キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が、ロシア連邦駐箚のモンテネグロ大使と会見(2020年1月)

 2020年1月29日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、退任するロシア連邦駐箚のモンテネグロ大使と会見しました。
 イラリオン府主教は、モンテネグロの教会に関する情勢に深い懸念を表明、それに対し大使はモンテネグロ政府の立場を伝えたようです。
関連:
 モンテネグロ議会が野党議員を18人ほど拘束してキリスト教/セルビア正教会の教会財産を大量に接収するための新法を成立(2019年12月)

 

 (英語:ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式ウェブサイト)DECR Chaiman meets with Montenegro Ambassador to Russia / News / Patriarchate.ru
 (ロシア語:ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式ウェブサイト)Председатель ОВЦС провел встречу с послом Черногории в России / Новости / Патриархия.ru

 (英語)DECR Chaiman meets with Montenegro Ambassador to Russia – Ορθοδοξία News Agency

 

キリスト教/セルビア総主教イリネイ聖下の着座10周年記念式典(2020年1月)カトリック大司教や、現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下らが臨席

※この記事は世界の王室ニュースと重複します。

 

 キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)の着座10周年記念式典が催されました

 セルビア正教会から、セルビア総主教補佐/レメジヤナ主教ステファン座下(His Grace Bishop Stefan of Remesiana, Vicar Bishop of the Serbian Patriarch)、
 ローマ・カトリック教会から、ベオグラード大司教スタニスラヴ・ホチェヴァル座下(Archbishop Stanislav Hočevar, S.D.B.)、
 現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラビア王室当主/ユーゴスラビア皇太子【セルビア皇太子】アレクサンダル2世殿下(His Royal Highness Crown Prince Alexander II of Yugoslavia / Serbia)、
 らが参列。

 

Телевизија Храм:
Јубилеј Његове Светости Патријарха српског г. Иринеја – YouTube

動画より、向かって左から/
アレクサンダル殿下、イリネイ聖下、スタニスラヴ・ホチェヴァル大司教、イスラム教指導者(?)の方だと思います(割とよくみかけます):
イリネイ聖下ら

 

 (英語:セルビア正教会総主教庁 公式ウェブサイト)Ad multos annos, Holy Hierarch! | Serbian Orthodox Church [Official web site]

 (英語:セルビア王室 公式ウェブサイト)CROWN PRINCE ALEXANDER ATTENDS PATRIARCH IRINEJ’S TENTH ANNIVERSARY – The Royal Family of Serbia

 

Данас сам присуствовао свечаности… – Александар Карађорђевић | Facebook

 

Краљевски комплекс на Дедињу(@royalserbia) • Instagram写真と動画

View this post on Instagram

Њ.К.В. Престолонаследник Александар присуствовао је свечаности поводом обележавања 10 година од избора 45. Патријарха Српске Православне Цркве, Његове Светости господина Иринеја. „У име моје породице честитам Вам велики јубилеј – десету годишњицу од како су Вас Божја милост и надахнуће Светог Саве довели на древни и освештани Трон српских патријараха. То је време великих искушења, и кроз то време Ваша Светост је сигурном руком водила брод наше свете православне вере и предводила народ кроз сва искушења и невоље. Надам се и молим Господа да Вас на овом путу сачува и подржи, како би сигурном и благословеном десницом показивали и осветљавали пут ка спасењу пастве која Вам је поверена. Изнад свега, молимо се Господу да Вам подари здравље и одржи духовну снагу“ – поручио је Њ.К.В. Престолонаследник Александар у честитки Његовој Светости Патријарху Иринеју.

