シスマ2018:キリスト教/トルコ正教会がコンスタンティノープルの全地総主教庁を提訴。ロシアとウクライナの戦争を誘発するような行動はローザンヌ条約違反=トルコの刑法に違反とのこと(2018年10月)まだ存在していたことに驚きましたが……

【シスマ2018】東方正教会大分裂: ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧など

 

 ロシアのタス通信によりますと、2018年10月16日、キリスト教/東方正教会(とはほとんどまったく思われていない少数集団)のトルコ正教会が、コンスタンティノープルの全地総主教庁を提訴した模様です。
 ロシア連邦とウクライナの戦争を誘発するような行動はローザンヌ条約違反=トルコの刑法に違反しているとのことです。

 

 (英語)TASS: World – Turkish Orthodox Church urges criminal case against Ecumenical Patriarchate

 

 率直な話、まだ存在していたことに驚きました。

 

 今回の記事でスポークスウーマンとして名前の出てきているセウギ・エレネロルSevgi Erenerol)という人ですが、首座(世襲)の姉妹で、5年前に終身刑になったはずでは……。

 

 なお、トルコ共和国大統領レジェップ・タイップ・エルドアン閣下(His Excellency Mr Recep Tayyip Erdoğan)はローザンヌ条約の見直しを求める発言をおこなっており、今回わざわざ条約名が出てきたことには、意味があるかもしれません。

 

追記:
 「ΡΟΜΦΑΙΑ(Romfea.gr)」による今回の件の記事によりますと、トルコ正教会は、全地総主教庁側が自分たちのものだと認識している建物(?)をいくつか保有(?)していて、係争中の模様です。

 (ギリシャ語)Το λεγόμενο Τουρκικό ''Ορθόδοξο Πατριαρχείο'' κατέθεσε μήνυση κατά του Φαναρίου

 

追記2:
 記事へのリンクをひとつ追加。

 (英語)Turkish Orthodox “Church” files lawsuit against Ecumenical Patriarchate / OrthoChristian.Com

 

インタビュー動画:キリスト教/キプロス大主教クリソストモス2世座下へのインタビュー(2018年10月)癌と闘病中とのこと

 キリスト教/東方正教会/キプロス正教会の首座/ノヴァ・ユスティニアナと全キプロスの大主教クリソストモス2世座下(His Beatitude Archbishop Chrysostomos II of Nova Justiniana and all Cyprus)へのインタビュー動画が公開されています。

 ギリシャ語なので、正直内容の理解に全然自信がないのですが、

  • 初夏より癌と闘病中(肝臓と腸?)
  • 国民保険の問題?
  • すでに次期大主教のことを考えている人たちについて聞かれている?←内部では知られていることだったということ??
  • キプロス情勢について、トルコのエルドアン大統領がひくことはありえないため、アメリカのトランプ大統領(の強硬政策)に期待?
  • TVOneというキプロスのテレビ局に関する問題?

 

Ο Φιλελεύθερος / Philenews:
Αρχιεπίσκοπος Κύπρου: Εγώ και ο Καρκίνος – YouTube

 

Ο Φιλελεύθερος / Philenews:
O Αρχιεπίσκοπος Κύπρου για το Κυπριακό – YouTube

 

 (ギリシャ語:キプロス大主教庁公式サイト)Συνέντευξη του Μακαριωτάτου Αρχιεπισκόπου Κύπρου στο Philenews – Εκκλησία της Κύπρου
 (ギリシャ語:キプロス大主教庁公式サイト)Συνέντευξη του Μακαριωτάτου Αρχιεπισκόπου Κύπρου στο Philenews (Μέρος β’), Κυριακή 14.10.2018 – Εκκλησία της Κύπρου

 (ギリシャ語)Κύπρου Χρυσόστομος Β': ''Πάσχω από καρκίνο και δίνω τη δική μου μάχη''

 (英語)Archbishop Chrysostomos of Cyprus announces he is suffering from cancer / OrthoChristian.Com

 

Γραφείο Ενημερώσεως και Επικοινωνίας της… – Γραφείο Ενημερώσεως και Επικοινωνίας της Εκκλησίας της Κύπρου | Facebook

 

Praktoreio Ekklisiastikon… – Praktoreio Ekklisiastikon Eidiseon | Facebook

 

キリスト教/ロシア正教会が聖シノドの臨時会合、コンスタンティノープルの全地総主教庁の聖職者らとの共同司式などの停止を決定(2018年9月)

2018年~ ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立関連の記事一覧

 

