キリスト教/セルビア総主教ポルフィリイェ聖下がコンスタンティノープルのバルソロメオス総主教のウクライナにおける行為を「教会法にそっていない」とコメントした件で、コンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】の聖職者がセルビア総主教を非難(2021年3月)着座後すぐに泥沼の気配

 新たに着座したキリスト教/東方正教会/セルビア正教会は、セルビア総主教ポルフィリイェ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Porfirije, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)は、インタビューでの答えの中で、コンスタンティノープルのバルソロメオス総主教のウクライナにおける行為(一方的に独立正教会を設置したことなど)を「我々はロシア正教会の見方をしているわけではなく教会法を守っているだけ。コンスタンティノープルのやり方は教会法・慣習に沿っていない」とコメントしました。
 これに関して、コンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】の“聖職者”が、「セルビア総主教は教会法の専門家でも、ウクライナにおける専門家でもなんでもない」と非難しているようです。

 

 (英語)Schismatic bishop fires back: Serbian Patriarch is no expert on canons, he’s pretending to be an oracle / OrthoChristian.Com
 (英語)OCU claims Patriarch Porfirije is not an expert on canons – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

 

 ウクライナにおける現在の東方正教会の問題は多々ありますが、まず OCU の首座である“エピファニー府主教”について、ポーランド正教会は「彼は主教ではない」と回答しており、キプロス正教会でコンスタンティノープルを批判している府主教らは「彼は神品(聖職者)ではない」と発言しています。
 ポルフィリイェ総主教にいたっては、かつて「彼は信徒ですらない」としていました。

 ポルフィリイェ総主教からしてみれば、なんで首座を自称する「信徒ですらない人物」のよくわからない手下からこんなことを言われねばならんのかという話で、コンスタンティノープルがこれに対して(ポルフィリイェ聖下のコメント及び、それに対する OCU の人物のコメントに対して)何か反応するのか注目です。

 

 それにしても、ああ、泥沼……。

キリスト教/東方正教会の首座らが、永眠したキリスト教/セルビア総主教イリネイ聖下への弔意を表明(2020年11月)

※情報が出たのを見つけたら追加します。

 

 キリスト教/東方正教会の首座らが永眠したキリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)への弔意を表明しています。

 

 (セルビア語:セルビア正教会 ザグレブ=リュブリャナ府主教庁 公式サイト)Помјесне Цркве жале за Патријархом Иринејем – Митрополија загребачко-љубљанска
※個別記事を見つけられなかった方々(コンスタンティノープル、アレクサンドリア、アテネ)も含んでいます。

 

キリスト教/東方正教会/アンティオキア・東方全土総主教ヨウハンナ10世聖下(His Beatitude Patriarch John X of Antioch and All the East):

البطريرك يوحنا العاشر معزياً ببطريرك… – Antioch Patriarchate | Facebook

 

キリスト教/東方正教会/ルーマニア正教会の首座/ルーマニア正教会総主教ダニエル聖下(ブカレスト大主教 : ムンテニア・ドブロジャ府主教 : カエサレア・カッパドキアエ座代行 : His Beatitude Daniel, Archbishop of Bucharest, Metropolitan of Muntenia and Dobrudgea, Locum tenens of the throne of Caesarea Cappadociae, Patriarch of the Romanian Orthodox Church):

TRINITAS TV:
Mesaj de condoleanțe transmis Sfântului Sinod al Bisericii Ortodoxe Sârbe – YouTube

 (英語:ルーマニア正教会通信)Patriarch Daniel sends condolences to Serbian Holy Synod after repose of Patriarch Irinej – Basilica.ro

Basilica.ro (EN)さんはTwitterを使っています 「Patriarch Daniel sends condolences to Serbian Holy Synod after repose of Patriarch Irinej https://t.co/JWEqfWbZ8M https://t.co/Hdlrw8YkCv」 / Twitter

His Beatitude Patriarch Daniel expressed… – Basilica News Agency | Facebook

 

キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・ロシア全土【ルーシ全土】総主教キリル聖下(キリール総主教キリイル総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】):

 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ・沿海府主教庁 公式サイト)Његова светост Патријарх московски и цијеле Русије Кирил изразио је саучешће у вези са уснућем Његове светости Патријарха српског Иринеја | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

※今のところ、ロシア正教会のサイトで弔意の表明を見かけませんが、見落としているかもしれません。

 

キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁の管轄権下で高度な自治的権限を有するウクライナ正教会の首座/キエフ・ウクライナ全土府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan OnufriyOnufry】 of Kiev and All Ukraine):

 (ウクライナ語:ウクライナ正教会 公式サイト)Співчуття Предстоятеля УПЦ Священному Синоду Сербської Православної Церкви з приводу кончини Святішого Патріарха Іринея – Українська Православна Церква

Соболезнование Предстоятеля УПЦ… – Українська Православна Церква | Facebook

 

キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁の管轄権下で自主的に行動している在外ロシア正教会【ROCOR】の首位、米国東部・ニューヨーク府主教イラリオン座下(His Eminence Metropolitan Hilarion of Eastern America & New York):

 (英語:在外ロシア正教会【ROCOR】公式サイト)The Russian Orthodox Church Outside of Russia – Official Website | His Eminence Metropolitan Hilarion of Eastern America and New York sends condolences to the Holy Synod of the Serbian Orthodox Church on the repose of His Holiness Patriarch Irinej
 (英語:在外ロシア正教会米国東部教区公式サイト)Metropolitan Hilarion sends Condolences to Holy Synod of Serbian Orthodox Church on Repose of His Holiness, Patriarch Irinej | Eastern American Diocese of the Russian Orthodox Church Abroad

 

キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁の管轄権下で自治的な権限を持つ西欧ロシア正教会大主教区の首座大主教/ドゥブナ府主教ジャン座下(イオアン大主教 : His Eminence Metropolitan JeanJohn】【Ioan】【Ioann】 of Dubna, Archbishop of the Russian Orthodox Churches in Western Europe):

 (フランス語:西欧ロシア正教会大主教区 公式サイト)Archevêché des églises orthodoxe de tradition russe en Europe occidentale – Lettre de condoléances de Mgr Jean de Doubna pour le décès du Patriarche Irénée de Serbie

 

キリスト教/東方正教会/ジョージア正教会【グルジア正教会】の首座/全ジョージアのカトリコス=総主教イリア2世聖下(His Holiness Catholicos-Patriarch Ilia II of All Georgia):

 (ジョージア語【グルジア語】:ジョージア正教会 総主教庁 公式サイト)საქართველოს საპატრიარქო | სამძიმარი სერბეთის პატრიარქის, უწმინდესი ირინეოსის გარდაცვალების გამო

საქართველოს საპატრიარქო ❲ოფიციალური გვერდი❳ | Facebook

 

キリスト教/東方正教会/ポーランド正教会の首座/ワルシャワ・全ポーランド府主教サワ座下(His Beatitude Metropolitan Sawa of Warsaw and All Poland):
 (セルビア語:セルビア正教会 モンテネグロ・沿海府主教庁 公式サイト)Митрополит варшавски и све Пољске Сава: Саучешће поводом упокојења Патријарха Иринеја | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 

キリスト教/東方正教会/チェコ・スロバキア正教会の首座/チェコ・スロバキア府主教ラスティスラフ座下(プレショフ大主教 : His Beatitude Metropolitan Rastislav, Archbishop of Prešov, Primate of the Orthodox Church of the Czech Lands and Slovakia):

 (スロバキア語:スロバキア正教会 公式サイト)KONDOLENCIA SVÄTÉMU ARCHIJEREJSKÉMU SNEMU SRBSKEJ PRAVOSLÁVNEJ CIRKVI – Oficiálna stránka – Pravoslávnej cirkvi na Slovensku

