シスマ2018:キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁系統の西欧ロシア伝統正教小教区総主教代理区下にあったイタリア・フィレンツェの教会が、在外ロシア正教会【ROCOR】に移ったとの報道(2018年10月)

 2018年10月28日に、キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルの全地総主教庁の管轄権下にある西欧ロシア伝統正教小教区総主教代理区のイイスス・ハリストス降誕・奇蹟者聖ニコライ聖堂が、信徒らの意見も踏まえて、在外ロシア正教会【ROCOR】に移った、との報道が出ています。
 これは、全地総主教庁のウクライナへの介入、ロシア正教会が全地総主教庁とのコミュニオンを解除したことによるものです。

 

 (英語)Parish in Italy moves from Constantinople to ROCOR / OrthoChristian.Com
 (ロシア語)Интерфакс-Религия: Община Константинополя во Флоренции перешла в РПЦЗ в ответ на его действия на Украине
 (フランス語)Florence : la paroisse russe Saint Nicolas décide de se placer sous l’omophore de l’EORHF

※聖堂の公式サイトのほうはいまだ情報なし
 (ロシア語)Русский Православный Храм | Рождества Христова и Св. Николая Чудотворца

 

 なお、同じく全地総主教庁下にあるアメリカ合衆国アメリカ・カルパト=ロシア正教教区から、少し前に司祭が一人離脱し、在外ロシア正教会【ROCOR】に合流したとの情報もあります。

 これらの教会は、ロシア的伝統を保持しながら、全地総主教庁の管轄権下にあったわけですが、これからも動きが続くかもしれません。

 

 【シスマ2018 – The Schism of 2018】<東方正教会大分裂>: ウクライナへの独立正教会設置から始まったコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧など<東方正教会内戦、大分裂、そして崩壊?>

 

ロンドンでキリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下とアッシリア東方教会カトリコス=総主教ゲワルギス3世聖下が会見(2018年10月)

 2018年10月28日、キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, The Patriarch of Antioch and All the East, The Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)は、訪問先の英国ロンドンで、同じく同地を訪問中のキリスト教/アッシリア東方教会首座/カトリコス=総主教“マル”・ゲワルギス3世聖下(ギワルギス3世 : His Holiness Mar Gewargis III【Giwargis III】, The Catholicos-Patriarch of the Assyrian Church of the East)と会見しました。

 シリア正教会側から、
 英国における総主教代理“モル”・アタナシウス・トマ・ダカマ座下(Mor Athanasius Touma Dakama, Patriarchal Vicar in the United Kingdom)、
 モル・マタイ修道院大主教区大主教【聖マタイ区大主教】“モル”・ティモセオス・ムーサ・アル・シャマニ座下(Mor Timotheos Moussa Al-Shamani, Archbishop of the Archdiocese of Mor Mattai Monastery【Archbishop of St Matthew’s】)、
 総主教管轄ダマスカス大主教区総主教代理“モル”・ティモセオス・マッタ・アル・クーリー座下(His Eminence Mor Timotheos Matta Al-Khoury, Patriarchal Vicar of the Patriarchal Archdiocese of Damascus)、

 アッシリア東方教会側から
 米国西部主教“マル”・アプリム・ハミス座下(His Grace Mar Aprim Khamis, Bishop of Western USA)、
 欧州主教“マル”・オディショ・オラハム座下(His Grace Mar Odisho Oraham, Bishop of Europe)、
 米国東部主教“マル”・パウルス・ベンジャミン座下(His Grace Mar Paulus Benjamin, Bishop of Eastern USA)、
 が同席した模様。

 

 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Meeting with His Holiness Patriarch Sleewa, and other Delegations | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

 

قداسة سيدنا البطريرك يستقبل قداسة بطريرك… – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook

 

On October 28, His Holiness Mar Gewargis… – Holy Apostolic Catholic Assyrian Church of the East | Facebook

 

キリスト教/コプト正教会の修道士がイスラエル警察に手錠をかけられるなどした件について、エチオピア正教会の聖シノドはコプト正教会を全面的に批判する声明を発表した模様(2018年10月)

 Orthodoxy Cognate PAGE によりますと、キリスト教/オリエント正教会/エチオピア正教会の聖シノドは、キリスト教/オリエント正教会/コプト正教会の修道士がイスラエル警察に手錠をかけられるなどした件について、声明を発表。

 エルサレムのスルタン修道院の所有問題についてですが、今回、エチオピア正教会の聖シノドは、イスラエル政府に対しコプト正教会の蛮行を無視して修道院の改修を始めるようにという要望の提出と、コプト正教会のアレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下(His Holiness Pope Tawadros II of Alexandria)らの声明には偽りがある(エチオピア正教会の立場が正しい)という内容などの対抗的な声明を発表したようです。

 

 (英語)Statement by the Ethiopian Orthodox Tewahedo Church’s Holy Synod Concerning Deir El-Sultan – News | Orthodoxy Cognate PAGE

 

OCP® Tweetsさんのツイート: "https://t.co/nZRoxgMtqR"

