キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下が、キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下と、米英仏のシリア攻撃について電話会談(2018年4月)

 ロシア連邦のTASS通信の記事によりますと、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)は、キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)と、アメリカ合衆国・英国・フランス共和国によるシリア・アラブ共和国攻撃について電話会談したそうです。

 

 (英語)TASS: Society & Culture – Russian Orthodox Church head discusses Syria with Pope Francis

 

電話会談後のキリル聖下の会見/
russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
Обращение Святейшего Патриарха Кирилла в связи с ситуацией в Сирии – YouTube

※ローマ教皇以外に、東方正教会の各首座との電話会談もおこなわれた模様。
※会見映像にはロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))が同席。

 

追記:
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Patriarch Kirill discussed situation in Syria over telephone with Pope Francis of Rome and Primates of Local Orthodox Churches | The Russian Orthodox Church
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Peacemaking initiative of Christian leaders in response to the situation in the Middle East | The Russian Orthodox Church

 またキリル聖下の指示によりイラリオン座下は、キリスト教/オリエント正教会/コプト正教会の首座/アレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下(His Holiness Pope Tawadros II of Alexandria)及びキリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)と電話会談したようです。

 

追記2:
 (英語)Pat. Kirill discusses Syria with 4 brother patriarchs / OrthoChristian.Com

 キリル聖下の(東方正教会の首座に分類される)電話会談相手は、
 キリスト教/東方正教会首席/コンスタンティノープル=新ローマ大主教・全地総主教バルソロメオス聖下(バーソロミュー1世世界総主教バルトロマイ1世ヴァルソロメオス1世 : His All-Holiness Bartholomew, Archbishop of Constantinople-New Rome and Ecumenical Patriarch)、
 キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下(His Beatitude Theodoros II, Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa)、
 キリスト教/東方正教会/アンティオキア・東方全土総主教ヨウハンナ10世聖下(His Beatitude Patriarch John X of Antioch and All the East)、
 キリスト教/東方正教会/エルサレム・全パレスチナ総主教セオフィロス3世聖下(His Beatitude Theophilos III, Patriarch of Jerusalem and All Palestine)、
 のようです。

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、フォーミュラE【Formula E】のレーシングカーに使徒的祝福(2018年4月)

 キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)は、週末におこなわれるレースを前に、フォーミュラE【Formula E】のレーシングカーに使徒的祝福をあたえたようです。

 

 (英語)Formula E drivers ask the pope to bless one of their cars | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Formula E drivers ask the pope to bless one of their cars – YouTube

 

 (英語:Formula E 公式サイト)Formula E visits His Holiness Pope Francis at the Vatican – Formula E

 

ABB Formula Eさんのツイート: "Formula E visits His Holiness Pope Francis at the Vatican >> https://t.co/ehfGQNQIH0 @Pontifex #RomeEPrix… "

 

ABB Formula EさんはInstagramを利用しています:「What a morning here in Rome! 🇮🇹 His Holiness @franciscus blessed our car and drivers ahead of this weekend’s 2018 CBMM @niobium.tech…」

キリスト教/バチカン庭園で、ナレクの聖グレゴリオ像の除幕式。ローマ教皇フランシスコ聖下、アルメニア使徒教会カトリコスのガレギン2世聖下とキリキア・カトリコスのアラム1世聖下、アルメニア・カトリック教会首座/キリキア総大司教カトリコスのグリゴル・ベドロス20世ガブロヤン座下、アルメニア大統領セルジ・サルグシャン閣下らが参列(2018年4月)

 2018年4月5日、バチカン庭園にて、ナレクの聖グレゴリオ(Saint Gregory of Narek)の銅像が除幕されました。
 ナレクの聖グレゴリオ

 キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)、
 キリスト教/東方典礼カトリック教会/アルメニア・カトリック教会首座/キリキア総大司教カトリコスグリゴル・ベドロス20世ガブロヤン座下(His Beatitude Patriarch Krikor Bedros XX Gabroyan, Patriarch Catholicos of Cilicia)、

 キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会/全アルメニア人のカトリコス・最高総主教ガレギン2世聖下(His Holiness Karekin II, Supreme Patriarch and Catholicos of All Armenians)、
 キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会(アルメニア正教会)のキリキア・カトリコスアラム1世聖下(His Holiness Aram I, Catholicos of the Great House of Cilicia)、

 アルメニア共和国大統領セルジ・サルグシャン閣下(His Excellency Mr Serzh Sargsyanセルジ・サルキシャン)、

 らが参列しました。

 ガレギン2世聖下には、
 聖エチミアジン母座より渉外儀典局長ナタン・ホヴァニシャン大主教座下(His Eminence Archbishop Nathan Hovhannisyan, Director of the External Relations and Protocol Department of the Mother See)、
 エチミアジン系列の米国東部教区首座ハジャグ・バルサミャン大主教座下(His Eminence Archbishop Khajag Barsamian, Primate of the Eastern Diocese of the Armenian Church of America)、
 らが同行したようです。

 

 (英語)Pope Francis blesses statue in Vatican Gardens in honor of St. Gregory of Narek | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Pope Francis blesses statue in Vatican Gardens in honor of St. Gregory of Narek – YouTube

 

Vatican News – Italiano:
Papa Francesco Inaugurazione statua san Gregorio di Narek Videonews 2018-04-05 – YouTube

 

