東方正教会シスマ2020:モンテネグロ議会選挙でジュカノヴィッチ大統領与党敗北(2020年8月)野党連合の代表の一人は、キリスト教/セルビア正教会の重鎮モンテネグロ府主教アンフィロヒイェ座下に報告

 モンテネグロ議会選挙は野党連合の勝利に終わりましたが、ジュカノヴィッチ大統領はまだまだゴネており余談を許さない状況ではあります。
 ここでは、東方正教会の方面から事態を見ていきます。

 

 もともとモンテネグロは、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の管轄権下にあります。
 一方、同国には、教会法上合法でない勢力が結成したモンテネグロ正教会が存在します。
 ジュカノヴィッチ大統領はこの集団を利用し、コンスタンティノープルから独立正教会として認めるトモスを得て政治に役立てようとしましたが(いわゆるウクライナモデル)、この集団の首座“ミハイロ府主教”がコンスタンティノープルの不興を買っている人物であったこともあり、こちらの計画は進んでいませんでした(ミハイロ府主教は承認に自信を見せたりしていましたが……)。

 一方、ジュカノヴィッチ大統領は、同国のセルビア正教会モンテネグロ府主教庁【モンテネグロおよび沿海の府主教庁】の教会財産を強制接収する法案を通しました。
 これに対する抗議行動は、他の多数の抗議行動と結ぶ付き、今回の選挙結果につながっています。

 選挙後、野党連合の代表の一人ズドラヴコ・クリヴォカピッチ氏(Zdravko Krivokapić)は、モンテネグロおよび沿海の府主教アンフィロヒイェ座下(His Eminence Metropolitan Amfilohije of Montenegro and the Littoral)を選挙後訪問、祝福を求めたようです。

 

Susret Amfilohija i Krivokapića posle izbornog trijumfa opozicije – YouTube

 

 同府主教庁の公式サイトでは、「キリスト復活! モンテネグロ復活!【ハリストス復活! ツルナ・ゴーラ復活!】」などの文字が踊り、ジュカノヴィッチ政権の弾圧終了に向けた選挙結果を祝っていました。
 ただし、組閣は10月予定であり、ジュカノヴィッチ大統領がおとなしくしているとも思われていません。
 まだまだ予断を許さない状況の中、(あとで記事にしますが)北マケドニア共和国の大統領がコンスタンティノープルに対し自国の教会法上合法でない集団を独立正教会として認めるよう要請したというニュースが出てきました。
 どちらもセルビア正教会の管轄権下にある領域である以上、片方の状況がもう片方に強く影響することは言うまでもありません。
 「シスマはシスマは呼ぶ」とは有名な言葉ですが、モンテネグロが落ち着くかどうかはまったく見通せません。

 

関連:
 東方正教会シスマ2020:北マケドニア大統領ペンダロフスキ閣下が、キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教バルソロメオス聖下に対し、同国の教会法上合法でない“マケドニア正教会-オフリド大主教庁”を独立正教会として認めるよう要請したと報道(2020年9月)

 

キリスト教/“モンテネグロ正教会”の“ミハイロ府主教”が、コンスタンティノープルからの独立正教会としての承認に自信をみせたとの報道(2020年1月)

 キリスト教/東方正教会の教会法上合法な教会に属さない(または主流のグループに属さない)“モンテネグロ正教会(MOC)”首座の“ミハイロ府主教”(ツェティニェ大主教・モンテネグロ府主教ミハイロ座下 : His Beatitude Mihailo, Archbishop of Cetinje and Montenegrin Metropolitan)は、コンスタンティノープルの全地総主教庁から独立正教会として認めるトモスを取得することに自信をみせたとの報道。
 コンスタンティノープル側は、モンテネグロはセルビア正教会の管轄権下にあるとしてたびたび否定していますが、彼ら自身のいうことはまったくあてにならないので渡すかもしれませんとしか……。

※ミハイロ府主教は、ついでに「マケドニア正教会-オフリド大主教庁【MOC-OA】もトモスをもらえるだろう」というように受け取れるように発言しているように書かれていますが、マケドニア正教会のほうは本当に交渉しています

 

 (英語)Mass media: Head of “Montenegrin church” says his structure would get Tomos – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

 

関連:
 モンテネグロ議会が野党議員を18人ほど拘束してキリスト教/セルビア正教会の教会財産を大量に接収するための新法を成立(2019年12月)

 

映像(セルビア語のため内容よくわかりませんが):キリスト教/セルビア正教会の重鎮モンテネグロ・プリモルスカ府主教アンフィロヒイェ座下が、モンテネグロ新法に賛成投票予定の政治家を破門(anathema)宣告している映像とのこと(2019年12月)

 セルビア語のため内容よくわかりませんが、キリスト教/セルビア正教会/モンテネグロ・プリモルスカ府主教アンフィロヒイェ座下(His Eminence Metropolitan Amfilohije of Montenegro and the Littoral)が、2019年12月26日に、モンテネグロ新法に賛成投票予定の政治家を破門(anathema)宣告している映像とのことです。

※違うかもしれませんのでご承知ください。

関連:
 モンテネグロ議会が野党議員を18人ほど拘束してキリスト教/セルビア正教会の教会財産を大量に接収するための新法を成立(2019年12月)

 

Острог Тв Студио:
Порука Митрополита Амфилохија, 26.12.2019.љ.Г. – YouTube

 

