キリスト教/キプロス大主教クリソストモス2世座下のロンドンでの手術(肝臓切除など)が成功の模様(2018年10月)引き続き経過を見る模様

 ギリシャの正教会系メディア「ΡΟΜΦΑΙΑ(Romfea.gr)」によりますと、癌との闘病を告白したキリスト教/東方正教会/キプロス正教会の首座/ノヴァ・ユスティニアナと全キプロスの大主教クリソストモス2世座下(His Beatitude Archbishop Chrysostomos II of Nova Justiniana and all Cyprus)の手術(肝臓切除など)が英国のロンドンでおこなわれたようです。
 ICU(集中治療室)に48時間滞在した後、さらに様子を見る模様。

 

 (ギリシャ語:キプロス正教会公式サイト)Επιτυχής η επέμβαση στην οποία υποβλήθηκε ο Μακαριώτατος Αρχιεπίσκοπος Κύπρου (Τετάρτη, 17 Οκτωβρίου 2018) – Εκκλησία της Κύπρου
 (ギリシャ語:大主教庁声明:キプロス正教会公式サイト)Επιτυχής η επέμβαση στην οποία υποβλήθηκε ο Μακαριώτατος Αρχιεπίσκοπος Κύπρου (Τετάρτη, 17 Οκτωβρίου 2018) – Εκκλησία της Κύπρου

 (英語)Archbishop Chrysostomos of Cyprus undergoes successful operation / OrthoChristian.Com

 (ギリシャ語)Ιατρικό ανακοινωθέν για την υγεία του Αρχιεπισκόπου Κύπρου
 (ギリシャ語)Με επιτυχία στέφθηκε η επέμβαση στον Κύπρου Χρυσόστομο – ΒΗΜΑ ΟΡΘΟΔΟΞΙΑΣ

 

追記:
 ニュース記事を並べなおしました。

 

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、福者ローマ教皇パウロ6世や福者オスカル・ロメロ大司教ら七人の列聖式を執り行う(2018年10月)

 2018年10月14日、キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)は、七人の福者の列聖式を執り行いました。

 

七人は:
 ローマ教皇 福者パウロ6世(Pope Blessed Paul VIV)、
 福者オスカル・ロメロ大司教(Archbishop Blessed Oscar Romero
 福者フランチェスコ・スピネッリBlessed Francesco Spinelli)、
 福者ヴィンチェンツォ・ロマーノBlessed Vincenzo Romano)、
 福者マリア・カタリナ・カスパーBlessed Maria Katharina Kasper)、
 福者ナサリア・イグナシア・マルチ・メサナサリア・デ・サンタ・テレサ・デ・ヘスス】(Blessed Nazaria Ignacia March Mesa : Nazaria de Santa Teresa)、
 福者ヌンツィオ・スルプリツィオBlessed Nuncio Sulprizio)、

 

主な参列者:
 前スペイン王妃ソフィア陛下(Her Majesty Queen Sofía of Spain)、
 イタリア共和国大統領セルジョ・マッタレッラ閣下(セルジオ・マッタレラ : His Excellency Sergio Mattarella)、
 チリ共和国大統領セバスティアン・ピニェラ・エチェニケ閣下(His Excellency Mr Sebastián Piñera Echenique)、
 エルサルバドル共和国大統領サルバドル・サンチェス・セレン閣下(His Excellency Mr Salvador Sanchez Cerén)、
 パナマ共和国大統領ファン・カルロス・バレーラ閣下(His Excellency Mr Juan Carlos Varela Rodríguez
 英国国教会の前カンタベリー大主教ローワン・ウィリアムズ座下(His Grace Rowan Williams)らカンタベリー大主教の代理、

 

 教皇パウロ6世、オスカル・ロメロ大司教ら、7人の列聖式、バチカンで – バチカン・ニュース
 聖パウロ6世教皇(ジョヴァンニ・バッティスタ・モンティーニ) – バチカン・ニュース
 聖オスカル・ロメロ大司教 – バチカン・ニュース
 列聖式:新聖人たちの人となり – バチカン・ニュース
 教皇、列聖式の参加者らに感謝、正午の祈り – バチカン・ニュース

