シスマ2018:ギリシャの正教会系メディア「ΒΗΜΑ ΟΡΘΟΔΟΞΙΑΣ」が、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン閣下の第6回在外同胞世界会議でのコメントを「ウクライナにおけるコンスタンティノープルの全地総主教庁の行動を批判」「シスマに関する初の意見表明」と報道(2018年10月)ロシア系メディアはこの件について特に報道せず

 ロシア連邦では、第6回在外同胞世界会議(6th World Congress of Compatriots Living Abroad)というものが開催されています。海外に在住するロシア人との絆を維持していくための行事のようです。
 2018年10月31日、ロシア連邦大統領ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン閣下(His Excellency Mr Vladimir Vladimirovich Putin)が、スピーチをおこなった模様です。
 ギリシャの正教会系メディア「ΒΗΜΑ ΟΡΘΟΔΟΞΙΑΣ」は、プーチン大統領が「ウクライナにおけるコンスタンティノープルの全地総主教庁の行動を批判」「シスマに関する初の意見表明」と報道しています。

 

 (ギリシャ語)Ο Πούτιν προς Οικουμενικό Πατριαρχείο: Οποιος πολιτικοποιεί τη θρησκεία θα έχει συνέπειες – ΒΗΜΑ ΟΡΘΟΔΟΞΙΑΣ

 

 一方で、ロシア系メディアは、第6回在外同胞世界会議が始まったことと、プーチン大統領がスピーチをおこなったことは記事にしているものの、教会に関する発言を重要視していない、というか教会に関する部分の発言を報道しているものを見かけません
 スピーチ内容がクレムリンの公式サイトにあったので(とりあえず英語版を)チェックしてみましたが……

 

 (英語:ロシア大統領府【クレムリン】公式サイト)World Congress of Compatriots Living Abroad • President of Russia

I must also say a few more words about the efforts of the Russian Orthodox Church and other traditional national confessions, including Islam, Judaism and Buddhism. I can see many representatives of these religions in this hall, and I would like to welcome them. I want to thank them for their efforts to strengthen cultural and humanitarian ties between our compatriots abroad and Russia. Unfortunately, some are now trying to sever these ties, one way or another, and to force these people to stay in their respective countries. I would like to note one thing: political intrigues in this sensitive sphere have always spelled dire consequences, primarily for those who are doing this. It is our shared duty (to the people, in the first place) to do everything possible to preserve spiritual and historical unity.

 該当部分はおそらくここでしょう。
 確かに「ロシア正教会」という単語はあり、「私は一つのことを指摘したい:この慎重に扱うべき領域における政治的策謀は、それをおこなったものたちをはじめとして、常に深刻な結果を招いてきた」という部分はシスマに関するコメントに思えます。
 一方、イスラム教、ユダヤ教、仏教の名も並んでおり、コンスタンティノープルの全地総主教庁の名称を出しているわけでもないので、現今の世界情勢(反ロシア)と歴史について一般論を語っただけのように取ることもできます。

 すでにロシア大統領報道官ペスコフ氏が「クレムリンはロシア正教会の懸念を共有」と述べており、ロシア系メディアがスルーしているところをみると、今回の発言は気にするものではないのでしょう。

 

 とはいえ、東方正教会の信徒の中で最大の影響力を持つ政治家の発言なので、宗教に関して発言した場合に東方正教会系メディアが報道するのは、過敏とまでいうのかはわかりませんが。

 

President of Russiaさんのツイート: "At the World Congress of Compatriots, the President announced the approval of the 2019–2025 State Migration Policy Concept https://t.co/8Q36dHPwBg… https://t.co/jK4gfkG9AA"

 

追記:
 ΡΟΜΦΑΙΑ(Romfea.gr)(の引用元記事)は、プーチン大統領が批判している対象を第一にアメリカ合衆国としています。
 また、ロシア外交筋がギリシャ政府に対して、ロシア寄りの姿勢を示すよう要求しているとしています。

 (ギリシャ語)Πούτιν για αυτοκεφαλία στην Ουκρανία: ''Θα υπάρξουν σοβαρότατες συνέπειες''

 