 座下の傍らの棺は、モンテネグロ主教公ペタル1世・ペトロヴィッチ=ニェゴシュ(ツェティニェの聖ペタル)のものだそうです。

 

キリスト教/セルビア正教会/正教オフリド大主教庁(北マケドニアを管轄)聖シノドが、モンテネグロ政権を批判する声明(2019年12月)「北マケドニアでも弾圧が続いている」

 モンテネグロで、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の教会財産を摂取するための法律が成立しましたが、これに関して、セルビア正教会の管轄権下で北マケドニア共和国で自治的な権限を持つ正教オフリド大主教庁の聖シノドが声明を発表しています。

 

 (マケドニア語:正教オフリド大主教庁公式サイト)Православна Охридска Архиепископија » Свет архиерејски синод » Соопштенија

 

 モンテネグロ政権の動きを全体主義と批判、北マケドニア共和国でも正教オフリド大主教庁への弾圧が続いていること、セルビア正教会の重鎮/モンテネグロ・プリモルスカ府主教アンフィロヒイェ座下(His Eminence Metropolitan Amfilohije of Montenegro and the Littoral)をはじめとするモンテネグロの教会法上合法な教会に属する神品(聖職者)と信徒を支持することなどが挙げられています。

 

 モンテネグロ大統領ミロ・ジュカノヴィッチ閣下(His Excellency Mr Milo ĐukanovićМило Ђукановић)がここまで強硬な動きに走ることは、一年前には予想されていなかったことです。
 政治的な影響は置いておくとしても、東方正教会の各教会(各勢力)がこの動きに対してどのような声明を発表し、どのような動きを取るかで、来年の東方正教会の教会分裂(シスマ)の動向が決まっていくような気がします。

 

モンテネグロ議会が野党議員を18人ほど拘束してキリスト教/セルビア正教会の教会財産を大量に接収するための新法を成立(2019年12月)

 モンテネグロ議会は、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の教会財産を大量に接収するための新法を成立させました。

※法律名称としては、まあその、麗しい名前を使っていますし、理屈も別のことを言っていますが、セルビア正教会の財産を奪うのが目的の法律です。

 

 (英語)Montenegro MPs arrested in clash over religious freedom law – BBC News
 (英語)Thousands Rally Against Religion Law in Montenegro | Balkan Insight
 (英語)Serbian church warns Montenegrin authorities about backlash from new religious law – World – TASS

 

 (セルビア語:モンテネグロ・プリモルスカ府主教庁公式サイト)Полиција ноћас претукла Епископа диоклијског Методија | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 なお、セルビア正教会モンテネグロ・プリモルスカ府主教庁の公式サイトが、同教会のドゥクリャ主教メトディイェ座下(His Grace Bishop Metodije of Dioclea)がモンテネグロの警官から殴打を受けたと報じています。
 モンテネグロ当局は否定していると報道されています。

 

 モンテネグロ大統領ミロ・ジュカノヴィッチ閣下(His Excellency Mr Milo ĐukanovićМило Ђукановић)は、これを“ウクライナ・モデル”としています。
 セルビア正教会の教会財産を接収し、東方正教会の教会法上合法な教会に属さない(または主流のグループに属さない)“モンテネグロ正教会(MOC)”を国家の後押しでこれまで以上に推進していくということになります。今は教会法上合法な教会でなくても、コンスタンティノープルから承認をもらえば教会法上合法な教会になるので問題はない、とウクライナで証明されているので、何も問題はありません(念のために書いておきますと、コンスタンティノープルが承認する予定はありませんが、コンスタンティノープルがなにをするかはもはやなんの信用も置けない状態です)。
 BBC の報道を中立ということで、信徒数の割合いを書いておきますと、モンテネグロの10人のうち7人はセルビア正教会の信徒だそうです。そこまで多いならなぜ反セルビア正教会のジュカノヴィッチ大統領が当選しているのかよくわからないところですので、この数字は少し大きめのような気もします。

 セルビア正教会の重鎮/モンテネグロ・プリモルスカ府主教アンフィロヒイェ座下(His Eminence Metropolitan Amfilohije of Montenegro and the Littoral)は(以前から言っていますが)無神論者(ジュカノヴィッチ大統領のこと)が教会を作った歴史上最初の例と批判しています(それ以外にもクソミソに罵ってますけど)。
 同座下は、ウクライナ問題を巡ってはコンスタンティノープルへの批判を繰り返していますので、今回の事態を受けて最終的に何を発言するかは注目ではあります。
 しかし、それ以前に火薬庫が活性化してきているのが不安なところです。

 

関連:
 映像(セルビア語のため内容よくわかりませんが):キリスト教/セルビア正教会の重鎮モンテネグロ・プリモルスカ府主教アンフィロヒイェ座下が、モンテネグロ新法に賛成投票予定の政治家を破門(anathema)宣告している映像とのこと(2019年12月)
 キリスト教/セルビア正教会/正教オフリド大主教庁(北マケドニアを管轄)聖シノドが、モンテネグロ政権を批判する声明(2019年12月)「北マケドニアでも弾圧が続いている」
 キリスト教/セルビア総主教イリネイ聖下がセルビア大統領ブチッチ閣下と会見(2019年12月)モンテネグロ新法の話題など
 キリスト教/“モンテネグロ正教会”の“ミハイロ府主教”が、コンスタンティノープルからの独立正教会としての承認に自信をみせたとの報道(2020年1月)