キリスト教/ロシア正教会とフィンランド福音ルター派教会の会合がおこなわれる(2019年6月)ペテルゴフ主教セラフィム座下とミッケリ監督セッポ・ハッキネン座下らが会談

 2019年6月10日~6月11日の日程で、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会とフィンランド福音ルター派教会の会合がおこなわれたようです。
 ロシア正教会側からは、ペテルゴフ主教セラフィム座下(His Grace Bishop Seraphim of Petergof)、
 フィンランド福音ルター派教会側からは、ミッケリ監督セッポ・ハッキネン座下(Seppo Häkkinen, Bishop of Mikkeli)らが出席。
 フィンランド側代表団は、故レニングラード府主教ニコディム座下の墓を訪問したようです。

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Third meeting of Working Group for Cooperation between the Russian Orthodox Church and the Evangelical-Lutheran Church of Finland | The Russian Orthodox Church

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です