アンドラ共同統治公/ウルヘル司教ジュアン=エンリク・ビベス・イ・シシリア大司教座下が、アンドラ公国を駐箚する25ヶ国の大使を接受、信任状の捧呈を受ける(2021年3月)

※この記事は世界の王室ニュースと重複します。

 

 2021年3月12日、キリスト教/ローマ・カトリック教会のウルヘル司教で、個人として大司教に叙されているジュアン=エンリク・ビベス・イ・シシリア座下(Archbishop Joan-Enric Vives i Sicília, Bishop of Urgell)は、司教宮殿にて、アンドラ公国を駐箚する25ヶ国の大使を接受、信任状の捧呈を受けました。

※ウルヘル司教はフランスの国家元首と共に、アンドラ公国の共同統治公となります。

 

Bisbat Urgell(ウルヘル司教 公式チャンネル):
Presentació de Cartes Credencials al Copríncep Episcopal – YouTube

 

 (カタルーニャ語(スピーチ内容部分英語):ウルヘル司教 公式サイト)Cerimònia de presentació de les Cartes Credencials de 25 Ambaixadors

 (英語)Co-Prince of Andorra receives credentials of Qatar’s Ambassador – The Peninsula Qatar

 

Bisbat d'UrgellさんはTwitterを使っています 「El Coprincep Episcopal #MonsVives rep les Cartes Credencials de 25 Ambaixadors al Palau Episcopal i els adreça un parlament. https://t.co/785Lfhv0Lb」 / Twitter

 

 25ヶ国は、イスラエル国、ベルギー王国、チリ共和国、カタール国、モーリタニア・イスラム共和国、オーストラリア、アルバニア共和国、アルメニア共和国、メキシコ合衆国、アイスランド共和国、スイス連邦、カンボジア王国、大韓民国、サウジアラビア王国、エルサルバドル共和国、ラトビア共和国、アルゼンチン共和国、ベナン共和国、ハンガリー、ウルグアイ東方共和国、ホンジュラス共和国、キプロス共和国、グアテマラ共和国、アルジェリア民主人民共和国、ドミニカ共和国、となっています。

キリスト教/コンスタンティノープルの聖シノドがカルケドン府主教アサナシオス座下を罷免(2021年2月)フランス府主教エマニュエル座下が新たにカルケドン府主教となる

 キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルの聖シノドは、同教会のカルケドン府主教アサナシオス座下(His Eminence Metropolitan Athanasios of Chalcedon)を罷免し、フランス府主教エマニュエル座下(His Eminence Metropolitan Emmanuel of France)を新たにカルケドン府主教とすることを決定したようです。

 アサナシオス府主教罷免の理由は、バルソロメオス総主教と聖シノドに従わなかったことが理由のようですが、どうもなにがあったのかよくわかりません。
 また、エマニュエル府主教がフランスから移るようですが、これに伴い、府主教の補佐をしていたリジオ主教イリネオス座下(His Grace Bishop Irinaios of Rigio)がフランス府主教庁の臨時の責任者となるようです。

 アサナシオス府主教近辺の理由も気になりますが、エマニュエル府主教がフランスから移るのが恒久的なものなのかもはっきりしないところです。
 エマニュエル府主教は、コンスタンティノープルとモスクワのシスマにおいてコンスタンティノープル側を代表する行動をしており、もしこのままカルケドンに移るのであれば、コンスタンティノープルの対外的な役割が再編成されるかもしれません。

 

 (英語)Metropolitan of France was elected Elder of Chalcedon and Bishop of Abydos Metropolitan of Krini (upd) – Orthodox Times
 (英語)Constantinople’s Metropolitan Emmanuel of France transferred to Chalcedon / OrthoChristian.Com

 

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教庁の「西欧における総主教代理区」でシノドの会合が開催される(2020年12月)

