訃報(2022年12月31日):キリスト教/ローマ名誉教皇ベネディクト16世聖下が帰天(1927~2022)

 2022年12月31日、キリスト教/ローマ名誉教皇ベネディクト16世聖下(His Holiness Benedict XVI, Pope Emeritus)が帰天しました。
 1927年4月16日生まれの95歳。

※追加でリンクなどします。

 

 名誉教皇ベネディクト16世逝去  – バチカン・ニュース

名誉教皇ベネディクト16世は、2022年12月31日9時34分、バチカン市国のマーテル・エクレジエ修道院において逝去された。

 ベネディクト16世:年譜「主のぶどう畑の謙遜な働き手」 – バチカン・ニュース
 ベネディクト16世の在位中の主な出来事 – バチカン・ニュース
 「神は愛」を教皇在位中の鍵として – バチカン・ニュース
 ベネディクト16世:退位と隠された生活の中で – バチカン・ニュース
 教皇フランシスコ、ベネディクト16世を思い起こす – バチカン・ニュース

 前ローマ教皇 ベネディクト16世が死去 | NHK | 訃報

 (英語:ローマ教皇聖座 公式ウェブサイト)Declaration of the Director of the Holy See Press Office, Matteo Bruni, 31.12.2022

 (英語:バチカン・ニュース)Death of Pope Emeritus Benedict: his official biography – Vatican News
 (英語:バチカン・ニュース)Farewell to Benedict XVI: ‘Humble worker in vineyard of the Lord' – Vatican News
 (英語:バチカン・ニュース)Benedict XVI: Key events of his pontificate – Vatican News

 (ルーマニア語:ルーマニア東方典礼カトリック教会 公式ウェブサイト)Papa emerit Benedict al XVI-lea s-a întors în casa Tatălui – Biserica Română Unită cu Roma, Greco-Catolică

 (英語:オプス・デイ属人区 公式ウェブサイト)"Farewell to Benedict XVI": From the Holy See Press Office – Opus Dei
 (英語:オプス・デイ属人区 公式ウェブサイト)Pope Emeritus Benedict XVI – Opus Dei

 

ANNnewsCH(ANN NEWS チャンネル):
【速報】前ローマ教皇ベネディクト16世が死去 95歳 バチカン公式メディア(2022年12月31日) – YouTube

 

TBS NEWS DIG Powered by JNN:
【訃報】前ローマ教皇 ベネディクト16世 死去 95歳、ローマ教皇庁のツイッターやYouTube開設するなど「人々との対話」重視|TBS NEWS DIG – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS チャンネル):
前ローマ教皇ベネディクト16世死去 サンピエトロ大聖堂に安置へ(2023年1月1日) – YouTube

 

Vatican News:
Pope Emeritus Benedict XVI – Biography – YouTube

 

 (英語)Pope Francis on the death of Pope emeritus: "Only God knows the value of his sacrifice" | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Pope Francis on the death of Pope emeritus: "Only God knows the value of his sacrifice" – YouTube

 

africanews:
Former Pope Benedict XVI dies aged 95 – YouTube

 

続きを読む 訃報(2022年12月31日):キリスト教/ローマ名誉教皇ベネディクト16世聖下が帰天(1927~2022)

インタビュー動画(英語):キリスト教/インドのシリア・マランカラ東方典礼カトリック教会(シロ=マランカラ・カトリック教会)首座のバセリオス・クレーミス・トットゥンカル大司教座下へのインタビュー動画(2022年12月)

 キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/インドのシリア・マランカラ東方典礼カトリック教会【シロ=マランカラ・カトリック教会】の首座/トリヴァンドラム首位大司教カトリコス(ティルヴァナンタプラム高位大司教)バセリオス・クレーミス・トットゥンカル枢機卿座下(His Eminent Beatitude Baselios Cleemis Cardinal Thottunkal, The Major Archbishop Catholicos of Trivandrum【Thiruvananthapuram】)へのインタビュー映像です。

