東方正教会大分裂:キリスト教/ロシア正教会が、アレクサンドリア総主教庁の駐モスクワ・メトヒオン【ポドヴォリエ】(正教会の大使館的聖堂)の権能を停止する予定との報道(2019年11月)

 ロシアの Interfax によりますと、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会は、キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア総主教庁の、駐モスクワ・メトヒオン【ポドヴォリエ】(正教会の大使館的聖堂)の権能を停止する予定のようです。

 

 (英語)Interfax-Religion: Patriarch Kirill suspends operation of Alexandria Patriarchate’s Moscow mission
 (英語)Representation church of Patriarchate of Alexandria in Moscow temporarily suspended / OrthoChristian.Com

 

 これは、キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下(His Beatitude Theodoros II, Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa)が、ロシア正教会というかモスクワ総主教庁の管轄権下で高度な自治的権限を有するウクライナ正教会の首座/キエフ・全ウクライナ府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan Onufry of Kiev and All Ukraine)を裏切り(ユダとまでする抗議活動もあったようですが)コンスタンティノープル系ウクライナ正教会を承認したことによるものです。

 一方ですが、アレクサンドリア総主教庁とのフル・コミュニオン解除も見込まれていた先週のロシア正教会聖シノドでは、キリスト教/東方正教会/エルサレム・全パレスチナ総主教セオフィロス3世聖下(His Beatitude Theophilos III, Patriarch of Jerusalem and All Palestine)がヨルダンでの東方正教会の首座の会合を招集したことにより、アレクサンドリアへの対応は延期されています。
 これは矛盾するようではありますが、現時点でなんらかの処置をする意思を示さないわけにもいかないとも思えます。

 また、キリスト教/東方正教会/ギリシャ正教会首座/アテネ・全ギリシャ大主教イエロニモス2世座下(His Beatitude Hieronymos II, Archbishop of Athens and All Greece and Primate of the Autocephalous Orthodox Church of Greece)は、エルサレム総主教の招集に対し、「そのような権限はコンスタンティノープルの全地総主教にのみある」と発言し、参加を事実上拒否しました。
 さらにこの、アテネ大主教による他の首座とのなんの相談もなしのままのエルサレム総主教庁の権威を否定する発言に対し、東方正教会から離脱した保守的な勢力から「ついに古代五大総主教座(Pentarchy)の権威までもが否定された」と驚きの声までも上がっています。

 加えて、エルサレムとアテネが割れる事態に、キリスト教/東方正教会/アルバニア正教会の首座/ティラナ・ドゥラス大主教アナスタシオス座下(His Beatitude Archbishop Anastasios of Tirana and Durres, Primate of Albania)が強い危機感を表明しています。

 エルサレム総主教庁の行動の目的が、ロシアとの政治的対立を避けざるを得ないためか、あるいはこの事態を利用して自らが東方正教会の首位に立とうとするものなのか、まったくわかりませんが(本当にわかりません)、東方正教会の崩壊が現実味を帯びてきた感はあります。

 

キリスト教/ブルガリア総主教ネオフィット聖下が、ブルガリア駐箚のポーランド大使と会見(2019年9月)

 キリスト教/東方正教会/ブルガリア正教会の首座/ブルガリア総主教・ソフィア府主教ネオフィット聖下(His Holiness Patriarch Neophyte【Neofit】 of Bulgaria, Metropolitan of Sofia)は、ブルガリア共和国駐箚ポーランド共和国特命全権大使マチェイ・シマヌスキ閣下(シマンスキ大使 : His Excellency Maciej Szymański)と会見しました。

 ブルガリア正教会側から、
 ベログラトチク主教ポリカルプ座下(His Grace Bishop Polikarp of Belogradchik)、
 が同席。

 

БЪЛГАРСКА ПАТРИАРШИЯ / BULGARIAN PATRIARCHATE(ブルガリア総主教庁公式チャンネル):
Светейшият патриарх Неофит се срещна с посланика на Полша у нас Н. Пр. Мачей Шимански – YouTube

 

 (ブルガリア語:ブルガリア正教会【ブルガリア総主教庁】公式サイト)Светейшият патриарх Неофит се срещна с посланика на Полша у нас Н. Пр. Мачей Шимански

 

 

Българска православна църква – Българска… – Българска православна църква – Българска патриаршия | Facebook

 

訃報(2019年9月26日):キリスト教/ローマ教皇庁教理省名誉長官ウィリアム・ジョセフ・レヴァダ枢機卿座下が帰天(1936~2019)