 2020年12月10日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会/西欧における総主教代理/コールスニ・西欧府主教アントニー座下(His Eminence Metropolitan Anthony【Antoniy】 of Korsun and Western Europe, Patriarchal Exarch of Western Europe)の臨席のもと、同総主教代理区シノドの会合が、オンラインで開催されたようです。

 新型コロナウイルス感染症【COVID-19】のパンデミック、管轄が重なる在外ロシア正教会【ROCOR】や西欧ロシア正教会大主教区【AROCWE】との協力などの議題が出たようです。

 

 (英語::ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式サイト)Synod of Patriarchal Exarchate in Western Europe holds online session / News / Patriarchate.ru

 (ロシア語:ロシア正教会 コールスニ教区 公式サイト)Состоялось заседание Синода Западноевропейского Экзархата
 (フランス語:ロシア正教会 コールスニ教区 公式サイト)Réunion du Synode de l’Exarchat patriarcal d’Europe occidentale

 (ロシア語:ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式サイト)Состоялось заседание Синода Патриаршего экзархата Западной Европы / Новости / Патриархия.ru

 

 同総主教代理区のシノドは、総主教代理区のアントニー座下のほか、

  • ブリュッセル・ベルギー大主教シモン座下(His Eminence Archbishop Simon of Brussels and Belgium)
  • ハーグ・オランダ大主教エリセイ座下(His Eminence Archbishop EliseyYelisey】 of The Hague and Netherlands)
  • マドリード・リスボン大主教ネストル座下(His Eminence Archbishop Nestor of Madrid and Lisbon)
  • スールジ主教マトフェイ座下(His Grace Bishop MatthewMatfey】 of Sourozh)

 が出席したようです。

 

キリスト教/アルメニア使徒教会カトリコスのガレギン2世聖下が国内情勢を受けて声明を発表。アルメニア首相ニコル・パシニャン閣下に辞任を要求(2020年12月)

 2020年12月8日、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会/全アルメニア人のカトリコス・最高総主教ガレギン2世聖下(His Holiness Karekin IIGaregin II】, Supreme Patriarch and Catholicos of All Armenians)は、“アルツァフ”【ナゴルノカラバフ】におけるアゼルバイジャン共和国との戦闘おいて敗北し混乱している国内情勢を受けて声明を発表、アルメニア共和国首相ニコル・パシニャン閣下(His Excellency Mr Nikol Pashinyan)に辞任を要求しています。

 

Armenian Church(アルメニア使徒教会 聖エチミアジン母座 公式チャンネル):
The Message of the Catholicos of All Armenians on the Internal Political Situation in Armenia – YouTube

 

 (アルメニア語:アルメニア使徒教会 聖エチミアジン母座 公式サイト)The Armenian Church – Մայր Աթոռ Սուրբ Էջմիածին | Ն.Ս.Օ.Տ.Տ. ԳԱՐԵԳԻՆ Բ ԱՄԵՆԱՅՆ ՀԱՅՈՑ ԿԱԹՈՂԻԿՈՍԻ ՈՒՂԵՐՁԸ ՀԱՅԱՍՏԱՆՈՒՄ ՆԵՐՔԱՂԱՔԱԿԱՆ ԻՐԱՎԻՃԱԿԻ ԿԱՊԱԿՑՈՒԹՅԱՄԲ
 (英語:アルメニア使徒教会 聖エチミアジン母座 公式サイト)The Armenian Church – Mother See of Holy Etchmiadzin | Message of His Holiness Karekin II, Catholicos of All Armenians On the Domestic Situation in Armenia

 (英語)Interfax-Religion: Catholicos Karekin II of All Armenians urges PM Pashinyan to resign

 

 アルメニア使徒教会の両カトリコス座が辞任要求で一致しました。
 首相が拒める可能性は極めて低いです。

関連:
 キリスト教/アルメニア使徒教会/キリキア・カトリコスのアラム1世聖下が、“アルツァフ”【ナゴルノカラバフ】での敗戦を受けて、アルメニア首相ニコル・パシニャン閣下に辞任を要求(2020年12月)

 