 

TNIE Videos:
INTERVIEW | Church is with people, not against environment: Archbishop Cardinal Baselios Cleemis – YouTube

 (英語)INTERVIEW | Church is with people, not against environment: Archbishop Cardinal Baselios Cleemis- The New Indian Express

クリスマスメッセージ映像(2022年・ルーマニア語):キリスト教/ルーマニア東方典礼カトリック教会首座/ファガラシュおよびアルバ・ユリア首位大司教ルシアン・ムレシャン座下によるクリスマスへのメッセージ(2022年12月)

 キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/ルーマニア東方典礼カトリック教会首座/ファガラシュおよびアルバ・ユリア首位大司教ルシアン・ムレシャン座下(His Eminent Beatitude Lucian Cardinal Mureşan, Major Archbishop of Făgăraș and Alba Iulia)によるクリスマスへのメッセージ映像です。

 

Radio BLAJ TV ONLINE:
PF Lucian Craciun 2022 – YouTube

 

 (ルーマニア語:ルーマニア東方典礼カトリック教会 公式ウェブサイト)Mesajul Preafericirii Sale Cardinal Lucian la Sărbătoarea Nașterii Domnului 2022 – Biserica Română Unită cu Roma, Greco-Catolică

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下と、ウクライナ東方典礼カトリック教会の首座/キエフ=ハリチ首位大司教スヴャトスラフ・シェウチューク大司教座下らの会見はじまる(2019年7月)

 2019年7月5日、キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)と、キリスト教/東方典礼カトリック教会/ウクライナ東方典礼カトリック教会の首座/キエフ=ハリチ首位大司教スヴャトスラフ・シェウチューク大司教座下(His Beatitude Archbishop Sviatoslav Shevchuk, Major Archbishop of Kiev-Galicia : キエフ大司教 : Archbishop of Kiev)らの会見が始まったようです。
 翌7月6日まで会談などがおこなわれる予定で、ウクライナ情勢などが話し合われるようです。

 プーチン大統領との会見直後に予定を入れている辺り、非常にヒリヒリしているものを感じます。

 また、スヴャトスラフ・シェウチューク座下は、少し前のインタビューで、自らの教会が「総大司教庁(総主教庁)【Patriarchate】」として認められる期待(新たにではなく昔からそうだったとして認められるという認識)を示していました。
 野次馬としては、こんな要求が認められれば欧州のキリスト教はさらにムチャクチャとなり、カトリックと東方正教会の関係も悪化というかちゃらんぽらんになるので、ぜひ見てみたいところですが……。
 ウクライナ国内の政治・社会・教会組織がこれほどの状況にもなって認められないとすると、今後認められる可能性はゼロだというのも確実なので、ウクライナ東方典礼カトリック教会側も引かないかもしれません。
 ウクライナに新たな剣が投げ込まれるか、少しだけ注目しましょう。

 

 (英語)Pope begins two day meeting with Ukrainian Greek-Catholic Church: Stay close to those who suffer | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Pope begins two day meeting with Ukrainian Greek-Catholic Church: Stay close to those who suffer – YouTube

 

 (英語:ローマ教皇聖座公式サイト)Audience with members of the Permanent Synod of the Ukrainian Greek-Catholic Church, 05.07.2019

 (バチカン・ニュース公式サイト)教皇、ウクライナのギリシャ典礼カトリックの司教らと – バチカン・ニュース
 (英語:バチカン・ニュース公式サイト)Ukrainian Greek-Catholic leaders meet with Pope at the Vatican – Vatican News
 (英語:バチカン・ニュース公式サイト)Pope to Ukrainian Greek-Catholics: I hold you in my heart – Vatican News

 

(注意:失礼なツッコミ多々あります)キリスト教/東方正教会のウクライナ問題をめぐる名言・珍言【その後の展開を含む】(2019年5月あたりまで)

 最近の情勢を補足しつつ、ざーっと書いていきます。


 

 コンスタンティノープル支持派の某聖職者:
「コンスタンティノープルと縁を切ったら、我々はプロテスタントと同レベルになってしまう!」

 この方は、凄まじく適切に東方正教会の現況を言い表しました。
 かねがね東方正教会の主教らは、「我々の聖なるコミュニオンは、寄り集まっているだけのルター派とは違う」などと発言していましたが、最近の体たらくを見るにつけ、あなた方、そろそろ贖罪の時期が来たのではないですか?

