動画(英語):キリスト教/コプト正教会のロンドン大主教【ロンドン大司教】アンゲロス座下のクリスマス(降誕祭)メッセージ映像(2019年12月)

 キリスト教/オリエント正教会/コプト正教会/ロンドン大主教【ロンドン大司教】アンゲロス座下(His Eminence Archbishop Angaelos of London)による降誕祭のメッセージ映像です。

 

Archbishop Angaelos(アンゲロス大主教公式チャンネル):
Feast of the Nativity Message 2019/2020 from HE Archbishop Angaelos – YouTube

 

キリスト教/英国正教会【イギリス正教会】【ブリテン正教会】首座/グラストンベリー府主教セラフィム座下(英国総主教)が、転倒して負傷したとのこと(2019年9月)

 キリスト教/オリエント正教会系統の英国正教会【イギリス正教会】【ブリテン正教会】(British Orthodox Church)の首座/グラストンベリー府主教“アバ”・セラフィム座下(His Eminence Abba Seraphim, Metropolitan of Glastonbury)は、転倒して上腕骨を骨折した模様。
 用語の正確な意味がいまいちわかりませんが、六週間は腕を吊るような包帯か何かの着用が必要なようです。

 

 (英語:英国正教会公式サイト)Abba Seraphim suffers a fall and a fracture – The British Orthodox Church

 

 セラフィム座下は英国総主教を称しており、また、今回の記事では後継者のジェームズ大主教座下がいるのでなにも心配はないというような記述もあります。

 セラフィム座下自身はコプト正教会で叙聖を受けており、その後コプト正教会から英国正教会が離脱した後にどうなったかはわかりませんが、オリエント正教会の主流の教会の聖職者として認められる条件は過去においては満たしています。
 が、ジェームズ座下は、そのような主流の教会に属さない主教を含んだ形で叙聖を受けています。
 また、(長い形での)ジェームズ座下の称号を含む表記は(His Eminence Abba James, Archbishop Titular of Caerleon-upon-Usk and Mafrian to the Metropolis of Glastonbury and British Patriarchate)となっており、カーリアン=アポン=アスク名義大主教に加え、「Mafrian」というものが付加されています。これはおそらく「Maphrian」と主に表記される過去のシリア正教会において総主教に次ぐ地位を持っていた聖職者の称号を後継者兼補佐(カトリックでいう協働)のためのジェームズ座下のために使用しているのでしょう。

 

キリスト教/コンスタンティノープル管轄権下で一方的に総主教代理区の地位を廃止(2018年11月)された西欧ロシア正教会大主教区のジャン大主教座下がロシア正教会モスクワ総主教庁への移動を決定(2019年9月)

 2019年9月14日、キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルの管轄権下にあったものの2018年11月にコンスタンティノープルから一方的に総主教代理区としては廃止され、大主教区という集団としても解体をされそうな西欧ロシア正教会大主教区の首座ハリオポリス大主教ジャン座下(イオアン大主教 : His Eminence Archbishop JohnJean】【Ioan】【Ioann】 of Chariopoulis)は声明を発表しました。

 内容は、自身及び大主教区の教会法上の管轄をロシア正教会モスクワ総主教庁の管轄権下に移すことと、明日(9月15日)より、自身が属する教会の首座の名前としてキリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【全ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)の名を挙げて礼拝をおこなうとしています。

 ロシア正教会モスクワ総主教庁の聖シノドは、ジャン大主教からの要請を受け入れ、ジャン大主教および大主教と共に来る人々を歓迎するとともに、ジャン大主教にドゥブナ大主教(Archbishop of Dubna)の称号を用意したようです(ハリオポリス大主教はコンスタンティノープルの称号のため)。

 同大主教区は9月7日の臨時総会で必要な三分の二の賛成が得られず(賛成は六割弱)、今後どうするかというところでしたが、ジャン大主教は自分についてくるものだけでモスクワ総主教庁に移動することを決定したようです。以降、モスクワ総主教庁の管轄権下で自治的な権限を持つ大主教区となります。

 

 (英語)Abp. John moves Archdiocese of Russian Churches in Western Europe into Moscow Patriarchate / OrthoChristian.Com
 (英語)Interfax-Religion: Head of “Russian exarchate” of Constantinople joins Russian Orthodox Church
 (英語)Interfax-Religion: The Russian Church about return of “Russian exarchate” parishes under its jurisdiction: a long way is almost accomplished
 (英語)Former Head Of European Orthodox Archdiocese Joins Russian Orthodox Church – UrduPoint

