訃報(2022年12月31日):キリスト教/ローマ名誉教皇ベネディクト16世聖下が帰天(1927~2022)

 2022年12月31日、キリスト教/ローマ名誉教皇ベネディクト16世聖下(His Holiness Benedict XVI, Pope Emeritus)が帰天しました。
 1927年4月16日生まれの95歳。

※追加でリンクなどします。

 

 名誉教皇ベネディクト16世逝去  – バチカン・ニュース

名誉教皇ベネディクト16世は、2022年12月31日9時34分、バチカン市国のマーテル・エクレジエ修道院において逝去された。

 ベネディクト16世:年譜「主のぶどう畑の謙遜な働き手」 – バチカン・ニュース
 ベネディクト16世の在位中の主な出来事 – バチカン・ニュース
 「神は愛」を教皇在位中の鍵として – バチカン・ニュース
 ベネディクト16世:退位と隠された生活の中で – バチカン・ニュース
 教皇フランシスコ、ベネディクト16世を思い起こす – バチカン・ニュース

 前ローマ教皇 ベネディクト16世が死去 | NHK | 訃報

 (英語:ローマ教皇聖座 公式ウェブサイト)Declaration of the Director of the Holy See Press Office, Matteo Bruni, 31.12.2022

 (英語:バチカン・ニュース)Death of Pope Emeritus Benedict: his official biography – Vatican News
 (英語:バチカン・ニュース)Farewell to Benedict XVI: ‘Humble worker in vineyard of the Lord' – Vatican News
 (英語:バチカン・ニュース)Benedict XVI: Key events of his pontificate – Vatican News

 (ルーマニア語:ルーマニア東方典礼カトリック教会 公式ウェブサイト)Papa emerit Benedict al XVI-lea s-a întors în casa Tatălui – Biserica Română Unită cu Roma, Greco-Catolică

 (英語:オプス・デイ属人区 公式ウェブサイト)"Farewell to Benedict XVI": From the Holy See Press Office – Opus Dei
 (英語:オプス・デイ属人区 公式ウェブサイト)Pope Emeritus Benedict XVI – Opus Dei

 

ANNnewsCH(ANN NEWS チャンネル):
【速報】前ローマ教皇ベネディクト16世が死去 95歳 バチカン公式メディア(2022年12月31日) – YouTube

 

TBS NEWS DIG Powered by JNN:
【訃報】前ローマ教皇 ベネディクト16世 死去 95歳、ローマ教皇庁のツイッターやYouTube開設するなど「人々との対話」重視|TBS NEWS DIG – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS チャンネル):
前ローマ教皇ベネディクト16世死去 サンピエトロ大聖堂に安置へ(2023年1月1日) – YouTube

 

Vatican News:
Pope Emeritus Benedict XVI – Biography – YouTube

 

 (英語)Pope Francis on the death of Pope emeritus: "Only God knows the value of his sacrifice" | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Pope Francis on the death of Pope emeritus: "Only God knows the value of his sacrifice" – YouTube

 

africanews:
Former Pope Benedict XVI dies aged 95 – YouTube

 

続きを読む 訃報(2022年12月31日):キリスト教/ローマ名誉教皇ベネディクト16世聖下が帰天(1927~2022)

キリスト教/聖下総代理アンジェロ・デ・ドナティス枢機卿座下が、ローマ名誉教皇ベネディクト16世聖下のためのミサをおこなう(2022年12月)

 2022年12月30日、キリスト教/ローマ・カトリック教会/聖下総代理アンジェロ・デ・ドナティス枢機卿座下(オスティア使徒座管理 : サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂主席司祭 : His Eminence Angelo Cardinal De Donatis , Vicar General of His Holiness, Apostolic Administrator of Ostia, Archpriest of the Arcibasilica di San Giovanni in Laterano)は、ローマ名誉教皇ベネディクト16世聖下(His Holiness Benedict XVI, Pope Emeritus)のための特別ミサを執り行いました。

 ベネディクト16世聖下の容態は安定していると発表されていますが、これは人が何を言っているのではなく何をしているのかを見るべき状況なのでは……。
続報:
 訃報(2022年12月31日):キリスト教/ローマ名誉教皇ベネディクト16世聖下が帰天(1927~2022)

 ラテラノ大聖堂枢機卿首席司祭代理/ローマ名誉補佐司教グエリーノ・ディ・トーラ司教座下(ズリ名義司教 : His Excellency Bishop Guerino Di Tora, Vicar of the Cardinal Archpriest of the Lateran Basilica, Auxiliary Bishop Emeritus of Rome, Bishop Guerino Di Tora)が参加。

