キリスト教/在外ロシア正教会【ROCOR】の聖シノドが、コンスタンティノープルの全地総主教庁がウクライナへの独立正教会設置のために総主教代理を任命したことについて、これを批判する声明(2018年9月)

2018年~ ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立関連の記事一覧

 

 キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁が、ウクライナの独立正教会設置に向けてキエフにおける総主教代理を二名任命し、ロシア正教会系のウクライナ正教会は激しく反発している状況で、これからどうなっていくのか先はわかりませんが、ロシア正教会下で自治的な権限を認められている在外ロシア正教会【ROCOR】は、2018年9月9日、全地総主教庁を批判する声明を出しました。

 

 (英語:在外ロシア正教会全体公式サイト)The Russian Orthodox Church Outside of Russia – Official Website | Statement by the Synod of Bishops of the Russian Church Abroad on the appointment of exarchs of the Constantinople Patriarchate to Kiev
 (英語:在外ロシア正教会米国東部主教区公式サイト)Eastern American Diocese of the Russian Orthodox Church Abroad – New York City: Statement by Synod of Bishops of Russian Church Abroad on Appointment to Kiev of Exarchs of Constantinopolitan Patriarchate

 

 内容自体は、モスクワ総主教庁のものを短くして少し薄めたようなもので、在外ロシア正教会がこの問題についてどの程度関心があるのかいまいちつかめないところもあります。

 

コメントを残す