第80代マルタ騎士団総長に、ジャコモ・ダッラ・トッレ・デル・テンピオ・ディ・サングイネット副長が選出される(2018年5月)

※この記事は世界の王室ニュースと重複します。

 

 2018年5月2日、マルタ騎士団は、本部官邸にて総長または代行を選出する評議会をおこない、“フラー”・ジャコモ・ダッラ・トッレ・デル・テンピオ・ディ・サングイネット副長(総長代行 : The Lieutenant of the Grand Master, Frà Giacomo Dalla Torre del Tempio di Sanguinetto)を第80代マルタ騎士団総長に選出した模様です。
 これまで任期1年の副長として務めてきましたが、終身の総長となります。

 

 (英語:マルタ騎士団公式サイト)Fra’ Giacomo Dalla Torre del Tempio di Sanguinetto elected 80th Grand Master of the Sovereign Order of Malta – Order of Malta

 

Order of Maltaさんのツイート: "Fra’ Giacomo Dalla Torre del Tempio di Sanguinetto is the 80th Grand Master elected today by the Council Complete of State in Rome. #OrderofMalta https://t.co/PWAyVhxbxz… https://t.co/4FHdHGv2kx"

 

Order of Malta – Fra’ Giacomo Dalla Torre del Tempio di… | Facebook

 

 (英語)Order of Malta elects new Grand Master: Fra' Giacomo Dalla Torre | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Order of Malta elects new Grand Master: Fra' Giacomo Dalla Torre – YouTube

 

Order of Malta | Official Channel(マルタ騎士団公式チャンネル):
Council Complete of State of the Sovereign Order of Malta – YouTube

Fra’ Giacomo Dalla Torre elected 80th Grand Master of the Order of Malta – YouTube

 

「The Dictator Pope」(独裁者ローマ教皇)という書名のローマ教皇フランシスコ聖下批判の本の著者が自分だと明かしたヘンリー・サイアー氏がマルタ騎士団から団員資格停止処分に(2018年3月)

 昨年12月に、「The Dictator Pope」(独裁者ローマ教皇)という書籍が出ているのですが、この書物がキリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)をアルゼンチン共和国の大統領だったこともある故ファン・ペロン氏(Juan Perón)の政治手法を重ねるなど、聖下に対して批判的なものだったらしいです。
※ペロン氏に対しては評価がわかれていますが、少なくともこの本自体はペロン氏=独裁者という図式の上で、その手法を聖下と重ねているのでしょう(読んでいないので詳細は知りませんが)。

 そして著者がペンネームを用いていたのですが、このほどヘンリー・サイアーHenry Sire)という人物が、自分が著者であると発言し、それに対してマルタ騎士団はサイアー氏の団員資格停止処分と調査の開始をアナウンスしています。

 

 (英語版ページですが現在未訳:マルタ騎士団公式サイト)Henry Sire, autor de The Dictator Pope, suspendido como miembro de la Orden de Malta – Order of Malta

 (英語)‘Dictator Pope’ author Henry Sire suspended from Order of Malta | CatholicHerald.co.uk

 

 2016年末からの騒動で、当時のマルタ騎士団総長マシュー・フェスティング殿下は(フランシスコ聖下によって)辞任に追い込まれましたが、その後の総長選挙(2017年)でマルタ騎士団は総長(終身)を選出できず、任期一年の“フラー”・ジャコモ・ダッラ・トッレ・デル・テンピオ・ディ・サングイネット副長(総長代行 : The Lieutenant of the Grand Master, Frà Giacomo Dalla Torre del Tempio di Sanguinetto)を選出したのみです。内部分裂は明らか。
 今年の選挙は5月ですが、今回の一件は、マルタ騎士団内部にある程度の勢力をもっていると思われる、「フランシスコ聖下による『内政干渉』『国際法違反』によって主権実体であるマルタ騎士団の主権が脅かされている」という考えの一端ではないかとも思われます。
※団員資格停止処分になったままだと総長選挙には投票できないと思いますけど。

マルタ騎士団【主権実体】の憲法改正に関する集会に五大陸から140人が参加した模様(2018年2月)2016年~2017年のローマ教皇とマルタ騎士団総長の対立を念頭に総長権限の縮小が最重要項目か

※この記事は別ブログと重複します。

 2018年2月8日~2月11日の期間にイタリア共和国のローマで、マルタ騎士団の“フラー”・ジャコモ・ダッラ・トッレ・デル・テンピオ・ディ・サングイネット副長(総長代行 : Lieutenant of the Grand Master, Frà Giacomo Dalla Torre del Tempio di Sanguinetto)臨席の元、憲法改正に関する集会に五大陸から140人が参加した模様です。

 また、キリスト教/ローマ・カトリック教会のローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)より教皇の使節として、つまりマルタ騎士団を抑え込むためのローマ・カトリック教会の代表として送られてきている、ジョヴァンニ・アンジェロ・ベーチュ大司教座下(Monsignor Giovanni Angelo Becciu)が開会に臨席したようです。

 2016年~2017年に起こった当時のマシュー・フェスティング総長殿下とフランシスコ教皇聖下の間の争い(結果フェスティング殿下が辞任するも、後任の総長を選出できず、ジャコモ・ダッラ・トッレ総長代行が指名され任にあたっている。任期は一年)を念頭に、教会が騎士団を完全に抑え込むような形を整えるのが最重要項目の一つでしょう(つまり総長の権限を削るということ)。
 しかし、当時フェスティング殿下が抵抗して発言したように、主権実体の元首であるマルタ騎士団総長に対して、主権実体「ローマ教皇聖座」および主権国家「バチカン市国」の元首であるローマ教皇が“命令”するのは、主権侵害=国際法違反という見方もあり、ローマ教皇の権威に逆らうものに対して厳しいフランシスコ聖下の方針・選択がうかがえます。

 

 (英語)Constitutional Reform of the Order of Malta: in Rome the international strategic seminar – Order of Malta

Order of Maltaさんのツイート: "Constitutional Reform of the Order of Malta: in Rome the international strategic seminar "The reform aims to renew the forms of the Order founded on the same principles that inspired its creation almost one thousand years ago and its action” https://t.co/3ylSqXyutA #OrderofMalta… https://t.co/la8wWK7AS6"