 

 (英語:バチカン・ニュース)Cardinal De Donatis presides over special Mass for Benedict XVI – Vatican News

 

Vatican News(バチカン・ニュース):
December 30 2022, Holy Mass for Pope Emeritus Benedict XVI – Highlights – YouTube

 

Vatican News(バチカン・ニュース):
December 30 2022, Holy Mass for Pope Emeritus Benedict XVI – YouTube

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、健康状態が悪化している名誉教皇ベネディクト16世聖下のための祈りを要請(2022年12月)

 2022年12月28日の一般謁見の中で、キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)は、健康状態が悪化している名誉教皇ベネディクト16世聖下(His Holiness Benedict XVI, Pope Emeritus)のために祈りをささげるよう、要請したようです。

 

 教皇、ベネディクト16世のために祈りを願う – バチカン・ニュース
 (英語:バチカン・ニュース)Pope Francis asks for prayers for Benedict XVI – Vatican News

 (英語)Pope Francis says retired Pope Benedict is 'very sick' – Catholic News Service

 

Vatican News(バチカン・ニュース):
2022 12 28 Pope Francis urges prayers for Pope Emeritus Benedict XVI – YouTube

 

Catholic News Service:
Pope Francis: Pray for Pope Benedict – YouTube

 

euronews:
Pope Francis says Benedict XVI is 'very ill' and asks faithful to pray for him – YouTube

 

ANNnewsCH(ANN NEWS チャンネル):
前ローマ教皇95歳 高齢で健康状態「非常に悪い」(2022年12月29日) – YouTube

書籍形式PDFファイル(2022年11月 アラビア語・一部英語):キリスト教/コプト正教会首座/アレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下のスピーチを集めたもの。掲載写真のうちキリスト教指導者では、ローマ教皇フランシスコ聖下、ロシア正教会モスクワ総主教庁キリル聖下、エチオピア総主教“アブネ”・マティアス1世聖下、ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教アントニー座下を重要視か

 キリスト教/オリエント正教会/コプト正教会の首座/アレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下(His Holiness Pope Tawadros II of Alexandria)のスピーチ内容を集めた書籍形式の PDF ファイル「Their words to the end of the World」(アラビア語・一部英語)が公開されています。

 

 (英語版サイト)"Their words to the end of the World" .. An Online Book for H.H. Pope Tawadros II – Coptic Orthodox Church
※↑のページから PDF をダウンロードできます。

 

 掲載文章の中に写真が織り交ぜられているのですが、キリスト教指導者の他に、イスラム教指導者や世俗の要人などの写真も当然あります。
 キリスト教指導者で、コプト正教会以外、かつ集団で並んでいるわけではなく、二人で写っている写真が掲載されている方に限定すると、

  • (顔写真を並べたもの)ローマ・カトリック教会/ローマ名誉教皇ベネディクト16世聖下(His Holiness Benedict XVI, Pope Emeritus)
  • ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis
  • (故)オリエント正教会/シリア正教会首座/第122代アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・ザッカー1世イワス聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Zakka I Iwas, the Patriarch of Antioch and All the East, The Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)
  • 東方正教会/ロシア正教会首座/モスクワ・ロシア全土【ルーシ全土】総主教キリル聖下(キリール総主教キリイル総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)
  • オリエント正教会/エチオピア正教会首座/エチオピア総主教・カトリコス“アブネ”・マティアス1世聖下(His Holiness Abune Mathias I, Patriarch and Catholicos of Ethiopia)
  • クリストフ・シェーンボルン枢機卿座下(His Eminence Christoph Cardinal Schönborn, O.P., Archbishop of Vienna)>
  • 東方正教会/ギリシャ正教会首座/アテネ・ギリシャ全土大主教イエロニモス2世座下(His Beatitude Hieronymos II, Archbishop of Athens and All Greece and Primate of the Autocephalous Orthodox Church of Greece)
  • (二人ではありませんが)オリエント正教会/シリア正教会首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)とオリエント正教会/アルメニア使徒教会(アルメニア正教会)キリキア・カトリコスアラム1世聖下(His Holiness Aram I, Catholicos of the Great House of Cilicia【Catholicos of the Holy See of Cilicia】)
  • ↑の“イグナティウス”・アフレム2世と二人の写真
  • 東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教アントニー座下(His Eminence Metropolitan Anthony of Volokolamsk, Chairman of the Department for External Church Relations of the Moscow Patriarchate)