 【シスマ2018 – The Schism of 2018】<東方正教会大分裂>: ウクライナへの独立正教会設置から始まったコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧など<東方正教会内戦、大分裂、そして崩壊?>

 

キリスト教/キプロス大主教クリソストモス2世座下が手術を受けたロンドンからキプロスに帰国(2018年10月)

 2018年10月31日、キリスト教/東方正教会/キプロス正教会の首座/ノヴァ・ユスティニアナと全キプロスの大主教クリソストモス2世座下(His Beatitude Archbishop Chrysostomos II of Nova Justiniana and all Cyprus)は、英国からキプロス共和国に帰国しました。
 座下は、手術を受けるためロンドンを訪問していました(なお、施術にあたった医師たちは東方正教会の信徒だとのこと)。

 帰国後のコメントでは、後継者(次の大主教)への移行をスムーズにするための準備をおこなっていくととれるものがあります。

 

PILGRIMAGETOURS CHURCHOFCYPRUS(キプロス正教会公式サイト):
Δηλώσεις Αρχιεπισκόπου 31/10/2018 – YouTube

 

Romfea.gr:
Δηλώσεις Αρχιεπισκόπου Κύπρου Χρυσοστόμου Β' – YouTube

 

 (ギリシャ語:キプロス正教会公式サイト)Ο Αρχιεπίσκοπος Κύπρου και πάλι στα καθήκοντα του – Εκκλησία της Κύπρου

 (英語:ルーマニア正教会通信)Archbishop Chrysostomos of Cyprus returns to duties after surgery – Basilica.ro
 (英語)Archbishop Chrysostomos of Cyprus returns to duties after surgery / OrthoChristian.Com

 (ギリシャ語)Κύπρου Χρυσόστομος Β': ''Δεν επίκειται σύντομα αλλαγή Αρχιεπισκόπου'' (ΦΩΤΟ)
 (ギリシャ語)Ο Αρχιεπίσκοπος Κύπρου επέτρεψε στα καθήκοντά του (ΦΩΤΟ) – ΒΗΜΑ ΟΡΘΟΔΟΞΙΑΣ

 

https://www.romfea.gr/ekklisia-kyprou/247… – Praktoreio Ekklisiastikon Eidiseon | Facebook

 

Βήμα Ορθοδοξίας -… – Βήμα Ορθοδοξίας – vimaorthodoxias.gr | Facebook

 

関連:
 キリスト教/キプロス大主教クリソストモス2世座下のロンドンでの手術(肝臓切除など)が成功の模様(2018年10月)引き続き経過を見る模様

 キリスト教/キプロス大主教クリソストモス2世座下が手術を受けたロンドンの病院から退院した模様(2018年10月)同地に滞在し10月30日帰国予定
※帰国予定が10月30日でしたので、一日遅れたことになりますが、詳細は不明。

 

ロンドンでキリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下とアッシリア東方教会カトリコス=総主教ゲワルギス3世聖下が会見(2018年10月)

 2018年10月28日、キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, The Patriarch of Antioch and All the East, The Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)は、訪問先の英国ロンドンで、同じく同地を訪問中のキリスト教/アッシリア東方教会首座/カトリコス=総主教“マル”・ゲワルギス3世聖下(ギワルギス3世 : His Holiness Mar Gewargis III【Giwargis III】, The Catholicos-Patriarch of the Assyrian Church of the East)と会見しました。

 シリア正教会側から、
 英国における総主教代理“モル”・アタナシウス・トマ・ダカマ座下(Mor Athanasius Touma Dakama, Patriarchal Vicar in the United Kingdom)、
 モル・マタイ修道院大主教区大主教【聖マタイ区大主教】“モル”・ティモセオス・ムーサ・アル・シャマニ座下(Mor Timotheos Moussa Al-Shamani, Archbishop of the Archdiocese of Mor Mattai Monastery【Archbishop of St Matthew’s】)、
 総主教管轄ダマスカス大主教区総主教代理“モル”・ティモセオス・マッタ・アル・クーリー座下(His Eminence Mor Timotheos Matta Al-Khoury, Patriarchal Vicar of the Patriarchal Archdiocese of Damascus)、