 (英語)Archbishop John (Renneto) and parishes following him admitted to ROC – UOJ – the Union of Orthodox Journalists
 (英語)Archbishop John (Renneto) addresses his flock – UOJ – the Union of Orthodox Journalists
 (英語)Patriarch Kirill and Archbishop John have a telephone talk – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

 (英語)Orthodox schism: Priests in Western Europe reject Constantinople, side with Moscow — RT World News

 (フランス語ほか:西欧ロシア正教会大主教区公式サイト)Archevêché des églises russes en Europe occidentale – Communiqué du Bureau de l’Archevêque du 14 septembre 2019
 (フランス語:西欧ロシア正教会大主教区公式サイト)Archevêché des églises russes en Europe occidentale – Communiqué du Bureau de l’Archevêque du 14 septembre 2019
※まだサイト上表記はコンスタンティノープル管轄権下を示すものが残っています。

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)The Russian Orthodox Church Holy Synod integrates the head of the Archdiocese of the Western European Parishes of Russian tradition as well as clergy and parishes who wish to follow him | The Russian Orthodox Church
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Holy Synod session minutes of September 14, 2019 | The Russian Orthodox Church
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Patriarch Kirill had a phone talk with Archbishop Ioann of Dubna | The Russian Orthodox Church
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)The Russian Orthodox Church Holy Synod integrates the head of the Archdiocese of the Western European Parishes of Russian Tradition as well as clergy and parishes who wish to follow him / News / Patriarchate.ru
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Patriarch Kirill had a phone talk with Archbishop Ioann of Dubna / News / Patriarchate.ru

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)ЖУРНАЛ Священного Синода от 14 сентября 2019 года / Официальные документы / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Священный Синод принял в состав Русской Православной Церкви главу Архиепископии западноевропейских приходов русской традиции, а также клириков и приходы, которые желают последовать за ним / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Состоялся телефонный разговор Святейшего Патриарха Кирилла и архиепископа Дубнинского Иоанна / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Священный Синод принял в состав Русской Православной Церкви главу Архиепископии западноевропейских приходов русской традиции, а также клириков и приходы, которые желают последовать за ним | Русская Православная Церковь
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Состоялся телефонный разговор Святейшего Патриарха Кирилла и архиепископа Дубнинского Иоанна | Русская Православная Церковь

 (ロシア語:ベラルーシ正教会公式サイト)Журнал Священного Синода от 14 сентября 2019 года | Православие в мире | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви

 

 これまでジャン大主教派、大主教区の総会などの組織やルール、それに世俗的な法と教会法は別として来ましたが(それは理屈上はそうです)、今回の決定については教会法上のものであるとして、引き続き大主教区の総会などのルールは有効であるとしています。
 仮にモスクワ総主教庁の管轄権下に入らなくても、引き続き大主教区のルールでは共に行動することが可能と強弁できなくもないですが、さすがに……。
 グレートブリテン・アイルランド司祭長区(Deanery of Great Britain and Ireland)をはじめ、モスクワ総主教庁への移動に反対の票を投じた 41 %の人々(を代表とする人々)が大主教区より離脱を表明する可能性は極めて高いでしょう。ただ、彼らが「ではどうするか」というと、コンスタンティノープルの管轄権下でバラバラになるのを選ぶのか、ある程度のまとまりを作って教会法上合法な教会から離脱するのか、それはわかりません。

 

追記:
 ギリシャの正教会メディア Romfea もニュース記事を出しています。
 コンスタンティノープルを見限る者が出て、それをロシア正教会が受け入れるということが、ギリシャ人にとってどれだけの衝撃があるのかはまだ判断できませんが……。

 (ギリシャ語)ΕΚΤΑΚΤΟ: Δεκτός από το Πατριαρχείο Μόσχας ο Χαριουπόλεως Ιωάννης

Romfea.grさんはTwitterを使っています: 「ΕΚΤΑΚΤΟ: Δεκτός από το Πατριαρχείο Μόσχας ο Χαριουπόλεως Ιωάννης https://t.co/So8BV67FKR」 / Twitter

Praktoreio Ekklisiastikon… – Praktoreio Ekklisiastikon Eidiseon | Facebook

 

