キリスト教/メンフィス司教の解任理由に諸説飛び交う。バチカン「教区管理の問題」、本人「有力枢機卿の野望を妨害したことの報復」、その他「虐待関連(バチカンも本人も否定)」「黒人だから」「無断で悪魔祓いをおこなった司祭を重用」(2018年10月)

 2018年10月24日に、キリスト教/ローマ・カトリック教会/アメリカ合衆国のマーティン・デイヴィッド・ホリー司教座下(Bishop Martin David Holley)がメンフィス司教を解任されました。

 この理由について、虐待関連の話が報道された枢機卿との関連の話が出ましたが、バチカン、本人ともに否定。

 本人は、 Catholic News Agency の取材に対し、2012年に当時のローマ教皇ベネディクト16世聖下(His Holiness Pope Benedict XVI)から当時のワシントン大司教ドナルド・ウィリアム・ワール枢機卿座下(His Eminence Donald William Cardinal Wuerl)の国務省長官への適性に関する質問を受けて(当時ホリー座下は同教区の補佐司教)、「職務への適性が心配」との回答をしたために、同枢機卿は国務省長官になれず、今回その報復を受けた、と回答しています。
※本当にベネディクト16世とホリー司教の間でそのようなやりとりがあったのか、またあったとしてベネディクト16世がホリー司教の回答を重要視したのかは不明。

 一方で、バチカンは教区管理の問題としており、こちらでは起こった出来事については見解の相違はないようです。
 ホリー司教座下は、教区の組織構成を大幅に変えようとしたり、側近となる司祭を呼び寄せてすぐに重要な地位に昇格させたり、ということをした模様。
 これについて座下は、組織が体をなしていなかったことと、呼び寄せた司祭はよく知っている人物なのでなんの問題もないとしています。また、黒人なので差別があったとそういうコメントもしているようです。
 これらに関して、大幅な組織構成の変更は通常あり得ないほどということと、司祭の重要役職への昇格に関しては同地への赴任から五年くらいかかるとの指摘もあります。また、この司祭が、過去に司教の許可を得ずに悪魔祓い(エクソシズム)をおこなったとの話もあります。

 真偽は不明なものの、正直なところ大物というわけではなさそうですし、支持者が多数集まっているわけでもなさそうなので、さほど興味はわきません。
 本人はスピリチュアル・バトルの始まりといっているようですが、具体的になにをやるのかはまったく見えてきません。
 ただ、もしベネディクト16世聖下が本当にホリー司教座下に適性を尋ねその回答を重要視したとするなら、聖下から評価を受けている可能性もあり、その方面で失地回復を図っていくかもしれません。

 

 (英語:ローマ教皇聖座公式サイト)Resignations and Appointments, 24.10.2018
 (英語:バチカンニュース)Pope removes Bishop of Memphis from pastoral care of his diocese – Vatican News
 (英語:Catholic News Agency)Bishop Martin Holley says Cardinal Wuerl influenced his removal from Memphis
 (英語)The mysterious removal of Bishop Holley | CatholicHerald.co.uk

 

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が新任のローマ教皇聖座駐箚イラン大使と会見、信任状の捧呈を受ける(2018年10月)

 2018年10月29日、キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)は、新任のローマ教皇聖座駐箚イラン・イスラム共和国特命全権大使“セイエド”・タハ・ハシェミ博士閣下(セイイェド・ターハー・ハーシェミー師 : His Excellency Dr Seyed Taha Hashemi)と会見、信任状の捧呈を受けたようです。

 

 (英語)Iran's new ambassador gives the pope a Persian rug | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Iran's new ambassador gives the pope a Persian rug – YouTube

 

 (英語:ローマ教皇聖座公式サイト)The Credential Letters of the Ambassador of the Islamic Republic of Iran to the Holy See, 29.10.2018

 

キリスト教/アルメニア使徒教会/キリキア・カトリコスのアラム1世聖下が、スイス復古カトリック教会の聖堂を訪問(2018年10月)

 2018年10月25日、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会(アルメニア正教会)のキリキア・カトリコスアラム1世聖下(His Holiness Aram I, Catholicos of the Great House of Cilicia)は、スイス復古カトリック教会の聖ペトロ・聖パウロ聖堂(主教座)を訪問。
 晩課に臨席し、礼拝後に教会間対話についてスピーチをおこないました。

 

Cilicia TV:
ԼՈՒՐԵՐ ԿԱԹՈՂԻԿՈՍԱՐԱՆԷՆ 27.10.2018 – YouTube

※スイス復古カトリック教会首座主教ハラルト・ライン座下(Harald Rein)と会見、

 