 (英語:ローマ教皇聖座公式サイト)Rite of Canonization of 7 Blesseds, presided at by Pope Fraancis, 14.10.2018

 (英語)Pope: ‘Saints risk everything to put the Gospel into practice’ – Vatican News
 (英語)Pope thanks authorities for participating in canonization Mass – Vatican News
 (英語)Canonization Mass: Signs and symbols of sanctity – Vatican News

 

イタリア語ナレーション/
Vatican News – Italiano:
Papa Francesco – Piazza San Pietro – Santa Messa con Canonizzazioni e Angelus 2018-10-14 – YouTube

英語ナレーション/
Vatican News – English:
Pope Francis – St Peter's Square – Holy Mass with Canonizations and Angelus – 2018-10-14 – YouTube

 

Vatican News – Italiano:
Papa Francesco alla messa di canonizzazione: mettere al centro Dio e non i soldi – YouTube

 

 (英語)Paul VI and Monsignor Oscar Romero are now officially saints | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Paul VI and Monsignor Oscar Romero are now officially saints – YouTube

 

インタビュー動画:キリスト教/コプト正教会のロンドン大主教【ロンドン大司教】アンゲロス座下へのインタビュー(2018年10月)

 キリスト教/オリエント正教会/コプト正教会/ロンドン大主教【ロンドン大司教】アンゲロス座下(His Eminence Archbishop Angaelos of London)へのインタビュー動画です。

 

Christian Youth Channel:
Live with His Grace Angaelos – YouTube

 

キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教バルソロメオス聖下と、セルビア総主教イリネイ聖下が共同礼拝(2018年9月)

 すでに会談の件だけお伝えしましたが、2018年9月28日~9月30日の日程で、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)が、ギリシャ共和国マケドニア地方のテッサロニキを訪問しています。
 同教会のザグレブ=リュブリャナ府主教ポルフィリイェ座下(His Eminence Metropolitan Porfirije of Zagreb-Ljubljana)が同行。
 ネアポリス・スタウロポリス府主教バルナバス座下(His Eminence Metropolitan Barnabas of Neapolis and Stavroupolis)が出迎え。

 キリスト教/東方正教会首席/コンスタンティノープル=新ローマ大主教・全地総主教バルソロメオス聖下(バーソロミュー1世世界総主教バルトロマイ1世ヴァルソロメオス1世 : His All-Holiness Bartholomew, Archbishop of Constantinople-New Rome and Ecumenical Patriarch)と各地を訪問したほか、会談、第一次世界大戦戦死者の慰霊、共同礼拝などがおこなわれました。

 

Телевизија Храм:
Патријарх Иринеј: "Врло је важно да сачувамо јединство нас православних народа" – YouTube

 

Телевизија Храм:
Активности Патријарха Иринеја и Патријарха Вартоломеја у Солуну – YouTube

 

Телевизија Храм:
Патријарх Вартоломеј и Патријарх Иринеј на Зејтинлику посадили дрво маслине као симбол мира – YouTube

 

 (英語:セルビア正教会総主教庁公式サイト)A Centenary Anniversary of the End of the First World War Marked | Serbian Orthodox Church [Official web site]
 (英語:セルビア正教会総主教庁公式サイト)Patriarchal Liturgy in honor of the hundredth anniversary of the breakthrough of the Thessalonica front | Serbian Orthodox Church [Official web site]

 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ・プリモルスカ府主教庁公式サイト)Патријарх Иринеј и Патријарх Вартоломеј у Солуну служили Свету архијерејску литургију | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 (英語:ルーマニア正教会通信)Ecumenical Patriarch Bartholomew, Serbian Patriarch Irinej plant olive tree in Thessaloniki to send message of peace – Basilica.ro

 

シスマ2018:キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教バルソロメオス聖下が、セルビア総主教イリネイ聖下と会談(2018年9月)共同礼拝も予定の模様

【シスマ2018~】 ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事の記事一覧

 