 アッシリア東方教会側から
 米国西部主教“マル”・アプリム・ハミス座下(His Grace Mar Aprim Khamis, Bishop of Western USA)、
 欧州主教“マル”・オディショ・オラハム座下(His Grace Mar Odisho Oraham, Bishop of Europe)、
 米国東部主教“マル”・パウルス・ベンジャミン座下(His Grace Mar Paulus Benjamin, Bishop of Eastern USA)、
 が同席した模様。

 

 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Meeting with His Holiness Patriarch Sleewa, and other Delegations | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

 

قداسة سيدنا البطريرك يستقبل قداسة بطريرك… – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook

 

On October 28, His Holiness Mar Gewargis… – Holy Apostolic Catholic Assyrian Church of the East | Facebook

 

キリスト教/コプト正教会の修道士がイスラエル警察に手錠をかけられるなどした件について、エチオピア正教会の聖シノドはコプト正教会を全面的に批判する声明を発表した模様(2018年10月)

 Orthodoxy Cognate PAGE によりますと、キリスト教/オリエント正教会/エチオピア正教会の聖シノドは、キリスト教/オリエント正教会/コプト正教会の修道士がイスラエル警察に手錠をかけられるなどした件について、声明を発表。

 エルサレムのスルタン修道院の所有問題についてですが、今回、エチオピア正教会の聖シノドは、イスラエル政府に対しコプト正教会の蛮行を無視して修道院の改修を始めるようにという要望の提出と、コプト正教会のアレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下(His Holiness Pope Tawadros II of Alexandria)らの声明には偽りがある(エチオピア正教会の立場が正しい)という内容などの対抗的な声明を発表したようです。

 

 (英語)Statement by the Ethiopian Orthodox Tewahedo Church’s Holy Synod Concerning Deir El-Sultan – News | Orthodoxy Cognate PAGE

 

OCP® Tweetsさんのツイート: "https://t.co/nZRoxgMtqR"

 

関連:
 キリスト教/エルサレムのスルタン修道院問題で、イスラエル警察の対応に抗議していたコプト正教会の修道士が手錠をかけられ地べたに押しつけられひきずられる(2018年10月)
 映像(アラビア語・英語字幕):キリスト教/コプト正教会の修道士がイスラエル警察に“暴力”を受けた件でアレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下がそもそもの問題を説明する動画(2018年10月)イスラエル政府とエチオピア正教会を批判

 

キリスト教/アッシリア東方教会カトリコス=総主教ゲワルギス3世聖下がカンタベリー大主教ジャスティン・ウェルビー座下を訪問(2018年10月)

 2018年10月25日、キリスト教/アッシリア東方教会首座/カトリコス=総主教“マル”・ゲワルギス3世聖下(ギワルギス3世 : His Holiness Mar Gewargis III【Giwargis III】, Catholicos-Patriarch of the Assyrian Church of the East)は、キリスト教/アングリカン・コミュニオン/英国国教会/カンタベリー大主教ジャスティン・ウェルビー座下(全イングランド首座 : The Most Reverend and Right Honourable Justin Welby : His Grace The Lord Archbishop of Canterbury : Primate of All England)を訪問しました。
 アッシリア東方教会より、
 欧州主教“マル”・オディショ・オラハム座下(His Grace Mar Odisho Oraham, Bishop of Europe)、
 米国西部主教“マル”・アプリム・ハミス座下(His Grace Mar Aprim Khamis, Bishop of Western USA)、
 米国東部主教“マル”・パウルス・ベンジャミン座下(His Grace Mar Paulus Benjamin, Bishop of Eastern USA)、
 が同行した模様。

 

 (アラビア語:アッシリア東方教会ニュース)قداسة ابينا البطريرك مار كيوركيس الثالث صليوا في زيارة رعوية لرعية مريم العذراء في لندن | اخبار كنيسة المشرق الاشورية

 

On Thursday, October 25, His Holiness… – Holy Apostolic Catholic Assyrian Church of the East | Facebook

 

https://www.ar.news.assyrianchurch.org/ar… – Assyrian Church News – اخبار كنيسة المشرق الاشورية | Facebook