Pravoslávna cirkev na Slovensku | Facebook

 

キリスト教/東方正教会/アメリカ正教会【OCA】の首座/ワシントン大主教、全アメリカ・カナダ府主教ティーホン座下(His Beatitude Metropolitan Tikhon of All America and Canada, Archbishop of Washington):

 (英語:アメリカ正教会【OCA】公式サイト)Metropolitan Tikhon Sends Condolences on the Falling Asleep of Serbian Orthodox Patriarch Irinej – Orthodox Church in America

Orthodox Church OCAさんはTwitterを使っています 「Metropolitan Tikhon Sends Condolences on the Falling Asleep of Serbian Orthodox Patriarch Irinej https://t.co/00UiVSf7uD https://t.co/AgqR0QL6NX」 / Twitter

Orthodox Church in America | Facebook

 

キリスト教/東方正教会/ブルガリア正教会の首座/ブルガリア総主教・ソフィア府主教ネオフィット聖下(His Holiness Patriarch Neophyte【Neofit】 of Bulgaria, Metropolitan of Sofia):

 (ブルガリア語:ブルガリア正教会 総主教庁 公式サイト)Новини | Съболезнователен адрес на Негово Светейшество Българския патриарх Неофит по повод кончината на Сръбския патриарх Ириней

Българска православна църква – Българска патриаршия | Facebook

 (セルビア語:セルビア正教会 モンテネグロ・沿海府主教庁 公式サイト)Саучешће бугарског патријарха Неофита поводом смрти патријарха Иринеја | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 

キリスト教/東方正教会/アルバニア正教会の首座/ティラナ・ドゥラス大主教アナスタシオス座下(His Beatitude Archbishop Anastasios of Tirana and Durres, Primate of Albania):

 (英語:アルバニア正教会 公式サイト)Letter of condolences to the Orthodox Church of Serbia – Orthodox Autocephalous Church of Albania

 

世界教会協議会【WCC】事務総長【総幹事】代行ヨアン・サウカ座下(The Reverend Professor Dr Ioan Sauca):
※ルーマニア正教会の信徒(?)ではないかと思います。

 (英語:世界教会協議会【WCC】公式サイト)WCC mourns loss of His Holiness Patriarch Irinej, head of Orthodox Church of Serbia | World Council of Churches

World Council of Churches (WCC)さんはTwitterを使っています 「In a letter of condolence to the Holy Synod of the Serbian Orthodox Church, World Council of Churches interim general secretary Rev. Prof. Dr Ioan Sauca expressed sadness at the passing of His Holiness Patriarch Irinej, head of Orthodox Church of… https://t.co/70TfSnfGhV #WCC https://t.co/k0N7jIucCj」 / Twitter

WCC mourns loss of His Holiness… – World Council of Churches | Facebook

 


ローマ・カトリック教会/

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis):

 (セルビア語:セルビア正教会 モンテネグロ・沿海府主教庁 公式サイト)Папа Фрања: Патријарх Иринеј је био човек вере и дијалога | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 

 ローマ教皇庁キリスト教一致推進評議会議長クルト・コッホ枢機卿座下が、永眠したセルビア総主教イリネイ聖下への弔意を表明(2020年11月)

 

キリスト教/ローマ・カトリック教会/ザグレブ大司教ヨシプ・ボザニッチ枢機卿座下(His Eminence Josip Cardinal Bozanić, Archbishop of Zagreb):

 (クロアチア語:ザグレブ大司教区 公式サイト)Sažalnica kardinala Josipa Bozanića, nadbiskupa zagrebačkog u povodu smrti patrijarha Irineja – Zagrebačka nadbiskupija

 (クロアチア語)Sažalnica kardinala Josipa Bozanića u povodu smrti patrijarha Irineja – IKA

 (セルビア語:セルビア正教会 モンテネグロ・沿海府主教庁 公式サイト)Kардинал Бозанић изразио саучешће Синоду – Митрополија загребачко-љубљанска

