インタビュー動画:キリスト教/キプロス大主教クリソストモス2世座下へのインタビュー(2018年10月)癌と闘病中とのこと

 キリスト教/東方正教会/キプロス正教会の首座/ノヴァ・ユスティニアナと全キプロスの大主教クリソストモス2世座下(His Beatitude Archbishop Chrysostomos II of Nova Justiniana and all Cyprus)へのインタビュー動画が公開されています。

 ギリシャ語なので、正直内容の理解に全然自信がないのですが、

  • 初夏より癌と闘病中(肝臓と腸?)
  • 国民保険の問題?
  • すでに次期大主教のことを考えている人たちについて聞かれている?←内部では知られていることだったということ??
  • キプロス情勢について、トルコのエルドアン大統領がひくことはありえないため、アメリカのトランプ大統領(の強硬政策)に期待?
  • TVOneというキプロスのテレビ局に関する問題?

 

Ο Φιλελεύθερος / Philenews:
Αρχιεπίσκοπος Κύπρου: Εγώ και ο Καρκίνος – YouTube

 

Ο Φιλελεύθερος / Philenews:
O Αρχιεπίσκοπος Κύπρου για το Κυπριακό – YouTube

 

 (ギリシャ語:キプロス大主教庁公式サイト)Συνέντευξη του Μακαριωτάτου Αρχιεπισκόπου Κύπρου στο Philenews – Εκκλησία της Κύπρου
 (ギリシャ語:キプロス大主教庁公式サイト)Συνέντευξη του Μακαριωτάτου Αρχιεπισκόπου Κύπρου στο Philenews (Μέρος β’), Κυριακή 14.10.2018 – Εκκλησία της Κύπρου

 (ギリシャ語)Κύπρου Χρυσόστομος Β': ''Πάσχω από καρκίνο και δίνω τη δική μου μάχη''

 (英語)Archbishop Chrysostomos of Cyprus announces he is suffering from cancer / OrthoChristian.Com

 

Γραφείο Ενημερώσεως και Επικοινωνίας της… – Γραφείο Ενημερώσεως και Επικοινωνίας της Εκκλησίας της Κύπρου | Facebook

 

Praktoreio Ekklisiastikon… – Praktoreio Ekklisiastikon Eidiseon | Facebook

 

シスマ2018:キリスト教/アレクサンドリア総主教セオドロス2世聖下が、コンスタンティノープルとモスクワの調停を試みる方向で準備との報道(2018年10月)

【シスマ2018】東方正教会大分裂: ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧

 

 2018年10月13日、キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア総主教庁のパンテレイモン主教(下記リンク先文中には司祭とも書いてるので記事の執筆者がどういう人物だかよくわかっていないのかもしれません : 引退している主教以上の人物の中にアンティノポリス大主教パンテレイモン座下(His Eminence Archbishop Panteleimon of Antinopolis)という方がいますが……)という人が、アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下(His Beatitude Theodoros II, Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa)が、ウクライナでの問題に関して、コンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の間の調停をおこなうだろうと述べたようです。
 現在、聖下はジンバブエ共和国を訪問しているので、正式決定はされていませんが、準備は始まっており、帰国次第、モスクワとイスタンブールを訪問するだろうということです。

 本当なのかということと、いまさらなにをするのかという点が気になります。

 

 (セルビア語)Може ли александријски патријарх да помири Москву и Цариград – Спутњик Србија

 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ・プリモルスカ府主教庁公式サイト)Може ли Александријски патријарх да помири Москву и Цариград | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 

追記:
 ロシア正教会の聖シノドが10月15日なので、そこでコンスタンティノープルの全地総主教庁との関係断絶が決まってしまう可能性もあります。

 

追記2:
 ロシア語の記事と、それに依拠した英語の記事へのリンクを追加しておきます。

 (ロシア語)Александрийский патриарх может посетить Москву и Стамбул как посредник – РИА Новости, 13.10.2018

 (英語)Patriarch of Alexandria could visit Moscow, Constantinople as mediator / OrthoChristian.Com

 

シスマ2018:ロシア大統領報道官ペスコフ氏「クレムリンはロシア正教会の懸念を共有」(2018年10月)

【シスマ2018】東方正教会大分裂: ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧

 

 キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルの全地総主教庁が、ロシア正教会による“キエフ総主教フィラレート聖下”及び“ウクライナ独立正教会首座マカリー座下”への Anathema(簡単にいうと破門の重いほう)撤回を正式発表したことに関して質問を受けて、ロシア大統領報道官ドミトリー・ペスコフ氏(Dmitry Peskov)が回答しています。

 

 (英語)TASS: Society & Culture – Kremlin shares Russian Church’s concern over Constantinople’s decision on Ukraine

 

 ペスコフ氏は、プーチン政権が、ロシア正教会によるウクライナ正教会情勢についての懸念を共有していることを述べ、ロシア政府は宗教への介入はしないが、ウクライナ政府が“過激派”から東方正教会信者を守れないときなどは、純粋に政治的・外交的手段で東方正教会信者を守る用意がある、と述べたようです。

 

追記:
 ロシア大統領府【クレムリン】公式サイトの記事へリンクしておきます。
 ロシア大統領プーチン閣下と国家安全保障会議の固定メンバーとの会合。

 (英語:ロシア大統領府【クレムリン】公式サイト)Meeting with permanent members of the Security Council • President of Russia

The meeting participants also exchanged views on the position of the Russian Orthodox Church in Ukraine after the Constantinople Patriarchate’s Synod had decided to launch the process of granting autocephaly to the Ukrainian Church, revoking the Synodal Letter of the year 1686, which granted the right through oikonomia to the Patriarch of Moscow to ordain the Metropolitan of Kiev, and the statement on re-establishing the Stavropegion of the Ecumenical Patriarch in Kiev.