 2019年9月26日、キリスト教/ローマ・カトリック教会/ローマ教皇庁教理省名誉長官ウィリアム・ジョセフ・レヴァダ枢機卿座下(His Eminence William Joseph Cardinal Levada, Prefect Emeritus of the Congregation for the Doctrine of the Faith)が、ローマで帰天したようです。
 1936年6月15日生まれの83歳。

 アメリカ合衆国の聖職者で、サンフランシスコ大司教などを経た後、ローマ教皇庁で教理省長官などを務めました。

 帰天に伴い、枢機卿の人数は 212 人に減少しました。

 

 (英語)American Cardinal William Levada dies | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
American Cardinal William Levada dies – YouTube

 

 (英語:アメリカ司教協議会公式サイト)USCCB President on the passing of Cardinal Levada

U.S. Catholic BishopsさんはTwitterを使っています: 「Cardinal Daniel DiNardo asks for prayers for Cardinal William Levada, who passed away in Rome today. Read the full statement: https://t.co/6YRYwiXsb9 https://t.co/9OIMPAFasN」 / Twitter

 

 (英語:サンフランシスコ大司教区公式サイト)Cardinal William  J.  Levada  Memorial – Archdiocese of San Francisco – San Francisco, CA

ARCHBISHOP CORDILEONE: I share the sad… – Archdiocese of San Francisco | Facebook

 

キリスト教/アルメニア使徒教会のコンスタンティノープル総主教選出にトルコ当局が条件。「トルコ出身かつトルコで活動している聖職者(?)でないとダメ」(2019年9月)

※2019年10月26日16時過ぎに全体に修正を加えています。

 

 予想されていたことではありますが、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会の新たなコンスタンティノープル総主教に選出に、トルコ共和国当局(内務省)が条件を付け加えてきました。
 1863年の規定によると、トルコ生まれのアルメニア人聖職者であればどこの国で活動していても候補者となれたものが、今回の決定で、トルコ以外で活動していると立候補できない(つまりアルメニア使徒教会コンスタンティノープル総主教庁内の所属であることが必要)とされた、ということになります。

 高位聖職者でこの条件を満たすのは二名(三名?)のみということです。
 二名となると、アルメニア使徒教会コンスタンティノープル総主教代行のサハク・マシャリャン主教座下(Bishop Sahak Mashalian)と前総主教代理(または代行)のアラム・アテシャン大主教座下(His Eminence Archbishop Aram Ateşyan)ですが、三名となるとあと一人いる、ということになります。

 またモメそうではありますが、必ずしもトルコ共和国当局の意見が通るわけでもないので、情勢を見守っていきます。

※なお(これからずっと追記すると思いますが)公式サイトや報道などで「トルコ総主教(庁)」として言及されていることが多くなってきていますが(イスタンブール総主教(庁)も)、とりあえず伝統を考慮して「コンスタンティノープル総主教(庁)」という表記を文中ではメインにしていきます。

 

 (トルコ語:アルメニア・トルコ総主教庁公式サイト)DUYURU | Türkiye Ermenileri Patrikliği |

 

 (英語)Turkey meddles in Armenian Patriarch election, changes conditions – PanARMENIAN.Net
 (英語)New Obligations for Patriarch Candidates 'Attempt to Usurp Right to be Elected' – Pınar Tarcan – english
 (英語)Turkey interior ministry sends regulations for election of new Armenian Patriarch of Constantinople

 

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、前ギリシャ首相のアレクシス・ツィプラス閣下と会見(2019年9月)

 2019年9月19日、キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(ローマ法王フランシスコ台下 : His Holiness Pope Francis)は、ギリシャ共和国の前首相アレクシス・ツィプラス閣下(チプラス前首相 : The Honourable Alexis Tsipras)と会見したようです。

 

Αλέξης Τσίπρας – Alexis TsiprasさんはTwitterを使っています: 「Συνάντηση με τον Πάπα Φραγκίσκο στο Βατικανό. Τον ευχαρίστησα από καρδιάς για την στήριξή του στην Ελλάδα στην προσπάθειά της να αντιμετωπίσει την προσφυγική κρίση με ανθρωπισμό. https://t.co/p6tF0PUBFr」 / Twitter

 

 (英語:ローマ教皇聖座公式サイト)Audiences, 21.09.2019

– The Honourable Alexis Tsipras;

※ローマ教皇聖座公式サイトでは「The Honourable」を付けているので、ギリシャの元職の人々の敬称はわかりませんが、とりえず「閣下」にしておきます。