シスマ2018:キリスト教/フランス正教主教会議【AEOF】がウクライナ問題を憂慮し解決を訴える声明(2018年10月)ロシア正教会の主教らは出席せず

【シスマ2018】東方正教会大分裂: ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧など

 

 2018年10月16日、キリスト教/東方正教会のフランス正教主教会議【AEOF】がウクライナ問題を憂慮し解決を訴える声明を出したようです。ロシア正教会の主教らは出席せず。

 

 (英語)Statement by the assembly of the French Orthodox Bishops on the Ukrainian issue ⋆ Orthodoxie.com

 (英語:ルーマニア正教会通信)Statement by the assembly of the French Orthodox Bishops on the Ukrainian issue – Basilica.ro

 

 そして、このフランス正教主教会議【AEOF】の議長は、ロシア正教会による“フィラレート聖下”及び“マカリー座下”へのAnathemaを全地総主教庁が一方的に撤回することを発表したフランス府主教エマニュエル座下(His Eminence Metropolitan Emmanuel of France)であり、座下自信のみによる決定ではもちろんないにせよ、座下の発表により問題が発生しているのに「ウクライナ問題の解決」「正教会の統一」「独立正教会関係の協働の必要性」を求める声明を出すなど実にまあ神経が太いことです。ロシア正教会にさらにケンカをふっかけているのか、それとも脅していればロシアは屈服すると思っているのかよくわかりませんが……。

 なお、管轄権が確定していない東方正教会の信徒が少数派の各国などに正教主教会議は設置されていますが、コンスタンティノープルの全地総主教庁の主教が議長となるため、ロシア正教会はユーカリスティック・コミュニオン解除前から参加しないことを決定しています。
 コミュニオン解除により、ますます参加の可能性がなくなりました。

 これらの正教主教会議のウェブサイトからいつロシア正教会やロシア正教会の主教らの名前が消えるかというのが気になるポイントではありますが、このフランス正教主教会議【AEOF】の公式サイトでは年内に消すこともあるかもしれません。

 

シスマ2018:キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁が、ロシア正教会による“キエフ総主教フィラレート聖下”及び“ウクライナ独立正教会首座マカリー座下”への Anathema(簡単にいうと破門の重いほう)撤回を正式発表(2018年10月)モスクワ総主教庁「コンスタンティノープルはレッドラインを超えた」10月15日の聖シノドで対応を決定。コンスタンティノープルを破門する可能性も

【シスマ2018】東方正教会大分裂: ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧

 

 すでに先行してギリシャの正教会系メディアが報道していましたが、正式発表です。

 2018年10月11日、キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルの全地総主教庁聖シノドは、ロシア正教会によっておこなわれた教会法上合法でない“キエフ総主教フィラレート聖下”及び“ウクライナ独立正教会首座マカリー座下”への Anathema(簡単にいうと破門の重いほう)を撤回することを決定。
 フランス府主教エマニュエル座下(His Eminence Metropolitan Emmanuel of France)、
 「キエフにおける総主教代理」アメリカ合衆国ウクライナ正教会(Ukrainian Orthodox Church of the USA)のパンフィロン大主教ダニエル座下(His Eminence Archbishop Daniel, Archbishop of Pamphilon)、
 「キエフにおける総主教代理」カナダ・ウクライナ正教会(Ukrainian Orthodox Church of Canada)のエドモントン・西部教区主教イラリオン座下(His Grace, the Right Reverend Bishop Ilarion, Bishop of Edmonton and the Western Eparchy)、
 らが発表。

 

 (英語:コンスタンティノープルの全地総主教庁公式サイト)Announcement (11/10/2018). – Announcements – The Ecumenical Patriarchate

 

Ecumenical Patriarchateさんがライブ動画を作成しました。 – Ecumenical Patriarchate

 

 ロシア正教会モスクワ総主教庁側は、2018年10月15日に、ベラルーシのミンスクで聖シノドを開催、ウクライナ正教会(モスクワ総主教庁系)関係者は、(興奮しているのかもしれませんが) キリスト教/東方正教会首席/コンスタンティノープル=新ローマ大主教・全地総主教バルソロメオス聖下(バーソロミュー1世世界総主教バルトロマイ1世ヴァルソロメオス1世 : His All-Holiness Bartholomew, Archbishop of Constantinople-New Rome and Ecumenical Patriarch)への Anathema もありうるとしているとのこと。

 

 (英語)TASS: Society & Culture – Ecumenical Patriarchate lifts anathema against leaders of two Ukrainian churches
 (英語)TASS: Society & Culture – Constantinople cancels 1686 decision on Kiev Metropolia
 (英語)TASS: Society & Culture – Moscow patriarch comments on decision to lift anathema against Ukrainian church leaders
 (英語)TASS: Society & Culture – Russian Orthodox Church’s Holy Synod to assess Constantinople moves on October 15
 (英語)TASS: Society & Culture – Patriarch Bartholomew must be anathematized — Ukrainian Orthodox Church
 (英語)TASS: Society & Culture – Russian Orthodox Church official vows ‘firm and tough’ response to Constantinople’s move

