91歳(2018年4月16日):キリスト教/ローマ名誉教皇ベネディクト16世聖下が91歳を迎える

 2018年4月16日、キリスト教/ローマ・カトリック教会のローマ名誉教皇ベネディクト16世聖下(His Holiness Benedict XVI, Pope Emeritus)が、91歳を迎えました。

 兄【94歳】のゲオルク・ラツィンガー司祭(Monsignor Georg Ratzinger PA)も、ドイツ連邦共和国バイエルンよりバチカン市国を訪問したようです。

 

Vatican News – Italiano:
Auguri Papa Benedetto XVI 2018-04-16 – YouTube

 

 (英語)Pope Emeritus Benedict XVI celebrates his 91st birthday – Vatican News

 (英語)Benedict XVI spends 91st birthday – English – ANSA.it

 

追記:
 側近とされるローマ教皇庁教皇公邸管理部室長ゲオルク・ゲンスヴァイン座下(ウルブス・サルウィア名義大司教 : His Most Reverend Excellency Monsignor Archbishop Georg Gänswein, Prefect of the Prefecture of the Papal Household, Titular Archbishop of Urbs Salvia)のコメント。

 (英語)Georg Gänswein: “Benedict spent his birthday with his brother and we prepared a surprise for him” | ROME REPORTS

Georg Gänswein: “Benedict spent his birthday with his brother and we prepared a surprise for him” – YouTube

 

追記2:

 前教皇ベネディクト16世、91歳の誕生日 – バチカン放送局

キリスト教/ローマ・カトリック教会のゲオルク・ラツィンガー司祭が、弟のローマ名誉教皇ベネディクト16世聖下の健康問題について“麻痺”に苦しんでいるとコメント。聖下の“側近”は否定(2018年2月)

 キリスト教/ローマ・カトリック教会のゲオルク・ラツィンガー司祭(Monsignor Georg Ratzinger PA)が、弟のローマ名誉教皇ベネディクト16世聖下(His Holiness Benedict XVI, Pope Emeritus)の健康問題について“麻痺”に苦しんでいるとコメントしています。また、“麻痺”が心臓に及ぶ可能性にまで言及しているとのこと。
 聖下の“側近”は否定して、単に行動に多少の苦難があるとしているようです。

 

 (英語)Benedict XVI's brother sounds alarm again: “He suffers from a paralyzing illness” | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Benedict XVI's brother sounds alarm again: “He suffers from a paralyzing illness” – YouTube

ROME REPORTSさんのツイート: "#Benedict XVI's brother sounds alarm again: “He suffers from a paralyzing illness” https://t.co/3VxjCrjJn3"

選出から4年(2017年3月13日):キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下のローマ教皇選出から4年

 2017年3月13日、キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)がローマ教皇に選出されてからちょうど4年が経過しました。

 

 教皇フランシスコ、選出から4年 | バチカン放送局

 

キリスト教/ローマ名誉教皇ベネディクト16世聖下がバチカンへ(2013年5月)

 キリスト教/ローマ・カトリック教会のローマ名誉教皇ベネディクト16世聖下(His Holiness Benedict XVI, Pope Emeritus)は、辞任後バチカン宮殿を離れてガンドルフォ城に滞在していましたが、この度バチカンを訪問したようです。
 マーテル・エクレジエ修道院の改修が終了すればそちらに移る予定。

 ROME REPORTS の映像には、ベネディクト16世聖下と、キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)が共に祈りを捧げる場面も。

 

ROME REPORTS in English:
Pope welcomes Benedict XVI to the Vatican – YouTube

 

キリスト教/ローマ教皇ベネディクト16世聖下が、新求道共同体を称える(2011年1月)

 キリスト教/ローマ・カトリック教会/ローマ教皇ベネディクト16世聖下(His Holiness Pope Benedict XVI)は、新求道共同体を称えました。

 

The Vatican:
Pope: Neocatechumenal Way is Gift of the Holy Spirit – YouTube

 

新求道共同体に関しては、最近も下記のようなニュースがありました。

 新求道共同体の日本での活動「停止せず」とバチカン – クリスチャントゥデイ

2011年01月10日
【CJC=東京】新求道共同体の日本での活動5年間停止を司教協議会が教皇ベネディクト16世に要請していたが、バチカン国務省長官タルチジオ・ベルトーネ枢機卿から停止しない、との決定が創設者キコ・アルグエリヨ氏、カルメン・エルナンデズ氏、マリオ・ペッジ氏宛に書簡で送られて来た、と共同体のアルヴァロ・ドファナ報道担当が明らかにした。

(上記の3氏は、動画にも少しだけ映っています)

 

 新求道共同体の考え方は、カトリックの中でも保守的と分類される考え方とはきわめて異なっていますが、ベネディクト16世聖下が公然と新求道共同体を支持していることについては、識者の間でも見解がわかれる以前に、はっきりとした説明ができていないようです。