 2018年9月29日、キリスト教/東方正教会首席/コンスタンティノープル=新ローマ大主教・全地総主教バルソロメオス聖下(バーソロミュー1世世界総主教バルトロマイ1世ヴァルソロメオス1世 : His All-Holiness Bartholomew, Archbishop of Constantinople-New Rome and Ecumenical Patriarch)は、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)と会談したようです。

 

 (英語:コンスタンティノープル全地総主教庁 世界教会協議会代表部 公式サイト)Meeting of the Ecumenical Patriarch with the Patriarch of Serbia – Ecumenical Patriarchate Permanent Delegation to the World Council of Churches

 

 上記サイトによりますと、バルソロメオス聖下は、第一次世界大戦終了100周年式典のため、ギリシャ共和国を訪問しているようです。よって、同地をイリネイ聖下も同目的で訪問しているのでしょう。
 会談では、東方正教会の問題が話されたようですが、詳細は不明。
 ネアポリス・スタウロポリス府主教バルナバス座下(His Eminence Metropolitan Barnabas of Neapolis and Stavroupolis)が同席したようです。

 翌9月30日には共同礼拝も予定されている模様。

 

 現在の東方正教会の問題(シスマ)がどこまで波及するか不明ですが……。

 マケドニア共和国(マケドニア旧ユーゴスラビア共和国 : FYROM)はセルビア共和国の管轄権内であり、正教オフリド大主教庁が設置されています。国家当局が支持するマケドニア正教会-オフリド大主教庁【MOC-OA】はそれと対立し、正教オフリド大主教庁へは国家による弾圧がおこなわれました。マケドニア正教会-オフリド大主教庁は、現在ブルガリア正教会の協力を得て、教会法上合法な地位を目指しています。
 一方、バルソロメオス聖下「マケドニアやその派生の名称を含む教会名は一切認めない」としています。
 9月30日には、マケドニア共和国で「マケドニア政府とギリシャ政府の合意に基づいて欧州連合【EU】・北大西洋条約機構【NATO】加盟を支持するか?」という内容の国名変更(北マケドニア共和国?)を問う国民投票が実施されます。
 この時期に、バルソロメオス聖下がマケドニア地方を訪問するというのは、教会政治的な意味合いが感じられます。
 仮に国名が変更され、欧州連合や北大西洋条約機構への加盟がかないそうな状況でも、聖下が「教会名にマケドニアを含むことは認められない」と発言すれば、ギリシャ(の政権側)、マケドニア、ブルガリアの政治家らの反発は避けられないかと思われます。西側諸国からも批判が出るでしょう。
 一方、独立正教会設置を認めれば、セルビア正教会はロシア正教会と同じ対応をとるでしょう。東方正教会の分裂が進むことは避けられません。
 しかも、ウクライナでの一連の経緯を受けて、この件は名称だけの問題となっており、仮にマケドニアで誰かがマケドニアという名称と関係がないが信徒や政治家たちが納得する名称を思いついてしまえば独立正教会設置を承認するしかないということになるでしょう。

 

 なお、今回同席したネアポリス・スタウロポリス府主教バルナバス座下ですが、同教区は全地総主教庁の管轄権にありながらギリシャ正教会に管理が預けられているいうややこしい扱いをされているもののひとつです(結構あります)。
 バルソロメオス聖下は、これらの教区の長たちを、キリスト教/東方正教会/ギリシャ正教会首座/アテネ・全ギリシャ大主教イエロニモス2世座下(His Beatitude Hieronymos II, Archbishop of Athens and All Greece and Primate of the Autocephalous Orthodox Church of Greece)へはなんの承認も得ずに招集したりしたことで、同座下より批判を受けたことがあり、全地総主教庁とギリシャ正教会で認識に差があることが指摘されています。
 ここもまたシスマが波及する可能性がある場所です。

 

追記:
 それにしても、今回9月末にやや唐突に(と思える)バルソロメオス聖下とイリネイ聖下の会談は、8月末のモスクワ総主教キリル聖下とバルソロメオス聖下の会談後、コンスタンティノープルとロシアの関係は断絶するしかない方向へ向かったことを思い出させます。

 

関連:
 キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教バルソロメオス聖下と、セルビア総主教イリネイ聖下が共同礼拝(2018年9月)