 

キリスト教/ローマ・カトリック教会/クロアチア司教協議会議長のザダル大司教ジェリミール・プルジッチ座下(Archbishop Želimir Puljić, Archbishop of Zadar):

 (クロアチア語:ザダル大司教区 公式サイト)Sućut Srpskoj pravoslavnoj Crkvi predsjednika HBK, nadbiskupa Puljića, povodom smrti patrijarha Irineja – Zadarska nadbiskupija
 (クロアチア語)Sažalnica predsjednika Vijeća HBK za ekumenizam i dijalog u povodu smrti patrijarha Irineja – IKA
 (クロアチア語:クロアチア・セルビア東方典礼カトリック教会 公式サイト)SUĆUT PREDSJEDNIKA HBK I ZADARSKOG NADBISKUPA MONS. ŽELIMIRA PULJIĆA U POVODU PREMINUĆA PATRIJARHA SPC IRENEJA
 (セルビア語:セルビア正教会 モンテネグロ・沿海府主教庁 公式サイト)Саучешћа католичких (над)бискупа из Хрватске и Словеније – Митрополија загребачко-љубљанска

 

キリスト教/ローマ・カトリック教会/バール大司教ルロク・ジョンレシャジ座下(コトル使徒座管理 : Archbishop Rrok Gjonlleshaj, Archbishop of Bar, Apostolic Administrator of Kotor):

 (セルビア語:セルビア正教会 モンテネグロ・沿海府主教庁 公式サイト)Писмо саучешћа барског надбискупа поводом смрти Патријарха Иринеја | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 


プロテスタント/
スロベニア・アウグスブルク信仰告白福音教会監督レオン・ノヴァク座下(Leon Novak):
 (セルビア語:セルビア正教会 モンテネグロ・沿海府主教庁 公式サイト)Саучешћа протестантских цркава – Митрополија загребачко-љубљанска

 

キリスト教/“ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”公式サイトに“フィラレート総主教”へのインタビューが掲載(2019年9月)コンスタンティノープルを批判

 “ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”の公式サイトに、“フィラレート総主教”(キーウ・全ルーシ=ウクライナ総主教フィラレート聖下 : His Holiness Patriarch Filaret of Kyiv and All Rus’-Ukraine)へのインタビュー記事が掲載されています。
 記事によれば、ジャーナリストによるインタビューのようです。

 

 (ウクライナ語: UOC-KP 公式サイト)Патріарх Філарет: «В Українській державі повинна бути дійсно незалежна автокефальна Церква» – Українська Православна Церква Київський Патріархат

 (英語)Filaret: Pat. Bartholomew asked President to speed up liquidation of UOC-KP – UOJ – the Union of Orthodox Journalists
 (英語)Filaret: Patriarch Bartholomew seeks absolute power in Orthodoxy – UOJ – the Union of Orthodox Journalists
 (英語)Philaret effectively admits to election tampering, claims Epiphany became primate thanks to him / OrthoChristian.Com

 

 内容は、これまでに比べれば整理されており、この一年いうことがコロコロ変わったり、これまでの行動のまずいところがうまく(?)スルーされているような気がするようなところ、そしてそもそも教会にナショナリズムは必要なの?という根本的なことを除けば、ある程度の説得力はあるのではないかと思います。

