シスマ2018:キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教バルソロメオス聖下が、セルビア総主教イリネイ聖下と会談(2018年9月)共同礼拝も予定の模様

【シスマ2018~】 ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事の記事一覧

 

 2018年9月29日、キリスト教/東方正教会首席/コンスタンティノープル=新ローマ大主教・全地総主教バルソロメオス聖下(バーソロミュー1世世界総主教バルトロマイ1世ヴァルソロメオス1世 : His All-Holiness Bartholomew, Archbishop of Constantinople-New Rome and Ecumenical Patriarch)は、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)と会談したようです。

 

 (英語:コンスタンティノープル全地総主教庁 世界教会協議会代表部 公式サイト)Meeting of the Ecumenical Patriarch with the Patriarch of Serbia – Ecumenical Patriarchate Permanent Delegation to the World Council of Churches

 

 上記サイトによりますと、バルソロメオス聖下は、第一次世界大戦終了100周年式典のため、ギリシャ共和国を訪問しているようです。よって、同地をイリネイ聖下も同目的で訪問しているのでしょう。
 会談では、東方正教会の問題が話されたようですが、詳細は不明。
 ネアポリス・スタウロポリス府主教バルナバス座下(His Eminence Metropolitan Barnabas of Neapolis and Stavroupolis)が同席したようです。

 翌9月30日には共同礼拝も予定されている模様。

 

 現在の東方正教会の問題(シスマ)がどこまで波及するか不明ですが……。

 マケドニア共和国(マケドニア旧ユーゴスラビア共和国 : FYROM)はセルビア共和国の管轄権内であり、正教オフリド大主教庁が設置されています。国家当局が支持するマケドニア正教会-オフリド大主教庁【MOC-OA】はそれと対立し、正教オフリド大主教庁へは国家による弾圧がおこなわれました。マケドニア正教会-オフリド大主教庁は、現在ブルガリア正教会の協力を得て、教会法上合法な地位を目指しています。
 一方、バルソロメオス聖下「マケドニアやその派生の名称を含む教会名は一切認めない」としています。
 9月30日には、マケドニア共和国で「マケドニア政府とギリシャ政府の合意に基づいて欧州連合【EU】・北大西洋条約機構【NATO】加盟を支持するか?」という内容の国名変更(北マケドニア共和国?)を問う国民投票が実施されます。
 この時期に、バルソロメオス聖下がマケドニア地方を訪問するというのは、教会政治的な意味合いが感じられます。
 仮に国名が変更され、欧州連合や北大西洋条約機構への加盟がかないそうな状況でも、聖下が「教会名にマケドニアを含むことは認められない」と発言すれば、ギリシャ(の政権側)、マケドニア、ブルガリアの政治家らの反発は避けられないかと思われます。西側諸国からも批判が出るでしょう。
 一方、独立正教会設置を認めれば、セルビア正教会はロシア正教会と同じ対応をとるでしょう。東方正教会の分裂が進むことは避けられません。
 しかも、ウクライナでの一連の経緯を受けて、この件は名称だけの問題となっており、仮にマケドニアで誰かがマケドニアという名称と関係がないが信徒や政治家たちが納得する名称を思いついてしまえば独立正教会設置を承認するしかないということになるでしょう。

 

 なお、今回同席したネアポリス・スタウロポリス府主教バルナバス座下ですが、同教区は全地総主教庁の管轄権にありながらギリシャ正教会に管理が預けられているいうややこしい扱いをされているもののひとつです(結構あります)。
 バルソロメオス聖下は、これらの教区の長たちを、キリスト教/東方正教会/ギリシャ正教会首座/アテネ・全ギリシャ大主教イエロニモス2世座下(His Beatitude Hieronymos II, Archbishop of Athens and All Greece and Primate of the Autocephalous Orthodox Church of Greece)へはなんの承認も得ずに招集したりしたことで、同座下より批判を受けたことがあり、全地総主教庁とギリシャ正教会で認識に差があることが指摘されています。
 ここもまたシスマが波及する可能性がある場所です。

 

追記:
 それにしても、今回9月末にやや唐突に(と思える)バルソロメオス聖下とイリネイ聖下の会談は、8月末のモスクワ総主教キリル聖下とバルソロメオス聖下の会談後、コンスタンティノープルとロシアの関係は断絶するしかない方向へ向かったことを思い出させます。

 

関連:
 キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教バルソロメオス聖下と、セルビア総主教イリネイ聖下が共同礼拝(2018年9月)

 

キリスト教/ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下がセルビア正教会を訪問(2018年9月)ベオグラード大学から名誉博士号を受ける

 キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、セルビア共和国を訪問しました。

 ベオグラード・ニコラ・テスラ空港では、セルビア正教会より、
 ザグレブ=リュブリャナ府主教ポルフィリエ座下(His Eminence Metropolitan Porfirije of Zagreb-Ljubljana)、
 バチュカ主教イリネイ座下(His Grace Bishop Irinej of Bačka)、
 らが出迎えたようです。

 セルビア総主教庁では、上記の二人に加え、
 セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)、
 をはじめ、
 シュマディヤ主教ヨヴァン座下(His Grace Bishop Jovan of Šumadija)、
 ヴァリェヴォ主教ミルティン座下(His Grace Bishop Milutin of Valjevo)、
 スレム主教ヴァシリイェ座下(His Grace Bishop Vasilije of Srem )、
 ヴラニェ主教パホミイェ座下(His Grace Bishop Pahomije of Vranje)、
 モラヴィツァ主教アントニイェ座下(His Grace vicar Bishop AnthonyAntonije】 of Moraviča)、
 モハチ主教イシヒイェ座下(His Grace Bishop Isihije of Mohač, vicar of the diocese of Bačka)、
 セルビア総主教補佐/レメジヤナ主教ステファン座下(His Grace Bishop Stefan of Remesiana, Vicar Bishop of the Serbian Patriarch)、
 らと会見しました。