A post shared by Краљевски комплекс на Дедињу (@royalserbia) on

 

キリスト教/ブルガリア総主教ネオフィット聖下が、新任のセルビア大使と会見(2020年1月)

 2020年1月23日、キリスト教/東方正教会/ブルガリア正教会の首座/ブルガリア総主教・ソフィア府主教ネオフィット聖下(His Holiness Patriarch Neophyte【Neofit】 of Bulgaria, Metropolitan of Sofia)は、新任のブルガリア共和国駐箚セルビア共和国特命全権大使と会見しました。

 ブルガリア正教会側から、
 メルニク主教ゲラシム座下(His Grace Bishop Gerasim of Melnik)、
 ベログラトチク主教ポリカルプ座下(His Grace Bishop Polikarp of Belogradchik)、
 が同席。

 この二国もどんどん敵国度合が高まっていっているので、大使も、会見する総主教側も色々大変そうではあります。

 

БЪЛГАРСКА ПАТРИАРШИЯ / BULGARIAN PATRIARCHATE(ブルガリア総主教庁公式チャンネル):
Българският патриарх Неофит прие днес посланика на Р Сърбия у нас – YouTube

 

 (ブルガリア語:ブルガリア正教会【ブルガリア総主教庁】公式ウェブサイト)Българският патриарх Неофит прие днес посланика на Р Сърбия у нас

 

キリスト教/“モンテネグロ正教会”の“ミハイロ府主教”が、コンスタンティノープルからの独立正教会としての承認に自信をみせたとの報道(2020年1月)

 キリスト教/東方正教会の教会法上合法な教会に属さない(または主流のグループに属さない)“モンテネグロ正教会(MOC)”首座の“ミハイロ府主教”(ツェティニェ大主教・モンテネグロ府主教ミハイロ座下 : His Beatitude Mihailo, Archbishop of Cetinje and Montenegrin Metropolitan)は、コンスタンティノープルの全地総主教庁から独立正教会として認めるトモスを取得することに自信をみせたとの報道。
 コンスタンティノープル側は、モンテネグロはセルビア正教会の管轄権下にあるとしてたびたび否定していますが、彼ら自身のいうことはまったくあてにならないので渡すかもしれませんとしか……。

※ミハイロ府主教は、ついでに「マケドニア正教会-オフリド大主教庁【MOC-OA】もトモスをもらえるだろう」というように受け取れるように発言しているように書かれていますが、マケドニア正教会のほうは本当に交渉しています

 

 (英語)Mass media: Head of “Montenegrin church” says his structure would get Tomos – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

 

関連:
 モンテネグロ議会が野党議員を18人ほど拘束してキリスト教/セルビア正教会の教会財産を大量に接収するための新法を成立(2019年12月)

 

現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下夫妻が、キリスト教/セルビア総主教イリネイ聖下と共に降誕祭の朝の礼拝に(2020年1月)

※この記事は世界の王室ニュースと重複します。

 

 2020年1月7日、現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラビア王室当主/ユーゴスラビア皇太子【セルビア皇太子】アレクサンダル2世殿下(His Royal Highness Crown Prince Alexander II of Yugoslavia / Serbia)およびユーゴスラビア皇太子妃【セルビア皇太子妃】カタリナ殿下(Her Royal Highness Crown Princess Katherine of Yugoslavia / Serbia)は、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)とともに、ユリウス暦の降誕祭(クリスマス)の朝の礼拝に臨みました。

 

両殿下の登場は02:56~03:37辺りまで/
Телевизија Храм:
Црква данас 07.01.2020.год. – YouTube

向かって左より、アレクサンダル2世殿下、イリネイ聖下、カタリナ妃殿下:
アレクサンダル2世殿下、イリネイ聖下、カタリナ妃殿下

 

 (英語:セルビア王室公式サイト)THE ROYAL COUPLE AT CHRISTMAS LITURGY IN THE CRYPT OF ST. SAVA TEMPLE – The Royal Family of Serbia

 

Христос се роди! Јутрос смо моја супруга… – Александар Карађорђевић | Facebook

 

Краљевски комплекс на Дедињу(@royalserbia) • Instagram写真と動画

 

世界の王室ニュース:
 インタビュー記事(セルビア語ラテン文字):現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下への降誕祭に際してのインタビュー(2020年1月)