キリスト教/アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下がジンバブエを訪問、ジンバブエ大統領ムナンガグワ閣下と会見(2018年10月)

 キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下(His Beatitude Theodoros II, Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa)は、ジンバブエ共和国を訪問しました。

 聖下は総主教選出までジンバブエ府主教を務めていました。
 セオドロス2世聖下の選出は2004年10月9日ですが(着座は10月24日)、ちょうど14周年となる2018年10月9日にジンバブエ共和国大統領エマソン・ダンブゾ・ムナンガグワ閣下(His Excellency Emmerson Dambudzo Mnangagwa)と会見しました。
 なお、一般的にカメルーン府主教時代に続きジンバブエ教区長時代も府主教と表記されていますが、下記リンクの動画中や記事で「ジンバブエ大主教【Archbishop of Zimbabwe】」となっています。おそらくは(少なくとも最終的には)ジンバブエ大主教だったのでしょう。

※英語通訳が同行していて、聖下が英語を話せないらしいことを初めて知りました。

 

Zimpapers Digital:
His Beatitude, the Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa Theodoros II – YouTube

 

 (英語)Pope Theodoros II pledges to market Zim | The Herald
 (英語)Zim future bright, Greek church leader | ZBC News Online

 (ギリシャ語:東方正教会アレクサンドリア総主教庁公式サイト)— [ Greek Orthodox ] — | ΕΟΡΤΑΣΜΟΙ ΣΤΟ ΧΑΡΑΡΕ ΓΙΑ ΤΗ 14Η ΕΠΕΤΕΙΟ ΤΗΣ ΕΚΛΟΓΗΣ ΤΟΥ ΑΛΕΞΑΝΔΡΙΝΟΥ ΠΡΟΚΑΘΗΜΕΝΟΥ
 (ギリシャ語:東方正教会アレクサンドリア総主教庁公式サイト)— [ Greek Orthodox ] — | ΣΥΝΑΝΤΗΣΗ ΠΑΤΡΙΑΡΧΟΥ ΑΛΕΞΑΝΔΡΕΙΑΣ ΜΕΤΑ ΤΟΥ ΠΡΟΕΔΡΟΥ ΤΗΣ ΖΙΜΠΑΜΠΟΥΕ

 (ギリシャ語)Συνάντηση Πατριάρχη Αλεξανδρείας με τον Πρόεδρο της Ζιμπάμπουε

 

The Herald Zimbabweさんのツイート: "CURRENT SITUATION: HE, President ED Mnangagwa meets His Divine Beatitude, the Pope and Patriarch of the Great City of Alexandria of Egypt and All Africa, Theodoros II. @Michellehakata @TafadzwaMugwadi @HChikwanha @manoc9 @caesarzvayi 📸 by Justin Mutenda… https://t.co/wWfOc8HbbD"

 

The Herald Zimbabweさんのツイート: "The meeting is taking place at President Mnangagwa's Munhumutapa Offices, Harare. His Divine, Theodoros II has met global leaders before and those include President of the Russian federation, HE Mr Vladimir Putin before. @Michellehakata @TafadzwaMugwadi @_cosatu @HChikwanha… https://t.co/K9bCUJunlr"

President of the Russian federation, HE Mr Vladimir Putin

 セオドロス2世聖下が会見した世界の指導者として、あえてロシア連邦大統領ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン閣下(His Excellency Mr Vladimir Vladimirovich Putin)の名前をツイートに含めています。
 深い意味はないのかもしれませんが、ジンバブエでのプーチン大統領の重要性を示しているか、あるいはセオドロス2世聖下が親ロシアであると認知されているかの、いずれかであるかもしれません。

 

TOP STORIES: The Pope and Patriarch of… – The Herald-Zimbabwe | Facebook

 

ZBC News Onlineさんのツイート: "Zim future bright, Greek church leader: https://t.co/p2VlbjZogE… "

 

インタビュー動画:キリスト教/コプト正教会のロンドン大主教【ロンドン大司教】アンゲロス座下へのインタビュー(2018年10月)

 キリスト教/オリエント正教会/コプト正教会/ロンドン大主教【ロンドン大司教】アンゲロス座下(His Eminence Archbishop Angaelos of London)へのインタビュー動画です。

 

Christian Youth Channel:
Live with His Grace Angaelos – YouTube

 

キリスト教/シリア正教会の聖シノドが、レバノン大統領アウン大将閣下を訪問(2018年10月)

 2018年10月9日、キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)ら聖シノドのメンバーは、レバノン共和国大統領ミシェル・アウン大将閣下(His Excellency General Michel Aoun)を訪問しました。

 

 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)
The Holy Synod Visit to His Excellency President of the Republic of Lebanon | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

 

Lebanese Presidencyさんのツイート: "الرئيس عون استقبل بطريرك انطاكيا وسائر المشرق والرئيس الاعلى للكنيسة السريانية الارثوذكسية في العالم البطريرك مار اغناطيوس افرام الثاني ووفد من المطارنة… https://t.co/98qB3KOwtG"

 

قداسة سيدنا البطريرك على رأس المجمع… – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook

 

البطريرك افرام الثاني للرئيس عون: نقف… – Lebanese Presidency | Facebook

 

