「The Dictator Pope」(独裁者ローマ教皇)という書名のローマ教皇フランシスコ聖下批判の本の著者が自分だと明かしたヘンリー・サイアー氏がマルタ騎士団から団員資格停止処分に(2018年3月)

 昨年12月に、「The Dictator Pope」(独裁者ローマ教皇)という書籍が出ているのですが、この書物がキリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)をアルゼンチン共和国の大統領だったこともある故ファン・ペロン氏(Juan Perón)の政治手法を重ねるなど、聖下に対して批判的なものだったらしいです。
※ペロン氏に対しては評価がわかれていますが、少なくともこの本自体はペロン氏=独裁者という図式の上で、その手法を聖下と重ねているのでしょう(読んでいないので詳細は知りませんが)。

 そして著者がペンネームを用いていたのですが、このほどヘンリー・サイアーHenry Sire)という人物が、自分が著者であると発言し、それに対してマルタ騎士団はサイアー氏の団員資格停止処分と調査の開始をアナウンスしています。

 

 (英語版ページですが現在未訳:マルタ騎士団公式サイト)Henry Sire, autor de The Dictator Pope, suspendido como miembro de la Orden de Malta – Order of Malta

 (英語)‘Dictator Pope’ author Henry Sire suspended from Order of Malta | CatholicHerald.co.uk

 

 2016年末からの騒動で、当時のマルタ騎士団総長マシュー・フェスティング殿下は(フランシスコ聖下によって)辞任に追い込まれましたが、その後の総長選挙(2017年)でマルタ騎士団は総長(終身)を選出できず、任期一年の“フラー”・ジャコモ・ダッラ・トッレ・デル・テンピオ・ディ・サングイネット副長(総長代行 : The Lieutenant of the Grand Master, Frà Giacomo Dalla Torre del Tempio di Sanguinetto)を選出したのみです。内部分裂は明らか。
 今年の選挙は5月ですが、今回の一件は、マルタ騎士団内部にある程度の勢力をもっていると思われる、「フランシスコ聖下による『内政干渉』『国際法違反』によって主権実体であるマルタ騎士団の主権が脅かされている」という考えの一端ではないかとも思われます。
※団員資格停止処分になったままだと総長選挙には投票できないと思いますけど。

映像:キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下が、キリスト教/アルメニア使徒教会カトリコスのガレギン2世聖下を訪問した際の映像(2018年3月)

Armenian Church(アルメニア使徒教会 聖エチミアジン母座 公式チャンネル):
Visit of the the Patriarch of the Syriac Orthodox Church to the Mother See – YouTube

 

 キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)が、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会/全アルメニア人のカトリコス・最高総主教ガレギン2世聖下(His Holiness Karekin II, Supreme Patriarch and Catholicos of All Armenians)を訪問した際の映像です。

 今月の上旬の訪問の際のものと思われます。

83歳(2018年3月21日):キリスト教/前ベラルーシ正教会首座フィラレート座下が83歳に

 2018年3月21日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁下で自治的な権限を持つベラルーシ正教会【全ベラルーシ総主教代理区】の前の首座/全ベラルーシ名誉総主教代理/前ミンスク・スルーツク府主教フィラレート座下(His Eminence Metropolitan FilaretPhilaret】, The Patriarchal Exarch Emeritus of All Belarus)が83歳を迎えたようです。

 現ベラルーシ正教会【全ベラルーシ総主教代理区】首座/ミンスク・ザスラーヴリ府主教パーヴェル座下(His Eminence Metropolitan PaulPavel】of Minsk and Zaslavl, The Patriarchal Exarch of All Belarus)らが祝いました。

 ベラルーシ共和国大統領アレクサンドル・グリゴーリエヴィチ・ルカシェンコ閣下(His Excellency Mr Alexander Grigoryevich Lukashenko)は、祝福のメッセージを出していますs。

 

православный портал sobor.by:
В Минске молитвенно отметили 83-летие со дня рождения митрополита Филарета – YouTube

 

 (英語:ベラルーシ大統領府公式サイト)Greetings to Metropolitan Filaret, Patriarchal Exarch Emeritus of All Belarus | Events | The Official Internet Portal of the President of the Republic of Belarus

マルタ騎士団副長(総長代行)が、同騎士団を駐箚する新任のセルビア大使を接受(2018年3月)

※この記事は世界の王室ニュースと重複します。

 

 2018年3月20日、マルタ騎士団の“フラー”・ジャコモ・ダッラ・トッレ・デル・テンピオ・ディ・サングイネット副長(総長代行 : The Lieutenant of the Grand Master, Frà Giacomo Dalla Torre del Tempio di Sanguinetto)は騎士団宮殿にて、新任のマルタ騎士団駐箚セルビア共和国特命全権大使デヤン・シャホヴィッチ閣下(His Excellency Dejan Šahović)を接受、信任状の捧呈を受けました。

 シャホヴィッチ閣下は、ローマ教皇聖座と兼轄の模様。

 

 (英語:マルタ騎士団公式サイト)Credentials presented by Serbia – Order of Malta

Order of Maltaさんのツイート: "The Lieutenant of the Grand Master Fra’ Giacomo Dalla Torre del Tempio di Sanguinetto received in audience for the presentation of his Letters of Credence the new Ambassador of Serbia accredited to the #OrderofMalta, H.E. Dejan ŠAHOVIĆ. https://t.co/drqMseXJVu"

キリスト教/ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が、ロシア連邦駐箚のヨルダン大使と会見(2018年3月)

 2018年3月20日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、ロシア連邦駐箚ヨルダン・ハシェミット王国特命全権大使アムジャッド・アダイリー閣下(His Excellency Mr Amjad Adaileh)と会見しました。

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Metropolitan Hilarion of Volokolamsk meets with the head of Jordanian diplomatic mission | The Russian Orthodox Church