ロシア皇帝ニコライ2世らがエカテリンブルクに移されて100年、行進がおこなわれる。キリスト教/ロシア正教会/エカテリンブルク府主教キリル座下が礼拝(2018年4月)

※この記事は世界の王室ニュースと重複します。

 

 1918年4月30日、ソビエト・ロシア共和国(当時の名)によって、ロシア皇帝ニコライ2世陛下(Nicholas II : His Imperial Majesty The Emperor and Autocrat of All the Russias : ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ロマノフNicholas Alexandrovich Romanov)、ロシア皇妃アレクサンドラ・フョードロヴナ陛下(Alexandra Feodorovna : Her Imperial Majesty The Empress of All the Russias : ヘッセン大公女アリックス : Princess Alix of Hesse and by Rhine : アレクサンドラ・フョードロヴナ・ロマノヴァAlexandra Feodorovna Romanova)、ロシア大公女マリヤ・ニコラエヴナ殿下(Her Imperial Highness Grand Duchess Maria Nikolaevna of Russia : マリヤ・ニコラエヴナ・ロマノヴァMaria Nikolaevna Romanova)の三人が、トボリスクからエカテリンブルクに移されました。

 2018年4月30日、その100周年の行進がおこなわれました。
 一家はいずれもキリスト教/東方正教会/ロシア正教会及び在外ロシア正教会から列聖されています。

 キリスト教/東方正教会/ロシア正教会のエカテリンブルク・ヴェルホトゥリエ府主教キリル座下(His Eminence Metropolitan Kirill of Yekaterinburg and Verkhoturye)が礼拝を執り行いました。

 

tvsoyuz:
Память о прибытии в Екатеринбург святых Царственных страстотерпцев почтили крестным шествием и архие – YouTube

 

 (英語)Procession Marks 100th Anniversary of Nicholas II’s Arrival in Ekaterinburg | Royal Russia News
 (英語)1,500+ process in Ekaterinburg for 100th anniversary of arrival of Royal Martyrs / OrthoChristian.Com

 (ロシア語:エカテリンブルク教区公式サイト)Свыше полутора тысяч человек прошествовали малым крестным ходом в день 100-летия прибытия государя в Екатеринбург
 (ロシア語:エカテリンブルク教区公式サイト)«Сегодняшний день – день особого нашего внутреннего покаяния»: молитвенное шествие прошло по Екатеринбургскому Пути Скорби
 (ロシア語:エカテリンブルク教区公式サイト)В день столетия прибытия Царской семьи в Екатеринбург в Храме-на-Крови совершена архиерейская Божественная литургия
 (ロシア語:エカテリンブルク教区公式サイト)Митрополит Кирилл: «Там, где Голгофа, там и Воскресение»

 

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下の復活祭【復活大祭】のメッセージ映像と長文版のテキスト。テキストは日本語版がない状況が続いています(2018年4月)

 キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)の、復活祭【復活大祭】のメッセージ映像および長文版テキストが公開されました。

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
Пасхальное телеобращение Святейшего Патриарха Кирилла – YouTube

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Пасхальное телеобращение Святейшего Патриарха Московского и всея Руси Кирилла / Патриарх / Патриархия.ru

 

 下記の、モスクワ総主教庁渉外局公式サイトには、長文版のメッセージテキストが掲載されています。

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Пасхальное послание Патриарха Московского и всея Руси КИРИЛЛА | Русская Православная Церковь
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)PASCHAL MESSAGE of His Holiness KIRILL, Patriarch of Moscow and All Russia | The Russian Orthodox Church

 ※↑と同内容
 (英語:在外ロシア正教会米国東部教区公式サイト)Eastern American Diocese of the Russian Orthodox Church Abroad – Paschal Epistle of His Holiness, Patriarch Kyrill, to the Archpastors, Pastors, Deacons, Monastics & All Faithful Children of the Russian Orthodox Church

 

 ここ最近のこのようなメッセージの発表の傾向としてですが、以前は掲載されていた日本語版が掲載されていません

 今回は、中国語版が(現時点で)リンク切れ状態なので、それをはぶくとしても、英語とロシア語のほかにPDFファイルとして、ウクライナ語、ベラルーシ語、モルドバ語【ルーマニア語】、ラトビア語、リトアニア語、キルギス語、タジク語、トルクメン語、アゼルバイジャン語、ドイツ語、韓国語【朝鮮語】、が用意されています。

