キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、中央アフリカ共和国大統領トゥアデラ閣下と会見(2019年3月)

 2019年3月5日、キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)は、中央アフリカ共和国大統領フォースタン・アーシャンジュ・トゥアデラ閣下(フォースタン=アルシャンジュ・トゥアデラ大統領 : His Excellency Mr Faustin Archange Touadéra)と会見しました。

 

 (英語)President of Central African Republic thanks pope for new pediatric hospital | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
President of Central African Republic thanks pope for new pediatric hospital – YouTube

 

 (英語:ローマ教皇聖座公式サイト)Holy See Press Office Communiqué: Audience with the President of the Central African Republic, 05.03.2019
 (英語:ローマ教皇聖座公式サイト)Communiqué: Entry into force of the Framework Agreement between the Holy See and the Central African Republic on matters of mutual interest, 05.03.2019

 (英語:バチカンニュース)Pope and CAR President satisfied for Framework Agreement between their states – Vatican News

 

 トゥアデラ大統領閣下は、
 ローマ教皇庁国務省長官ピエトロ・パロリン枢機卿座下(His Eminence Pietro Cardinal Parolin)、
 ローマ教皇庁国務省外務局局長ポール・リチャード・ギャラガー大司教座下(ホデルム名義大司教 : His Most Reverend Excellency Monsignor Archbishop Paul Richard Gallagher : Titular Archbishop of Hodelm)、
 らとも会談した模様。

 

※大統領の名前表記ですが「Faustin Archange」「Faustin-Archange」とどちらも見られ(ハイフンの有無)、更新が止まっている公式サイトのトップページは前者、経歴ページは後者、と同国の事務方すら気にしていないのではないかと思われるような節があります。
 また、「Touadéra」についても公式サイト内で「Touadera」になっていたりケースもあり、こちらもまたわかりません。

 

キリスト教/ベラルーシ正教会のパーヴェル府主教座下が、ベラルーシ駐箚のスロバキア大使と会見(2019年3月)

 2019年3月6日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会からある程度自治的な権限を与えられているベラルーシ正教会【全ベラルーシにおける総主教代理区】の首座/ミンスク・ザスラーヴリ府主教パーヴェル座下は(His Eminence Metropolitan PaulPavel】of Minsk and Zaslavl, the Patriarchal Exarch of All Belarus)は、ベラルーシ共和国駐箚スロバキア共和国特命全権大使ヨゼフ・ミガシュ閣下(His Excellency Joseph MigashJozef Migaš】)と会見しました。
 同教会より、ボロヴリャ主教イグナティー座下(His Grace Bishop IgnatiusIgnatiy】 of Borovlya)が同席したようです。

 

 (ロシア語:ベラルーシ正教会公式サイト)Состоялась встреча митрополита Павла с Послом Словакии в Беларуси | Митрополит | Белорусская Православная Церковь | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви

Белорусская Православная… – Белорусская Православная Церковь | Facebook

 

キリスト教/ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が、ロシア駐箚のエチオピア大使と会見(2019年3月)

 2019年3月5日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、新たにロシア連邦を駐箚するエチオピア連邦民主共和国特命全権大使アレマイユ・テゲヌ・アールガウ閣下(His Excellency Alemayehu Tegenu Aargauアレマイエフ・テゲヌ)と会見しました。

※新大使は潅水・エネルギー大臣を務めていた方かもしれません。

 会談では、昨年【2018年】5月のキリスト教/エチオピア総主教“アブネ”・マティアス1世聖下のロシア公式訪問についてや、2011年のイラリオン府主教座下によるエチオピア訪問時の(2012年に永眠した)エチオピア総主教“アブネ”・パウロス聖下との会談などについて触れられたようです。

 東方正教会の教会分裂を受けて、オリエント正教会の中で最大の信徒数を誇るエチオピア正教会との関係は今までより重要になっていくでしょう。

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)DECR chairman meets with new Ethiopian ambassador to Russia | The Russian Orthodox Church
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)DECR chairman meets with new Ethiopian ambassador to Russia / News / Patriarchate.ru

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Председатель ОВЦС встретился с новоназначенным послом Эфиопии в России / Новости / Патриархия.ru

 (英語)Metropolitan Hilarion of Volokolamsk meets with new Ethiopian ambassador to Russia – Romfea News

Romfea.newsさんのツイート: "Ethiopian ambassador to #Russia : The activation of relations between the Russian Orthodox Church and the Ethiopian Church helps revive the historical closeness of the two nations #romfeanews #Ethiopia #Hilarion #Aargau https://t.co/5FhAZPZMDW"

 

キリスト教/ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が、ロシア駐箚のマケドニア共和国【マケドニア旧ユーゴスラビア共和国】【北マケドニア共和国】大使と会見(2019年3月)

 2019年3月5日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、ロシア連邦駐箚のマケドニア共和国【マケドニア旧ユーゴスラビア共和国】【北マケドニア共和国】大使ゴツェ・カラヤノフ閣下(His Excellency Goce Karajanov)と会見しました。

 大使が離任するようです。

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Metropolitan Hilarion of Volokolamsk meets with the Ambassador of Macedonia to Russia | The Russian Orthodox Church

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Состоялась встреча митрополита Волоколамского Илариона с македонским послом в России / Новости / Патриархия.ru

 

キリスト教/ギリシャ正教会首座アテネ大主教イエロニモス2世座下が、会合がおこなわれている聖シノドについてコメント。国家と教会の関係、ウクライナの件(2019年3月)

 キリスト教/東方正教会/ギリシャ正教会首座/アテネ・全ギリシャ大主教イエロニモス2世座下(His Beatitude Hieronymos II, Archbishop of Athens and All Greece and Primate of the Autocephalous Orthodox Church of Greece)が、現在会合がおこなわれている同教会の聖シノドに関して、国家と教会の分離を推進するツィプラス政権に対する決定や、ウクライナに関する件などについて結論を目指していることなどをコメントしています。

 

 (英語)Archbishop Ieronymos: Τhe State, the Church, and the priests, will make the final decision – Romfea News

 

 国家と教会の分離については、ギリシャ共和国の国内問題である部分も多いので、結局は政治家や選挙結果とのかかわりで進むと思いますが、ウクライナの件についてはギリシャ系の独立正教会はコンスタンティノープルに逆らうことはないだろうと思います。
 タイミングはともかくコンスタンティノープルが認めたほうの「ウクライナ正教会(AOCU : OCU)」を承認し、そしてロシア正教会側からフル・コミュニオンが解除され、東方正教会の教会分裂が確定的になっていくのではないでしょうか。

 まあ……もうしょうがないでしょうね。

 

 聖シノドは、2019年3月7日(木)が最終日ですが、どちらの問題も持ち越すかもしれません。

 

関連:
 キリスト教/ギリシャ正教会聖シノド会合が終了(2019年3月7日)2019年3月19日から会合を開くことを決定