シスマ2018:キリスト教/アレクサンドリア総主教セオドロス2世聖下が、コンスタンティノープルとモスクワの調停を試みる方向で準備との報道(2018年10月)

【シスマ2018】東方正教会大分裂: ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧

 

 2018年10月13日、キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア総主教庁のパンテレイモン主教(下記リンク先文中には司祭とも書いてるので記事の執筆者がどういう人物だかよくわかっていないのかもしれません : 引退している主教以上の人物の中にアンティノポリス大主教パンテレイモン座下(His Eminence Archbishop Panteleimon of Antinopolis)という方がいますが……)という人が、アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下(His Beatitude Theodoros II, Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa)が、ウクライナでの問題に関して、コンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の間の調停をおこなうだろうと述べたようです。
 現在、聖下はジンバブエ共和国を訪問しているので、正式決定はされていませんが、準備は始まっており、帰国次第、モスクワとイスタンブールを訪問するだろうということです。

 本当なのかということと、いまさらなにをするのかという点が気になります。

 

 (セルビア語)Може ли александријски патријарх да помири Москву и Цариград – Спутњик Србија

 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ・プリモルスカ府主教庁公式サイト)Може ли Александријски патријарх да помири Москву и Цариград | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 

追記:
 ロシア正教会の聖シノドが10月15日なので、そこでコンスタンティノープルの全地総主教庁との関係断絶が決まってしまう可能性もあります。

 

追記2:
 ロシア語の記事と、それに依拠した英語の記事へのリンクを追加しておきます。

 (ロシア語)Александрийский патриарх может посетить Москву и Стамбул как посредник – РИА Новости, 13.10.2018

 (英語)Patriarch of Alexandria could visit Moscow, Constantinople as mediator / OrthoChristian.Com

 

コメントを残す