キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下が、オマーン駐箚のシリア大使を訪問(2018年5月)

 オマーン国滞在中のキリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)は、オマーン国駐箚シリア・アラブ共和国特命全権大使バサム・セイフェッディン・アル・ハティーブ閣下(His Excellency Mr Bassam Seifeddin Al-Khatib)を訪問しました。
 ベイルート府主教“モル”・クレーミス・ダニエル・クーリエフ座下(His Eminence Mor Clemis Daniel Kourieh, Metropolitan of Beirut)が同行した模様。

 

 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Meeting with His Excellency Ambassador of Syria to Oman | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

 

コメントを残す