Vatican News – Italiano:
Papa Francesco presidente armeno Sargsyan statua Gregorio di Narek 05-04-2018 – YouTube

 

Vatican News – Italiano:
Mikayel Minasyan: la statua di San Gregorio di Narek è un simbolo di fratellanza 2018 04 04 – YouTube

 

Vatican News – Italiano:
Mons. Assadourian inagurazione statua san Gregorio di Narek 05-04-2018 – YouTube

 

Armenian Church(アルメニア使徒教会エチミアジン母座公式チャンネル):
Statue of St. Gregory of Narek was Unveiled in the Vatican Garden – YouTube

 

 ナレクの聖グレゴリオ像の除幕式、アルメニア教会総主教らと – バチカン放送局

 (写真一覧)Vatican Unveils Narek Statue (Apr. 5, 2018) – EasternDiocese

 

 (英語:ローマ教皇聖座公式サイト)Holy See Press Office Communiqué: Audience with the President of the Republic of Armenia, 05.04.2018
 (アルメニア語:アルメニア・カトリック教会公式サイト)Նարեկացիի արձանի բացման եւ օրհնութեան արարողութիւնը Վատիկանի պարտէզներուն մէջ – Armenian Catholic Church

 (英語:アルメニア使徒教会聖エチミアジン母座公式サイト)The Armenian Church – Mother See of Holy Etchmiadzin | Fraternal Visit of Catholicos of All Armenians to Vatican

 (英語:アルメニア使徒教会、エチミアジン系列の米国東部教区公式サイト)Vatican Unveils Statue of St. Gregory of Narek – The Armenian Church

 (英語:アルメニア使徒教会キリキア・カトリコス庁公式サイト)HIS HOLINESS ARAM I IN A MEETING WITH HIS HOLINESS POPE FRANCIS EMPHASIZED THE NEED OF GIVING PRIORITY TO SOCIO-ETHICAL ISSUES | Armenian Church Catholicosate of Cilicia

 (英語:アルメニア大統領府公式サイト)President holds private talks with His Holiness Pope Francis – Press releases – Updates – The President of the Republic of Armenia [the official site]
 (英語:アルメニア大統領府公式サイト)President meets with Holy See State Secretary Pietro Parolin – Press releases – Updates – The President of the Republic of Armenia [the official site]
 (英語:アルメニア大統領府公式サイト)Statue of St. Gregory of Narek unveiled in Vatican – Press releases – Updates – The President of the Republic of Armenia [the official site]

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、サンマリノの執政【共同国家元首】二人と会見(2018年3月)

 2018年3月23日、キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)は、サンマリノ共和国の二人の執政(Captain Regent)マッテオ・フィオリーニ閣下(His Excellency Mr Matteo Fiorini)およびエンリコ・カラットーニ閣下(His Excellency Mr Enrico Carattoni)と会見しました。

 執政側から聖下へ、サンマリノ共和国への招待の表明があった模様。

 なお、任期半年の執政の交代がもうすぐです。

 

 (イタリア語)I Capitani Reggenti incontrano Papa Francesco e lo invitano a San Marino

San Marino RTV – Giornata densa di emozioni, oggi in… | Facebook

「The Dictator Pope」(独裁者ローマ教皇)という書名のローマ教皇フランシスコ聖下批判の本の著者が自分だと明かしたヘンリー・サイアー氏がマルタ騎士団から団員資格停止処分に(2018年3月)

 昨年12月に、「The Dictator Pope」(独裁者ローマ教皇)という書籍が出ているのですが、この書物がキリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)をアルゼンチン共和国の大統領だったこともある故ファン・ペロン氏(Juan Perón)の政治手法を重ねるなど、聖下に対して批判的なものだったらしいです。
※ペロン氏に対しては評価がわかれていますが、少なくともこの本自体はペロン氏=独裁者という図式の上で、その手法を聖下と重ねているのでしょう(読んでいないので詳細は知りませんが)。

 そして著者がペンネームを用いていたのですが、このほどヘンリー・サイアーHenry Sire)という人物が、自分が著者であると発言し、それに対してマルタ騎士団はサイアー氏の団員資格停止処分と調査の開始をアナウンスしています。

 

 (英語版ページですが現在未訳:マルタ騎士団公式サイト)Henry Sire, autor de The Dictator Pope, suspendido como miembro de la Orden de Malta – Order of Malta

 (英語)‘Dictator Pope’ author Henry Sire suspended from Order of Malta | CatholicHerald.co.uk

 

 2016年末からの騒動で、当時のマルタ騎士団総長マシュー・フェスティング殿下は(フランシスコ聖下によって)辞任に追い込まれましたが、その後の総長選挙(2017年)でマルタ騎士団は総長(終身)を選出できず、任期一年の“フラー”・ジャコモ・ダッラ・トッレ・デル・テンピオ・ディ・サングイネット副長(総長代行 : The Lieutenant of the Grand Master, Frà Giacomo Dalla Torre del Tempio di Sanguinetto)を選出したのみです。内部分裂は明らか。
 今年の選挙は5月ですが、今回の一件は、マルタ騎士団内部にある程度の勢力をもっていると思われる、「フランシスコ聖下による『内政干渉』『国際法違反』によって主権実体であるマルタ騎士団の主権が脅かされている」という考えの一端ではないかとも思われます。
※団員資格停止処分になったままだと総長選挙には投票できないと思いますけど。