シスマ2018:キリスト教/ギリシャ正教会のキティラ府主教セラフィム座下がウクライナ問題について同教会聖シノドの臨時会合を求めていた模様(2018年10月)今のところ続報なし

2018年~ ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立関連の記事一覧

 

 2018年10月15日のロシア正教会の聖シノド会合より前の時間のようですが、キリスト教/東方正教会/ギリシャ正教会のキティラ府主教セラフィム座下(His Eminence Metropolitan SeraphimSerapheim】 of Kythira【Kythera】)がウクライナ問題について同教会聖シノドの臨時会合を求めていた模様です。
 セラフィム座下は現在(2018年~2019年)、同教会の聖シノドのメンバー。

 

 (英語)Greek metropolitan calls for extraordinary session of Holy Synod to address Ukrainian crisis / OrthoChristian.Com

 (ギリシャ語)Σύγκληση Ιεραρχίας για το Ουκρανικό ζητά ο Κυθήρων Σεραφείμ

Praktoreio Ekklisiastikon… – Praktoreio Ekklisiastikon Eidiseon | Facebook

 

 すでに時間が経過しているのに続報がないようなので、廃案とあいなったのかもしれません。

 

シスマ2018:キリスト教/ロシア正教会がベラルーシでの聖シノド会合で、コンスタンティノープルの全地総主教庁との「ユーカリスティック・コミュニオンの継続は不可能」と判断(2018年10月)

2018年~ ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立関連の記事一覧

 

 2018年10月15日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の聖シノドはベラルーシ共和国ミンスクで会合を開催。
 コンスタンティノープルの全地総主教庁の教会法上合法でない行為により、同庁との「ユーカリスティック・コミュニオンの継続は不可能」と判断しました。
 これにより、聖職者らの礼拝などの共同司式はもとより、ロシア正教会の信徒が全地総主教庁の聖職者らから機密を受けることも「不可能」ということになります(機密のほうは全部ダメなのかはよくわかりませんが)。

 想定されていた中ではもっとも軽い処置となりました。
 コンスタンティノープルの全地総主教庁が、ロシア正教会による“キエフ総主教フィラレート聖下”及び“ウクライナ独立正教会の首座マカリー座下”への Anathema (簡単にいえば破門の重いほう)を一方的に撤回したことにより、全地総主教庁の聖職者にはこの両名(将来的にさらに多数のロシア正教会が認めない聖職者ら)を含むことになるので、今回の判断は当たり前のことです。
 が、現在の状況よりも、深刻でない場合において、すでにユーカリスティック・コミュニオンは解除されたことがあり、今回この処置となった理由については判断がわかれることでしょう。

 聖シノド会合前にモスクワ総主教キリル聖下が、ベラルーシ大統領アレクサンドル・ルカシェンコ閣下と会見し、その後、聖シノドの他のメンバーも含めて会見があるなど、今回の処置にベラルーシ大統領の事実上の承認があるのだろうとの演出もされています。
 東方正教会全体を見ても、積極的にコンスタンティノープルの全地総主教庁を支持する教会はなく(個人として支持するコメントをしている主教らはいますが)、現時点ではロシア正教会側はウクライナ国内以外で積極的になにかをする必要はないのかもしれません。

※記事・動画などへのリンクを後で追加すると思います。

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)The Holy Synod of the Russian Orthodox Church has considered it impossible to remain in the Eucharistic communion with the Patriarchate of Constantinople | The Russian Orthodox Church
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Statement by the Holy Synod of the Russian Orthodox Church concerning the encroachment of the Patriarchate of Constantinople on the canonical territory of the Russian Church | The Russian Orthodox Church

 (英語)Holy Synod resolution: Moscow Patriarchate ceases Eucharistic communion for clergy and laity with the Constantinople Patriarchate / OrthoChristian.Com
 (英語)Statement of the Holy Synod of the Russian Orthodox Church Regarding the Encroachment of the Patriarchate of Constantinople on the Canonical Territory of the Russian Church / OrthoChristian.Com

 (英語)TASS: Society & Culture – Russian Orthodox Church breaks contacts with Constantinople
 (英語)TASS: Society & Culture – Constantinople’s annulment of 1686 decision counter to historic truth —Moscow Patriarchate
 (英語)TASS: Society & Culture – Russian Orthodox Church says it has done its utmost to avoid rupture with Constantinople

 (英語)Russian Orthodox Church breaks "Eucharistic communion" with Patriarcate of Constantinople – Vatican News

 

Ruptly:
Synod of Russian Orthodox Church suspends communion with Ecumenical Patriarchate of Constantinople – YouTube

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
В Минске началось заседание Священного Синода Русской Православной Церкви – YouTube