キリスト教/西欧ロシア正教会大主教区のジャン大主教座下とコンスタンティノープルのフランス府主教エマニュエル座下が共同声明(2020年12月)「お互いに気を使いましょうね」くらいの文章ですが……

 2020年12月4日付で、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁の管轄権下で自治的な権限を持つ西欧ロシア正教会大主教区の首座大主教/ドゥブナ府主教ジャン座下(His Eminence Metropolitan JeanJohn】【Ioan】【Ioann】 of Dubna, Archbishop of the Russian Orthodox Churches in Western Europe)と、キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルのフランス府主教エマニュエル座下(His Eminence Metropolitan Emmanuel of France)による共同声明が発表されています。

 

 (フランス語:西欧ロシア正教会大主教区 公式サイト)Archevêché des églises orthodoxe de tradition russe en Europe occidentale – Communiqué du Bureau de l’Archevêque du 4 décembre 2020

 (英語)ROC structures and Phanar in Europe agree on fraternal coexistence – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

ROC structures and Phanar in Europe… – Union of Orthodox Journalists – UOJ | Facebook

 

※現時点で西欧ロシア正教会大主教区側の発表と、フランスの正教会系メディア、ロシアの正教会系メディアの記事がありますが、コンスタンティノープル側からの発表はなく、ギリシャの正教会系メディアも言及していません。

 

 内容は「お互いに気を配りましょうね」くらいのもので、特に意味はありません
 コンスタンティノープルが(コンスタンティノープルの管轄権下にあった)西欧ロシア正教会大主教区をつぶそうとしたときに、モスクワ総主教庁の管轄権下に移ったジャン大主教座下らとコンスタンティノープルの管轄権下の小教区に移った人々がおり、この両者の間でケンカをなるべくしないようにしましょうねということです。
 モスクワ総主教庁がコンスタンティノープルとのコミュニオンを解除している以上、西欧ロシア正教会大主教区もまたコンスタンティノープル系の神品(聖職者)らと礼拝はおこなえず、せいぜいケンカしないくらいが限界ですが……。

 今回の合意文書がなぜ出されたかについては、判断できかねるところがあります。
 そもそも決裂して出ていったわけで、ケンカをする必要はないものの、もう距離をおいてしまえばいいはずです。そうしていないとすると、距離が取れていないし、取れない理由があるのでしょう。聖堂などの施設を今も共同で使用していたりするケースがあったり、片方がそれを自分たちだけのものにしようとしていたりという、そういう争いごとがあるのかもしれません。

 また、あるいはモスクワ総主教庁自体が大主教区になんらかの圧力をかけてきている可能性があります。
関連:
 キリスト教/ロシア正教会/西欧における総主教代理アントニー府主教座下と、西欧ロシア正教会大主教区首座/ジャン府主教座下が会見(2020年10月)
 ↑ の記事において、両者の関係に関する問題点が話し合われたことが伝えられたように、大主教区とモスクワ総主教庁の西欧における総主教代理区になにか問題があることは秘密でも何でもない様子。
 ジャン大主教が、コンスタンティノープルとの融和姿勢を見せて、モスクワ総主教庁を牽制している可能性もあります。

 

追記:
 ロシアの正教会系メディア ORTHODOX CHRISTIANITY も今回の件を伝えています。

 (英語)Moscow-Constantinople agreement in France signals end of Met. Emmanuel’s legal threats / OrthoChristian.Com

 この見解は、コンスタンティノープルのエマニュエル府主教が自身の主張を諦め、ジャン大主教の立場を認めたというようなものです。
 これはコンスタンティノープルに善意(?)があるとすれば一つの見方でしょう。
 しかしコンスタンティノープル側にメリットがなく(ないというか見えてこないというか)、そもそも東方正教会全体での絶対的な首位権を主張しているコンスタンティノープルが何かを諦める必要など毛頭ないというのが現在の前提である以上、あまり説得力はないのかなと思います(書いた人も信じているのかどうか)。