 


 

 コンスタンティノープルが独立を認めたほうのウクライナ正教会(OCU)で、影からすべてを操る予定だったにも関わらず名誉職に追いやられた“フィラレート名誉総主教”:
「ポロシェンコ大統領と“エピファニー府主教”に騙された」

 エピファニー府主教は、フィラレート名誉総主教が操り人形にする予定だった人物ですが、OCUの首座に選出されて地位を得た後は、フィラレート名誉総主教を排除する方向に動いています(排除というかそもそも別に名誉総主教にはルール上なんの実権もないので当然のことをしているだけというか)。
 これについて、フィラレート名誉総主教は、「彼は私に、彼自身は対外的な役割だけをこなし、実権はすべて私に預けると約束した」とエピファニー府主教が操り人形になることに同意していたと発言し、波紋を呼んでいます。
 そして、

「コンスタンティノープルからの独立が必要」

 とも発言。
 あなたがコンスタンティノープルの介入を要求したのでは……いやポロシェンコ大統領に騙されたのでしたな!

 それにしてもモスクワに破門されてもウクライナ国内に影響力を確保していた人間が、その破門をコンスタンティノープルに撤回されたら影響力を喪失していくというのは、なんともいえない悲哀……悲哀?、まあ悲哀でいいですか、悲哀を感じます。
 ポロシェンコ大統領と共に大喜び(ぬか喜び)している映像が世界に流れてから半年と少ししか経過していません。二人とも今年中には話題から完全にフェードアウトするのではないかと思いますが、しかしフィラレート名誉総主教はチキンレースの果てに OCU とコンスタンティノープルを崩壊に追いやる可能性もあります。

 なお、 OCU の前身となった、ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】及びウクライナ独立正教会【UAOC】は、団体としてはまだ登録されているらしく(当局者は否定?)、聖堂などの所有権を含めて、なにがどうなっているのかははっきりしません。
 もちろん所有権が残っていても、現在のウクライナでは強制的に暴力で奪うことが許されている(?)ので、あまり意味はないかもしれません。

 


 

 エルサレム総主教セオフィロス3世聖下:
「(モスクワ総主教庁系ウクライナ正教会首座の)オヌフリー府主教は、神がこの難局を乗り越えるために選んだ人物」

 これは、コンスタンティノープルが吹っ切れて暴走し始める少し前の発言です。
 その後事態が展開してから、ロシア正教会側の聖職者の一人が「エルサレムがコンスタンティノープルを支持するなら、エルサレムともフル・コミュニオンを解除する」という発言をしていました。つまり、少なくともロシア正教会の一部聖職者は、セオフィロス総主教は「神が~選んだ人物」と発言した少し後にはその彼を見捨てるような人物と考えていたわけであり、エルサレム総主教に対してなんと無礼な、と思ったりしますが、みんな興奮していたのか咎める声もありませんでした。
 とはいうものの、これはセオフィロス3世聖下がいい加減な人物と思われている傍証にはなるでしょう。

 現在までエルサレム総主教庁は、モスクワ寄りというか、コンスタンティノープルから距離を置くというか、そのような立ち位置を取っています。
 ポロシェンコ大統領が、約束を破って OCU の聖職者を同行して訪問してきたときには、仮病を使ってスルー(公式発表は体調不良による入院ですが、前後にモスクワ総主教庁系のウクライナ正教会の聖職者らと会見)するなど、ロシア系正教会メディアもそのふんばりを評価していますが、一方、アメリカにも近いといわれる総主教がなぜそんなにがんばっているのかわからない状況でもあります。
 なにか陰謀を企んでいるのか、スリルを楽しんでいるのか……。

