キリスト教/ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下は、モスクワ総主教庁下の古儀式派教区の主教の必要性を否定(2018年2月)

 キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、モスクワ総主教庁下の古儀式派教区の主教に推挙されていましたが、この主教座の必要性について(現時点では)否定的にみているようです。

 

 (英語)Met. Hilarion says he sees no need for Edinoverie bishop / OrthoChristian.Com

 

 こういったタイプの件では、主導権争いというか、管轄権争いというか、いろいろな問題が生じるのはよくあることですので、慎重なのは当然かとも思います。
 そもそも本人に仕事を増やす余裕があるのかどうかもわかりませんが。

 

キリスト教/ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が、モスクワ総主教庁下の古儀式派教区の主教に推挙されているとかいないとか(2018年1月)

 (英語)Met. Hilarion proposed as bishop for Moscow Patriarchate Old Believers / OrthoChristian.Com

 

 キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))が、モスクワ総主教庁下の古儀式派教区の主教に推挙されているとかいないとか。

 イラリオン座下は、モスクワ総主教庁に属さない古儀式派との融和というか統合にも熱心です。

 

続報:
 キリスト教/ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下は、モスクワ総主教庁下の古儀式派教区の主教の必要性を否定(2018年2月)

 

キリスト教/ロシア正教古儀式派教会の首座がモルドバで自動車事故に。両国の対立が報道される中(2017年11月)

 キリスト教/東方正教会系の古儀式派の教派の一つ、ロシア正教古儀式派教会の首座/モスクワ・全ロシア府主教コルニリー座下(His Eminence Metropolitan Korniliy of Moscow and all Russia)が、モルドバ共和国で自動車事故に巻き込まれた模様。

 座下は、同教会のキシナウ・全モルドバ主教エヴメニー座下(His Grace Bishop Evmeny of Chisinau and All Moldova)の誕生日を祝福するのを理由の一つとして訪問されていたようです。

 さいわい事故による重傷者は出ていないようで、モルドバ政府とロシア政府の対立が続く中でヒヤリとさせられる一報です。

 また、コルニリー府主教座下は、モルドバ共和国大統領イゴル・ドドン閣下(His Excellency Mr Igor Dodon)と会談した模様です。