 また、ベオグラード大学から、名誉博士号を受けたようです。

 

Телевизија Храм:
Митрополиту волоколамском Илариону уручен почасни докторат Универзитета у Београду – YouTube

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Metropolitan Hilarion awarded honorary doctorate by State University of Belgrade | The Russian Orthodox Church
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Metropolitan Hilarion meets with the Primate and members of the Holy Synod of the Serbian Orthodox Church | The Russian Orthodox Church

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Митрополит Волоколамский Иларион встретился с Предстоятелем и членами Священного Синода Сербской Православной Церкви | Русская Православная Церковь
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Митрополиту Волоколамскому Илариону присвоена степень почётного доктора Белградского государственного университета | Русская Православная Церковь

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Митрополит Волоколамский Иларион встретился с Предстоятелем и членами Священного Синода Сербской Православной Церкви / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Митрополиту Волоколамскому Илариону присвоена степень почетного доктора Белградского государственного университета / Новости / Патриархия.ru

 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ=プリモルスカ府主教庁公式サイト)Митрополит волоколамски др Иларион стигао у Београд | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)
 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ=プリモルスカ府主教庁公式サイト)Митрополит волоколамски Иларион у Београду: Ако нападну светиње у Украјини, бранићемо их! | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)
 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ=プリモルスカ府主教庁公式サイト)Митрополит др Иларион (Алфејев) почасни доктор Универзитета у Београду | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 

インタビュー映像(2018年8月19日/ロシア語):キリスト教/アメリカ正教会【OCA】首座ティーホン府主教座下へのインタビュー映像(2018年)

 キリスト教/東方正教会/アメリカ正教会【OCA】の首座/ワシントン大主教、全アメリカ・カナダ府主教ティーホン座下(His Beatitude Metropolitan Tikhon of All America and Canada, Archbishop of Washington)へのインタビューの映像がアップロードされています。
 座下の発言は英語ですが、ロシア語ナレーションが重ねられています。

 2018年8月19日、ティーホン座下のポーランド正教会訪問の間に収録されたもののようです。

 

православный портал sobor.by:
Архиепископ Вашингтонский Тихон в программе "Архипастырь" – YouTube

 

 なお、上記の動画の YouTube のチャンネルは、ベラルーシの正教会系メディアのものです。

 

40周年(2018年9月28日):キリスト教/第263代ローマ教皇ヨハネ・パウロ1世の帰天より40年

 2018年9月28日、ローマ教皇尊者ヨハネ・パウロ1世(The Venerable Pope John Paul I)の帰天から40年が経過しました。

 

Vatican News – Italiano:
Quarantesimo anniversario morte Papa Giovanni Paolo I, Albino Luciani, 28-09-2018 – YouTube

 

Vatican News – English:
Pope John Paul I: The smiling pope – YouTube

 

 (英語)Pope John Paul I: The 'smiling pope' – Vatican News

 

シスマ2018:キリスト教/ウクライナ駐箚ローマ教皇大使館が、ウクライナ外務省公式サイトの内容(ローマ教皇聖座がウクライナへの独立正教会設置を支持しているかのようにとれるタイトルと記事)を否定。「東方正教会内部の問題」(2018年9月)

【シスマ2018~】 ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事の記事一覧

 

 2018年9月25日、ローマ教皇庁国務省外務局局長ポール・リチャード・ギャラガー大司教座下(ホデルム名義大司教 : Archbishop Paul Richard Gallagher : Titular Archbishop of Hodelm)は、ウクライナ外務大臣パウロ・クリムキン閣下(His Excellency Mr Pavlo Klimkin)と会見しました。

 ウクライナ外務省はこの会談の内容について記事を出していましたが……

 

 (ウクライナ語:ウクライナ外務省公式サイト)Святий Престол поважає рішення українського народу щодо створення Єдиної помісної церкви – Новини – МЗС України

Святий Престол поважає рішення українського народу щодо створення Єдиної помісної церкви

「ローマ教皇聖座は単一の(東方正教会の独立正教会の)教会を設置するというウクライナの人々の決定を尊重する」

 

 ウクライナ駐箚ローマ教皇大使館公式サイトがこれを否定。

 

 (英語:ウクライナ駐箚ローマ教皇大使館公式サイト)Communiqué of the Apostolic Nunciature in Ukraine – Apostolic Nunciature in Ukraine

this is an internal question of the Orthodox Church, on which the Holy See never did and has no intention whatsoever of expressing any evaluation, in any venue.

 東方正教会内部の問題であるとしています。
 引用より前の「wishes to once again state」という部分から、「またいわないといけないのか……」とうんざりしているのが伝わってくるようです。

 

 ウクライナ外務省公式サイトは、 stopfake.org のバナーをはってリンクしていますが、自らがフェイクニュースを発信している有様で、ウクライナ系メディアはさらにひどく、コンスタンティノープルの全地総主教庁ですらそれに乗っかって高位の聖職者が無責任な発言をしています。
 理由の一つは、各正教会の声明や首座の発言が、それぞれの言語(要するにほかのところの人には読めない)で発信されているケースが多いことでしょう。
 そしてもちろん、ウクライナ政府やウクライナ系メディア、そして全地総主教庁も、勝たないとすべてが終わるのでフェイクニュースでもなんでも、ということは間違いありません。
 しかし、この一連のフェイクニュースが、彼らにとって少しでもプラスになっているのかどうか?

 政治的ギャンブルが前面に出て進んできた「シスマ2018」ですが、さらに形容しがたい状況に突入しています。