 2018年9月14日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の聖シノドは臨時会合を開催しました。
 ウクライナ正教会の首座/キエフ・全ウクライナ府主教オヌフリー座下は、ビデオ通話での参加。

 オヌフリー座下は、コンスタンティノープル全地総主教庁が派遣した二名の「キエフにおける総主教代理」のうち一名が「ウクライナ正教会キエフ総主教庁」のフィラレート総主教聖下と、もう一名が「ウクライナ独立正教会」の首座/キエフ・全ウクライナ府主教マカリー座下と、一方的な独立正教会の設置へ向けた協議を始めていると報告しました。

 ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下は、現在の状況を、ソビエト連邦成立後の1920年代を思わせると指摘。
 ソ連当局と提携してロシア正教会を攻撃した(ざっくり書きましたが)コンスタンティノープルの全地総主教グリゴリオス7世に対抗してロシア正教会と教会法を守り抜いたモスクワ総主教聖ティーホンと同じ道を我々も歩もう、としています。

 また、臨時会合終了後、モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下は記者会見を開催。
 モスクワ総主教庁は、コンスタンティノープルとの関係をいくつか停止したことを発表しました。
※すでに素人には正確なことがわからない状況になっていますが、共同司式をおこなわないことや、全地総主教の聖職者が議長を務める会合に参加しないことなどが含まれているようです。

 ロシア正教会聖シノドのメンバーは、

  • ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)
  • ウクライナ正教会の首座/キエフ・全ウクライナ府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan Onufriy of Kiev and All Ukraine)
  • クルチツィ・コロムナ府主教ユヴェナリー座下(His Eminence Metropolitan Juvenaly of Krutitsy and Kolomna)
  • モルドバ正教会の首座/キシナウ・全モルドバ府主教ヴラジミール座下(His Eminence Metropolitan Vladimir of Chişinău and All Moldova)
  • アスタナ・カザフスタン府主教アレクサンドル座下(His Eminence Metropolitan Alexander of Astana and Kazakhstan)
  • タシケント・ウズベキスタン府主教ヴィケンティー座下(His Eminence Metropolitan Vikentiy of Tashkent and Uzbekistan)
  • サンクトペテルブルク・ラドガ府主教ヴァルソノフィー座下(His Eminence Metropolitan Varsonofy of St. Petersburg and Ladoga)
  • ベラルーシにおける総主教代理【ベラルーシ正教会首座】/ミンスク・ザスラーヴリ府主教パーヴェル座下(His Eminence Metropolitan PaulPavel】of Minsk and Zaslavl, The Patriarchal Exarch of All Belarus)
  • モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))

※上記が固定メンバーで、さらに五名が半年間の任期で参加します。

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
Патриарх Кирилл возглавил внеочередное заседание Священного Синода Русской Православной Церкви – YouTube

 

Брифинг по итогам внеочередного заседания Священного Синода – YouTube

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)His Holiness Patriarch Kirill chairs extraordinary session of the Holy Synod of the Russian Orthodox Church | The Russian Orthodox Church
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Statement of the Holy Synod of the Russian Orthodox Church concerning the uncanonical intervention of the Patriarchate of Constantinople in the canonical territory of the Russian Orthodox Church | The Russian Orthodox Church
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Metropolitan Hilarion: The decision to suspend the liturgical mention of the Patriarch of Constantinople does not imply breaking off the Eucharistic communion | The Russian Orthodox Church
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)MINUTES of the Holy Synod’s held on 14 September 2018 | The Russian Orthodox Church
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Holy Synod calls upon Primates of Local Orthodox Churches to initiate pan-Orthodox discussion on the church situation in Ukraine | The Russian Orthodox Church
 (英語)Russian Church suspends commemoration of Pat. Bartholomew and concelebration with Constantinople hierarchs, Eucharistic communion not broken / OrthoChristian.Com
 (英語)Statement of the Holy Synod of the Russian Orthodox Church concerning the uncanonical intervention of the Patriarchate of Constantinople in the canonical territory of the Russian Orthodox Church / OrthoChristian.Com

 (英語:モルドバ正教会公式サイト)Orthodox Church of Moldova – Metropolis of Chişinău and all Moldova | His Eminence Vladimir participated in the extraordinary session of the Holy Synod of the Russian Orthodox Church