 フィラレート総主教によれば、まず彼はロシア正教会モスクワ総主教庁に独立正教会としてくれるように請願したが、これははねつけられたということです。
 そのためコンスタンティノープルを頼ったが、彼らはずーっとグズグズしたあげく、事実上独立を認めていない内容のトモスを渡してきた。それはコンスタンティノープルを絶対的な権力として確立させるためだ、としています。数年前の東方正教会全体の会合で、ロシア正教会、アンティオキア総主教庁、ブルガリア正教会、ジョージア正教会【グルジア正教会】、が欠席しましたが、これはコンスタンティノープルが自らの権力を絶対にしようとしたためであるとし、欠席したロシア正教会などの立場を支持しています(!)。
 また、なぜ「総主教」にこだわるかといえば、ポーランド正教会のように府主教を首座とする独立正教会というのは可能だが、府主教は必ずしも独立正教会の首座というわけではない。「総主教」ならば必ずそうだ、ということです(なぜ総主教にこだわるかについてもこれまで発言が変わったりしているので話半分に聞いていけばいいのですが、確かに総主教と認めた相手にあの内容のトモスを渡すのはムチャ度が増すとは思います)。
 ポロシェンコ(元)大統領については、選挙目当てだったとまたも批判、というか事実を指摘
 その他、欧州を批判したりしていますが、結論としては、ウクライナには、モスクワからもコンスタンティノープルからも真に独立(independent)した「独立正教会(autocephalous church)」が必要だということです。

 

 理屈の展開はわからないでもありませんが、そもそも国単位で独立教会を作らねばならないというのは東方正教会全体では合意されていないというのはどうでもいいとしても、モスクワとコンスタンティノープルを共に敵に回していったいどこに独立正教会として認定してもらおうというのか。もらったとしてなんなんだというのがさっぱりわからないところです。

 

キリスト教/ポーランド正教会の首座/ワルシャワ・全ポーランド府主教サワ座下が、離任するポーランド駐箚ギリシャ大使と会見(2019年7月)

 2019年7月25日、キリスト教/東方正教会/ポーランド正教会の首座/ワルシャワ・全ポーランド府主教サワ座下(His Beatitude Metropolitan Sawa of Warsaw and All Poland)は、離任するポーランド共和国駐箚ギリシャ共和国特命全権大使エヴァンゲロス・ツァウシス閣下(His Excellency Evangelos Tsaoussis)と会見しました。
 サワ座下は大使に、「マグダラの聖マリア勲章 第二等」を授与したようです。

 

 (ポーランド語:ポーランド正教会公式サイト)ORTHODOX | Pożegnalna wizyta ambasadora Grecji

 

 (英語)Farewell visit by the Greek Ambassador to Metropolitan Savva of Poland – Romfea News

Romfea.newsさんはTwitterを使っています: 「Metropolitan Savva awards the Medal of Saint Mary Magdalene to Mr. Evangelos Tsaousis for his cooperation at their farewell visit #romfeanews https://t.co/XGgtJSNwso」 / Twitter

Romfea.news – Metropolitan Savva awards the Medal of Saint… | Facebook

 

動画:キリスト教/ウクライナ正教会(モスクワ総主教庁系)首座/キエフ府主教オヌフリー座下を支持する各独立正教会の主教らと、コンスタンティノープル系ウクライナ正教会の“内紛”などの話(2019年7月)

 2019年6月25日におこなわれた、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会(モスクワ総主教庁)の管轄下で高度な自治的権限を有するウクライナ正教会の首座/キエフ・全ウクライナ府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan Onufriy of Kiev and All Ukraine)らの礼拝と、コンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】と“ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”の“内紛”などの映像です。 

 

UOJ I Union of Orthodox Journalists:
Triumph of UOC and disgrace of schismatics: whose prayers are heard by God – YouTube

 

