80歳(2018年2月20日):キリスト教/パレルモ名誉大司教パオロ・ロメオ枢機卿座下が80歳を迎え、ローマ教皇選挙権を喪失。選挙権を持つ枢機卿の人数は118人に減少

 2018年2月20日、キリスト教/ローマ・カトリック教会のパレルモ名誉大司教パオロ・ロメオ枢機卿座下(His Eminence Paolo Cardinal Romeo)が80歳を迎え、ローマ教皇選挙権を喪失。
 これに伴い、選挙権を持つ枢機卿の人数は118人に減少しました。

 

 (英語)Cardinal Paolo Romeo turns 80, number of cardinal electors falls to 118 | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Cardinal Paolo Romeo turns 80, number of cardinal electors falls to 118 – YouTube

キリスト教/アヒアラ司教ピーター・エベレ・オクパレケ座下の辞任がローマ教皇フランシスコ聖下に認められる(2018年2月)叙任後、長年にわたりナイジェリア地元民の強い反発が続く

 2018年2月19日、キリスト教/ローマ・カトリック教会/ナイジェリア連邦共和国のアヒアラ司教ピーター・エベレ・オクパレケ座下(Monsignor Peter Ebere Okpaleke, Bishop of Ahiara)の辞任が、キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)によって認められました。

 現地出身ではないことに、聖職者・信徒から強い反発が出、まともに活動ができていませんでした。
 地元の人々は、現地の事情を理解しないローマ教皇聖座への不満を訴え、いっぽう他所からはそのような態度への批判もありました。

 アヒアラ司教区は、アヒアラ使徒座管理に叙任されたウムアヒア司教ルシウス・イウェジュル・ウゴルジ座下(Monsignor Lucius Iwejuru Ugorji, Bishop of Umuahia, Apostolic Administrator of Ahiara)の裁治権下に入ります。

 

 (英語)Pope Francis closes crisis over Bishop of Ahiara appointment by accepting resignation | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Pope Francis closes crisis over Bishop of Ahiara appointment by accepting resignation – YouTube

ROME REPORTSさんのツイート: "#Pope Francis closes crisis over Bishop of #Ahiara appointment by accepting resignation https://t.co/LJKbxN1Ubs"