※なお、周囲に人はいますが、ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/マロン東方典礼カトリック教会【マロン派】のアンティオキア・全レバント総大司教ベカラ・ブートロス・ライ枢機卿座下(His Beatitude and Eminence Moran Mor Béchara Boutros Cardinal Raï, O.M.M. , Patriarch of Antioch【Antiochia】 and the Whole Levant (Maronite))との写真もあります。

 訪問国の都合上ウィーン大司教とアテネ大主教は当然程度の扱い。
 また、シリア正教会とアルメニア使徒教会キリキア・カトリコス庁は同じオリエント正教会で近場=準・身内=重要なのは前提のようなものです。

 残りの方々のうち、フランシスコ教皇の取り扱いが一番多いです。
 続いて、エチオピア総主教、モスクワ総主教、ヴォロコラムスク府主教。
 カトリックに、ロシア正教会、エチオピア正教会、と、この辺りは当然のことでしょうか。

 エチオピア正教会は同じオリエント正教会で、コプト正教会側から20世紀に独立正教会と認められたとはいえ、信徒数はエチオピア正教会の方が多く、またエルサレムのスルタン修道院の件では争いも続いています。なかなか身内と言い切れない、そのような状況もあります。
 三者会合による声明からすると、シリア正教会およびアルメニア使徒教会キリキア・カトリコス庁はこの件においてコプト正教会側を支持しているようなので、この二教会のほうが立場が近い。
 また、オリエント正教会と東方正教会全体の会合はもう止まって終わったようなものですが、コプト正教会とシリア正教会はそれぞれロシア正教会と神学的対話を続けています。その観点からは、コプト正教会と一番近い立場にいる教会はシリア正教会となるでしょう。

 それにしても、アラビア語部分の最後が、ロシア正教会のアントニー府主教の来訪、ロシア正教会側からのメダルの授与、となっているのは示唆的ではあります。
 というか、率直に言って、驚きました。

関連:
 キリスト教/コプト正教会首座/アレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下が、ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教アントニー座下と会見(2022年11月)
 キリスト教/東方正教会シスマ2022:アレクサンドリア総主教セオドロス2世聖下が、モスクワ総主教キリル聖下の名を礼拝で挙げることを停止(2022年11月)ロシア側からは2019年に停止済み。相互に関係停止へ

 

 なお、 PDF の 89 ページは、タワドロス教皇の日本訪問時のものとなっています。

関連:
 キリスト教/コプト正教会首座/アレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下の来日、日本国外相 河野太郎 閣下と会見(2017年8月)

キリスト教/ラトビア正教会“独立”問題:ラトビア政府議会による“独立”強制について、ラトビア正教会は(ロシア正教会から分離しての)教会分裂には陥っていないとのロシア正教会側の文書(2022年9月~10月)

 2022年9月5日、ラトビア共和国大統領エギルス・レヴィッツ閣下(His Excellency Egils Levits)は、ラトビア正教会の“独立”のための法改正を議会に求めました。
 この問題は、キリスト教の東方正教会の中で、ラトビア正教会は、ロシア正教会モスクワ総主教庁の管轄権下で自治的な権限を持っている教会であることが問題視されていることによります。
 つまり(政治的な文脈で言えば)大統領は、教会経由でのロシアの影響があるとの判断で、その影響を排除したい、ということです。

 

05.09.2022. Valsts prezidents paraksta grozījumus Latvijas Pareizticīgās Baznīcas likumā – YouTube

 

 (英語:ラトビア大統領府 公式サイト)Announcement by President of Latvia Egils Levits on Amendments to the Law on the Latvian Orthodox Church | Valsts prezidenta kanceleja

These amendments provide for the full recognition of the self-contained and independent (autocephalous) status of the Latvian Orthodox Church.

This is the status that was historically de facto established for our orthodox church by the 6(19) July 1921 Tomos issued by Patriarch of Moscow and all Russia Tikhon to Archbishop Jānis Pommers and the Cabinet of Ministers Regulation of 8 October 1926 on the Status of the Orthodox Church.

I can confirm that the Latvian Orthodox Church and Metropolitan Alexander can count on full support from the state of Latvia as an autocephalous church henceforth also recognised in law.