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)В.Р. Легойда: Константинопольским Патриархатом совершено беспрецедентное антиканоническое действие / Новости / Патриархия.ru

 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ・プリモルスカ府主教庁公式サイト)Цариград почео процес признавања аутокефалности УПЦ, из Московске патријаршије кажу да је то легализација раскола | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 

【シスマ2018 – The Schism of 2018】【シスマ2019 – The Schism of 2019】<東方正教会大分裂>

※キリスト教の教会法などをまじめに考えることが無価値だと判断したので、この件についてはもう興味はありません。

 

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下のコンスタンティノープル全地総主教庁訪問始まる。全地総主教バルソロメオス聖下と主にウクライナの問題について会談予定(2018年8月)

2018年~ ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立関連の記事一覧

 

 2018年8月31日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)は、トルコ共和国イスタンブールの全地総主教庁【コンスタンティノープル全地総主教庁】を訪問しました。
 空港では、全地総主教庁のサッシマ府主教ゲンナディオス座下(His Eminence Metropolitan Gennadios of Sassima)らが出迎えたようです。
 全地総主教庁では、さらにスミルナ府主教バルソロメオス座下(His Eminence Metropolitan Bartholomew of Smyrna)らが出迎え。

 かねてより、モスクワ総主教庁と全地総主教庁の間で問題となっている、主にウクライナの件について、キリスト教/東方正教会首席/コンスタンティノープル=新ローマ大主教・全地総主教バルソロメオス聖下(バーソロミュー1世世界総主教バルトロマイ1世ヴァルソロメオス1世 : His All-Holiness Bartholomew, Archbishop of Constantinople-New Rome and Ecumenical Patriarch)との間で会談がおこなわれます。

 ロシア正教会より、モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))が同行している模様。

 会談には、そのイラリオン座下と、全地総主教庁側からフランス府主教エマニュエル座下(His Eminence Metropolitan Emmanuel of France)が同席。

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
Состоялась встреча Предстоятелей Константинопольской и Русской Православных Церквей – YouTube

 

 (ギリシャ語)Κωνσταντινούπολη: Σε εξέλιξη η πιο σημαντική συνάντηση των Πατριαρχών Κωνσταντινουπόλεως και Μόσχας – ΟΡΘΟΔΟΞΙΑ INFO

Orthodoxia.Info – Άφιξη του Πατριάρχη Ρωσίας στην…

 

Телевизија Храм:
Сусрет васељенског патријарха Г. Вартоломеја и московског патријарха и целе Русије Г.Кирила – YouTube

 

 (英語:コンスタンティノープル全地総主教庁公式サイト)
His Beatitude Patriarch Kirill of Moscow at the Phanar – News Release – The Ecumenical Patriarchate
 (英語:コンスタンティノープル全地総主教庁 世界教会協議会代表部 公式サイト)His Beatitude Patriarch Kirill of Moscow at the Phanar – Ecumenical Patriarchate Permanent Delegation to the World Council of Churches

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Primates of Church of Constantinople and Russian Orthodox Church have begun their meeting | The Russian Orthodox Church
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Fraternal meeting of Primates of Church of Constantinople and Russian Orthodox Church | The Russian Orthodox Church

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Началась встреча Предстоятелей Константинопольской и Русской Православных Церквей / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Святейший Патриарх Кирилл: Это был разговор Предстоятелей, сознающих ответственность за состояние Вселенского Православия / Новости / Патриархия.ru

 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Patriarch Kirill discusses results of the meeting with Ecumenical Patriarch Bartholomew: "The conversation was very proper" – Українська Православна Церква
 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Святіший Патріарх Кирил розповів про результати зустрічі з Константинопольським Патріархом Варфоломієм: «Бесіда була дуже правильною» – Українська Православна Церква

 (英語:ルーマニア正教会通信)Patriarch of Moscow arrives at the Phanar – Basilica.ro
 (英語:ルーマニア正教会通信)Best pictures from the meeting of Russian Patriarch Kirill and Ecumenical Patriarch Bartolomeu – Basilica.ro
 (英語:ルーマニア正教会通信)Ecumenical Patriarchate issues communique following Patriarch Kirill's visit to Constantinople – Basilica.ro

Basilica.ro (EN)さんのツイート: "Patriarch of Moscow arrives at the Phanar: https://t.co/Scm8Ekjlza… "

 

 (英語)The meeting between the primates of the Constantinople and the Russian Churches is taking place / OrthoChristian.Com

 

 ウクライナのポロシェンコ大統領をはじめとする政治家たちの「独立正教会をウクライナに」という要望と、大昔からの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立が混ぜ合わさり、メディアを見る限りでは、着地点は見出しがたい状況に思えますが……。

 

