キリスト教/エルサレム総大司教ピエールバッティスタ・ピッツァバッラ座下が、感染症が広がる中でのベツレヘムでのクリスマスについて語る(2020年12月)

 キリスト教/ローマ・カトリック教会/ラテン典礼エルサレム総大司教ピエールバッティスタ・ピッツァバッラ座下(His Beatitude Patriarch Pierbattista Pizzaballa, O.F.M., Latin Patriarch of Jerusalem)が、新型コロナウイルス感染症【COVID-19】が蔓延する中でのベツレヘムでのクリスマスについて語っています。

 Zoomを利用した会合での発言のようです。

 巡礼者がおらず、聖堂などの出入り制限・禁止などがあるため、規模が極めて小さなものになるだろうとし、コミュニティ間の援助や、クリスマス・ミサのオンライン配信について触れています。

 

 (英語)Latin Patriarch of Jerusalem discusses Christmas under Covid in Bethlehem | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Latin Patriarch of Jerusalem discusses Christmas under Covid in Bethlehem – YouTube

 

追記:
 総大司教らは新型ウイルス感染症【COVID-19】で陽性・自主隔離となっているようです。

 (英語)Patriarchate of Jerusalem hit, Pizzaballa positive to covid – General news – ANSAMed.it
 (英語)Holy Land preps for scaled-down Christmas amid COVID-19
 (英語)Holy Land: Six test positive for Covid in Latin Patriarchate | ICN

 

キリスト教/ルーマニア総主教ダニエル聖下の降誕祭の回勅が発表される(2020年12月)

 キリスト教/東方正教会/ルーマニア正教会の首座/ルーマニア正教会総主教ダニエル聖下(ブカレスト大主教 : ムンテニア・ドブロジャ府主教 : カエサレア・カッパドキアエ座代行 : His Beatitude Daniel, Archbishop of Bucharest, Metropolitan of Muntenia and Dobrudgea, Locum tenens of the throne of Caesarea Cappadociae, Patriarch of the Romanian Orthodox Church)による降誕祭の回勅が発表されています。

 

 (英語:ルーマニア正教会通信)Patriarch Daniel’s Christmas Encyclical 2020: full text – Basilica.ro

 

Basilica.ro (EN)さんはTwitterを使っています 「Patriarch Daniel’s #Christmas Encyclical 2020: "The Lord's Nativity is an occasion to strengthen communion, mutual help & acts of almsgiving, which are the fruits of true faith, concrete testimonies of our humble love for God and our fellow people." https://t.co/kCssyPr9BU https://t.co/OIkSd173n2」 / Twitter

 

Patriarch Daniel’s #Christmas 🎄… – Basilica News Agency | Facebook

 

スロベニアからクリスマス・ツリー用の木がバチカンに運ばれる(2020年11月)

 スロベニア共和国から、クリスマス・ツリー用の木がサン・ピエトロ大聖堂に運ばれました。
 ローマ教皇聖座駐箚のスロベニア大使によると、第二次世界大戦直後に植えられたものだそうです。

 

 (英語)Christmas tree arrives to Vatican | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Christmas tree arrives to Vatican – YouTube

 

 聖ペトロ広場にクリスマスのツリー到着 – バチカン・ニュース

Vatican News:
30 November 2020 – The Christmas tree arrives in the Vatican – YouTube

 

動画:キリスト教/東方正教会エルサレム総主教庁が、聖墳墓教会【復活教会】【復活大聖堂】でのアルメニア使徒教会エルサレム総主教庁との争いの映像を公開(2020年1月)

 キリスト教/東方正教会/エルサレム総主教庁が、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会/エルサレム総主教庁との聖墳墓教会【復活教会】【復活大聖堂】での争いの映像をアップロードしています。

 

Jerusalem Patriarchate(東方正教会エルサレム総主教庁 公式チャンネル):
ΔΙΑΜΑΡΤΥΡΙΑ ΔΙΑ ΤΑΣ ΕΝΕΡΓΕΙΑΣ ΒΙΑΣ ΤΩΝ ΑΡΜΕΝΙΩΝ – YouTube

 

関連:
 キリスト教/東方正教会エルサレム総主教庁とアルメニア使徒教会エルサレム総主教庁が双方を批判する声明を発表(2020年1月)聖墳墓教会【復活教会】【復活大聖堂】の礼拝利用に関する行き違いか

 

キリスト教/東方正教会エルサレム総主教庁とアルメニア使徒教会エルサレム総主教庁が双方を批判する声明を発表(2020年1月)聖墳墓教会【復活教会】【復活大聖堂】の礼拝利用に関する行き違いか

 キリスト教/東方正教会/エルサレム総主教庁と、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会/エルサレム総主教庁が、双方を批判する声明を発表しています。

 ざっと読んだ限りでは、2020年1月18日~19日における聖墳墓教会【復活教会】【復活大聖堂】の礼拝利用に関する行き違いに思えますが……。
 細かい事態の展開はともかくとして、東方正教会側は事前申請を通してあるので自分たちが優先、アルメニア使徒教会側はアルメニア使徒教会の降誕祭においては24時間アルメニア使徒教会が優先、ということを主張しているように思えます。

※係争の場については、「Grotto of the Nativity」、大聖堂内の、イエス降誕の場(として扱われている場所)です。
 東方正教会側が「cave」、アルメニア使徒教会側が「Grotto」という表記を使っています。「cave」は「God-receiving Cave」とも表記されます。

 最終的に、東方正教会側はパレスチナ当局が彼らの主張を受け入れたとし、アルメニア使徒教会側はパレスチナ国大統領マフムード・アッバース閣下(His Excellency Mr Mahmoud Abbas)らの調停を受け入れ今年だけギリシャ人側の行動を受け入れたとしています。
 アルメニア使徒教会側によれば、この後、問題解決のための話し合いがおこなわれるようですが、東方正教会側にはそういった記述はありません。

 単なる行き違いであれば解決は可能でしょうが、「行き違いなのかこれは……?」という感じもあります。

 

 (英語:東方正教会エルサレム総主教庁 公式ウェブサイト)PROTEST AGAINST THE VIOLENT ACTIONS OF THE ARMENIANS
 (英語:アルメニア使徒教会エルサレム総主教庁 公式ウェブサイト)Official Communiqué – Christmas 2020 | Armenian Patriarchate of Jerusalem

 

関連:
 動画:キリスト教/東方正教会エルサレム総主教庁が、聖墳墓教会【復活教会】【復活大聖堂】でのアルメニア使徒教会エルサレム総主教庁との争いの映像を公開(2020年1月)