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Святейший Патриарх Кирилл возглавил внеочередное заседание Священного Синода Русской Православной Церкви / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Священный Синод постановил приостановить молитвенное поминовение за богослужением Патриарха Константинопольского Варфоломея и сослужение с иерархами Константинопольского Патриархата / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Заявление Священного Синода Русской Православной Церкви в связи с незаконным вторжением Константинопольского Патриархата на каноническую территорию Русской Православной Церкви / Официальные документы / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Священный Синод утвердил молитвенные прошения о сохранении единства Православия / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)ЖУРНАЛЫ заседания Священного Синода от 14 сентября 2018 года / Официальные документы / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Священный Синод обратился к Предстоятелям Поместных Православных Церквей с призывом инициировать всеправославное обсуждение церковной ситуации на Украине / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Митрополит Волоколамский Иларион: Решение приостановить молитвенное поминовение за богослужением Константинопольского Патриарха не означает полного разрыва евхаристического общения / Новости / Патриархия.ru

 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Блаженніший Митрополит Онуфрій взяв участь у роботі Священного Синоду РПЦ – Українська Православна Церква
 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Заява Священного Синоду РПЦ у зв’язку з антиканонічними діями Константинопольського Патріархату в Україні – Українська Православна Церква

 (ロシア語:ベラルーシ正教会公式サイト)Заявление Священного Синода Русской Православной Церкви в связи с незаконным вторжением Константинопольского Патриархата на каноническую территорию Русской Православной Церкви | Православие в мире | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви
 (ロシア語:ベラルーシ正教会公式サイト)Священный Синод вынес решение приостановить молитвенное поминовение за богослужением Патриарха Константинопольского Варфоломея и сослужение с иерархами Константинопольского Патриархата | Православие в мире | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви
 (ロシア語:ベラルーシ正教会公式サイト)Митрополит Павел принял участие во внеочередном заседании Священного Синода Русской Православной Церкви | Митрополит | Белорусская Православная Церковь | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви
 (ロシア語:ベラルーシ正教会公式サイト)Священный Синод вынес решение приостановить молитвенное поминовение за богослужением Патриарха Константинопольского Варфоломея и сослужение с иерархами Константинопольского Патриархата | Православие в мире | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви
 (ロシア語:ベラルーシ正教会公式サイト)Священный Синод утвердил молитвенные прошения о сохранении единства Православия | Православие в мире | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви
 (ロシア語:ベラルーシ正教会公式サイト)Священный Синод обратился к Предстоятелям Поместных Православных Церквей с призывом инициировать всеправославное обсуждение церковной ситуации на Украине | Православие в мире | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви
 (ロシア語:ベラルーシ正教会公式サイト)Митрополит Волоколамский Иларион: Решение приостановить молитвенное поминовение за богослужением Константинопольского Патриарха не означает полного разрыва евхаристического общения | Православие в мире | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви

 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ・プリモルスカ府主教庁公式サイト)ÎPS Părinte Mitropolit Vladimir a participat la ședința extraordinară a Sfântului Sinod al Bisericii Ortodoxe Ruse | Mitropolia Chişinăului şi a Întregii Moldove

 (フィンランド語:フィンランド正教会公式サイト)Moskovan patriarkaatti lopettaa toistaiseksi patriarkka Bartolomeoksen muistelemisen | Suomen ortodoksinen kirkko

 

Православные в Финляндии + Ortodoksit… – Православные в Финляндии + Ortodoksit Suomessa | Facebook

 

キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁がウクライナへの独立正教会設置のために総主教代理を任命したことについて、ロシア正教会聖シノドは「(バルソロメオス総主教は)事実上は一度も持ったことのない指揮権があると勝手な解釈をしている」「このような『反・教会法的行為』の全責任は彼個人とその支持者たちにある」と宣言(2018年9月)

2018年~ ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立関連の記事一覧

 

 キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁が、ウクライナの独立正教会設置に向けてキエフにおける総主教代理を二名任命。ロシア正教会系のウクライナ正教会は激しく反発(2018年9月)という状況でしたが、2018年9月8日、ロシア正教会の聖シノドは緊急ともいえる早さでメッセージを出しています。

※聖シノドが全員出席したのかどうかわかりませんが、自治的権限を持つウクライナ、モルドバ、それより弱い権限を持つベラルーシ、そして中央アジアの府主教らをメンバーに含みます(あとで下のほうに追記しておきます)。

 

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Заявление Священного Синода Русской Православной Церкви от 8 сентября 2018 года / Официальные документы / Патриархия.ru
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Russian Orthodox Church Holy Synod Statement as of September 8, 2018 | The Russian Orthodox Church

 

