Fox Newsのコメンテーターによる、「ゼレンスキー大統領は『修道院を襲撃』『聖堂を占領』『司祭を逮捕する』男」と語る映像(2022年12月)

 前もありましたが、Fox Newsのコメンテーター、タッカー・カールソンTucker Carlson)による、ウクライナのゼレンスキー大統領がキリスト者を乱暴に扱っていると主張している動画です。

※もちろん他にも話題があって、要はバイデン政権批判で、前の記事でも言ったように状況を理解しているかどうかは不明です。

 

Fox News:
Tucker Carlson: This is absurd – YouTube

 

 なお、ウクライナ正教会(UOC)は、12月31日まででゼレンスキー政権に本拠地から追放されることが決まったらしいです。
 多くの教会が教会法上合法と認めていない教会(OCU)を政権が支援して、教会法上合法な教会(UOC)が追放されるというこの状況がどのような影響を東方正教会全体に及ぼすかわかりませんが……。

 2023年は「(東方)正教会をあきらめるな!」というような(むなしい)呼びかけを多数見ることになるのではないでしょうか。

Fox Newsのコメンテーターによる、ゼレンスキー大統領がキリスト教徒を乱暴に扱っているとの主張(2022年12月)

 Fox Newsのコメンテーター、タッカー・カールソンTucker Carlson)による、ウクライナのゼレンスキー大統領がキリスト教徒を乱暴に扱っていると主張している動画です。
 というか、タイトルからはそうですが、内容はゼレンスキー大統領が民主主義的価値観に反する行動をおこなっており、それを支援しているバイデン政権を批判しているものです。

 

Fox News:
Tucker Carlson: Zelenskyy's cabinet is devising ways to punish Christians – YouTube

 

 見た限りでは、取り立てての内容はないですし、(今年、ロシア正教会から離脱して“独立”を宣言した)ウクライナ正教会(UOC)に関してや、ウクライナの東方正教会の状況を理解しているのかどうかもよくわかりません。

 

関連:
 Fox Newsのコメンテーターによる、「ゼレンスキー大統領は『修道院を襲撃』『聖堂を占領』『司祭を逮捕する』男」と語る映像(2022年12月)

キリスト教/東方正教会シスマ2022:アレクサンドリア総主教セオドロス2世聖下が、モスクワ総主教キリル聖下の名を礼拝で挙げることを停止(2022年11月)ロシア側からは2019年に停止済み。相互に関係停止へ

 現在開催されている、キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア総主教庁の聖シノドの会合で、キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下(His Beatitude Theodoros II, Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa)は、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・ロシア全土【ルーシ全土】総主教キリル聖下(キリール総主教キリイル総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)の名を礼拝で挙げることを停止することを決定しました。
 会合はまだ終了していないので、全体の決定の詳細がどうなるかはわかりませんが、2019年にロシア正教会側は同様の決定をしているので、これで相互に関係の停止となりました。
 また、アレクサンドリア総主教庁は、ロシア正教会のアフリカにおける総主教代理/クリン府主教レオニード座下(His Eminence Metropolitan Leonid of Klin, Patriarchal Exarch for Africa)の聖職権限を剥奪するとしています。ロシア正教会には何の関係もありませんが

 

 (ギリシャ語)Το Πατριαρχείο Αλεξανδρείας διέκοψε την μνημόνευση του Πατριάρχη Μόσχας
 (英語)Patriarch Theodoros stops commemorating Patriarch Kirill, Russian Exarch declared defrocked by Alexandria / OrthoChristian.Com

 

 2018年~2019年にコンスタンティノープルが、自身がロシア正教会の管轄権下と認めていたウクライナで、教会法上合法でない上に使徒継承性が成立していない“主教”を首座とする OCU を承認するというムチャクチャな事態(使徒継承性や独立正教会に関するルールという、東方正教会の根幹を儀礼上トップの場所が雑に破った)があり、それに追随したアレクサンドリア総主教庁、ギリシャ正教会、キプロス正教会を含めて、ロシア正教会は関係を停止しています(一部残ってる部分もありますが)。コンスタンティノープルを含む4教会以外は追随していないため事態はその後には大きく動いていませんでしたが、アレクサンドリア総主教庁はロシア正教会と相互に関係を停止することを選びました。4教会はこのままロシア正教会と縁を切る方向に進む可能性が増しているように見えます。