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
Состоялся бифинг по результатам заседания Священного Синода в Минске – YouTube

 

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Святейший Патриарх Кирилл возглавил первое в истории заседание Священного Синода Русской Православной Церкви в Минске / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)ЖУРНАЛЫ заседания Священного Синода Русской Православной Церкви от 15 октября 2018 года / Официальные документы / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Священный Синод Русской Православной Церкви признал невозможным дальнейшее пребывание в евхаристическом общении с Константинопольским Патриархатом / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Заявление Священного Синода Русской Православной Церкви в связи с посягательством Константинопольского Патриархата на каноническую территорию Русской Церкви / Официальные документы / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Митрополит Волоколамский Иларион: Сегодня состоялось решение, которого требовали церковные каноны / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Митрополит Волоколамский Иларион: Принятые Константинополем решения идут вразрез со всем каноническим Преданием Православной Церкви / Новости / Патриархия.ru

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Святейший Патриарх Кирилл возглавил первое в истории заседание Священного Синода Русской Православной Церкви в Минске | Русская Православная Церковь
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Заявление Священного Синода Русской Православной Церкви в связи с посягательством Константинопольского Патриархата на каноническую территорию Русской Церкви | Русская Православная Церковь
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Священный Синод Русской Православной Церкви признал невозможным дальнейшее пребывание в евхаристическом общении с Константинопольским Патриархатом | Русская Православная Церковь
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Журналы заседания Священного Синода Русской Православной Церкви от 15 октября 2018 года (публикация обновляется) | Русская Православная Церковь

 (ロシア語:ベラルーシ正教会公式サイト)Святейший Патриарх Кирилл возглавил первое в истории заседание Священного Синода Русской Православной Церкви в Минске | Епархии | Белорусская Православная Церковь | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви
 (ロシア語:ベラルーシ正教会公式サイト)Священный Синод Русской Православной Церкви признал невозможным дальнейшее пребывание в евхаристическом общении с Константинопольским Патриархатом | Белорусская Православная Церковь | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви
 (ロシア語:ベラルーシ正教会公式サイト)Заявление Священного Синода Русской Православной Церкви в связи с посягательством Константинопольского Патриархата на каноническую территорию Русской Церкви | Русская Православная Церковь | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви

 (ロシア語)Священный Синод Русской Православной Церкви признал невозможным дальнейшее пребывание в евхаристическом общении с Константинопольским Патриархатом

 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Блаженніший Митрополит Онуфрій взяв участь у роботі Священного Синоду РПЦ у Мінську – Українська Православна Церква
 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Священний Синод Руської Православної Церкви визнав неможливим подальше перебування в євхаристійному спілкуванні з Константинопольським Патріархатом – Українська Православна Церква
 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Заява Священного Синоду Руської Православної Церкви у зв'язку з антиканонічними діями Константинопольського Патріархату – Українська Православна Церква

 

 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Рішення Константинополя — це анексія території УПЦ — інтерв’ю архієпископа Климента (рос) (відео) – Українська Православна Церква

ロシア語(ウクライナ正教会ニジン・プリルキ大主教クリメント座下(His Eminence Archbishop KlimentClement】of Nezhin and Pryluky)へのインタビュー)/
Главновости:
Решение Константинополя – это аннексия территории УПЦ – YouTube

 

 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ・プリモルスカ府主教庁公式サイト)Руска православна црква прекида евхаристијско општење са Константинопољском патријаршијом | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 (ルーマニア語:モルドバ正教会公式サイト)ÎPS Părinte Mitropolit Vladimir a participat la ședința Sfântului Sinod al Bisericii Ortodoxe Ruse, în orașul Minsk | Mitropolia Chişinăului şi a Întregii Moldove

 (ルーマニア語)ÎPS Părinte Mitropolit Vladimir a participat la ședința Sfântului Sinod al Bisericii Ortodoxe Ruse, în orașul Minsk – Portalul "Moldova Ortodoxă" | Portalul "Moldova Ortodoxă"
 (ルーマニア語)Sfântul Sinod al Bisericii Ortodoxe Ruse a decis rupă legăturile cu Patriarhia Ecumenică a Constantinopolului – Portalul "Moldova Ortodoxă" | Portalul "Moldova Ortodoxă"

 

