キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、新たに枢機卿に昇叙される13人を発表(2020年10月)

 キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)は、新たに枢機卿に昇叙される13人を発表しました。
 11月28日に教皇枢密会議にて昇叙される予定。
 9人は教皇選挙権を持つ80歳未満の模様(120人までという話はどこへいったのか……)。

 

Vatican News – Italiano:
L’annuncio di Francesco: 13 nuovi cardinali per la Chiesa – YouTube

 

 教皇、11月28日に枢機卿会議招集、13名の新枢機卿発表 – バチカン・ニュース

 (英語:バチカン・ニュース)Pope announces a consistory for the creation of 13 new cardinals – Vatican News
 (英語:バチカン・ニュース)An introduction to the 13 new Cardinals announced by Pope Francis – Vatican News
 (英語:バチカン・ニュース)New Cardinal-elects express surprise and gratitude – Vatican News

※後で追記します。

13人は、

 

Bishop Mario Grech – General Secretary of the Synod of Bishops

ローマ教皇庁シノドス事務局事務局長マリオ・グレック司教座下(Bishop Mario Grech, General Secretary of the Synod of Bishops)
国籍:マルタ共和国

 

Bishop Marcello Semeraro – Prefect of the Congregation for the Causes of Saints

ローマ教皇庁列聖省長官マルチェッロ・セメラーロ司教座下(Bishop Marcello Semeraro, Prefect of the Congregation for the Causes of Saints)
国籍:イタリア共和国

 この方は、列聖省長官への起用により、枢機卿昇叙が確実視されていました。

関連:
 キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、マルチェッロ・セメラーロ司教座下をローマ教皇庁列聖省長官に、フリドリン・アンボンゴ・ベスング枢機卿座下を7人目のローマ教皇顧問枢機卿評議会議員に任命(2020年10月)

 

Archbishop Antoine Kambanda – Archbishop di Kigali (Rwanda)

キガリ大司教アントワーヌ・カンバンダ座下(Archbishop Antoine Kambanda, Archbishop of Kigali)

国籍:ルワンダ共和国

 

Archbishop Wilton Daniel Gregory, Archbishop of Washington, DC (USA)

ワシントン大司教ウィルトン・ダニエル・グレゴリー座下(セント・トーマス使徒座管理 : Archbishop Wilton Daniel Gregory, Archbishop of Washington, Apostolic Administrator of Saint Thomas)

国籍:アメリカ合衆国

 

Archbishop Celestino Aós Braco, O.F.M. Cap – Archbishop of Santiago, Chile

国籍:チリ共和国

 

Bishop Cornelius Sim – Apostolic Vicar of Brunei

国籍:ブルネイ・ダルサラーム国

 

Archbishop Augusto Paolo Lojudice – Archbishop of Siena-Colle Val d’Elsa-Montalcino

国籍:イタリア共和国

 

Father Mauro Gambetti, O.F.M. Conv. – Guardian of the Sacro Convento in Assisi

 

Bishop Felipe Arizmendi Esquivel – Bishop Emeritus of San Cristobal de las Casas

 

Archbishop Silvano M. Tomasi, Former Nunzio Apostolico and Permanent Observer Emeritus to the United Nations and Specialized Agencies in Geneva

 

Father Raniero Cantalamessa, O.F.M. Cap. – Preacher of the Papal Household

 

Msgr Enrico Feroci – Rector of the Shrine of Our Lady of Divine Love in Castel di Leva

 

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、マルチェッロ・セメラーロ司教座下をローマ教皇庁列聖省長官に、フリドリン・アンボンゴ・ベスング枢機卿座下を7人目のローマ教皇顧問枢機卿評議会議員に任命(2020年10月)

 キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)は、ベーチュ枢機卿座下の突然の辞任に伴い空席となっていたローマ教皇庁列聖省長官に、アルバーノ司教を務めていたマルチェッロ・セメラーロ司教座下(Bishop Marcello Semeraro, Bishop of Albano)を叙任しました。歴代の列聖省長官で枢機卿になっていない人物はいない(たぶん)ため、同座下もいずれ枢機卿に昇叙されるものと思われます。
続報:
 キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、新たに枢機卿に昇叙される13人を発表(2020年10月)

 またフランシスコ聖下は、キンシャサ大司教フリドリン・アンボンゴ・ベスング枢機卿座下(His Eminence Fridolin Cardinal Ambongo Besungu, O.F.M. Cap., Archbishop of Kinshasa)を、七人目のローマ教皇顧問枢機卿評議会議員(Member of the Council of Cardinal Advisers)に任命しました。
 この評議会は、単に枢機卿評議会(Council of Cardinals)とも呼ばれ、ローマ教皇の顧問団ともいうべき存在です。
 最大人数 9 人で構成され C9 と単純に呼ばれますが、近年は人数が六人となっていたため C6 と書かれていました。これで C7 となるでしょう。
 フランシスコ聖下は少し前に C6 とオンライン会合をおこなっています。(上記の列聖省長官に叙任された)セメラーロ司教座下がこれまで評議会の秘書を務めていましたが、新たにこれまで補佐職を務めていたマルコ・メリノ司教座下(クレジマ名義司教 : Bishop Marco Mellino, Titular Bishop of Cresima)が秘書となるようです。

 

 教皇庁人事:列聖省長官にセメラーロ司教 – バチカン・ニュース

セメラーロ司教は、アルバーノ教区の教区長、および、普遍の教会の統治における、また使徒憲章『パストール・ ボヌス』改正プロジェクト研究のための、教皇補佐を目的とする枢機卿理事会の事務局長を務めている。

 (英語:バチカン・ニュース)Bishop Semeraro appointed Prefect of the Congregation for the Causes of Saints – Vatican News
 (英語:バチカン・ニュース)DRC’s Cardinal Besungu appointed to Council of Cardinals – Vatican News

 

 (英語)Pope entrusts Marcello Semeraro and Fridolin Ambongo with strategic tasks | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Pope entrusts Marcello Semeraro and Fridolin Ambongo with strategic tasks – YouTube