キリスト教/ロシア正教会系のベラルーシ正教会聖シノドが、コンスタンティノープルの全地総主教庁がウクライナへの独立正教会設置のために総主教代理を任命したことを批判する声明(2018年9月)

2018年~ ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立関連の記事一覧

 

 2018年9月11日付で、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁下で、多少の自治的権限を持つベラルーシ正教会【ベラルーシにおける総主教代理区】は、キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁が、ウクライナの独立正教会設置に向けてキエフにおける総主教代理を二名任命したことを批判する声明を出しました。

 

 (ロシア語:ベラルーシ正教会公式サイト)Обращение Синода Белорусской Православной Церкви (Белорусского Экзархата Московского Патриархата) от 11 сентября 2018 года | Митрополит | Белорусская Православная Церковь | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Statement of the Synod of the Belarusian Orthodox Church (Belarusian Exarchate of the Moscow Patriarchate) issued on 11 September 2018 | The Russian Orthodox Church
 (英語)Belarusian Orthodox Church condemns Constantinople’s anti-canonical incursion into Ukraine / OrthoChristian.Com

Белорусская Православная… – Белорусская Православная Церковь | Facebook

Wall | VK

 

 ベラルーシ正教会聖シノドの批判声明といっても、ベラルーシにおける総主教代理【ベラルーシ正教会首座】/ミンスク・ザスラーヴリ府主教パーヴェル座下(His Eminence Metropolitan PaulPavel】of Minsk and Zaslavl, The Patriarchal Exarch of All Belarus)は、ロシア正教会聖シノドのメンバーもであり、そちらからはすでに声明が出ているため、目新しさはありません。

 ベラルーシ、ウクライナ、ロシア(の東方正教会=ロシア正教会信徒)の連帯を主張していることと、やはりこちらも全体的に多少表現がゆるいくらいでしょうか。

 

コメントを残す