 ロシア正教会聖シノドのメンバーは、

  • ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)
  • ウクライナ正教会の首座/キエフ・全ウクライナ府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan Onufriy of Kiev and All Ukraine)
  • クルチツィ・コロムナ府主教ユヴェナリー座下(His Eminence Metropolitan Juvenaly of Krutitsy and Kolomna)
  • モルドバ正教会の首座/キシナウ・全モルドバ府主教ヴラジミール座下(His Eminence Metropolitan Vladimir of Chişinău and All Moldova)
  • アスタナ・カザフスタン府主教アレクサンドル座下(His Eminence Metropolitan Alexander of Astana and Kazakhstan)
  • タシケント・ウズベキスタン府主教ヴィケンティー座下(His Eminence Metropolitan Vikentiy of Tashkent and Uzbekistan)
  • サンクトペテルブルク・ラドガ府主教ヴァルソノフィー座下(His Eminence Metropolitan Varsonofy of St. Petersburg and Ladoga)
  • ベラルーシにおける総主教代理【ベラルーシ正教会首座】/ミンスク・ザスラーヴリ府主教パーヴェル座下(His Eminence Metropolitan PaulPavel】of Minsk and Zaslavl, The Patriarchal Exarch of All Belarus)
  • モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))

※上記が固定メンバーで、さらに五名が半年間の任期で参加します。

 なお、今回の聖シノドの会合には、ベラルーシ正教会【全ベラルーシ総主教代理区】の前の首座/全ベラルーシ名誉総主教代理/前ミンスク・スルーツク府主教フィラレート座下(His Eminence Metropolitan FilaretPhilaret】, The Patriarchal Exarch Emeritus of All Belarus)も臨席(?)したようです(詳細や権限は不明ですが、フィラレート座下は聖シノドへの会合に出席することが認められています)。

 

 ロシア正教会聖シノドとベラルーシ共和国大統領アレクサンドル・グリゴーリエヴィチ・ルカシェンコ閣下(His Excellency Mr Alexander Grigoryevich Lukashenko)との会見:

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
Члены Священного Синода встретились с Президентом Республики Беларусь – YouTube

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Члены Священного Синода встретились с Президентом Республики Беларусь / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Члены Священного Синода встретились с Президентом Республики Беларусь | Русская Православная Церковь

 (ロシア語:ベラルーシ大統領府公式サイト)Встреча с членами Священного синода Русской православной церкви и Синода Белорусской православной церкви | Новости | Официальный интернет-портал Президента Республики Беларусь

 

関連:
 キリスト教/ロシア正教会広報:「ロシア正教会の信徒はもはやアトス山では機密を受けられない」(2018年10月)コンスタンティノープルの全地総主教庁管轄下のため
 シスマ2018:キリスト教/ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下「東方正教会はもはや調和のための中心が存在しない」(2018年10月)

 

シスマ2018:ロシア大統領報道官ペスコフ氏「クレムリンはロシア正教会の懸念を共有」(2018年10月)

【シスマ2018】東方正教会大分裂: ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧

 

 キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルの全地総主教庁が、ロシア正教会による“キエフ総主教フィラレート聖下”及び“ウクライナ独立正教会首座マカリー座下”への Anathema(簡単にいうと破門の重いほう)撤回を正式発表したことに関して質問を受けて、ロシア大統領報道官ドミトリー・ペスコフ氏(Dmitry Peskov)が回答しています。

 

 (英語)TASS: Society & Culture – Kremlin shares Russian Church’s concern over Constantinople’s decision on Ukraine

 

 ペスコフ氏は、プーチン政権が、ロシア正教会によるウクライナ正教会情勢についての懸念を共有していることを述べ、ロシア政府は宗教への介入はしないが、ウクライナ政府が“過激派”から東方正教会信者を守れないときなどは、純粋に政治的・外交的手段で東方正教会信者を守る用意がある、と述べたようです。

 

追記:
 ロシア大統領府【クレムリン】公式サイトの記事へリンクしておきます。
 ロシア大統領プーチン閣下と国家安全保障会議の固定メンバーとの会合。

 (英語:ロシア大統領府【クレムリン】公式サイト)Meeting with permanent members of the Security Council • President of Russia

The meeting participants also exchanged views on the position of the Russian Orthodox Church in Ukraine after the Constantinople Patriarchate’s Synod had decided to launch the process of granting autocephaly to the Ukrainian Church, revoking the Synodal Letter of the year 1686, which granted the right through oikonomia to the Patriarch of Moscow to ordain the Metropolitan of Kiev, and the statement on re-establishing the Stavropegion of the Ecumenical Patriarch in Kiev.