追記2:
 反ジャン大主教派なのかなんなのかよくわかりませんが(公式サイトを共有しているので)、大主教区のルールを守ろうとする人々が声明を出しています。
追記2の追記:
 下記のページは閲覧できなくなりました
 内部の争いがあることがはっきりしましたが、閲覧できなくなったということは、ジャン大主教側が勝利を収めたということになるのか、もう少し情勢を見守りたいと思います。
 ただ、もしかしたらイタズラの類だった可能性もあります。
追記2の追記2:
 キリスト教/コンスタンティノープルよりロシア正教会に移動(帰還)した西欧ロシア正教会大主教区のジャン大主教座下が、“反ジャン大主教派”に関して声明(2019年9月)

 (フランス語:西欧ロシア正教会大主教区公式サイト)Archevêché des églises russes en Europe occidentale – COMMUNIQUÉ D’UNE PARTIE DES MEMBRES DU CONSEIL DE L’ARCHEVÊCHÉ DU 14 SEPTEMBRE 2019

 この人々がなんなのか(どういう権限があるのか)いまいちよくわかりませんが、公式サイトで声明を出せるからには、管理的な権限はしっかり握っているのでしょう(反ジャン大主教ならばなぜジャン大主教の声明を掲載させたのかは疑問ですが……)。

 声明のポイントは二つで、一つは(フランス国内のメンバーに)ジャン大主教についていくか、コンスタンティノープルのエマニュエル府主教の教区内に吸収されるのを選ぶか、ルーマニア正教会の府主教の教区内に吸収されるのを選ぶか選択してその移動先と大主教区にそれぞれ連絡してねということです。ここでジャン大主教の gmail のアドレスがわざわざ掲載されていることから、この人々は以降ジャン大主教を大主教区から排除というかもう関係ない人として扱うつもりなのかもしれません。

 二つ目は、大主教区の首座はコンスタンティノープルからでないとダメだというようなルールが大主教区にあったらしく(はじめて知りました)、モスクワ総主教庁に移ったジャン大主教はもはやその任務にあたれないとしています(よって彼らの見解によればもう首座ではありません)。
 そのため、コンスタンティノープルに首座代行の指名を求めたそうです。
 唖然……。
 コンスタンティノープルは大主教区は(もう)存在しないといっているのに、存在しないものの首座代行の指名を求めてどうするのか……。
 もちろんシスマ2018からのコンスタンティノープルの行動はルールもクソもないので、存在しない団体の首座代行を指名するくらい平気でするかもしれないですが(モスクワへの嫌がらせのためだけに!)、この状況にいたってまでコンスタンティノープルにすがりつくしかないこの人たちはなんなんでしょうね。そんなにコンスタンティノープルに従いたいなら、コンスタンティノープルは大主教区を解散して分割して吸収するといったんだからそれに従えばいいでしょうコンスタンティノープルのいっていることを真面目に聴いているのですか?
 ごちゃ混ぜのデタラメな教会の末路はこんなものか……。
 ですが東方正教会全体の未来がこれよりマシだという保証はまったくありません。というか規模が大きくなる分、もっとアホらしいものを我々は見ることになるでしょう。

 

 シスマ2018以降、コンスタンティノープルとギリシャ人のいい加減ぶりさはひどいものがありますが(所詮バルバロイはどうでもいいのでしょう)、この大主教区のコンスタンティノープルにしがみつく人々もひどさでは引けを取りません。コンスタンティノープルのいうことを無視しつつコンスタンティノープルは絶対だというような行動を取るのは理解に苦しむところです。あいまいな供述をしつつコンスタンティノープルにまとわりついているので、ストーカー防止法のような法律でコンスタンティノープルから訴訟を起こされるのではないでしょうか。

 

 なお、そんなことはどうでもよくて、重要なのは聖堂や修道院や預金などの教会財産を誰が抑えているかということになるかと思います。
 主流の教会から離脱した人々が嘲笑交じりに指摘するように、争いが起きると最後は金を争うのが東方正教会の教会法上合法な教会です。

 

追記3:
 ロシアの Interfax によりますと、9月15日に、パリのアレクサンドル・ネフスキー大聖堂で、モスクワ総主教庁の管轄権下に移ってから初めての礼拝がおこなわれたようです。
 
 (ロシア語)Интерфакс-Религия: Прихожане "русского экзархата" в Париже с восторгом встретили весть о присоединении к РПЦ
 (英語)Interfax-Religion: Parishioners of the “Russian exarchate” in Paris enthusiastic about joining the Russian Orthodox Church
 (英語)Faithful fill church for Abp. John’s first Liturgy as hierarch of the Russian Church / OrthoChristian.Com

 

