キリスト教/東方正教会エルサレム総主教庁とアルメニア使徒教会エルサレム総主教庁が双方を批判する声明を発表(2020年1月)聖墳墓教会【復活教会】【復活大聖堂】の礼拝利用に関する行き違いか

 キリスト教/東方正教会/エルサレム総主教庁と、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会/エルサレム総主教庁が、双方を批判する声明を発表しています。

 ざっと読んだ限りでは、2020年1月18日~19日における聖墳墓教会【復活教会】【復活大聖堂】の礼拝利用に関する行き違いに思えますが……。
 細かい事態の展開はともかくとして、東方正教会側は事前申請を通してあるので自分たちが優先、アルメニア使徒教会側はアルメニア使徒教会の降誕祭においては24時間アルメニア使徒教会が優先、ということを主張しているように思えます。

※係争の場については、「Grotto of the Nativity」、大聖堂内の、イエス降誕の場(として扱われている場所)です。
 東方正教会側が「cave」、アルメニア使徒教会側が「Grotto」という表記を使っています。「cave」は「God-receiving Cave」とも表記されます。

 最終的に、東方正教会側はパレスチナ当局が彼らの主張を受け入れたとし、アルメニア使徒教会側はパレスチナ国大統領マフムード・アッバース閣下(His Excellency Mr Mahmoud Abbas)らの調停を受け入れ今年だけギリシャ人側の行動を受け入れたとしています。
 アルメニア使徒教会側によれば、この後、問題解決のための話し合いがおこなわれるようですが、東方正教会側にはそういった記述はありません。

 単なる行き違いであれば解決は可能でしょうが、「行き違いなのかこれは……?」という感じもあります。

 

 (英語:東方正教会エルサレム総主教庁 公式ウェブサイト)PROTEST AGAINST THE VIOLENT ACTIONS OF THE ARMENIANS
 (英語:アルメニア使徒教会エルサレム総主教庁 公式ウェブサイト)Official Communiqué – Christmas 2020 | Armenian Patriarchate of Jerusalem

 

関連:
 動画:キリスト教/東方正教会エルサレム総主教庁が、聖墳墓教会【復活教会】【復活大聖堂】でのアルメニア使徒教会エルサレム総主教庁との争いの映像を公開(2020年1月)

 

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が、マルタ騎士団ロシア・ミッション代表に就任したイタリア王室(アオスタ系統)継嗣/プッリャ公爵アイモーネ公子殿下と会見(2020年1月)

※この記事は世界の王室ニュースと重複します。

 

 2020年1月16日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、イタリア王室(アオスタ系統)の継嗣/プッリャ公爵アイモーネ公子殿下(His Royal Highness Prince Aimone of Savoy-Aosta, Duke of Apulia : His Royal Highness The Duke of Aosta)と会見しました。

 アイモーネ殿下は、マルタ騎士団のロシア・ミッション代表に就任したようで、その挨拶です。

 

 (英語:ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式ウェブサイト)DECR chairman holds meeting with head of the Order of Malta’s Mission to Russia / News / Patriarchate.ru

On 16th January 2020, Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations, met with the newly appointed head of the Mission of the Sovereign Military Hospitaller Order of Saint John of Jerusalem of Rhodes and Malta to the Russian Federation, Aimone of Savoy-Aosta.

 

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、コンゴ民主共和国大統領フェリックス・チセケディ閣下と会見(2020年1月)

 2020年1月17日、キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇フランシスコ聖下(ローマ法王フランシスコ台下 : His Holiness Pope Francis)は、バチカンを訪問したコンゴ民主共和国フェリックス・アントワン・チセケディ・チロンボ閣下(His Excellency Mr Félix Antoine Tshilombo Tshisekedi)と会見しました。
 (恒例ですが)大統領は教皇を同国に招待しました。

 

 (英語)President of Democratic Republic of the Congo invites pope to visit country | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
President of Democratic Republic of the Congo invites pope to visit country – YouTube

 

 (英語:ローマ教皇聖座 公式サイト)Holy See Press Office Communiqué: Audience with the President of the Democratic Republic of the Congo, 17.01.2020

 (英語:バチカン・ニュース)Pope receives DRC President, discusses Bilateral Relations – Vatican News

 

キリスト教/アルメニア使徒教会/キリキア・カトリコスのアラム1世聖下が、レバノン駐箚ローマ教皇大使ジョゼフ・スピテリ大司教座下と会見(2020年1月)

 2020年1月15日、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会(アルメニア正教会)キリキア・カトリコスのアラム1世聖下(His Holiness Aram I, Catholicos of the Great House of Cilicia【Catholicos of the Holy See of Cilicia】)は、レバノン共和国駐箚ローマ教皇大使ジョゼフ・スピテリ大司教座下(セルタ名義大司教 : His Most Reverend Excellency Monsignor Archbishop Joseph Spiteri, Apostolic Nuncio to Lebanon, Titular Archbishop of Serta)と会見しました。

 ローマ教皇大使からはローマ教皇からの挨拶が伝えられ、カトリコスからは教皇へのエキュメニズムを含む関係継続などの内容の返礼があったようです。
 また中東情勢に関して話し合いがされました。

 

 (英語:アルメニア使徒教会キリキア・カトリコス庁 公式ウェブサイト)HH ARAM I RECEIVES THE APOSTOLIC NUNCIO TO LEBANON | Armenian Church Catholicosate of Cilicia

 

Armenian ChurchさんはTwitterを使っています: 「On Wednesday, January 15th, @CatholicosAramI received #Archbishop Joseph Spiteri, #Apostolic #Nuncio to #Lebanon. https://t.co/kVkYGdZeQf」 / Twitter

 

Չորեքշաբթի, 15 Յունուր 2020-ին,… – Armenian Church, Holy See of Cilicia | Facebook

 

Cilicia TV – On Wednesday, January 15th, His Holiness Aram… | Facebook

 

キリスト教/“モンテネグロ正教会”の“ミハイロ府主教”が、コンスタンティノープルからの独立正教会としての承認に自信をみせたとの報道(2020年1月)

 キリスト教/東方正教会の教会法上合法な教会に属さない(または主流のグループに属さない)“モンテネグロ正教会(MOC)”首座の“ミハイロ府主教”(ツェティニェ大主教・モンテネグロ府主教ミハイロ座下 : His Beatitude Mihailo, Archbishop of Cetinje and Montenegrin Metropolitan)は、コンスタンティノープルの全地総主教庁から独立正教会として認めるトモスを取得することに自信をみせたとの報道。
 コンスタンティノープル側は、モンテネグロはセルビア正教会の管轄権下にあるとしてたびたび否定していますが、彼ら自身のいうことはまったくあてにならないので渡すかもしれませんとしか……。

※ミハイロ府主教は、ついでに「マケドニア正教会-オフリド大主教庁【MOC-OA】もトモスをもらえるだろう」というように受け取れるように発言しているように書かれていますが、マケドニア正教会のほうは本当に交渉しています

 

 (英語)Mass media: Head of “Montenegrin church” says his structure would get Tomos – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

 

関連:
 モンテネグロ議会が野党議員を18人ほど拘束してキリスト教/セルビア正教会の教会財産を大量に接収するための新法を成立(2019年12月)