キリスト教/ロシア正教会に属するエストニアの女子修道院を、エストニア大統領ケルスティ・カリユライド閣下が訪問。フィラレータ女子修道院長やエストニア府主教エフゲニー座下と会談(2018年9月)

 2018年9月5日、エストニア共和国大統領ケルスティ・カリユライド閣下(Her Excellency Ms Kersti Kaljulaid)は、同国にあるキリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁直轄ピュフティツキー女子修道院を訪問しました。
 フィラレータ女子修道院長(Abbess Filareta【Philareta】)や、モスクワ総主教庁下で自治的な権限を保有するエストニア正教会(モスクワ総主教庁系)の首座/タリン・全エストニア府主教エフゲニー座下(His Eminence Yevgeniy, Metropolitan of Tallinn and All Estonia, Primate of the Estonian Orthodox Church of Moscow Patriarchate)と会談したようです。

 フィラレータ女子修道院長は、1968年3月20日生まれの50歳で、もともと生物学関係を学んでいたようですが、修道院に関わって惚れ込んで、修道女になったようです。2011年より女子修道院長。
 エフゲニー座下は、2018年4月19日のコルニリー座下の永眠後に選出・承認されています。

 

 (ロシア語:ロシア正教会公式サイト)Президент Эстонии посетила Пюхтицкий ставропигиальный монастырь / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:エストニア正教会(モスクワ総主教庁系)公式サイト)Президент Керсти Кальюлайд посетила Пюхтицкий Успенский женский монастырь. – Эстонская Православная Церковь Московского Патриархата
 (ロシア語:ピュフティツキー女子修道院公式サイト)Визит Президента Эстонской Республики госпожи Керсти Кальюлайд в Пюхтицкий Успенский ставропигиальный женский монастырь

 

 (ロシア語:フォトギャラリー・動画あり)Президент Керсти Кальюлайд завершила визит в Ида-Вирумаа посещением Пюхтицкого монастыря | Ида-Вирумаа | ERR

 

 (写真一覧)5 сентября 2018 года. Визит президента Эстонии Керсти Кальюлайд в Пюхтицу – Google フォト