キリスト教/エルサレム総大司教ピエールバッティスタ・ピッツァバッラ座下が、感染症が広がる中でのベツレヘムでのクリスマスについて語る(2020年12月)

 キリスト教/ローマ・カトリック教会/ラテン典礼エルサレム総大司教ピエールバッティスタ・ピッツァバッラ座下(His Beatitude Patriarch Pierbattista Pizzaballa, O.F.M., Latin Patriarch of Jerusalem)が、新型コロナウイルス感染症【COVID-19】が蔓延する中でのベツレヘムでのクリスマスについて語っています。

 Zoomを利用した会合での発言のようです。

 巡礼者がおらず、聖堂などの出入り制限・禁止などがあるため、規模が極めて小さなものになるだろうとし、コミュニティ間の援助や、クリスマス・ミサのオンライン配信について触れています。

 

 (英語)Latin Patriarch of Jerusalem discusses Christmas under Covid in Bethlehem | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Latin Patriarch of Jerusalem discusses Christmas under Covid in Bethlehem – YouTube

 

追記:
 総大司教らは新型ウイルス感染症【COVID-19】で陽性・自主隔離となっているようです。

 (英語)Patriarchate of Jerusalem hit, Pizzaballa positive to covid – General news – ANSAMed.it
 (英語)Holy Land preps for scaled-down Christmas amid COVID-19
 (英語)Holy Land: Six test positive for Covid in Latin Patriarchate | ICN

 

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、エルサレム総大司教庁使徒座管理ピエールバッティスタ・ピッツァバッラ大司教座下を新たなエルサレム総大司教に叙任(2020年10月)

 2020年10月24日、キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)は、ローマ・カトリック教会/ラテン典礼エルサレム総大司教庁使徒座管理ピエールバッティスタ・ピッツァバッラ大司教座下(ヴェルベ名義大司教 : Archbishop Pierbattista Pizzaballa, O.F.M., Apostolic Administrator of Jerusalem, Titular Archbishop of Verbe)を、新たにエルサレム総大司教(Latin Patriarch of Jerusalem)に叙任しました。

 2016年のフアード・ブートロス・トワル総大司教座下の退任から四年ほど使徒座管理として任をにあたってきたピエールバッティスタ・ピッツァバッラ座下の順当な昇格といえそうです。

 

 (英語:バチカン・ニュース)Pope appoints Archbishop Pizzaballa Patriarch of Jerusalem – Vatican News

 (英語:エルサレム総大司教庁 公式サイト)Archbishop Pierbattista Pizzaballa appointed Latin Patriarch of Jerusalem

 (英語)Pope Francis names new Latin Patriarch of Jerusalem

 

Latin Patriarchate of JerusalemさんはTwitterを使っています 「Archbishop Pierbattista Pizzaballa appointed Latin Patriarch of Jerusalem. https://t.co/GDgN8cVGXx https://t.co/rqxU1dHlpV」 / Twitter

 

Archbishop Pierbattista Pizzaballa… – Latin Patriarchate of Jerusalem | Facebook

 

Latin Patriarchate – Jerusalem(@latinpatriarchate) • Instagram写真と動画

 

 (英語:エルサレム総大司教庁 公式サイト)Patriarch Pierbattista Pizzaballa sends greetings to Jerusalem Diocese

 

Latin Patriarchate of JerusalemさんはTwitterを使っています 「Patriarch Pierbattista Pizzaballa sends greetings to Jerusalem Diocese https://t.co/tO8l6MUxnM https://t.co/10sQanp8jT」 / Twitter

 

Dear beloved, Four years ago, at the… – Latin Patriarchate of Jerusalem | Facebook

 

Latin Patriarchate – Jerusalem(@latinpatriarchate) • Instagram写真と動画

 

60歳(2020年10月17日):キリスト教/“在外ロシア正教会アガファンゲル・シノド【ROCOR (A)】”の“ロマン主教”が60歳に

 2020年10月17日、キリスト教/東方正教会の教会法上合法でない集団、または単に主流ではない集団のひとつ“在外ロシア正教会アガファンゲル・シノド”【ROCOR (A)】の“ロマン主教”(ハイファ主教ロマン座下 : His Grace Bishop Roman of Haifa)が60歳を迎えたようです。

※通常、この程度(主流でない集団の首座ではない人物の誕生日)のことでは記事を出しませんが、この人物は、解任された前エルサレム総主教イリネオス1世から叙聖を受けていると同シノドは主張しており、エルサレム総主教庁による同・元総主教の修道士への降格撤回時には祝賀を表明していました。そういうこともあり、動静に注目しています。

 

Агафангел митрополит(アガファンゲル府主教 公式チャンネル):
РПЦЗ Епископу Роману исполнилось 60 лет – YouTube

 

キリスト教/アルメニア使徒教会エルサレム総主教ヌルハン・マヌージャン座下が、イスラエル大統領リヴリン閣下に対してアゼルバイジャンへの兵器供与を止めるよう要請(2020年9月)イスラエルのメディアがアゼルバイジャンが使用している軍用機などにイスラエルからの供与があるとの報道を受けて

 キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会/第97代エルサレム総主教のヌルハン・マヌージャン大主教座下(His Beatitude Archbishop Nourhan Manougian, the Armenian Patriarch of Jerusalem)は、イスラエル国大統領ルーベン・リヴリン閣下(His Excellency Mr Reuven Rivlinルヴィ・リヴリンRuvi Rivlin)に対し、イスラエルからアゼルバイジャンへの兵器供与を止めるよう要請したようです。

 イスラエルのメディアが、現在のナゴルノ・カラバフ紛争において、アゼルバイジャンが使用する軍用機などがイスラエルから供与されていると報じたことを受けてのこと。

 なお、イスラエルの大統領は、いわゆる儀礼的な存在です。

 

 (英語)Armenian Patriarch of Jerusalem calls on President Rivlin to stop delivery of Israeli weapons to Azerbaijan – Public Radio of Armenia

 

キリスト教/アルメニア使徒教会エルサレム総主教庁がアゼルバイジャンを非難(2020年9月)

 軍事衝突が始まった、アルメニア共和国および“アルツァフ共和国【ナゴルノ・カラバフ】”とアゼルバイジャン共和国ですが、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会のエルサレム総主教庁が、アゼルバイジャンを非難する声明を出しているようです。

 

 (英語)Armenian Patriarchate of Jerusalem condemns Azerbaijani attack against Artsakh – Public Radio of Armenia