追記4:
 公式サイトで礼拝がおこなわれたという記事が出ました。

  (フランス語:西欧ロシア正教会大主教区公式サイト)Archevêché des églises russes en Europe occidentale – Dimanche historique et festif à la Cathédrale Saint Alexandre Nevsky

 

キリスト教/コンスタンティノープル管轄権下で一方的に総主教代理区の地位を廃止(2018年11月)された西欧ロシア正教会大主教区の大主教が、コンスタンティノープルの聖シノドによって権限を奪われた模様(2019年8月)

 キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルの管轄権下にあったものの2018年11月にコンスタンティノープルから一方的に総主教代理区としては廃止され、大主教区という集団としても終わってしまいそうな西欧ロシア正教会大主教区。
 同大主教区の首座ジャン大主教(イオアン大主教)座下は、ロシア正教会モスクワ総主教庁の管轄権下に皆で移りたいものの、反対するものもそれなりに、という状況。
 今月、ジャン大主教座下と、コンスタンティノープルのバルソロメオス総主教の会談がおこなわれ、簡単にいえば引き留めがおこなわれましたが、事実上決裂。
 コンスタンティノープルの聖シノドは、ジャン大主教の権限をすべて剥奪し、エマニュエル府主教に権限が移動したようです。
 自分たちのところから勝手に出ていこうとしたものへの当然の処分ですが、コンスタンティノープルの今回の決定は大主教区の解体を正式に決定したようなもので、ジャン大主教座下は9月7日に予定されている大主教区の臨時総会においておそらくロシア正教会の管轄権下に移ることを諮るでしょう。

 

 (英語)The decisions of the Holy Synod of Ecumenical Patriarchate – Romfea News

※コンスタンティノープルの公式サイトに載っているギリシャ語の文章はなにがなにやらよくわからないので、 Romfea の英語記事にリンクしておきます。

 

 (フランス語:西欧ロシア正教会大主教区公式サイト)Archevêché des églises russes en Europe occidentale – Communique du Bureau de l’Archevêque du 31 août 2019

※こちらは2019年8月31日に声明を出して、臨時総会への準備を進めています。

 

 今回の処置で、大主教区の分裂は最終段階になりました。
 後はどれだけがモスクワの管轄権下に移るか、ということになりそうです。
 ここまでの状態になって、モスクワに移るということは、モスクワとコンスタンティノープルの縁が完全に切れてもモスクワに付く覚悟を決めねばならないことでもあり、正直どうなるかは予断を許さない状況です。
 英国のグレートブリテン・アイルランド司祭長区など、モスクワへ移ることを拒否しそうな傘下の集団は多々あり、では彼らがおとなしくコンスタンティノープルに従うかというとそれもわからないため、第三の選択肢=教会法上合法な教会からの離脱を選ぶ集団もあるかもしれません。
 シスマは新たなシスマを生む、と去年から何度も言われていますが、今のところシスマ2018以降に教会法上合法な教会から離脱した集団はいない(と思います)が、今回がファーストケースになる可能性がある程度あります。

 

追記:

 (ロシア語)Интерфакс-Религия: Константинополь исключил из своих рядов главу "русского экзархата" в Европе

 ロシアの Interfax は、このような権限を奪う行為は、教会法上合法な教会から別の教会法上合法な教会に移るために必要な決定であるとしています。
 つまり、ジャン大主教はすでにコンスタンティノープルではやる仕事がないのでモスクワ総主教庁に問題なく移籍できるようになった、ととれるそうです。
 どう判断すれば良いか、なかなか難しいところですが、コンスタンティノープルとしては、(少なくともまだ)モスクワと完全決裂するつもりはなさそうなため、ジャン大主教がモスクワ総主教庁に移りたければ問題なく移れるようにしたのかもしれません。
 一方、大主教区全体を手放すつもりはなさそうに思えますが……。

 

追記2:

 事態が整理(?)されてきています。
 コンスタンティノープルのフランス府主教庁公式サイトによると、要するに「モスクワの下につきたいなら一人でいけ(いきたいらしいので申請通りクビにしてあげます)」ということになるようです。

 (フランス語:フランス府主教庁公式サイト)Congé canonique pour l’Archevêque Jean de Charioupolis | Metropole Grecque Orthodoxe de France – Ιερά Μητρόπολις Γαλλίας

 一方、大主教区側公式サイトは、ジャン大主教はそんなこと(クビにしてくれ)を申請した覚えはないとしています。

 (フランス語:西欧ロシア正教会大主教区公式サイト)Archevêché des églises russes en Europe occidentale – Communiqué de l’Administration Diocésaine du 3 septembre 2019