 (英語)TASS: Russian Politics & Diplomacy – Russian Orthodox Church in Ukraine in focus of Putin’s meeting with Security Council

追記2:
 ロシア連邦外務大臣ラヴロフ閣下によるコメントなど。

 (英語)TASS: Russian Politics & Diplomacy – Lavrov: US backs Patriarch Bartholomew’s provocation against Orthodox Church in Ukraine

 

キリスト教/ウクライナ正教会のボリスポリ・プロヴァリー府主教アントニー座下がコメント(2018年10月)コンスタンティノープルの全地総主教庁を批判

【シスマ2018】東方正教会大分裂: ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧

 

 キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルの全地総主教庁が、ロシア正教会による“キエフ総主教フィラレート聖下”及び“ウクライナ独立正教会首座マカリー座下”への Anathema(簡単にいうと破門の重いほう)撤回を正式発表したことを受けて、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁管轄権下で高度な自治的権限を有するウクライナ正教会のボリスポリ・プロヴァリー府主教アントニー座下(His Eminence Metropolitan Antoniy of Boryspil and Brovary)がコメントを発表。

 

 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Коментар Керуючого справами УПЦ митрополита Бориспільського і Броварського Антонія щодо рішень Синоду Константинопольського Патріархату від 11 жовтня 2018 року – Українська Православна Церква

 

 箇条書きにしますと、

  • コンスタンティノープルの全地総主教庁は世界の東方正教会を分断しようとしている。
  • 全地総主教庁の発表文書は、回答よりも疑問が多いものだ。
  • 実際のところ、なにも変わっていない。我々が唯一の教会法上合法なウクライナ正教会である。
  • 神の真理は無敵である。

 

シスマ2018:キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁が、ロシア正教会による“キエフ総主教フィラレート聖下”及び“ウクライナ独立正教会首座マカリー座下”への Anathema(簡単にいうと破門の重いほう)撤回を正式発表(2018年10月)モスクワ総主教庁「コンスタンティノープルはレッドラインを超えた」10月15日の聖シノドで対応を決定。コンスタンティノープルを破門する可能性も

【シスマ2018】東方正教会大分裂: ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧

 

 すでに先行してギリシャの正教会系メディアが報道していましたが、正式発表です。

 2018年10月11日、キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルの全地総主教庁聖シノドは、ロシア正教会によっておこなわれた教会法上合法でない“キエフ総主教フィラレート聖下”及び“ウクライナ独立正教会首座マカリー座下”への Anathema(簡単にいうと破門の重いほう)を撤回することを決定。
 フランス府主教エマニュエル座下(His Eminence Metropolitan Emmanuel of France)、
 「キエフにおける総主教代理」アメリカ合衆国ウクライナ正教会(Ukrainian Orthodox Church of the USA)のパンフィロン大主教ダニエル座下(His Eminence Archbishop Daniel, Archbishop of Pamphilon)、
 「キエフにおける総主教代理」カナダ・ウクライナ正教会(Ukrainian Orthodox Church of Canada)のエドモントン・西部教区主教イラリオン座下(His Grace, the Right Reverend Bishop Ilarion, Bishop of Edmonton and the Western Eparchy)、
 らが発表。

 

 (英語:コンスタンティノープルの全地総主教庁公式サイト)Announcement (11/10/2018). – Announcements – The Ecumenical Patriarchate

 

Ecumenical Patriarchateさんがライブ動画を作成しました。 – Ecumenical Patriarchate

 

 ロシア正教会モスクワ総主教庁側は、2018年10月15日に、ベラルーシのミンスクで聖シノドを開催、ウクライナ正教会(モスクワ総主教庁系)関係者は、(興奮しているのかもしれませんが) キリスト教/東方正教会首席/コンスタンティノープル=新ローマ大主教・全地総主教バルソロメオス聖下(バーソロミュー1世世界総主教バルトロマイ1世ヴァルソロメオス1世 : His All-Holiness Bartholomew, Archbishop of Constantinople-New Rome and Ecumenical Patriarch)への Anathema もありうるとしているとのこと。

 

 (英語)TASS: Society & Culture – Ecumenical Patriarchate lifts anathema against leaders of two Ukrainian churches
 (英語)TASS: Society & Culture – Constantinople cancels 1686 decision on Kiev Metropolia
 (英語)TASS: Society & Culture – Moscow patriarch comments on decision to lift anathema against Ukrainian church leaders
 (英語)TASS: Society & Culture – Russian Orthodox Church’s Holy Synod to assess Constantinople moves on October 15
 (英語)TASS: Society & Culture – Patriarch Bartholomew must be anathematized — Ukrainian Orthodox Church
 (英語)TASS: Society & Culture – Russian Orthodox Church official vows ‘firm and tough’ response to Constantinople’s move

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)В.Р. Легойда: Константинопольским Патриархатом совершено беспрецедентное антиканоническое действие / Новости / Патриархия.ru

 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ・プリモルスカ府主教庁公式サイト)Цариград почео процес признавања аутокефалности УПЦ, из Московске патријаршије кажу да је то легализација раскола | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)