 


 

 教会法上非合法なマケドニア正教会-オフリド大主教庁の主教:
「我々は近いうちにコンスタンティノープルに独立を承認されるだろう。しかし、各独立正教会がウクライナの独立正教会(OCU)を承認していないので、我々も彼らを承認するかどうかはわからない」

「コンスタンティノープルの顔に泥を塗る予定ですが、コンスタンティノープルから独立正教会として承認されると思ってます」というこれまた凄い発言。
 今、東方正教会は歴史上もっとも言論の自由を謳歌する時代。

 とはいうものの、マケドニア(北マケドニア共和国)を管轄権に持つセルビア正教会の聖シノドが、マケドニアについてなんらかの検討をおこなっているという情報が出てきています。
 そして、同教会のアメリカの主教が一人、コンスタンティノープル支持を表明しているらしく、またもや混沌の予感。
 セルビア正教会の海外の教会組織については、オーストラリアとニュージーランドの新グラディシュカ府主教庁の件が解決して以来、特に問題は残っていないのではないかと思いますが、親コンスタンティノープル・反ロシアがこの主教一人ということも考えにくいので、にわかにセルビア正教会の海外の組織が気になってくるところです。

 


 

 キリスト教/ローマ・カトリック教会/ウクライナ東方典礼カトリック教会【UGCC】の首座/キエフ=ハリチ首位大司教スヴャトスラフ・シェウチューク大司教座下:
「唯一の Patriarchate (総主教庁 or 総大司教庁)を設立し、ローマ及びコンスタンティノープルとデュアル=コミュニオンを結ぼう」

 要するにローマからもコンスタンティノープルからも認められる教会を設立しようということをですが、ローマもコンスタンティノープルもそんなつもりはないのに、なにをいうとるのか、とまったくもって相手にされていませんでした。でもあきらめていない様子

 なお、前述の OCU の首座エピファニー府主教は、「 OCU と UGCC はともに愛国的な教会組織」というような発言をしています。
 おっしゃりたい欲はわからなくもないですが、えーと、あなた方のことは、ウクライナ天主教愛国会ズとお呼びすればいいですか?

 


 

 在外ロシア正教会:
「もはやコンスタンティノープル自体が教会法上非合法な存在」

 昨年の話ですが、コンスタンティノープルの管轄権下にある西欧ロシア正教会大主教区のイタリア司祭長区のひとつの聖堂と信徒たちが、在外ロシア正教会に現在の情勢について尋ねたところ、上記の回答をえたため、同大主教区を離脱して在外ロシア正教会の管轄権下に入るということがありました。
 ここまでは「そうですか」という話ですが、これについて大主教区の首座ジャン大主教が、在外ロシア正教会側に抗議する(そりゃするでしょう)などをしていたところ、一月も経たないうちにコンスタンティノープルが西欧ロシア正教会大主教区の総主教代理区としての地位を剥奪、集団としての解体を要求し始めるという摩訶不思議な事態に。「うちの子分がロシアに嫌がらせを受けているぞ。よし、その子分をつぶそう」ということです。
 現在、同大主教区は、議論を重ねつつ、教会法上合法かつ自治的な権限を持つ集団であり続ける方向を模索していますが、コンスタンティノープルとのコミュニオンにあることを教会法上合法とする限り難しいでしょう。
 フィラレート名誉総主教と違い、何の罪もない、じゃなかった騙されたわけでもないのに、崩壊していく大主教区に同情してもいいところですが、もはや「教会法上合法」とかいわれるだけで失笑気味なので同情できません

 ところで、この項目の発言を読んでから、ページトップの悲痛な叫びを読んでいただくと、より一層事態がわかりやすいのではないかと思います。