 ロシア正教会の管轄権下を含む、各国での言葉に翻訳されています。
 エストニア語がないのは全地総主教庁側との管轄権争いが原因とも思えますが(全地総主教庁系のエストニア使徒正教会が存在)、日本正教会信者向けのものがないのは理由がよくわかりません。まさか全聖職者および全信徒がロシア語を学び終わったわけでもないでしょうし。長期にわたっているので、訳出できる人が急にいなくなったということでもなさそうですし。
 モスクワ総主教庁と日本正教会の間で何かトラブルがあるのか、日本人信者はどうせ読まないとバレてしまったのか。

葬儀・埋葬(2018年2月26日):アメリカ・ロシア貴族協会会長ウラジーミル・ゴリツィン公子の葬儀・埋葬。キリスト教/在外ロシア正教会【ROCOR】首位/米国東部・ニューヨーク府主教イラリオン座下が司式

※この記事は世界の王室ニュースと重複します。

 

 2018年2月26日、2月22日に薨去した、アメリカ・ロシア貴族協会会長ウラジーミル・キリロヴィチ・ゴリツィン公子(Prince Vladimir Kirillovich Golitsyn)の葬儀・埋葬がおこなわれた模様です。

 キリスト教/東方正教会/ロシア正教会/在外ロシア正教会【ROCOR】首位/米国東部・ニューヨーク府主教イラリオン座下(His Eminence Metropolitan Hilarion of Eastern America and New York, First Hierarch of the Russian Orthodox Church Outside of Russia)が司式。
 モントリオール・カナダ大主教ガブリエル座下(His Eminence Archbishop Gabriel of Montreal and Canada)、
 シカゴ・米国中部大主教ピョートル座下(His Eminence Archbishop Peter of Chicago and Mid-America)
 らが礼拝に参加。

 (英語:在外ロシア正教会全体公式サイト)The Russian Orthodox Church Outside of Russia – Official Website
 (英語:在外ロシア正教会米国東部主教区公式サイト)Eastern American Diocese of the Russian Orthodox Church Abroad – New York City: Metropolitan Hilarion leads Funeral Services for Prince Vladimir Galitzine in Synodal Cathedral
 (ロシア語)В Нью-Йорке похоронили князя Владимира Голицына – Общество – ТАСС
 (ロシア語)Русская Америка простилась с Владимиром Голицыным

キリスト教/在外ロシア正教会【ROCOR】首位/米国東部・ニューヨーク府主教イラリオン座下が、薨去したアメリカ・ロシア貴族協会会長のウラジーミル・ゴリツィン公子の最初のパニヒダを執り行う(2018年2月)

 2018年2月22日、アメリカ・ロシア貴族協会会長ウラジーミル・キリロヴィチ・ゴリツィン公子(Prince Vladimir Kirillovich Golitsyn)が薨去し、これに伴い、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会/在外ロシア正教会【ROCOR】首位/米国東部・ニューヨーク府主教イラリオン座下(His Eminence Metropolitan Hilarion of Eastern America and New York, First Hierarch of the Russian Orthodox Church Outside of Russia)が最初のパニヒダを執り行った模様です。

 

 (英語:在外ロシア正教会全体公式サイト)The Russian Orthodox Church Outside of Russia – Official Website
 (英語:在外ロシア正教会米国東部主教区公式サイト)Eastern American Diocese of the Russian Orthodox Church Abroad – New York City: Prince Vladimir Kirillovich Galitzine has reposed in the Lord

 

続報:
 葬儀・埋葬(2018年2月26日):アメリカ・ロシア貴族協会会長ウラジーミル・ゴリツィン公子の葬儀・埋葬。キリスト教/在外ロシア正教会【ROCOR】首位/米国東部・ニューヨーク府主教イラリオン座下が司式

関連:
 訃報(2018年2月22日):アメリカ・ロシア貴族協会会長のウラジーミル・ゴリツィン公子が薨去(1942~2018) – 世界の王室ニュース