 

関連:
 キリスト教/エルサレムのスルタン修道院問題で、イスラエル警察の対応に抗議していたコプト正教会の修道士が手錠をかけられ地べたに押しつけられひきずられる(2018年10月)
 映像(アラビア語・英語字幕):キリスト教/コプト正教会の修道士がイスラエル警察に“暴力”を受けた件でアレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下がそもそもの問題を説明する動画(2018年10月)イスラエル政府とエチオピア正教会を批判

 

キリスト教/アッシリア東方教会カトリコス=総主教ゲワルギス3世聖下がカンタベリー大主教ジャスティン・ウェルビー座下を訪問(2018年10月)

 2018年10月25日、キリスト教/アッシリア東方教会首座/カトリコス=総主教“マル”・ゲワルギス3世聖下(ギワルギス3世 : His Holiness Mar Gewargis III【Giwargis III】, Catholicos-Patriarch of the Assyrian Church of the East)は、キリスト教/アングリカン・コミュニオン/英国国教会/カンタベリー大主教ジャスティン・ウェルビー座下(全イングランド首座 : The Most Reverend and Right Honourable Justin Welby : His Grace The Lord Archbishop of Canterbury : Primate of All England)を訪問しました。
 アッシリア東方教会より、
 欧州主教“マル”・オディショ・オラハム座下(His Grace Mar Odisho Oraham, Bishop of Europe)、
 米国西部主教“マル”・アプリム・ハミス座下(His Grace Mar Aprim Khamis, Bishop of Western USA)、
 米国東部主教“マル”・パウルス・ベンジャミン座下(His Grace Mar Paulus Benjamin, Bishop of Eastern USA)、
 が同行した模様。

 

 (アラビア語:アッシリア東方教会ニュース)قداسة ابينا البطريرك مار كيوركيس الثالث صليوا في زيارة رعوية لرعية مريم العذراء في لندن | اخبار كنيسة المشرق الاشورية

 

On Thursday, October 25, His Holiness… – Holy Apostolic Catholic Assyrian Church of the East | Facebook

 

https://www.ar.news.assyrianchurch.org/ar… – Assyrian Church News – اخبار كنيسة المشرق الاشورية | Facebook

 

キリスト教/アルメニア使徒教会/キリキア・カトリコスのアラム1世聖下が、スイス復古カトリック教会の聖堂を訪問(2018年10月)

 2018年10月25日、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会(アルメニア正教会)のキリキア・カトリコスアラム1世聖下(His Holiness Aram I, Catholicos of the Great House of Cilicia)は、スイス復古カトリック教会の聖ペトロ・聖パウロ聖堂(主教座)を訪問。
 晩課に臨席し、礼拝後に教会間対話についてスピーチをおこないました。

 

Cilicia TV:
ԼՈՒՐԵՐ ԿԱԹՈՂԻԿՈՍԱՐԱՆԷՆ 27.10.2018 – YouTube

※スイス復古カトリック教会首座主教ハラルト・ライン座下(Harald Rein)と会見、

 

 アラム1世聖下はスイス復古カトリック教会の招待によりスイス連邦を訪問しています。

 スイス復古カトリック教会は、近代にローマ・カトリック教会から分離した復古カトリック教会に分類され、現在でもユニオン・オブ・ユトレヒトに加盟しています。
 名称ですが、世界教会会議【WCC】は「Old-Catholic Church of Switzerland」という名称を使用し(Old-Catholic Church of Switzerland — World Council of Churches)、今回のアルメニア使徒教会キリキア・カトリコス庁系メディアの動画説明文にも「the old #Catholic #Church in #Bern, #Switzerland」と(#付きですが)されており、スイス復古カトリック教会でよさそうに思えますが、一方同教会の公式サイトでは、

 (ドイツ語)Besuch S.H. Katholikos Aram I – Christkatholische Kirche der Schweiz
※アラム1世聖下訪問予定の記事

 「Christkatholische Kirche der Schweiz」(ドイツ語)となっています(他にフランス語・イタリア語表記も)。 
 英訳すれば「Christian Catholic Church of Switzerland」となり日本語訳すれば「スイス・キリスト・カトリック教会」(“復古”にあたる“old”がない)とでもなるような名称です。
 彼らがそう称しているのであれば、そうなのでしょうが、一方で他者がまるでそれを尊重していないようにみえる状況は不思議です。
 あるいは英語表記だけは復古カトリック教会の一派とわかるものを使用しているのかもしれませんが……。

 

追記:
 キリキア・カトリコス庁公式サイトに英語版記事が出たのでリンクしておきます。

 (英語)HIS HOLINESS DELIVERS A LECTURE AT ST. PETER AND PAUL CATHEDRAL OF THE OLD CATHOLIC CHURCH IN BERN | Armenian Church Catholicosate of Cilicia

 

関連:
 キリスト教/アルメニア使徒教会/キリキア・カトリコスのアラム1世聖下が、訪問先のスイスでアルメニア大統領アルメン・サルグシャン閣下と会見(2018年10月)