ベラルーシ共和国副首相、ベラルーシ共和国駐箚ロシア連邦特命全権大使らが出迎えました。
 ロシア正教会より、
 サンクトペテルブルク・ラドガ府主教ヴァルソノフィー座下(His Eminence Metropolitan Varsonofy of St. Petersburg and Ladoga)、
 モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))、
 モスクワ総主教庁事務局長ソルネチノゴルスク大主教セルギー座下(His Eminence Archbishop Sergiy of Solnechnogorsk, head of the Moscow Patriarchate administrative secretariat)、
 らが同行。

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
Святейший Патриарх Кирилл прибыл в Минск – YouTube

 

православный портал sobor.by:
Слово Патриарха Кирилла в Минске в Кафедральном соборе – YouTube

 

Россия 24:
Патриарх Кирилл призвал православных "преодолеть кризисные явления" – Россия 24 – YouTube

 

Россия 24:
Патриарх Кирилл прибыл в Минск – Россия 24 – YouTube

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Patriarch Kirill arrives in Minsk | The Russian Orthodox Church

 (英語)TASS: Society & Culture – Russian Orthodox Church’s head visits Belarus
 (英語)TASS: Society & Culture – Attempts to destroy canonical Orthodoxy in Ukraine will fail — Patriarch Kirill

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Святейший Патриарх Кирилл прибыл в Минск / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Святейший Патриарх Кирилл прибыл в Минск | Русская Православная Церковь

 (ロシア語:ベラルーシ正教会公式サイト)Святейший Патриарх Кирилл прибыл в Минск | Митрополит | Белорусская Православная Церковь | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви
 (ロシア語:ベラルーシ正教会公式サイト:写真一覧)Святейший Патриарх Кирилл прибыл в Минск | Фоторепортажи | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви
 (ロシア語:ベラルーシ正教会公式サイト)В канун праздника Покрова Пресвятой Богородицы Святейший Патриарх Кирилл совершил утреню всенощного бдения в Свято-Духовом кафедральном соборе города Минска | Митрополит | Белорусская Православная Церковь | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви

 (ロシア語)Святейший Патриарх Кирилл прибыл в Минск
 (ロシア語)ПАТРИАРХ КИРИЛЛ ВЕРИТ, ЧТО УКРАИНСКАЯ ПРАВОСЛАВНАЯ ЦЕРКОВЬ УСТОИТ ПЕРЕД НАТИСКОМ СВЕТСКИХ ВЛАСТЕЙ. СЛОВО ПАТРИАРХА КИРИЛЛА В МИНСКЕ. ВИДЕО

 

続報:
 キリスト教/ベラルーシでの聖シノド会合開催前にロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下が、ベラルーシ大統領アレクサンドル・ルカシェンコ閣下と会見(2018年10月)
 キリスト教/ロシア正教会がベラルーシでの聖シノド会合で、コンスタンティノープルの全地総主教庁との「ユーカリスティック・コミュニオンの継続は不可能」と判断(2018年10月)

 

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下が、ロシア駐箚のキューバ大使と会見(2018年10月)

 2018年10月20日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【全ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)は、ロシア連邦駐箚キューバ共和国特命全権大使ヘラルド・ペニャルベル・ポルタル閣下(Gerardo Peñalver Portal)と会見しました。

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Patriarch Kirill meets with Cuban ambassador to Russia / News / Patriarchate.ru
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Patriarch Kirill meets with Cuban ambassador to Russia | The Russian Orthodox Church

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Состоялась встреча Святейшего Патриарха Кирилла с Чрезвычайным и Полномочным послом Республики Куба в Российской Федерации / Новости / Патриархия.ru

 

シスマ2018:キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁が、ロシア正教会による“キエフ総主教フィラレート聖下”及び“ウクライナ独立正教会首座マカリー座下”への Anathema(簡単にいうと破門の重いほう)撤回を正式発表(2018年10月)モスクワ総主教庁「コンスタンティノープルはレッドラインを超えた」10月15日の聖シノドで対応を決定。コンスタンティノープルを破門する可能性も

【シスマ2018】東方正教会大分裂: ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧

 

 すでに先行してギリシャの正教会系メディアが報道していましたが、正式発表です。

 2018年10月11日、キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルの全地総主教庁聖シノドは、ロシア正教会によっておこなわれた教会法上合法でない“キエフ総主教フィラレート聖下”及び“ウクライナ独立正教会首座マカリー座下”への Anathema(簡単にいうと破門の重いほう)を撤回することを決定。
 フランス府主教エマニュエル座下(His Eminence Metropolitan Emmanuel of France)、
 「キエフにおける総主教代理」アメリカ合衆国ウクライナ正教会(Ukrainian Orthodox Church of the USA)のパンフィロン大主教ダニエル座下(His Eminence Archbishop Daniel, Archbishop of Pamphilon)、
 「キエフにおける総主教代理」カナダ・ウクライナ正教会(Ukrainian Orthodox Church of Canada)のエドモントン・西部教区主教イラリオン座下(His Grace, the Right Reverend Bishop Ilarion, Bishop of Edmonton and the Western Eparchy)、
 らが発表。

 

 (英語:コンスタンティノープルの全地総主教庁公式サイト)Announcement (11/10/2018). – Announcements – The Ecumenical Patriarchate

 

Ecumenical Patriarchateさんがライブ動画を作成しました。 – Ecumenical Patriarchate

 