 すでに今までに出ている内容なのですが、簡単に並べていくと、

  • 他の教会の管轄権への侵害は教会法違反
  • キエフ府主教オヌフリー座下をウクライナの第一の聖職者(全地総主教庁側とロシア正教会側で言葉が違いますが)と認めていたのはなんだったのか
  • 事実上は一度も持ったことのない指揮権があると勝手な解釈をしている
  • コンスタンティープルとロシアの関係の“行きどまり”は東方正教会全体の結束に大いなる脅威となる
  • ロシア正教会聖シノドは、このような『反・教会法的行為』の全責任はバルソロメオス総主教個人と、コンスタンティノープルの教会内のその支持者たちにある

 なお、モスクワ総主教庁のメッセージもこれとは別に準備されているようです。

 

 率直にいって、予想通りの展開ですが……。

 モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が両・総主教会談後のインタビューで「教会としての正式決定はそれぞれの聖シノドで決めること」などと答えていることを考えると、こうなることはすでに会談時にお互い了承済みだったのではないかとすら思えます(キリル総主教聖下は会談後笑顔でインタビューに答えていましたけど)。

 

 なお、ロシア正教会聖シノドのメンバーは、

  • ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)

 のほか、

  • ウクライナ正教会の首座/キエフ・全ウクライナ府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan Onufriy of Kiev and All Ukraine)
  • クルチツィ・コロムナ府主教ユヴェナリー座下(His Eminence Metropolitan Juvenaly of Krutitsy and Kolomna)
  • モルドバ正教会の首座/キシナウ・全モルドバ府主教ヴラジミール座下(His Eminence Metropolitan Vladimir of Chişinău and All Moldova)
  • アスタナ・カザフスタン府主教アレクサンドル座下(His Eminence Metropolitan Alexander of Astana and Kazakhstan)
  • タシケント・ウズベキスタン府主教ヴィケンティー座下(His Eminence Metropolitan Vikentiy of Tashkent and Uzbekistan)
  • サンクトペテルブルク・ラドガ府主教ヴァルソノフィー座下(His Eminence Metropolitan Varsonofy of St. Petersburg and Ladoga)
  • ベラルーシにおける総主教代理【ベラルーシ正教会首座】/ミンスク・ザスラーヴリ府主教パーヴェル座下(His Eminence Metropolitan PaulPavel】of Minsk and Zaslavl, The Patriarchal Exarch of All Belarus)
  • モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))

※さらに五名、半年ごとに交代するメンバーが新しく九月から入ることになっていますが……。

 

キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁が、ウクライナの独立正教会設置に向けてキエフにおける総主教代理を二名任命。ロシア正教会系のウクライナ正教会は激しく反発(2018年9月)

2018年~ ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立関連の記事一覧

 

 2018年9月7日、キリスト教/東方正教会/全地総主教庁は、ウクライナに独立正教会を設置する準備として、キエフにおける総主教代理(Exarchs in Kiev)として二名を叙任したと発表しました。

 

 (英語:全地総主教庁公式サイト)Ecumenical Patriarchate | Announcement of the Ecumenical Patriarchate (7th Sep. 2018)
 (英語:コンスタンティノープル全地総主教庁 世界教会協議会代表部 公式サイト)Ecumenical Patriarchate sends Legates to Ukraine – Ecumenical Patriarchate Permanent Delegation to the World Council of Churches

 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Заява ВЗЦЗ УПЦ у зв’язку з призначенням Константинопольським Патріархатом екзархів у Київ – Українська Православна Церква
 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Призначення екзархів поки що не означає створення в Україні нової церковної структури — коментар прот. Миколая Данилевича – Українська Православна Церква

 

Announcement Within the framework of… – Ecumenical Patriarchate | Facebook

 

 キエフにおける総主教代理に叙任されたのは、いずれも全地総主教庁下の、
 アメリカ合衆国ウクライナ正教会(Ukrainian Orthodox Church of the USA)のパンフィロン大主教ダニエル座下(His Eminence Archbishop Daniel, Archbishop of Pamphilon)、
 カナダ・ウクライナ正教会(Ukrainian Orthodox Church of Canada)のエドモントン・西部教区主教イラリオン座下(His Grace, the Right Reverend Bishop Ilarion, Bishop of Edmonton and the Western Eparchy)、
 です。

 これに対し、ロシア正教会モスクワ総主教庁下で自治的な権限を持つウクライナ正教会は激しく反発しています。

 

 ロシア正教会モスクワ総主教庁からの正式な(聖シノドや総主教による)発表はありませんが、すでに批判的なコメントが掲載されています。
 少し前のロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下と全地総主教バルソロメオス聖下の主にウクライナの問題についての会談はいったいなんだったのかと思ってしまいますが、「話したけどダメでした」という、言い訳づくりのようなものだったのでしょうか。