シスマ2018:ウクライナのメディアが、キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁で木曜日まで非公開のシノドが始まったと報道。議題は発表されず(2018年10月)

【シスマ2018】東方正教会大分裂: ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧

 

 ウクライナからの報道によりますと、2018年10月9日、キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルの全地総主教庁で木曜日まで非公開のシノドが始まったようです。

※ギリシャ系のメディアの報道が見当たらないので、万が一のフェイクニュースの可能性もありますが……。

 ともあれ、議題は発表されていませんが、ウクライナへの独立正教会設置の認定とみられています。

 

 (ウクライナ語)Розпочався Синод, який може вирішити долю української автокефалії – BBC News Україна

 

 早ければ10月11日にウクライナ正教会に独立正教会が設置されると発表されます。

 さて、ロシア正教会側は不思議なほど打てる手がありません。
 ユーカリスト・コミュニオンは解除するでしょうが、それにどれだけ意味があるかは不明で、そもそも今よりも厳しい状況ではない時期に解除がおこなわれたこともあり、これに留まるだけであるのなら敗北でしょう。
 かといって、 excommunication や anathema のような破門は他教会の理解は(ここまできてもなお)得られないでしょう。もちろんそれを覚悟で宣言する可能性はあります。

 ほかに打てる手としては、アンティオキア総主教庁になにか動いてもらうことですが、同庁自体がエルサレム総主教庁との問題が解決できておらず、シスマを加速するだけになるかもしれません(いっそ加速させようということでモスクワと合意するかもしれませんが……)。

 アレクサンドリア総主教庁の行動が極めて重要になってきています。
 もし同庁が最期までロシア正教会の味方をしてくれるならば、モスクワ総主教庁はアレクサンドリア総主教庁を新しい“first among equals”に推すだけです。
 アレクサンドリア総主教の“Pope”称号も、これまで「教皇」とするのは例外的でしたが、転換点となるかもしれません。
 エルサレム総主教庁がコンスタンティノープルの全地総主教庁と縁を切ることは極めて考えにくいため、エルサレムと対立してきたアンティオキア総主教庁の合意も得られる可能性はあり、ある程度綺麗な分裂に向かっていくかもしれません。
 とはいえ、アレクサンドリアがそこまで踏み切れるかというと、難しいかとも思われます。
「ここは耐えよう」と説得されるかもしれません。

 とはいえ、なにもしないことはモスクワの敗北を意味します。「モスクワは第三のローマ」ではなく「モスクワはモスクワ」ということになれば、ロシア連邦という国家の権威も落ちる可能性もあります。

 古代四総主教庁が現在位置する国家は、
 コンスタンティノープル = トルコ、
 アンティオキア = シリア
 エルサレム = イスラエル(実効支配)、パレスチナ
 アレクサンドリア = エジプト
 です。
 シリアはロシアとの関係は緊密で、エジプトもロシアとは友好的、トルコ・イスラエルとは政治的な駆け引きがおこなわれる可能性がある程度あります。
 舞台は政治に移るのか。

 

 いずれにせよ、全地総主教庁がウクライナに独立正教会を設置した場合、東方正教会に関連する地域への渡航や、(日本にも存在しますが)東方正教会系統の聖堂・修道院・遺跡などには近づかないほうが良いかもしれません。
 特にウクライナ。個人的には、外務省は「レベル3 渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を全域に出すべきだと思います。

 

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、モンテネグロ大統領ミロ・ジュカノヴィッチ閣下と会見(2018年10月)

 2018年10月8日、キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)は、モンテネグロ大統領ミロ・ジュカノヴィッチ閣下(His Excellency Mr Milo ĐukanovićМило Ђукановић)と会見しました。

 

Predsjednik Crne Gore(モンテネグロ大統領府公式チャンネル):
Predsjednik Crne Gore Milo Đukanović u zvaničnoj posjeti Svetoj Stolici – KADROVI – YouTube

 

 (英語:ローマ教皇聖座公式サイト)Holy See Press Office Communiqué: Audience with the President of Montenegro, 08.10.2018

 (モンテネグロ大統領府公式サイト)Novosti | Predsjednik Crne Gore Milo Đukanović boravi u zvaničnoj posjeti Svetoj Stolici
 (モンテネグロ大統領府公式サイト)Novosti | Papa primio predsjednika Crne Gore: “Nastavite da se zalažete za mir”
 (イタリア語)Il Papa riceve il presidente del Montenegro: “Continui a lavorare per la pace” – La Stampa

 

 ジュカノヴィッチ大統領閣下は、
 ローマ教皇庁国務省長官ピエトロ・パロリン枢機卿座下(His Eminence Pietro Cardinal Parolin)、
 ローマ教皇庁国務省外務局局長ポール・リチャード・ギャラガー大司教座下(ホデルム名義大司教 : His Most Reverend Excellency Monsignor Archbishop Paul Richard Gallagher : Titular Archbishop of Hodelm)、
 らとも会談した模様。

 

関連:
 マルタ騎士団総長殿下が、モンテネグロ大統領ミロ・ジュカノヴィッチ閣下と会見(2018年10月)