追記:
 会談終了後、キリル総主教聖下はインタビューに答えています。
 バルソロメオス聖下との同意がなければ、詳細を語るつもりはないとのことです。

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Patriarch Kirill: It was a talk of Primates aware of their responsibility for the state of Universal Orthodoxy | The Russian Orthodox Church

会談後の、キリル総主教聖下へのインタビュー/
russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
После встречи с Патриархом Константинопольским Патриарх Кирилл ответил на вопросы журналистов – YouTube

 

 イラリオン府主教座下の記者会見。

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Metropolitan Hilarion of Volokolamsk: It was a talk from heart to heart | The Russian Orthodox Church

 ウクライナ系メディアが伝えている内容について、両総主教と、同席した座下自身とフランス府主教エマニュエル座下しか会談の内容を知らないはずなのに、彼らはいったいどこから聞いたのか内容自体に疑問を呈しています。

 一方、エマニュエル座下の発言を報道したギリシャ系メディアの内容については、内容を否定していません。

 また、今回の会談でなにが合意されていようとも、両教会の正式な決定はそれぞれの聖シノドでおこなわれるものである、とも指摘しています。

 

続報:
 キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁が、ウクライナの独立正教会設置に向けてキエフにおける総主教代理を二名任命。ロシア正教会系のウクライナ正教会は激しく反発(2018年9月)
 キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁がウクライナへの独立正教会設置のために総主教代理を任命したことについて、ロシア正教会聖シノドは「(バルソロメオス総主教は)事実上は一度も持ったことのない指揮権があると勝手な解釈をしている」「このような『反・教会法的行為』の全責任は彼個人とその支持者たちにある」と宣言(2018年9月)

 

キリスト教/コンスタンティノープル全地総主教バルソロメオス聖下がイスラエルを訪問(2017年12月)

 キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープル=新ローマ大主教・全地総主教バルソロメオス聖下(バーソロミュー1世世界総主教バルトロマイ1世ヴァルソロメオス1世 : His All-Holiness Bartholomew, Archbishop of Constantinople-New Rome and Ecumenical Patriarch)が、イスラエル国のエルサレムなどを訪問したようです。
 キリスト教/東方正教会/エルサレム・全パレスチナ総主教セオフィロス3世聖下(His Beatitude Theophilos III, Patriarch of Jerusalem and All Palestine)との会見があったほか、イスラエル国大統領ルーベン・リヴリン閣下(His Excellency Mr Reuven Rivlinルヴィ・リヴリンRuvi Rivlin)と会談した模様。

 コンスタンティノープルの全地総主教庁から、
 フランス府主教エマニュエル座下(His Eminence Metropolitan Emmanuel of France)、
 スウェーデン・全スカンジナビア府主教クレオパス座下(His Eminence Metropolitan Cleopas of Sweden and All Scandinavia)、
 らが同行。

 

Jerusalem Patriarchate(エルサレム総主教庁公式チャンネル):
ΕΠΙΣΚΕΨΗ ΤΟΥ ΟΙΚΟΥΜΕΝΙΚΟΥ ΠΑΤΡΙΑΡΧΟΥ ΒΑΡΘΟΛΟΜΑΙΟΥ ΣΤΗΝ ΙΕΡΟΥΣΑΛΗΜ – YouTube

 

Jerusalem Patriarchate(エルサレム総主教庁公式チャンネル):
Ο ΠΑΝΑΓΙΩΤΑΤΟΣ ΟΙΚΟΥΜΕΝΙΚΟΣ ΠΑΤΡΙΑΡΧΗΣ ΑΝΑΚΗΡΥΣΣΕΤΑΙ ΔΙΔΑΚΤΩΡ ΤΟΥ ΕΒΡΑΪΚΟΥ ΠΑΝΕΠΙΣΤΗΜΙΟΥ ΙΕΡΟΣΟΛΥΜΩΝ – YouTube

 

記事:
 (全地総主教庁公式サイト)Ἡ ἀναχώρησις τοῦ Πατριάρχου εἰς Ἱεροσόλυμα. – News Releases – The Ecumenical Patriarchate
 (全地総主教庁公式サイト:大統領訪問時の写真など)12/06/17: Meeting of His All-Holiness with President of the State of Israel | Photo Galleries – The Ecumenical Patriarchate
 (英語:エルサレム総主教庁公式ニュース・ゲート)HIS ALL-HOLINESS THE ECUMENICAL PATRIARCH IS OFFERED AN HONORARY DOCTORATE AT THE HEBREW UNIVERSITY OF JERUSALEM
 (英語:エルサレム総主教庁公式ニュース・ゲート)SPEECH OF H.H.B. THE PATRIARCH OF JERUSALEM THEOPHILOS AT THE OPENING RECEPTION OF THE ORTHODOX-JEWISH DIALOGUE
 (英語)Patriarch of Constantinople visits Orthodox Patriarchate of Jerusalem – News | Orthodoxy Cognate PAGE