 

 ここからの展開ですが、まず確認しておかなければならないのは、仮に全地総主教庁によるウクライナへの独立正教会設置がおこなわれたとして、それがほかの分野にどんな影響があるのかということがあります。
 ドンバスの「親ロシア派」が降伏したりはしないでしょうし、ロシアがクリミアを「返還」することもないでしょう。
 そして、モスクワ総主教庁系のウクライナ正教会は、すでにウクライナ国内でロシアの手先として“攻撃”を受けている状況です。
 ポロシェンコ大統領の人気が回復するということも、(彼自身がどう信じているかはともかく)望み薄です。
 状況として、何かが変わるのかというと、何も変わらないのかもしれません。

 その上で一つずつ。

 まず、独立正教会として設置されるのは何か、ということが挙げられます。
 「独立」が念頭に置かれているのは、一般的に「キエフ総主教庁」と「ウクライナ独立正教会」(どちらも全地総主教庁から教会法上合法な教会と認められていない)ですが、そもそもこの二つが合同できるのかという問題があります。
 また、モスクワ総主教庁系のウクライナ正教会も合流しなければ意味がないとする考えがあります。
 とはいうものの、この三団体の合流は不可能であり、中には「三つの独立正教会を設置すればいい。問題は各教会をどのような序列にするかだが……」といった現実性のかけらも見られない考えを表明する方もいます。とはいえ前向きな方でも、単一の独立正教会設置は不可能と思っているともいえます。
追記:
 ギリシャ系の正教会メディア(および一般報道)は、「モスクワ総主教庁系のウクライナ正教会が全地総主教庁に独立の承認を要請したので全地総主教庁が応じた」という“フェイクニュース”を出しています(当のウクライナ正教会は、今回の全地総主教庁の行動について「この先どのような悪いことが起こってもそれはすべてコンスタンティノープル全地総主教庁の責任だ」としています)。ギリシャ系メディアは、もしやウクライナ国内の正教会の状況を根本的に理解していなかったのでは……。この数ヶ月、彼らはいったい何を騒いでいたのか……。

 次に今回叙任された二人、といいますか、それぞれが属する全地総主教庁下の「アメリカ合衆国ウクライナ正教会」と「カナダ・ウクライナ正教会」ですが、「キエフ総主教庁」と過去に問題を抱えた教会もあります。
 またこの二教会は独立正教会がウクライナに設置された場合どうなるのか(新しい独立正教会が「うちの傘下によこせ」と言い出すかもしれない)という問題が浮上する可能性もあり、そもそも独立正教会設置へ向けてこの人選が良いものなのかもわかりません。

 そしてロシア正教会のほうですが、教会レベルでできることはあまりなく(批判をしたり正論を述べたりするくらい)、全地総主教庁が強行すれば止められないでしょう(他の各教会も)。
 しかし、それは教会レベルでの話であり、この問題はロシアのプーチン大統領とトルコのエルドアン大統領の間の政治的駆け引きに浮上してくる可能性があります。
 エルドアン大統領は、というかトルコ共和国は、全地総主教庁のことは名乗りすら認めていない(「全地」ではなく「イスタンブールの総主教」)はずですが、ロシア側からなにか譲歩を引き出すために、この問題を利用できるだけ利用してくるかもしれません。

 最後にクリミアの管轄権があります。
 現在のモスクワ総主教庁系のウクライナ正教会は、ロシア正教会の一部であるために、従来に引き続いてクリミアで活動をおこなうことに問題がありません。
 しかし、全地総主教庁によってウクライナに独立正教会が設置されたとして、彼らが(彼らは当然クリミアはウクライナの一部であり自身の管轄権の一部であると主張し)クリミアで活動しようとしても、ロシア連邦政府及び連邦構成主体クリミア共和国がその聖職者をクリミアへ入れるかどうか、また入れたとしても帰ってこれるかどうかは、わかりません。
 しかし間違いなく、新しい独立正教会はクリミアへ聖職者を派遣するでしょう。
 “国境”で追い返されれば問題になりませんが、中で捕縛されれば新たな国際的な問題へ飛び火していく可能性もあります。

 

続報:
 キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁がウクライナへの独立正教会設置のために総主教代理を任命したことについて、ロシア正教会聖シノドは「(バルソロメオス総主教は)事実上は一度も持ったことのない指揮権があると勝手な解釈をしている」「このような『反・教会法的行為』の全責任は彼個人とその支持者たちにある」と宣言(2018年9月)