 今回のアレクサンドリア総主教庁の決定は、ロシア正教会が、アレクサンドリア総主教庁の管轄権下であるとロシア正教会が認めていたはずのアフリカに、「アフリカにおける総主教代理区」を許可なく設置し、アレクサンドリア総主教庁を無視してお株を奪うような活動を始めたことが原因です(が、そもそも、上記のようなコンスタンティノープルの愚行に賛同した時点で結末は予見できていたようなものです)。
 ただ、ロシア正教会を含む各独立正教会は、一度独立正教会と認め、その管轄権下と認めれば撤回が出来ないという立場(そのため、ウクライナをロシア正教会の管轄権下ではないと一方的に認めることはできない)であり、ロシア正教会はアフリカ全土をアレクサンドリア総主教庁の管轄権下であると20世紀初頭に認めています。つまり、一方的にアフリカで活動すると「そんなことをしたらコンスタンティノープルと同レベルになってしまう」という指摘は出ていました。
 これに対する公式な立場はモスクワ総主教庁からは出ていないように思います。ロシア正教会の聖職者からは、「アフリカ全土はそもそもローマ総主教庁の管轄権下なので、モスクワ総主教庁が勝手によその総主教庁に移動することは出来ないから、アレクサンドリア総主教庁の管轄権下と認めたこと自体が無効なので無意味」というような見解も出ているようです(よく考えるものというか……)。

 ともあれ、ロシア正教会側のアフリカにおける総主教代理区が、オリエント正教会のコプト正教会から建物の提供を受けるに及び、アレクサンドリア総主教からコプト正教会側へ抗議(「東方正教会内部の問題への介入だ!」)もおこなわれたようですが、特に意味のある反応もなかったようで、結果的にことは東方正教会内部の問題におさまっていないことを示した形に。

 もともと、アレクサンドリア総主教庁は、活動において、ギリシャとロシア正教会からの支援に強く依存している形があり、ギリシャからの要求によりコンスタンティノープルに追随したものの、ロシア正教会からの関係停止とそのアフリカにおける総主教代理区設置から受けるマイナスな影響は強かったはず。
 その後、セオドロス総主教は、アフリカの要人と会見する機会もいくつかあったようで、おそらくロシア正教会と完全に縁を切ってもやっていける、あるいはやっていくしかないと踏んだということなんでしょう。
 今回の件がコンスタンティノープルやギリシャの諸集団と事前に協議したものなのかどうかはわかりませんが、どちらにせよアレクサンドリアと歩調をあわせていく形になるでしょう。

 

続報:
 キリスト教/東方正教会シスマ2022:ロシア正教会/アフリカにおける総主教代理/クリン府主教レオニード座下が、アレクサンドリア総主教庁による“処分”についてコメント(2022年11月)
 インタビュー動画(ロシア語・英語字幕):キリスト教/ロシア正教会/アフリカにおける総主教代理/クリン府主教レオニード座下が、アレクサンドリア総主教庁による“処分”についてコメント(2022年11月)

インタビュー記事(イタリア語):キリスト教/カトリック教会/リヴィウ大司教ミェチスワフ・クシツキ座下「ロシアの言語と教会を禁止するのは間違い」(2022年11月)

 (イタリア語)L’arcivescovo di Leopoli: un errore proibire la lingua e la Chiesa russa

𝐀𝐯𝐯𝐞𝐧𝐢𝐫𝐞さんはTwitterを使っています: 「Ucraina. L’arcivescovo di Leopoli: un errore proibire la lingua e la Chiesa russa https://t.co/TUS2Wfqgid (dal nostro inviato @GiacomoGamb」 / Twitter

 

 イタリアの新聞「Avvenire」(発行部数:11万弱らしいです)による、キリスト教/ローマ・カトリック教会/リヴィウ大司教ミェチスワフ・クシツキ座下(Archbishop Mieczysław Mokrzycki, Archbishop of Lviv)へのインタビュー記事です。
 同大司教はラテン典礼の大司教で、ポーランド出身です。