 ぶっちゃけていいますと、モスクワ寄りの映像です。

 冒頭などに登場する、モスクワ総主教庁系ウクライナ正教会およびオヌフリー府主教座下を支持するコメントをしている各独立正教会の主教ら(登場順)は、
 セルビア正教会 …… モラヴィツァ主教アントニイェ座下(His Grace vicar Bishop AnthonyAntonije】 of Moravica : ビデオ内表記【Bishop Anthony of Moravia】)、
 ブルガリア正教会 …… ロヴェチ府主教ガヴリール座下(His Eminence Metropolitan GabrielGavriil】 of Lovech : ビデオ内表記【Metropolitan Gabriel of Lovech】)、
 キプロス正教会 …… タマソス・オレイニ府主教イサイアス座下(His Eminence Metropolitan Isaias of Tamassos and Oreini : ビデオ内表記【Metropolitan Isaiah of Tamassos】)、
 ポーランド正教会 …… ハイノフカ主教パーヴェル座下(His Grace Bishop Paweł of Hajnówka : ビデオ内表記【Bishop Paul of Hainowka】)、
 エルサレム総主教庁 …… ボスラ府主教ティモセオス座下(The Most Reverend【His Emienence】 Metropolitan Timotheos of Bostra)、
 アレクサンドリア総主教庁 …… カルタゴ府主教メレティオス座下(His Eminence Metropolitan Meletios of Carthage)。

 

 “内紛”の話題ですが、すでに今まで取り上げたことが含まれます。
 “フィラレート総主教”の主張、彼自身への破門(Anathema)はもともと成立していないというものも出ています(これは今後一番問題になってくるポイントでしょう)。コンスタンティノープルによる破門の撤回がそもそも不要であったということです。
 キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、コンスタンティノープルが、ウクライナの教会法上合法でない主教らを“合法化”してくるという予想をしていました。しかし現時点において、そしておそらく今後も、おこなわれていません。これは、コンスタンティノープルが独立正教会として認めたウクライナ正教会【OCU】には、(フィラレート総主教を除いて)教会法上合法な聖職者が存在しないことを示しています(ただしフィラレート総主教への破門がそもそも成立していないとすれば教会法上合法です)。
 コンスタンティノープルを支持する聖職者・論者の中には、「そもそも独立正教会というのは、コンスタンティノープルから独立しているというわけではない」などという今となってはどーでもいーことをだらだらと述べている方もいますが、教会法上合法な聖職者や使徒継承性について語ってほしいところです。「教会法も使徒継承性もどうでもいい。すべてコンスタンティノープルのその時の気分で決まる。それが東方正教会の教え、古代より伝わる正しい教え、キリスト教だ」とそういうことなんでしょうか? いや、そうなんでしょう。それは過去において東方正教会が主張してきたこととはちと違うと思うので、今年の OCU へのトモス授与に伴い、東方正教会は崩壊し、今は組織を継承していると称する変な集団がいるだけだ、とそう結論付けるしかないのです。
 もちろん、コンスタンティノープルがどうなろうが、他にも教会集団は存在しますし、彼らは OCU を承認していないので、東方正教会が崩壊したなどというのは大袈裟だということは言えるかもしれませんが、その各教会はコンスタンティノープルと縁を切ろうとする気がないどころか(ロシア正教会ですら今より進む気はないでしょう)、「コンスタンティノープルを失ったら我々はプロテスタントと同レベルになってしまう!」と絶叫している有様。

 ウクライナ国内の、教会無法地帯、キリスト教の墓場ぶりは失笑モノであることは確かですが、これは東方正教会の姿そのもの、伝統的なキリスト教の姿そのものであり、キリスト教どころか、キリスト教の聖堂をパクった妙な建物で聖職者なのかなんなのかわからない白人男性(宗教的理由もないのにインド人のおばちゃんとかではいけないというなら、人種差別・性差別の疑いのある行為)に結婚式を執り行ってもらって感動している日本人もまたこの茶番劇から逃げられない状況にあります。キリスト教的伝統を適当に消化して作られている漫画・アニメ・ゲームの類もまた同じですが……。

 結論は特にありませんが、現在の世界は、伝統的なキリスト教の崩壊に伴う巨大な茶番がずっと続いているのではないか、という気がしてきました。
 我々が生きている間にこの茶番は終わらないでしょう。もしや世界はウクライナ化していくのか……。

 

関連:
 キリスト教/ウクライナ正教会(モスクワ総主教庁系)による、エルサレム総主教庁ボスラ府主教ティモセオス座下へのインタビュー映像(2019年6月)