キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が、ロシア連邦駐箚のモンテネグロ大使と会見(2020年1月)

 2020年1月29日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、退任するロシア連邦駐箚のモンテネグロ大使と会見しました。
 イラリオン府主教は、モンテネグロの教会に関する情勢に深い懸念を表明、それに対し大使はモンテネグロ政府の立場を伝えたようです。
関連:
 モンテネグロ議会が野党議員を18人ほど拘束してキリスト教/セルビア正教会の教会財産を大量に接収するための新法を成立(2019年12月)

 

 (英語:ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式ウェブサイト)DECR Chaiman meets with Montenegro Ambassador to Russia / News / Patriarchate.ru
 (ロシア語:ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式ウェブサイト)Председатель ОВЦС провел встречу с послом Черногории в России / Новости / Патриархия.ru

 (英語)DECR Chaiman meets with Montenegro Ambassador to Russia – Ορθοδοξία News Agency

 

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下が、ロシア国防相セルゲイ・ショイグ閣下と会見(2020年1月)

 2020年1月28日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・ロシア全土【ルーシ全土】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)は、ロシア連邦国防大臣セルゲイ・クジュゲトヴィチ・ショイグ上級大将閣下(Sergei Kuzhugetovich Shoigu)と会見しました。

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁 公式チャンネル):
Состоялась встреча Святейшего Патриарха Кирилла с министром обороны РФ С.К. Шойгу – YouTube

 

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁 公式ウェブサイト)Состоялась встреча Святейшего Патриарха Кирилла с министром обороны РФ С.К. Шойгу / Новости / Патриархия.ru

 

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教庁の司祭が、ラジオで「過去に私が参加した会合で、ギリシャ正教会の府主教が『ここにロシア人がいなくてよかった』とスピーチした」「彼らはロシア人を嫌っている」とコメント(2020年1月)

 キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁の司祭が、ラジオで「過去に私が参加した会合で、ギリシャ正教会の府主教が『ここにロシア人がいなくてよかった』とスピーチした」「彼らはロシア人を嫌っている」とコメントしたようです。

 また、現在のコンスタンティノープルとの教会分裂は、東方正教会にとって良いことであり非難は心配しなくて良い、これによって教会が浄化されているからとも語っています。

 

 (英語)Interfax-Religion: Russian Church accuses Constantinople for ingratitude and Russophobia

 

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下が、ロシア連邦駐箚ドイツ連邦共和国特命全権大使ゲーザ・アンドレアス・フォン・ガイヤー閣下と会見(2020年1月)

 2020年1月23日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・ロシア全土【ルーシ全土】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)は、ロシア連邦駐箚ドイツ連邦共和国特命全権大使ゲーザ・アンドレアス・フォン・ガイヤー博士閣下(His Excellency Dr Géza Andreas von Geyr)と会見しました。
 名前からすると、ドイツ貴族のガイヤー家(ガイヤー・フォン・シュヴェッペンブルク家など)出身に思えますが、確認できていません。

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁 公式チャンネル):
Святейший Патриарх Кирилл встретился с послом Германии в России – YouTube

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁 公式ウェブサイト)Patriarch Kirill meets with Germany’s ambassador to Russia / News / Patriarchate.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁 公式ウェブサイト)Святейший Патриарх Кирилл встретился с послом Германии в России / Новости / Патриархия.ru

 (英語)Patriarch Kirill meets with Germany’s ambassador to Russia – Ορθοδοξία News Agency

 

ПосольствоГерманииРФさんはTwitterを使っています: 「В ходе встречи Посла фон Гайра с Патриархом Московским и всея Руси Кириллом было также отмечено, что многолетний #диалог церквей внес большой вклад в примирение народов 🇩🇪 и 🇷🇺. Этот диалог также важен и для дальнейшего развития отношений между нашими странами. #ПатриархКирилл https://t.co/8w79VleH1z」 / Twitter

 

23 января Посол фон Гайр впервые… – Посольство Германии в Москве – Deutsche Botschaft Moskau | Facebook

 

Посольство Германии в Москве(@german_embassy_msk) • Instagram写真と動画

View this post on Instagram

23 января Посол фон Гайр впервые встретился с Предстоятелем Русской Православной Церкви. Патриарх Московский и всея Руси Кирилл принял Посла в своей Резиденции в Даниловом монастыре в Москве. В ходе встречи был подчеркнут высокий уровень отношений между нашими странами. Учитывая тяжелые страницы совместной истории, они представляют собой большую ценность, о чем постоянно необходимо напоминать. Было отмечено, что многолетний диалог церквей внес большой вклад в примирение народов 🇩🇪 и 🇷🇺. Этот диалог также важен и для дальнейшего развития отношений между нашими странами. #ДаниловМонастырь #Патриарх #ПатриархКирилл #Кирилл #Патриархия #дипломатия #церковь #религия #Германия

A post shared by Посольство Германии в Москве (@german_embassy_msk) on

 

キリスト教/コンスタンティノープルが、“ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”の“フィラレート総主教”を、コンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】の一員としてリストに掲載(2020年1月)

 キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルが、コンスタンティノープル批判を繰り返す“ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”首座/“フィラレート総主教”(キーウ・ルーシ=ウクライナ全土総主教フィラレート聖下 : His Holiness Patriarch Filaret of Kyiv and All Rus’-Ukraine)を、コンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】の一員として掲載したリストを出したようです。
 OCU首座“エピファニー府主教”を別にすると、一番目で、もう何が何やら。御機嫌を取っているつもりなのでしょうか。
 ちなみに二番目は、元 UAOC【ウクライナ独立正教会】首座“マカリー府主教”、三番目は、ウクライナ正教会モスクワ総主教庁系【UOC-MP】から離脱した“シメオン府主教”です。

 なお、ロシア正教会の聖職者を掲載するリストのところに、ウクライナ正教会モスクワ総主教庁系【UOC-MP】の主教らも掲載されているそうです。なんでも載せればいいってもんやないんやで……。

 

 (英語)Phanar officially calls Filaret a member of OCU – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

Офіційне видання Вселенського… – Юрій Чорноморець | Facebook