・今日のウクライナでは「ロシア人」はすべて敵だとみなされていることについて「理解できる反応」とし、あらためて戦争に抗議。
・だが、リヴィウに到着する避難民のほとんどはロシア語を話し、親族や友人が最前線で戦っている場合もある。国のレベルでロシア語を禁止するのには危険。
・四つの公用語があるスイスをモデルに出来る。
・モスクワ総主教庁系のウクライナ正教会(UOC、注:今年やむなく「独立」を宣言)は依然として「人々の教会」である
・ UOC の活動が禁止されている地域もあるが、ローマ教皇大使と同じくこのように教会活動を制限することに反対。
・「ウクライナの人々は交渉を望んでいるか?」という問いには、「妥協」の準備はできていないだろうと回答。

 なお、プーチン大統領とキリル総主教への批判の部分もあり、全体として、バランスの取れた見方であると思います。

 

 と、ここで終われば「へー」という話という範囲なのですが、なんとわざわざウクライナ東方典礼カトリック教会の司祭がすぐさまこれを取り上げてウクライナ語で批判。
 内容には納得できるものもありますが、少々唖然。

 Юрій Бойко – ХОЖДЕНІЄ ПО ВІСТРІ МЕЧА (спецоперація… | Facebook

着座式(2022年9月18日):キリスト教/在外ロシア正教会【ROCOR】の新しい首位/ニコラス府主教座下の着座式がおこなわれる

 2022年9月18日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁の管轄権下で自主的に行動している在外ロシア正教会【ROCOR】の新しい首位(First Hierarch)に選出・承認されていた、ニコラス府主教座下(His Eminence Metropolitan Nicholas)の着座式がおこなわれました。
 同教会の主教らの他、セルビア正教会およびウクライナ正教会(UOC)の主教の参列があったようです。

 

Eastern American Diocese ROCOR(在外ロシア正教会 米国東部教区 公式チャンネル):
Enthronement of Metropolitan Nicholas, New First Hierarch of Russian Church Abroad – YouTube

 

 (英語:在外ロシア正教会 公式サイト)The Russian Orthodox Church Outside of Russia – Official Website

 (英語:在外ロシア正教会 米国東部教区 公式サイト)New York City: Enthronement of Metropolitan Nicholas, New First Hierarch of Russian Church Abroad, takes place in Synodal Cathedral of the Sign | Eastern American Diocese of the Russian Orthodox Church Abroad

 

On September 17-18, the… – Eastern American Diocese (ROCOR) | Facebook

 

 (英語)ROCOR: Metropolitan Nicholas enthroned as First Hierarch at NYC cathedral (+VIDEOS) / OrthoChristian.Com
 (英語)Vicar of Odessa Eparchy takes part in enthronement of ROCOR First Hierarch – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

 

参列した主教(追記中):
 ベルリン・ドイツ府主教マーク座下(His Eminence Metropolitan Mark of Berlin and Germany)
 セルビア正教会/新グラチャニツァ=米国中西部主教ロンギン座下(His Grace Bishop Longin of New Gracanica-Midwestern America)、
 サンフランシスコ・米国西部大主教キリル座下(Archbishop Kyrill of San Francisco and Western America)
 モントリオール・カナダ大主教ガブリエル座下(His Eminence Archbishop Gabriel of Montreal and Canada)、
 シカゴ・米国中部大主教ピーター座下(His Eminence Archbishop Peter of Chicago and Mid-America)、
 ウクライナ正教会(UOC)/アルツィズ大主教ヴィクトル座下(His Eminence Archbishop Victor of Artsiz)
 カラカス・南米主教ジョン座下(His Grace Bishop John of Caracas and South America)、
 ロンドン・西欧主教イレネイ座下(His Grace Bishop Irenei of London and Western Europe)
 シアトル主教テオドシウス座下(His Grace Bishop Theodosius of Seattle, first vicar of the Western American Diocese)
 ヴヴェイ主教アレクサンダー座下(His Grace Bishop Alexander of Vevey, vicar of the Western European Diocese)
 シラキュース主教ルーク座下(His Grace Bishop Luke of Syracuse, Vicar of the Eastern American Diocese)
 ソノラ主教ジェームス座下(His Grace Bishop James of Sonora, second vicar of the Western American Diocese)
 シュトゥットガルト主教ジョブ座下(His Grace Bishop Job of Stuttgart, vicar of the German Diocese)