 

 大統領府 公式サイトによりますと、同大統領は、ラトビア正教会に、独立= independent (独立正教会= autocephalous )を求めています。
 またその根拠の一つを、1921年にロシア正教会の(聖)ティーホン総主教からヤーニス大主教に渡されたトモス(何かを許可する文書だと思ってください)に由来するとしています。

 

 ここで疑問が浮かびます。
 東方正教会の独立正教会= autocephalous についてです。
 これは現在、コンスタンティノープルおよびギリシャ系の諸教会は承認についてはコンスタンティノープルに全権があるかのように主張している状況です。
 一方で他の教会の多くはそれぞれの独立正教会が承認するものである、とみていると大雑把に言えばそうなります。
 いずれにせよ、ロシア正教会の一部にすぎないラトビア正教会について、国が認めたら独立正教会になるというのはムチャですが、現在のロシア・ウクライナの状況でその判断がムチャクチャといえるかは結果次第でしょう。
 この結果次第というのは、前述のコンスタンティノープルとポロシェンコ元大統領が2018年にウクライナで強引なことをやらかした結果、ウクライナの正教会は混乱の極みにあるからです。
 ラトビア政府がコンスタンティノープルとこの後からむかどうかはわかりませんが、上記リンクのアナウンスからは特に読み取れません。
 コンスタンティノープルと関わると混乱が増すだけのような気もしますが、今のままでは正統性がないことはラトビア側もわかっているでしょう。大統領府の文章でも de facto の単語を使用していることからもわかるように、1921年のトモスは決して独立を認めたものではないということです(そもそも1921年のトモス自体になにが書かれていたかはっきりわかりませんが……)。

 

 続いて、
 (英語:ラトビア議会【サエイマ】公式サイト)Saeima affirms independence of Latvian Orthodox Church from any ecclesiastical authority outside Latvia – Latvijas Republikas Saeima

On Thursday, 8 September, the Saeima adopted urgent amendments to the Law on the Latvian Orthodox Church affirming the full independence of the Latvian Orthodox Church with all its dioceses, parishes, and institutions from any church authority outside Latvia (autocephalous church).

According to the explanatory note to the Draft Law, the definition of the scope of legal status in the Law does not affect or interfere with the Church’s doctrine of faith and canon law.

 レヴィッツ大統領が議会に送ったラトビア正教会の“独立”のための法改正案をラトビア議会【サエイマ】は承認しました。
 上記の文章からわかる通り、彼らはこの法が、教義や信仰・教会法に影響や介入するものではないとしています。
 が、その教会が独立正教会 = autocephalous church かどうかというのは、まさに教会法に属する事柄です。
 ロシア正教会モスクワ総主教庁は、ラトビアのこの対応を中世以下と酷評しています。

 (英語)Interfax-Religion: Russian Orthodox Church on declaration of Latvian Church’s autocephaly by parliament: they surpassed Middle Ages

 ドイツの16世紀より悪い、という意です。
 もっとも16世紀のドイツを持ち出すのが良い反論とは感じませんが。

 

 さらに、
 (ロシア語:ラトビア正教会 公式サイト)Официальный сайт Латвийской Православной Церкви | О изменениях в Законе о Латвийской Православной Церкви

 上記を受けて(当初は)否定的な見解を出していたラトビア正教会は法律に従い独立正教会 = autocephalous church となる/を称することを受け入れたようです。

 もちろんのこと、東方正教会の他の独立正教会がどこも認めない限りは、独立正教会として他の教会から扱われることはありませんが……。

 

 さて、その後、具体的にどうなっていたかですが、
 (英語)ROC to Latvians: Patriarch Kirill still commemorated, state-declared autocephaly is purely legal, not canonical / OrthoChristian.Com

 上記の報道によれば、ロシア正教会のクルチツィ・コロムナ府主教パーヴェル座下(His Eminence Metropolitan Pavel of Krutitsa and Kolomna)が、ラトビア正教会は、ロシア正教会の首座/モスクワ総主教キリル聖下を自分たちの教会の首座として名を挙げて礼拝をおこなっており、教会分裂の状態にはないとの文書をラトビアの信徒らに対して出した、ということです。
 これはつまり、ラトビア政府議会がいう独立正教会という単語は、教会法上の独立正教会とはなんの関係もないので気にせずに活動がおこなわれている、といっていいのかもしれません。
 もちろん、議会自体が「教会法には影響しない」といっているので、同じ単語を使っていても教会法には関係ないということになるともいえます。
 しかしこれでは、ラトビア政府議会のおこなったことは、何の意味もなかったということになります。
 大統領がキリル総主教にあらためて独立正教会の承認を求めているという話もありますが、たしかにこれでは他に手はないといえるかもしれません。

追記:
 10月31日までにラトビア正教会の憲章の改定が要求されており、その内容次第になるとは思われます。