 ロシア正教会モスクワ総主教庁側は、2018年10月15日に、ベラルーシのミンスクで聖シノドを開催、ウクライナ正教会(モスクワ総主教庁系)関係者は、(興奮しているのかもしれませんが) キリスト教/東方正教会首席/コンスタンティノープル=新ローマ大主教・全地総主教バルソロメオス聖下(バーソロミュー1世世界総主教バルトロマイ1世ヴァルソロメオス1世 : His All-Holiness Bartholomew, Archbishop of Constantinople-New Rome and Ecumenical Patriarch)への Anathema もありうるとしているとのこと。

 

 (英語)TASS: Society & Culture – Ecumenical Patriarchate lifts anathema against leaders of two Ukrainian churches
 (英語)TASS: Society & Culture – Constantinople cancels 1686 decision on Kiev Metropolia
 (英語)TASS: Society & Culture – Moscow patriarch comments on decision to lift anathema against Ukrainian church leaders
 (英語)TASS: Society & Culture – Russian Orthodox Church’s Holy Synod to assess Constantinople moves on October 15
 (英語)TASS: Society & Culture – Patriarch Bartholomew must be anathematized — Ukrainian Orthodox Church
 (英語)TASS: Society & Culture – Russian Orthodox Church official vows ‘firm and tough’ response to Constantinople’s move

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)В.Р. Легойда: Константинопольским Патриархатом совершено беспрецедентное антиканоническое действие / Новости / Патриархия.ru

 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ・プリモルスカ府主教庁公式サイト)Цариград почео процес признавања аутокефалности УПЦ, из Московске патријаршије кажу да је то легализација раскола | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 

着座11周年(2018年9月30日):キリスト教/ルーマニア総主教ダニエル聖下の着座11周年

 2018年9月30日、キリスト教/東方正教会/ルーマニア正教会の首座/ルーマニア正教会総主教ダニエル聖下(ブカレスト大主教 : ムンテニア・ドブロジャ府主教 : カエサレア・カッパドキアエ首座代行 : His Beatitude Daniel, Archbishop of Bucharest, Metropolitan of Muntenia and Dobrudgea, Locum tenens of the throne of Caesarea Cappadociae, Patriarch of the Romanian Orthodox Church)は、ルーマニア総主教着座より11周年を迎えました。

 式典がおこなわれ、
 プロイェシュティ主教ヴァルラアム座下(His Grace Varlaam, Bishop of Ploiești)、
 がスピーチ。

 

TRINITAS TV:
11 ani de la întronizarea Patriarhului Daniel – YouTube

 

TRINITAS TV – Sfânta Liturghie arhierească de la Catedrala…

 

 (英語:ルーマニア正教会通信)His Beatitude Daniel celebrates 11th anniversary of the enthronement as Romanian Patriarch – Basilica.ro
 (英語:ルーマニア正教会通信)‘First we owe to give thanks to God’: Patriarch Daniel on his 11th enthronement anniversary – Basilica.ro
 (英語:ルーマニア正教会通信)Romanian Patriarch Daniel prayerfully celebrates 11th enthronement anniversary – Basilica.ro

 (ルーマニア語:ルーマニア正教会ベッサラビア府主教庁公式サイト)Ierarhii Mitropoliei Basarabiei prezenți la slujba aniversară a PF Părinte Patriarh Daniel | Mitropolia

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)His Holiness Patriarch Kirill greets Primate of Romanian Orthodox Church with 11th anniversary of his elevation to the Patriarchal throne | The Russian Orthodox Church
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)DECR chairman sends greetings to His Beatitude Patriarch Daniel of Romania on the 11th anniversary of his enthronement | The Russian Orthodox Church
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Поздравление Святейшего Патриарха Кирилла Предстоятелю Румынской Православной Церкви по случаю одиннадцатой годовщины возведения на Патриарший престол | Русская Православная Церковь
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Председатель ОВЦС направил Блаженнейшему Патриарху Румынскому Даниилу поздравление по случаю одиннадцатой годовщины интронизации | Русская Православная Церковь

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Поздравление Святейшего Патриарха Кирилла Предстоятелю Румынской Православной Церкви по случаю одиннадцатой годовщины возведения на Патриарший престол / Патриарх / Патриархия.ru

 

シスマ2018:キリスト教/ジョージア正教会【グルジア正教会】が声明を発表(2018年9月)

【シスマ2018~】 ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事の記事一覧

 

 2018年9月30日付で、キリスト教/東方正教会/ジョージア正教会【グルジア正教会】総主教庁が、コンスタンティノープルの全地総主教庁がウクライナに一方的に独立正教会を設置しようとしていることについて声明を発表しています。

 

 (ジョージア語【グルジア語】:ジョージア正教会【グルジア正教会】総主教庁公式サイト)საქართველოს საპატრიარქოს განცხადება (30.09.2018)

 

 内容ですが、東方正教会全体と多数の信徒が関わる問題なので、コンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁でよく話しあってくれ、というようなものです。

話し合いにいってダメだったからこうなったのでは……」と思ってしまいますが……。

 なお、ジョージア正教会の聖職者は以前に「ジョージア正教会はこの問題にかかわらない」というような発言を出していましたが、今回の声明は軌道修正を試みたものなのか、「引き続きかかわらないのでそちらでよろしく」という意味なのか。発信の意図がいまいち見出せません。

 

 国家としてのジョージアのうち事実上分離している地域がありますが、そのうちアブハジアにはアブハジア正教会がジョージア正教会からの分離を宣言しています。
 最大級のシスマが起こりつつあることで、各地のシスマもまた注目されつつあります。「教会法上合法な教会」という概念は生き延びることができるでしょうか。