キリスト教/エルサレム総大司教ピエールバッティスタ・ピッツァバッラ座下が、感染症が広がる中でのベツレヘムでのクリスマスについて語る(2020年12月)

 キリスト教/ローマ・カトリック教会/ラテン典礼エルサレム総大司教ピエールバッティスタ・ピッツァバッラ座下(His Beatitude Patriarch Pierbattista Pizzaballa, O.F.M., Latin Patriarch of Jerusalem)が、新型コロナウイルス感染症【COVID-19】が蔓延する中でのベツレヘムでのクリスマスについて語っています。

 Zoomを利用した会合での発言のようです。

 巡礼者がおらず、聖堂などの出入り制限・禁止などがあるため、規模が極めて小さなものになるだろうとし、コミュニティ間の援助や、クリスマス・ミサのオンライン配信について触れています。

 

 (英語)Latin Patriarch of Jerusalem discusses Christmas under Covid in Bethlehem | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Latin Patriarch of Jerusalem discusses Christmas under Covid in Bethlehem – YouTube

 

追記:
 総大司教らは新型ウイルス感染症【COVID-19】で陽性・自主隔離となっているようです。

 (英語)Patriarchate of Jerusalem hit, Pizzaballa positive to covid – General news – ANSAMed.it
 (英語)Holy Land preps for scaled-down Christmas amid COVID-19
 (英語)Holy Land: Six test positive for Covid in Latin Patriarchate | ICN