 9月7日の臨時総会を前にしての情報戦でしょう。
 とにかくなるべく多くの人数をまとめてモスクワ総主教庁へ移りたいジャン大主教側と、なるべく多くを切り崩しておきたいコンスタンティノープル側のせめぎ合い。

 臨時総会に与える影響ですが、そもそもこの大主教区の総会自体がコンスタンティノープルや教会法とはなんの関係もない(そもそもコンスタンティノープルが教会法を守る気があるのかどうかはともかく)であることは最初から明らかで(それどころか総主教代理区としては廃止された後の大主教区の存在自体が……)、ここまで来たらなるべくしこりを残さずにそれぞれが好きなようにするのが良いと思いますが……無様なことになるかもしれません。

 

追記3:

 (英語)Constantinople releases Abp. John, leaving Russian Archdiocese in Western Europe with one option for discussion: joining the Moscow Patriarchate / OrthoChristian.Com

 

追記4:
 (英語)Interfax-Religion: “Russian exarchate” in Europe refused to subordinate to Constantinople

 

ギリシャの正教会系メディア「ΒΗΜΑ ΟΡΘΟΔΟΞΙΑΣ」が、キリスト教/ギリシャ正教会がコンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】を承認する見込みと報道(2019年5月~6月)

 ギリシャの正教会系メディア「ΒΗΜΑ ΟΡΘΟΔΟΞΙΑΣ」によりますと、キリスト教/東方正教会/ギリシャ正教会の聖シノドに属する委員会(コンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】を承認するかどうかを検討)が、高位聖職者らに承認するよう提案すると決めたと報じています。
 もちろん、これは承認することが決まったことを示しているわけではありませんが、最近のキリスト教/東方正教会首席/コンスタンティノープル=新ローマ大主教・全地総主教バルソロメオス聖下(バーソロミュー1世世界総主教バルトロマイ1世ヴァルソロメオス1世 : His All-Holiness Bartholomew, Archbishop of Constantinople-New Rome and Ecumenical Patriarch)とキリスト教/東方正教会/ギリシャ正教会首座/アテネ・全ギリシャ大主教イエロニモス2世座下(His Beatitude Hieronymos II, Archbishop of Athens and All Greece and Primate of the Autocephalous Orthodox Church of Greece)の会談で承認することが同意されたという報道や、委員会では承認に否定的なキリスト教/東方正教会/アルバニア正教会の首座/ティラナ・ドゥラス大主教アナスタシオス座下(His Beatitude Archbishop Anastasios of Tirana and Durres, Primate of Albania)の文書がスルーされたり、その他ギリシャ正教会がコンスタンティノープルの奴隷にすぎない説が聖職者らから出されたり(ギリシャの憲法上コンスタンティノープルに逆らえないそうです)、他教会は中立を守るべきだとしていたキリスト教/東方正教会/キプロス正教会の首座/ノヴァ・ユスティニアナと全キプロスの大主教クリソストモス2世座下(His Beatitude Archbishop Chrysostomos II of Nova Justiniana and all Cyprus)はもはやなにも行動せず(ロシア正教会のイラリオン府主教との会談予定はどうなったのか……)、全般的にみると、ギリシャ人系各教会はコンスタンティノープルに従って動くことになるという当初からの各方面の見立て通りに落ち着きそうです。
 もっとも、ロシアと絶縁するとすさまじく政治的な問題が発生するアレクサンドリア総主教庁(エジプト大統領からどんな冷遇が起こるか)とエルサレム総主教庁(イスラエル政府が対ロシア政策の一環として利用しまくることはいうまでもない)がどうするかはまだわかりませんが……。アラブ化しているアンティオキア総主教庁は、親ロシアであり動かないでしょう。

 しかし、この21世紀、いよいよ「『ギリシャ正教』と『ロシア正教』は違うもの」ということになってきたように思えます。

 

 (ギリシャ語)Ουκρανικό – "Φωτιές" άναψε η απόφαση στην Ελλαδική Εκκλησία – ΒΗΜΑ ΟΡΘΟΔΟΞΙΑΣ

 

 なお、ギリシャ正教会が OCU を承認した場合、その後の展開として、ロシア正教会側からコミュニオンの解除を検討する聖シノドの開催があるでしょうが、ギリシャ正教会内部から離脱者が出てくる可能性もあります。