 (英語)TASS: Russian Politics & Diplomacy – Russian Orthodox Church in Ukraine in focus of Putin’s meeting with Security Council

追記2:
 ロシア連邦外務大臣ラヴロフ閣下によるコメントなど。

 (英語)TASS: Russian Politics & Diplomacy – Lavrov: US backs Patriarch Bartholomew’s provocation against Orthodox Church in Ukraine

 

キリスト教/ウクライナ正教会のボリスポリ・プロヴァリー府主教アントニー座下がコメント(2018年10月)コンスタンティノープルの全地総主教庁を批判

【シスマ2018】東方正教会大分裂: ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧

 

 キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルの全地総主教庁が、ロシア正教会による“キエフ総主教フィラレート聖下”及び“ウクライナ独立正教会首座マカリー座下”への Anathema(簡単にいうと破門の重いほう)撤回を正式発表したことを受けて、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁管轄権下で高度な自治的権限を有するウクライナ正教会のボリスポリ・プロヴァリー府主教アントニー座下(His Eminence Metropolitan Antoniy of Boryspil and Brovary)がコメントを発表。

 

 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Коментар Керуючого справами УПЦ митрополита Бориспільського і Броварського Антонія щодо рішень Синоду Константинопольського Патріархату від 11 жовтня 2018 року – Українська Православна Церква

 

 箇条書きにしますと、

  • コンスタンティノープルの全地総主教庁は世界の東方正教会を分断しようとしている。
  • 全地総主教庁の発表文書は、回答よりも疑問が多いものだ。
  • 実際のところ、なにも変わっていない。我々が唯一の教会法上合法なウクライナ正教会である。
  • 神の真理は無敵である。

 

シスマ2018:キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁が、ロシア正教会による“キエフ総主教フィラレート聖下”及び“ウクライナ独立正教会首座マカリー座下”への Anathema(簡単にいうと破門の重いほう)撤回を正式発表(2018年10月)モスクワ総主教庁「コンスタンティノープルはレッドラインを超えた」10月15日の聖シノドで対応を決定。コンスタンティノープルを破門する可能性も

【シスマ2018】東方正教会大分裂: ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧

 

 すでに先行してギリシャの正教会系メディアが報道していましたが、正式発表です。

 2018年10月11日、キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルの全地総主教庁聖シノドは、ロシア正教会によっておこなわれた教会法上合法でない“キエフ総主教フィラレート聖下”及び“ウクライナ独立正教会首座マカリー座下”への Anathema(簡単にいうと破門の重いほう)を撤回することを決定。
 フランス府主教エマニュエル座下(His Eminence Metropolitan Emmanuel of France)、
 「キエフにおける総主教代理」アメリカ合衆国ウクライナ正教会(Ukrainian Orthodox Church of the USA)のパンフィロン大主教ダニエル座下(His Eminence Archbishop Daniel, Archbishop of Pamphilon)、
 「キエフにおける総主教代理」カナダ・ウクライナ正教会(Ukrainian Orthodox Church of Canada)のエドモントン・西部教区主教イラリオン座下(His Grace, the Right Reverend Bishop Ilarion, Bishop of Edmonton and the Western Eparchy)、
 らが発表。

 

 (英語:コンスタンティノープルの全地総主教庁公式サイト)Announcement (11/10/2018). – Announcements – The Ecumenical Patriarchate

 

Ecumenical Patriarchateさんがライブ動画を作成しました。 – Ecumenical Patriarchate

 

 ロシア正教会モスクワ総主教庁側は、2018年10月15日に、ベラルーシのミンスクで聖シノドを開催、ウクライナ正教会(モスクワ総主教庁系)関係者は、(興奮しているのかもしれませんが) キリスト教/東方正教会首席/コンスタンティノープル=新ローマ大主教・全地総主教バルソロメオス聖下(バーソロミュー1世世界総主教バルトロマイ1世ヴァルソロメオス1世 : His All-Holiness Bartholomew, Archbishop of Constantinople-New Rome and Ecumenical Patriarch)への Anathema もありうるとしているとのこと。

 

 (英語)TASS: Society & Culture – Ecumenical Patriarchate lifts anathema against leaders of two Ukrainian churches
 (英語)TASS: Society & Culture – Constantinople cancels 1686 decision on Kiev Metropolia
 (英語)TASS: Society & Culture – Moscow patriarch comments on decision to lift anathema against Ukrainian church leaders
 (英語)TASS: Society & Culture – Russian Orthodox Church’s Holy Synod to assess Constantinople moves on October 15
 (英語)TASS: Society & Culture – Patriarch Bartholomew must be anathematized — Ukrainian Orthodox Church
 (英語)TASS: Society & Culture – Russian Orthodox Church official vows ‘firm and tough’ response to Constantinople’s move

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)В.Р. Легойда: Константинопольским Патриархатом совершено беспрецедентное антиканоническое действие / Новости / Патриархия.ru

 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ・プリモルスカ府主教庁公式サイト)Цариград почео процес признавања аутокефалности УПЦ, из Московске патријаршије кажу да је то легализација раскола | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)