 アラム1世聖下はスイス復古カトリック教会の招待によりスイス連邦を訪問しています。

 スイス復古カトリック教会は、近代にローマ・カトリック教会から分離した復古カトリック教会に分類され、現在でもユニオン・オブ・ユトレヒトに加盟しています。
 名称ですが、世界教会会議【WCC】は「Old-Catholic Church of Switzerland」という名称を使用し(Old-Catholic Church of Switzerland — World Council of Churches)、今回のアルメニア使徒教会キリキア・カトリコス庁系メディアの動画説明文にも「the old #Catholic #Church in #Bern, #Switzerland」と(#付きですが)されており、スイス復古カトリック教会でよさそうに思えますが、一方同教会の公式サイトでは、

 (ドイツ語)Besuch S.H. Katholikos Aram I – Christkatholische Kirche der Schweiz
※アラム1世聖下訪問予定の記事

 「Christkatholische Kirche der Schweiz」(ドイツ語)となっています(他にフランス語・イタリア語表記も)。 
 英訳すれば「Christian Catholic Church of Switzerland」となり日本語訳すれば「スイス・キリスト・カトリック教会」(“復古”にあたる“old”がない)とでもなるような名称です。
 彼らがそう称しているのであれば、そうなのでしょうが、一方で他者がまるでそれを尊重していないようにみえる状況は不思議です。
 あるいは英語表記だけは復古カトリック教会の一派とわかるものを使用しているのかもしれませんが……。

 

追記:
 キリキア・カトリコス庁公式サイトに英語版記事が出たのでリンクしておきます。

 (英語)HIS HOLINESS DELIVERS A LECTURE AT ST. PETER AND PAUL CATHEDRAL OF THE OLD CATHOLIC CHURCH IN BERN | Armenian Church Catholicosate of Cilicia

 

関連:
 キリスト教/アルメニア使徒教会/キリキア・カトリコスのアラム1世聖下が、訪問先のスイスでアルメニア大統領アルメン・サルグシャン閣下と会見(2018年10月)

 

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、アルメニア使徒教会カトリコスのガレギン2世聖下と会見(2018年10月)

 2018年10月24日、キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)は、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会/全アルメニア人のカトリコス・最高総主教ガレギン2世聖下(His Holiness Karekin IIGaregin II】, Supreme Patriarch and Catholicos of All Armenians)と会見しました。

 

 (英語)Pope meets with Karekin II, the pope of Armenian Apostolic Church | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Pope meets with Karekin II, the pope of Armenian Apostolic Church – YouTube

 

 (2018年10月24日の会見者リスト:英語:ローマ教皇聖座公式サイト)Audiences, 24.10.2018

 

追記:
 アルメニア使徒教会側から映像がアップロードされました。会見は最初のほう。

Armenian Church(アルメニア使徒教会 聖エチミアジン母座 公式チャンネル):
Ամենայն Հայոց Կաթողիկոսի եւ Հռոմի պապի հանդիպումը – YouTube

 

追記2:
 同じく。
 ガレギン2世聖下のイタリア訪問という見出し。

Armenian Church(アルメニア使徒教会 聖エチミアジン母座 公式チャンネル):
Ամենայն Հայոց Կաթողիկոսի այցը Իտալիա – YouTube

 

マルタ騎士団総長殿下が、新任のマルタ騎士団駐箚フィリピン大使、ドイツ大使を接受(2018年10月)信任状の捧呈を受ける

※この記事は世界の王室ニュースと重複します。

 

 2018年10月24日、第80代マルタ騎士団総長“フラー”・ジャコモ・ダッラ・トッレ・デル・テンピオ・ディ・サングイネット殿下(His Most Eminent Highness The Prince and Grand Master, Fra’ Giacomo Dalla Torre del Tempio di Sanguinetto)は、新任の、
 マルタ騎士団駐箚フィリピン共和国特命全権大使グレース・レルシオ・プリンセサ閣下(Her Excellency Grace RELUCIO PRINCESA)、
 マルタ騎士団駐箚ドイツ連邦共和国特命全権大使ミヒャエル・コッホ博士閣下(His Excellency Dr Michael KOCH)、
 を接受、信任状の捧呈を受けました。

 

 (英語:マルタ騎士団公式サイト)Credentials presented by Philippines and Germany – Order of Malta

 

Order of Maltaさんのツイート: "The Grand Master of the #OrderofMalta, Fra’ Giacomo Dalla Torre, received in audience in the Magistral Palace for the presentation of their Letters of Credence the new Ambassadors of #Philippines and #Germany. https://t.co/8u1PIQRvyE"

 

Order of Malta – The Grand Master, Fra’ Giacomo Dalla… | Facebook